薬剤師の転職活動

薬剤師が職場に合わないと感じて転職するときに気を付けること

 

薬剤師さんは様々な領域で活躍されていますが、現在働いている職場が合わないと感じることもあるでしょう。

合わない原因をその職場の中で解決することができれば良いですが、時には転職をすることもやむを得ないという場合もあるのです。

今回の記事では、薬剤師が職場に合わないと感じて転職するときに気を付けたいことをご紹介いたします。

職場が合わないと感じて転職する薬剤師は多いのか

薬剤師の世界は転職が多く、合わないと感じたらすぐにやめる人も珍しくはありません。
100人の薬剤師さんを対象としたアンケートでも、ネガティブな理由などで“合わない”と感じて辞めている方は見られました。

ある程度の我慢や忍耐も必要ですが、長期的にみて改善の可能性が無い職場については、早い段階で転職をした方が良いでしょう。
会社の統廃合や人間関係など、自分に原因が無い場合にも、転職することに問題はありません。

転職の面接時に転職理由をしっかりと説明することができれば、人手不足である薬剤師の職場では、転職に際して不利になるということもありません。

実際に先ほどの100人の薬剤師さんを対象としたアンケートでも、6割の方が転職活動を開始してから一カ月以内に転職できているのです。

どんな職場だと合わないと感じるか

やりがいが感じられない職場

自分のやりたい仕事が出来ない職場では、合わないと感じてしまうことでしょう。
もともと病院で働きたかったのにメーカーに入ってしまった、調剤の仕事がしたかったのにOTCのみの店舗に配属されてしまったなど、ミスマッチを起こしてしまった場合には、合わないと感じてしまうことでしょう。

人間関係が悪い職場

薬剤師さんが合わないと感じる職場の一つとして、人間関係などの対人的な問題が挙げられます。

薬局のように狭い世界だと、人間関係が一度こじれると修復することは難しいものです。

調剤薬局などは女性社会であることも多く、一般的な企業に比べてもこのような問題は多いことでしょう。
コミュニケーションをうまくとれずに孤立感を感じたり、業務やプライベートを通じて嫌がらせを受けたりする場合もあるのです。

意識の高すぎる職場

薬剤師さんの転職理由の一つに、周りとの意識の違いというものが挙げられます。
意識の高い薬局や企業では、無給で勉強会に参加したり、自発的な研鑽を押し付けられたりする場合もあります。
あくまで任意ではあるものの、断ると「まわりが頑張っているのにどうして?」と言われてしまうので、参加せざるを得なくなってしまうでしょう。

勉強や自己研鑽自体は悪いことではないのですが、仕事に対する考え方は人それぞれ異なります。
押し付けられてしまうと、合わないと感じてしまうのです。

職場が合わないと感じたときどうすればいいか

合わないと感じたときには、どのようにすれば良いのでしょうか?
転職をすることはもちろん有効な手段ですが、あくまでも最終手段と考えるようにしましょう。

まずは管理薬剤師に相談したり、異動願いを出したりと、現在の状況を改善することを考えましょう。

それでもどうにもならない場合に限り、転職という手段をとるようにしましょう。

問題が根深く、時間や努力が解決してくれない場合には、スッパリと見切りをつけてしてしまった方が本人のためになるのです。
自分一人の力で転職活動をこなすことに不安を感じるときは、転職エージェントの力を借りるなどして、理想の職場を探すようにしましょう。

職場に合わないと感じて転職するときに気を付けること

転職癖を付けないようにする

転職によって現状を打破することが出来たとしても、転職が癖になってしまっては元も子もありません。
基本的には、次の職場でずっと働くことを前提に、転職活動を行うようにしましょう。
新しく入った職場に別の問題が潜んでいることは十分に考えられますが、それが繰り返し続く場合には、情報収集が足りていない可能性があります。
本当に自分に合った職場はどこか、合わない理由を見つめ直して、次回の転職では失敗のないようにしましょう。

次の職場に生かせるスキルアップを心がける

どのような職場であっても、学べることは少なからずあるものです。
本人のやる気さえあればどこにいても勉強する手段はありますし、幅広い領域の知識は身につける事ができます。

今の職場に問題があるのであれば、転職して問題を解決する作戦を練りながら、次の職場に生かせるスキルを身に着けるようにしましょう。
ただでは転ばず、スキルアップをしていくことが、次の転職成功への近道となるのです。

転職エージェントを上手に利用する

せっかく転職するからには、良い案件を選びたいものです。
しかし、自分一人の力だけで転職をしようとすると、失敗を繰り返してしまう可能性が高くなってしまいます。

転職サイトのエージェントは数万件以上の求人情報を保有しています。

薬剤師転職のプロである転職エージェントはその多くの求人情報の中から、求職者のニーズに“合った”求人を紹介してくれるのです。

根本的な問題を解決するだけでなく、家から近い求人や給与の高い求人など、より好条件の求人に巡り合うことができるでしょう。

必ず希望の転職先を見つけてくれる転職エージェントはどこか

転職に失敗する薬剤師さんの共通点の一つに、転職先の情報確認不足が挙げられます。

こちらの「薬剤師の転職、転職エージェントと行う求人情報の確認の仕方」をお読みいただき、そして実践していただければ、必ずや薬剤師転職に成功することでしょう。

それでも、転職先の職場が転職エージェントから聞いていた内容と違う。そんな可能性もゼロではありません。

しかし、心配はいりません。

こちらのマイナビ薬剤師であれば、転職後に定期的に職場の状況を確認してくれるのです。
職場で問題があるときは相談にのってくれますし、希望していた、もしくは契約していた内容と違う場合は再度交渉もしてくれるのです。

アフターフォローのしっかりとした転職エージェントであれば、必ずや理想の転職先に出会えるでしょう。

マイナビ薬剤師

  • 担当先に足を運んで探した求人多数
  • 傾聴する態度で行われる丁寧な対面カウンセリング
詳細を見る
無料登録はコチラ

転職エージェントに任せっぱなしにしない

転職活動のエキスパートであるエージェントは、非常に心強い存在です。
しかし、候補としている職場が合っているのか合っていないのかは、最終的には本人にしかわからないことです。

自分でもどのような職場が良いのかをしっかりと考えて、エージェントにアドバイスをもらうようにしましょう。
やる気のある薬剤師さんはエージェントも何とかしてあげたいと考え、優先的に対応してもらえるのです。

まとめ

合わない職場で働くことは、本人だけでなく周りのスタッフや患者様にとっても、不利益となってしまいます。
無理をしてまで長く働き続けるのではなく、転職という手段も視野に入れるようにしましょう。

幸いにも薬剤師は売り手市場であり、転職エージェントのサポートも期待することが出来ます。
自身の力を最大限に発揮することのできる、“合っている職場”を見つけてみてください。

失敗しない薬剤師転職のために

薬剤師の転職サイト徹底比較

保有している求人数が豊富で、転職先の現場の情報に詳しく、サポートが手厚い。
そんな理想の転職サイトはどこ?

転職成功者の経験を元に納得できる事実付きで詳しく解説します。

オススメ転職サイトを今すぐチェック

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の転職での注意点~ブラック企業への転職を避ける方法~

  2. 1つの薬局しか経験のない薬剤師が、転職で気を付けること(H30年度版)…

  3. 調剤未経験者が調剤の仕事に転職するときに気を付けることは

  4. 薬剤師の4大転職方法と使い分け

  5. 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

  6. 【薬剤師の転職】辞めてから転職活動するメリットとデメリットは?

PAGE TOP