派遣とパート

薬剤師のダブルワーク、パート+派遣にはどんなメリットが?

 

薬剤師はパート・アルバイトの時給も高いので、ダブルワークという働き方が可能な職業のひとつです。

管理薬剤師であれば一か所の薬局で働くことが強制されてしまいますが、勤務薬剤師であれば複数の薬局に勤める方がスキルアップにもつながるので、オススメな働き方といえます。
今回は、薬剤師のダブルワークについてご説明させていただきます。

薬剤師のダブルワークとは何か


ダブルワークとは、2か所もしくはそれ以上の職場に、同時に雇用契約を結ぶことを指します。
薬剤師の場合は大別すると次の2つのパターンに分けられます。

正業+副業の場合

正社員としての正業を持ちながら、+αで副業で働く場合です。
副業として扱われることが多いですが、広義ではダブルワークといえるでしょう。

薬剤師の場合は、企業のDIの薬剤師として月~金で勤めていて、土曜日だけ調剤薬局で働く。
病院の正社員+夜間にドラッグストアでアルバイトなどです。
あくまで、正業があり、その+αでパートやアルバイトといった形態です。

職種を問わず働いていくことができるのも特徴です。

パート・派遣の掛け持ちの場合

一般的に認知されているダブルワークとは、正社員としての本業を持たず、パートや派遣を組み合わる働き方になります。
掛け持ち”と呼ばれることの方が多いかもしれません。
パート+派遣薬剤師」という組み合わせが多いですが、「パート+パート」や、まれに派遣+派遣などといった働き方もあります。

調剤薬局同士のダブルワークでは、月水金はA薬局で、火木はB薬局といった形で勤務することが多いでしょう。


薬剤師のダブルワークはどんな働き方ができるのか

薬剤師のダブルワークでは、個人の状況に合わせて働き方を自由に選択できます。
例えば、下記のような選択肢をとることができるでしょう。

  • 普段勤務している薬局が午前中までの場合に、午後だけのパートとして他の薬局を組み合わせる
  • 稼ぎたいときに、日勤+夜間勤務で勤務時間を増やす
  • スキルアップを目指して、パート+派遣で複数科目を経験する

自分で薬局を立ち上げる予定の方では、お金を貯める目的に加えて、様々な薬局のシステムを自分の薬局に取り入れるため、ダブルワークや派遣を組み合わせた働き方をすると良いと言われています。

ダブルワークにはどんなメリットがあるか

ダブルワークは何のために行い、どんな人に向いているのでしょうか。
同じ職場で働けばいいのに、なぜわざわざ気苦労も増える複数の職場で働くという選択をするのでしょう。

そこには次の2つのメリットがあります。

1ダブルワークでスキルアップ

普段は企業にお勤めの方では、臨床のカンを忘れてしまうことのないように調剤経験を積んでいくことができます。
本業に差しさわりのないよう、土曜の午前のみ薬局でアルバイトという方もみえます。

薬局同士のダブルワークの場合では、ダブルワークをすることで普段とは異なる科目の処方箋に触れることができるというメリットがあります。
今後の薬剤師は「かかりつけ薬剤師」として様々な処方箋の知識が必要不可欠となってきます。
従来以上にスキルアップに熱心な薬剤師さんも多いでしょう。

多くの薬局では門前の病院・クリニックの科目により、経験できる処方箋は自ずと限られてきます。同じ処方箋しか経験出来ないこともあるでしょう。

ダブルワークで別の薬局に勤めることで、薬剤師としての引き出しを増やすことができるのです。

例えば、普段勤務しているA薬局では小児科と外科しか経験できないが、B薬局でも働くことで、内科や消化器内科の経験ができるといった具合にです。

2ダブルワークで収入アップ

薬剤師のパート・アルバイトは時給が良いです。ボリュームゾーンは2,000円代前半あたりです。
薬局薬剤師が、普段勤務している薬局が午前中までの日に、午後だけパートをするとしましょう。
仮に時給2,000円として、週1で5時間働くだけでも4万円にもなります。なかなかの金額ですね。

それ以外にもよくある例としては、次の2つでしょうか。

  • 給料の低い病院薬剤師が、週2~3日のペースで20時から24時などの時間に深夜アルバイト。
    ⇒病院の規定ではもちろん禁止ですが、こっそりアルバイトしている病院薬剤師さんは多いです。
  • パート薬剤師さんが収入アップを狙って、週1だけ派遣
    ⇒お子さんが小さいうちはパートで勤務時間を減らしていたけれども、お子さんが大きくなって働く時間を増やせるとなったときに、派遣を取り入れるママ薬剤師さんも多いのです。

薬剤師ならではのダブルワーク「パート+派遣」のメリット

薬剤師のダブルワークとして最もポピュラーなのが、「パート+派遣」というダブルワークです。
なぜ「パート+パート」ではなく、「パート+派遣」なのでしょう。
その理由として、次の2つのメリットが挙げられます。

