薬剤師の転職体験談

年収160万円アップに成功した薬剤師のキャリアアップ転職体験談

 

ドラッグストアから調剤薬局の管理薬剤師に転職したYさんの例

一般的には調剤薬局よりもドラッグストアの方が給料がいいとは言いますが、その逆にドラッグストアから調剤薬局に転職することで、なんと160万円もの年収アップを実現されたYさん。
20代にして年収700万円超えを達成されました。
なんでも応募の殺到する人気求人だったとか。

どのようにして好条件の求人を見事ゲットされたのでしょう。
お話を伺ってみました。

ドラッグストアからの転職理由

私は製薬会社で2年間勤務していましたが、患者様とより近くで働きたいと考えて、当初は調剤薬局での勤務を希望していました。

一方でOTC業務にも興味があったので、最終的にはどちらも経験することができる、ドラックストアへ入社をしました。

しかしながら、配属された現場は調剤に詳しい方は少なく、さらに通勤にも片道1時間半を要することから体力的にもきつく、より勉強することのできる環境を求めて転職を考えるようになりました。

好条件求人との出会いから採用までの流れ

転職活動の最初にしたこと

転職に際しては、コンサルティング会社を利用しました。

関東で勤務をしていたので、通勤で利用していたターミナル駅に会社がある、アポプラスステーションという会社を選択しました。

基本情報を登録した後、面談をしたいとのことでしたので、こちらからお伺いして面談を行いました。

現在の状況やこれまでの職歴、希望する条件などをお伝えして、良い求人が出てき次第、連絡をするということでした。

最初の面談

登録してから2週間程度で2、3社面談を行いましたが、希望する条件とは異なる薬局であったので、見送りました。

好条件求人ついに現る

1ヶ月程度で良い薬局の案件が出たと連絡があり、他の応募者も殺到する恐れがあるとのことであったので、至急面接の予約をお願いしました。

前職がドラックストアで560万円+残業代という条件でしたが、紹介していただいた求人は管理薬剤師ということで720万円(残業代込み)での提示でした。

そのエリアでは600万円前後が相場ということもあり、募集を開始してから即日で5名程度の応募があったそうです。

面接は約1週間後で、コンサルタントの方と一緒に薬局に伺いました。

面接では雑談などが中心で、こちらからの質問としては処方箋枚数や科目、分包機やレセコンの機種などの質問をしました。
結果として採用頂き、現在に至ります。

どのような条件の調剤薬局の求人だったのか

転職エージェントの方に教えていただいた求人の条件は次の通りでした。

  • 希望する沿線上の急行停車駅であり、都心からも近い環境で、希望にぴったりの薬局。
  • 小規模の調剤薬局チェーンの会社で、50~80枚/日程度の処方箋枚数。
  • 管理薬剤師の募集で年収720万円(残業代込み)
  • 前任の管理薬剤師が急遽退職のための欠員募集の求人。

年収も比較的高く、お休みも木・日・祝と安定しており、休暇も取りやすい職場でしたので、人気があったようです。

なぜ調剤薬局でこれだけ好条件の求人がでてきたのか

もちろん、急な欠員募集であったことも関係していると思いますが、現在の会社では正社員は管理薬剤師のみで、残りのスタッフはパートという形態をとっています。

管理薬剤師は根幹となる必要があるので、年収水準はエリアの平均より高くしているようです。

また、直近で、離職が多かったという事情もあるようで、さらに少し高めに求人を出したようです。
ちなみに、離職の経緯は自分で開業する方や関西に帰るなどの、そこまでネガティブな理由ではなかったようです。

薬剤師の人気求人の特徴

転職エージェントの方からも、応募が出てからすぐになくなる求人は多く、今回のものも一般的な求職者の方に出回る前に決まったと伺いました。

  • エリアが都心に近い
  • 給料が高い
  • 休みが安定している
  • 帰る時間が早い

このような条件の募集は、比較的早くに決まることが多いとのことでした。

一般的には、僻地である代わりに給料が高い、休みが土日であり働きやすいが給料が安いなど、一長一短となるようです。

好条件求人の採用に至った理由


今回私は、管理薬剤師経験はありませんでしたが、次のポイントが重視されたようでした。

  • 働きながらいろいろ勉強をしていたので、最低限の管理薬剤師業務の知識があった
  • MR経験があり、ドクターの応対が可能である
  • コミュニケーションスキルが高い

また、面接をした中では最も好印象であったとのことで、良い印象を与えることが出来たことも、ポイントであったと思います。

一方で、PCスキルなどもいくつか資格を持っていましたが、そこは評価の対象にはなっていないように感じました。

調剤薬局で働いてみた感想


実際に働いてみて、非常に楽しく仕事が出来ています。
調剤事務の経験が長い事務さんからも、いろいろと教えてもらうことが出来ており、大変勉強になっています。
また、プライベートに関してもエリアが首都圏に近いので、充実しています。
勤務して1年余りが経過しましたが、特に転職の予定はありません。

転職活動を行う際に利用した転職サイトについて

仕事を選ぶ際には、前述の通りアポプラスステーションという会社を利用しました。
特にコンサルティング会社に対してのこだわりはありませんでしたが、ある程度の規模の会社であれば、特に問題なく求人を紹介してもらえます。

私の場合は、通勤で利用していたターミナル駅に会社があることを重視しましたが、特にこだわりがない場合にはある程度の知名度があれば、どこの会社でも違いはそれほどないのではないかと思います。

まとめ

こちらの方もそうですが、調剤薬局で管理薬剤師などの管理職を採用する際には、コミュニケーション能力を重視する傾向があるようです。

Yさんのようにコミュニケーション能力があり、日頃から向上心をもって勉強している人は、管理薬剤師の経験がなくとも並み居るライバルを押しのけ、見事好条件求人をゲットすることができるのです。

では、そのYさんが語る、好条件求人を手に入れるたい人へのアドバイス、そして転職活動の仕方と心得とは何か。

こちらをご覧ください。

失敗しない薬剤師転職のために

薬剤師の転職サイト徹底比較

保有している求人数が豊富で、転職先の現場の情報に詳しく、サポートが手厚い。
そんな理想の転職サイトはどこ?

転職成功者の経験を元に納得できる事実付きで詳しく解説します。

オススメ転職サイトを今すぐチェック

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師スキルアップ転職体験談~在宅業務の経験できる調剤薬局への転職~

  2. 地方勤務を選んだ薬剤師の年収アップ転職体験談

  3. ママ薬剤師の転職体験談 子育てとの両立を目指して企業のDI職を選択した…

  4. 調剤薬局薬剤師のキャリアアップ転職 体験談

  5. ワークライフバランスを求めた薬剤師の転職 体験談3

  6. 人間関係の悩みが少ない薬剤師の職場 体験談

PAGE TOP