薬剤師5大転職理由

MRのキャリアと平均年収

 

MRのキャリアパス

営業所内のプロダクトリーダー(係長)、チームリーダー(課長)、営業所長へと昇進することができます。
またMRだけでなく、同じ製薬会社内でマーケティング部、開発部(CRA)、人事部、学術部などに異動するとこともあります。

MRの平均年収

製薬会社によって上下があるのが特徴です。


イメージとしては大手では900~1,000万円、中堅で700~800万円、下位メーカーやジェネリック医薬品メーカーで500~600万円といわれています。

基本的にはジェネリック医薬品メーカーは給料は安いですが、沢井製薬などの勢いのある会社は少し高めに設定されています。

先発メーカーの方が待遇や給料は良く、転職時も先発メーカーには先発メーカーからしか転職は出来ません。
大手や外資系では基本給の昇給率が中小企業よりも大きいです。

一般的な中堅と言われる会社での新卒からの年収の推移はおよそ次の通りとなります。

勤続年数
役職
月収 年収
 新卒時 30万円前後 550万円前後
 3年目
主任
33万円前後 600万円前後
 10年目
係長・副所長
41万円前後 750万円前後
 15年目
課長補佐・副所長
47万円前後 850万円前後
 20年目
課長・所長
66万円前後 1,200万円前後

ボーナス

MRの給料は賞与の比率が高くなっています。

一部の外資や成果給の割合の大きい会社では異なりますが、基本的には5ヶ月~8ヶ月程度でしょうか。
今は医療費抑制で景気もそこまで良くないので、6ヶ月程度が多いようです。

その他手当て


年収とは別に住宅補助があり、だいたい月10万円前後、年間にして約100万円ほど上乗せになります。
外勤をすると営業手当がつくので、非課税日当が月に5万円前後ほど支給されます。

転職に役立つキャリアや資格

MR認定資格はもちろん取っておく必要があり、他社への転職の際にMR認定資格取得が前提の場合もあります。
特化した領域のMR経験を積んでいると、同じ領域のMRの好待遇での転職が望めます。
成績抜群のMRは同業他社にヘッドハンティングされることもあります。

コントラクトMRの年収


派遣型MRともいうべき、コントラクトMR。
中途でMRを目指す場合は、このコントラクトMRを足掛かりに製薬会社のMRを目指すのが一般的です。
コントラクトMRは経験者や未経験によりますが、転職時の給料としては未経験で500万円程度、経験者で600万円程度となります。
2年目からは700万円程度で、プロジェクトのリーダーやCRAにならない限りは大幅な昇給は無いようです。

額面だけ見れば悪くないですが、製薬会社のMRと違い、住宅補助がほとんどありません。

コントラクトMRから製薬会社のMRへの転職した際の給料

コントラクトMRから製薬会社の正社員への転職は、成績優秀な方がスカウトされる、ヘッドハンティングのような形となります。
その際には前職の給料を参考にしたり、自社に新卒からいた場合のモデル給与などが適応されるようです。
既定の給与ベース+α程度での条件が提示されるようです。

失敗しない薬剤師転職のために

薬剤師の転職サイト徹底比較

保有している求人数が豊富で、転職先の現場の情報に詳しく、サポートが手厚い。
そんな理想の転職サイトはどこ?

転職成功者の経験を元に納得できる事実付きで詳しく解説します。

オススメ転職サイトを今すぐチェック

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師のキャリアアップにはどのような道があるのか

  2. コミュニケーション能力のある薬剤師はなぜ年収アップが可能なのか

  3. ドラッグストア薬剤師のキャリアと平均年収

  4. 薬剤師の各職種の平均年収 増えやすい職種・増えにくい職種は

  5. CRAのキャリアと平均年収

  6. 薬剤師のキャリアアップ転職 企業編

PAGE TOP