1「パート+派遣」ダブルワークは勤務時間と収入のバランスがとりやすい

パートと派遣を組み合わせることで、勤務時間と収入を柔軟に調整できます。
その理由を知るため、まずは派遣とパートの違いを見てみましょう。

派遣薬剤師の場合

収入のみを追い求める場合、派遣薬剤師としてフルタイムで働くのが最も高収入でしょう。
高収入を求め、ドラッグストアを退職して派遣薬剤師として働く方もみえます。

どの程度高収入なのかを知るために、時給毎に求人を検索できるファルマスタッフの公式サイトを見てみましょう。

パート・アルバイトの時給は2,000円代前半が大半なのに対し、派遣は時給3,000円代がボリュームゾーンになります。
時給4000円以上の求人も存在します。
パート・アルバイトの実に1.5倍以上の時給ですね。

ただし、派遣先は忙しい職場ばかりなので、体力的には厳しいものになるでしょう。

パート・アルバイト場合

一方でプライベートを最優先する場合、勤務時間を限定してのパートかアルバイトという働き方が最も柔軟に働くことができます。
育児しながら働くママ薬剤師さんなどがその例ですね。転勤の心配もありません。
当然ながら、この働き方が最も収入が低くなります。

ダブルワークで両者のいいとこどりをする

「パート+派遣」ダブルワークは、両者のいいとこどりをした働き方ができます。

普段はパートで働いているけど、週1くらいはガッツリ一日フルタイムで働いて稼ぎたい。
その場合、どうせフルタイムで働くならば、より時給の高い派遣の方がお得。

それが“パート+派遣”というダブルワークになります。
毎日派遣では体力的には辛いけども、適度にパートをはさむことで忙しさにメリハリをつけるということもできます。

このように自身の都合に合わせて勤務時間と収入を柔軟に調整できるのが「パート+派遣」ダブルワークのメリットといえるでしょう。

「パート+派遣」で収入を安定化できる

パートに派遣を組み合わせることで、収入を安定化できるメリットも見逃せません。
パートの収入はシフトの増減に左右され、安定しません。
インフルエンザの流行する冬などの繁忙期はシフトが増えるものの、薬局が暇になる時期ではシフトを削られることもあります。
パートのシフトが少ないがすくないときに派遣薬剤師として働くことで、収入を安定させることができます。

2「パート+派遣」ダブルワークはスキルアップしやすい

パート薬剤師の場合、正社員と異なりヘルプは無いことが多く、基本的には同じ店舗のみで勤務をすることとなります。
経験できる処方箋の知識にも限界があるでしょう。

しかし、派遣薬剤師であれば複数の職場を渡り歩くことができるので、より多くの処方箋に触れることができるのです。

女性薬剤師はダブルワークが多い

男性薬剤師では管理職を目指す傾向にあるので、ダブルワークの経験があまり無いかもしれません。
しかし、退職や転職を経験された女性薬剤師さんは、多くの方がダブルワークの経験があるようです。
薬剤師がダブルワークを行うことには様々なメリットがあるため、薬剤師の世界ではダブルワークは古くからトレンドなのです。

ここでは、女性薬剤師に多い、いくつかのパターンをご紹介します。

1ママ薬剤師がブランク明けのスキルアップのためにダブルワーク


新卒で入社した女性薬剤師の方のよくある例としては、出産時に退職をして、お子様が大きくなってからパートで薬剤師を再開するという働き方が挙げられます。

はじめは週1、2日くらいのパート勤務でスタートすることが多いでしょう。
仕事にも慣れてきて、そろそろ働く時間を増やそうかなと思ったとき、同じ薬局でシフトを増やすのではなく、ダブルワークという選択肢をとることがあるのです。

多くのママ薬剤師さんは、しばらくブランクがあれば正社員として復帰するのも不安になるようです。

ダブルワークで複数の科目を経験することで、薬剤師としてのスキルアップを行うことができるのです。

2実家暮らしで、まったり働くためのダブルワーク


実家暮らしの方では、正社員の特典である「家賃補助」が必要ないため、敢えて正社員にこだわる必要がありません。
女性であまり働きたくない方の場合では、若いうちからパートや派遣でダブルワークという選択肢をとる方もいるのです。

筆者の勤務している薬局にも、パート+派遣でダブルワークをしている若手の方が派遣薬剤師として来ることもあります。
それら派遣薬剤師さんは全て実家暮らしの方ばかりでした。

3ベテラン薬剤師さんが小規模薬局で働く場合のダブルワーク

若い方は正社員として働くことがほとんどですが、ある程度のベテランになると大手には居づらくなるようです。
結局退職して小規模チェーンで正社員になるか、パートを組み合わせて働くようです。

個人薬局としても、正社員1人を雇うよりパート2人の方が社会保険料などの関係でお得であるため、正社員よりもパートを好む傾向があります。
個人薬局は、ベテラン薬剤師さんの雇用の受け皿となっているのです。

