マイナビ薬剤師

利用者満足度5年連続No.1の秘訣は細やかなサポート内容の数々!

マイナビ薬剤師は、「就職情報誌の提供」「求人・採用活動に関するコンサルティング」「労働者派遣事業」「有料職業紹介事業」などのほか、出版、セミナーや講演会の企画・立案実施、さらには不動産賃貸やブライダル情報の発信など、多岐にわたるサービスを提供する「株式会社マイナビ」が運営する、薬剤師転職支援サービスです。

マイナビのスゴイところは、薬剤師の転職支援サービスのみならず、「マイナビ看護師」「マイナビ医療介護のお仕事」「マイナビDOCTOR」など、医療系の転職・就職支援サービスの実績が豊富なことではないでしょうか。


こうした背景があるため、マイナビには医療業界での採用・転職支援に関するノウハウが多く蓄積されています。

さらに、マイナビは、医療系以外の他職種の求人案件が紹介されている就職情報サイト「マイナビ」や、転職情報サイト「マイナビ転職」なども運営。
また、法人営業担当を全国各地に配置することで、地域の企業と密接につながり、現場のリアルな情報を収集できるよう、ネットワークを張り巡らせているようです。

全国各地の法人営業担当が、全国の医療機関の情報を徹底収集

マイナビ薬剤師の強みは、企業の規模を活かした情報収集力ではないでしょうか。
あなたの転職が成功するか、失敗するかは、おそらく事前に得られる情報量に左右されると思います。
なぜかというと、情報量が多いほど、転職先と自分の希望のミスマッチが少なくなるからです。

前述したとおり、マイナビでは全国各地に法人営業担当者が配置されています。
これは、ほかの薬剤師に特化した転職支援サービスにはない、とても大きいメリットと言えます。
その理由は、全国に散らばった営業担当の彼ら彼女らが、日々、病院、クリニック、調剤薬局、ドラッグストア、製薬メーカーなどと、密接にコンタクトを取り合い、良好な関係を構築することを通して、とても貴重な現場の情報を収集してきてくれるからです。

日々、現場から収集された生の情報が蓄積されているマイナビ薬剤師。
そんなマイナビ薬剤師だからこそ、その薬剤師一人一人の希望にマッチした転職先を的確にピックアップでき、結果的に満足度の高い転職につなげる実績を多数残せるのです。

企業への転職を考える場合、どのサービスを使えばいいのか

就職・転職支援サービスの種類が豊富なマイナビ。
薬局、ドラッグストア、病院なら、きっと薬剤師専門の「マイナビ薬剤師」への登録が有利だと思われますが、企業への転職を希望する場合はどうなのでしょうか。

実際に検索してみました。
その結果、「マイナビ転職」で「管理薬剤師・薬剤師・登録販売者」の検索をしてみると、求人情報数は16件(2017年8月現在)。
それに比べ、薬剤師専門の就職・転職支援サービスである「マイナビ薬剤師」で「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院・クリニック」を除いて検索をしてみると276件となりました(2017年8月)。
双方ともに、非公開求人は含まれるものの、薬剤師の場合は企業への転職を考えるケースにおいても「マイナビ薬剤師」を利用したほうが、多くの求人情報を得ることができそうです。

薬剤師の人材紹介サービス15ブランド中、5年連続利用者満足度NO.1の秘密

薬剤師に特化した人材紹介サービスは多数ありますが、マイナビ薬剤師は利用者満足度という点において、他のサービスと比べて群を抜いています。
なんと、マイナビ薬剤師は、薬剤師の人材紹介サービス15ブランドのうち、利用者満足度が第1位!
しかも、5年連続でその地位に輝いているというのです。(2017年10月における楽天リサーチの調査)

なぜ、マイナビ薬剤師が求職者に支持されるのでしょうか。
理由は3つ考えられます。

1つ目の理由:情報収集力

前述のようにマイナビ薬剤師には「マイナビ」という強力な母体があり、情報収集力に優れる点です。

2つ目の理由:提案力

利用する転職サイトによっては、問い合わせた求人案件に対し「この案件はすでに充足してしまいました」と返答があって、そのままということがあります。すると転職活動はそこでストップしてしまいますよね。

それに対し、マイナビ薬剤師では1人に対し、なんと平均18件の求人案件を紹介してくれるそうです。
こんなに多くの求人案件を紹介できる理由は、マイナビ薬剤師が非公開案件を含めた多数の求人情報を保有している点にあります。
そのため、「家から近い薬局」「OTCの知識を学べるところ」「患者さんと深く関われる薬局」といった希望にも、きめ細やかに対応してくれます。

3つ目の理由:カウンセリング力

マイナビ薬剤師では、転職を希望する薬剤師との面談を大切にしており、面談のときの表情や言葉から、本人ですら気づかないような潜在的な希望をキャッチアップし、フォローしてくれます。

薬剤師転職のプロフェッショナルというキャリアアドバイザーの目を通すことで、自分が転職に望む条件が精査され、その結果、長く働ける満足度の高い転職へと結びつくようです。

こんなことまでサポートしてくれるの!? マイナビ薬剤師の細やかなサービス

マイナビ薬剤師では、医療業界専任のキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。
このようなキャリアアドバイザーのサポートは、どの薬剤師専門の転職支援サービスを利用しても受けられることが多いのですが、マイナビ薬剤師は、とにかくサポートが細やかです。

なかでも特徴的なのが「求人票の読み方」を教えてくれる点です。

求人票をみてみると、どれも同じようなことが書いてあって差が分からず、戸惑ったことのある方がいらっしゃるのではないでしょうか。
マイナビ薬剤師では、求人票のどこに注目すれば希望に合った転職をかなえられるのか、その方法をキャリアアドバイザーがレクチャーしてくれるのだそうです。
適切に求人情報を読みこなすことができれば、希望に合わない企業への面接に進むことを避けられるなどのメリットがあります。
知っておけば心強いですよね。
そのほか、面接の日程の調整、給与の交渉、職場の雰囲気や休みの取りやすさなどの事前調査なども、求職者の希望に沿ってきめ細かくサポートしてくれます。

マイナビ薬剤師での転職活動、ここがちょっと心配

充実のサポート、そして求人情報検索も使い勝手が良く、マイナビ薬剤師を利用するデメリットは見当たりません。
特に、保有している求人情報のうち調剤薬局は65%、ドラッグストアが22%、病院・クリニックが10%と豊富なので、医療機関への転職を希望する人にとってはぴったりの転職支援サイトと言えそうです。

1つ不安な点を挙げるとすれば、医療機関の求人案件の保有率が高い一方で、治験や製薬会社などの企業系の求人案件は2%とわずかな点でしょうか。
企業への転職を希望する人では、転職の時期によっては求人案件が限られてしまいそうなことだけ懸念されます。

マイナビ薬剤師公式サイトはコチラ

特徴・求人数

保有求人数
ドラッグストアの求人数業界最多
利用者満足度
5年連続第1位
提案求人数
平均23件
営業拠点
全国13箇所
面接同行
対応
アフターフォロー
専用窓口あり
スピード転職
最短1週間
特典
薬剤師転職サポートブックプレゼント
調剤薬局求人数
ドラッグストア 調剤併設求人数
ドラッグストア OTCのみ求人数
病院・クリニック求人数
企業求人数
派遣
×
PAGE TOP