薬剤師がダブルワークするときに気を付けること

これまでダブルワークでできること、メリットをご説明してきました。
しかし、ダブルワークを行う上でのデメリット・注意点もあります。ダブルワークを行う際には、次の3点に気をつけましょう。

それぞれの職場の理解を得なくてはならない


ダブルワークをするということは、他の薬局でも働くこととなるため、メインで働いている薬局での勤務日の柔軟性がなくなってしまいます。

インフルエンザなどで人手が足りないなどの緊急時に、急遽出勤をすることが期待できなくなってしまうのです。

また、近隣の薬局に情報を漏らされる可能性もあることや、引き抜かれてしまうリスクも伴うので、雇用主も良い顔をしないことが多いのです。

大手の場合では就業規則によってダブルワークが禁止されている場合もあるので、確認をしなくてはなりません。

それぞれの職場の理解を得ることは必要となるのです。

ダブルワークによって薬局のルールや薬の場所を混同してしまうことがある


薬局では薬袋の書き方や業務フローなど、それぞれの独自のルールが存在しています。

複数の薬局で勤務をしていると、ルールが混ざってしまうことがあるのです。

薬の場所や在庫についても混同してしまうことがあります。
患者様からとっさに「この薬ある?」と聞かれても、即答できなくなってしまうことがあるのです。

本業に差し支えないレベルに抑える

メインとなる職場がある場合では、もう片方の職場は1~2日程度にとどめておく方が無難と言えるでしょう。
本業の日数を減らして他に行くのではなく、本業の日数は変えずに+αで働く方が無難と言えます。

確定申告が必要になる


ダブルワークを行うということは2か所以外の職場で給料をもらうため、現在の税法上では確定申告を行わなくてはなりません。
サブの職場でも、忘れずに源泉徴収票をもらっておきましょう。

ダブルワークにオススメの転職サイト

派遣とパートを組み合わせたダブルワークで働く場合、派遣では週1日~2日のシフトになることが多いと思います。
そのような少ないシフトでの派遣の求人は“単発・スポット派遣”というくくりになります。

労働派遣法により、派遣会社との雇用契約日数が“30日以内、かつ労働時間が週20時間未満の雇用契約で働く派遣は「単発・スポット派遣」として扱われます。

一口に派遣といっても、その働き方にはいろいろとあるのです、

派遣薬剤師の求人を取り扱っている転職サイトのうち、ファルマスタッフでは派遣求人の中でも、「単発派遣」のみを選択して求人を探すことができます。

では、実際にどのような求人があるのかを見てみましょう。

こちらのように、時給2,800円で週2日から働ける求人や、

土曜日のみの単発派遣もありますね。

土曜日に働ける薬剤師が慢性的に不足している薬局は多いです。
このように土曜のみの求人も存在するわけです。

土曜日の勤務で時給2,500円は安いと思わないでもないですが、勤務時間が9:00~13:00と短いのは働きやすいかもしれません。

ファルマスタッフ公式サイトはこちら

パート・アルバイトの求人数の多い転職サイト

 転職サイト 求人数 高時給
リクナビ薬剤師 37,864件 24,729件(*1)
マイナビ薬剤師 29,142件  不明
薬キャリ 18,649件 9,328件(*1)
ファルマスタッフ 15,749件 時給2000円以上
⇒13,533件
時給2500円以上
⇒3,885件
時給3000円以上
⇒643件
薬剤師転職ドットコム 6,068件 時給2000円以上
⇒5,652件

*1:高時給の定義は不明。当サイトの調査では最低時給は1,800円からであった。

総求人数では、リクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師が断トツです。しかし、マイナビ薬剤師では高時給の求人数は不明です。
ファルマスタッフであれば、時給額ごとに求人を探すことができます。時給にこだわってパート・アルバイト先を探したい薬剤師さんはファルマスタッフの利用がオススメかもしれません。

各転職サイトの登録先

まとめ

ダブルワークという働き方は、一般的な職業の正社員では馴染みがないでしょう。
パートの場合でもわざわざ複数の店舗で働くよりは、1か所に集中して勤務することで時給を上げることが得策とされています。

その一方で、薬剤師では「スキルアップ」が必要不可欠であり、複数の薬局で勤務することで経験値を向上させることができるのです。
スキルアップを目指している方では、ダブルワークという方法も一度検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 派遣薬剤師のドラッグストア求人の特徴と意外なメリット

  2. ママ薬剤師の働き方、正社員vsパート社員どっちがいい?

  3. 薬剤師のパート求人を探すときに気をつけること

  4. ファルマスタッフ派遣利用の体験談~現役派遣薬剤師が語る

  5. パート薬剤師の扶養の壁、高時給な薬剤師が損をしない働き方

  6. 派遣薬剤師は福利厚生が充実!?有給取りやすいですよ

PAGE TOP