異業種転職

薬剤師が病院から調剤薬局に転職するときに知っておきたいこと

 

転職して新しい職場に移る時はだれでも不安になるものです。

病院から病院への転職、薬局から薬局への転職のように職場が変わるだけで業務内容がさほど変わらない場合でも不安になるのですから、病院から調剤薬局のように業務内容が変わってしまう転職はなおさらストレスがかかることでしょう。

私は、病院から調剤薬局に転職した経験がありますが、転職する前は病院で積んだ経験が調剤薬局でも生かせるのかや調剤薬局での新たな業務内容についていけるのかなど様々なことを心配しました。

これから病院から調剤薬局への転職を考えている方も、いろいろなためらいや不安があるに違いありません。

今回は、薬剤師として病院から調剤薬局に転職した私が、ためらった理由や、実際に転職してみてどうだったかなど、転職する際に役立ててほしい内容をまとめてみたいと思います。

病院から調剤薬局に転職したいと思うのはどんなときか

まず、病院から調剤薬局に転職したいと思う理由について考えてみましょう。

給料が安い


私が転職を決意した大きな理由がこれでした。

一般的に病院薬剤師の年収は薬局薬剤師の年収に比べて低いことが知られています。

薬剤師の平均年収が550万円なのに対して、病院薬剤師は300万円~600万円くらいだそうです。

300万円~600万円というデータには、もちろん薬剤部長や主任クラスの年収の高い人達が含まれていますので、役職に就かない病院薬剤師の年収はあまり高くないことは簡単に想像できますよね。

ちなみに、私はある総合病院で時給1600円で働いていたことがありますが、薬剤部長から、
「あなたと同じ年代のうちの正社員の薬剤師の基本給と比べると、あなたの方が稼いでるよ。ボーナスを入れれば正社員の方がほんの少し高くなるかなとは思うけど。」
と言われたことがあります。

単純計算すると、20代半ばの正社員の薬剤師の基本給は300万円前後ということです。

企業の一般職のような、資格がなくても働ける仕事をしている人よりも安いか、または同じくらいのお給料。

そのため、「病院ではいろいろなことが学べるけれど、お給料が安いままではせっかく一生懸命勉強してとった資格が軽視されているような気がするし、将来が不安。」

といった声が多く、年齢を重ねて自分の努力に見合ったお給料をもらいたいと調剤薬局への転職を考える薬剤師がとても多いのです。

当直など激務が多い

病院薬剤師特有の仕事の一つといえば、当直を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

病院は薬局と違い、常に患者さまが入院していますし、また夜中に救急に運び込まれてくる患者さまもいますので、薬局には24時間、365日、必ず少なくとも一人薬剤師が勤務している必要があります。

そして薬剤部内の通常の勤務が終わり、他の薬剤師が帰宅した後、朝まで薬局に泊まり込んで、救急や病棟に対応するのが当直の仕事です。

ですが、この当直業務こそが身体的にきついと調剤薬局への転職を希望する人もいます。

当直の待遇は病院によっても違い、たとえば当直後の朝、すぐに帰宅できる薬局もあれば、当直明けの午前の勤務までは普通の薬剤師と一緒に勤務しなければならないと決められているところもあります。

24時間以上続けて働かなければいけない環境では体に負担感じてしまう薬剤師がいるというのも無理はありません。

身体に負担を感じればそれだけミスが起こる可能性は増えますよね。

薬剤師の仕事は患者様の命に関わる仕事で、大きな責任があるからこそ、「ミスを起こさないための転職」を考える薬剤師は多いのです。

薬剤部長、主任クラス以外は若い薬剤師がほとんど

病院の薬剤部に雇用されると分かると思いますが、管理職以外の病院薬剤師は20代から30代前半の若い薬剤師が多い傾向があります。

病院への就職は新卒の薬剤師の方が有利ですから、新卒の薬剤師が毎年入職することで、薬局内の平均年齢は必然的に下がるのです。

若い薬剤師が沢山いる環境で、ある程度の年齢になって管理職になれない薬剤師が肩身の狭い思いをするというのはなんとなく想像できるのではないでしょうか。

肩身の狭い思いをするくらいなら今までの経験を生かして、調剤薬局の管理薬剤師を目指したいと転職した薬剤師を私は何人も知っています。

調剤薬局なら選択肢が多く転職しやすい

病院の数に比べて調剤薬局の数は比べ物にならないほど多いです。

たとえば、病院に就職してその職場環境が自分に合わなかった場合、病院への就職自体が難しいため、別の病院にすぐに転職することは簡単ではありません。

それに比べて調剤薬局は日本全国にかなり数がありますので、職場環境を変えたければすぐに転職することも可能という利点があります。

また、薬剤師業務歴に多少のブランクがあったとしても、それを受け入れ、雇用してくれる調剤薬局も数多くあります。

自分の状態や今後のことを考えて、将来的に職場の選択肢を増やしたい。そのために、今のうちに保険薬局に転職して業務に慣れておきたいと思う薬剤師もとても多いです。

薬剤師が病院から調剤薬局に転職するのに、ためらうことは何か

この項目では、私が実際に感じた調剤薬局への転職においてためらったことについて書いていきます。

注射剤を忘れてしまうのではないか


病院の薬剤部では点滴など注射剤のピッキングや調整を行いますが、調剤薬局ではこれらの業務はあまりありません。

在宅医療を行ったりする関係で、点滴の調整を行う調剤薬局もありますが、病院と同じ数の注射剤を扱っている調剤薬局はまずないと言えます。

私は病院で働く前、診療所の薬局で働いていました。

病院薬剤師になり、膨大な数の注射剤を目の当たりにし、自分がこれまで学んでこなかった薬がこんなにもあるのかとびっくりしたのを覚えています。

病院から調剤薬局に転職すると新しい注射剤を学ぶ機会がなくなってしまう・・・

このまま病院にいた方が薬剤師としてのスキルをキープできるのではないかと悩みました。

薬歴を書いたことがないけれど大丈夫か

病院薬剤師は患者さまに薬をお渡ししても、薬歴を書く必要はありませんが、調剤薬局では投薬後必ず薬歴を記入しなければなりません。

薬歴を書く必要のない病院の窓口業務は、お薬を説明してお渡し、質問に答えるのが主な仕事です。

たったそれだけの業務をしていただけでも、多くの患者さまに対応するのがやっとだったのに、保険薬局に転職すればその業務に加えて患者様一人一人の薬歴まで書かなければいけない。

そんなに多くの仕事を決められた時間内に、しかも患者さまを無駄に待たせないように行うことができるのか正直とても不安でした。

複数の医療機関からの処方に対応できるか


病院の薬剤部が受け取る処方箋は言うまでもなく院内の処方箋ですので、薬剤部内で取り扱っていない薬を処方されることはまずありません。

つまり、病院薬剤師をしていた時に処方されてくる薬は全て自分が知っている薬ですから、相互作用も把握している状態で調剤と監査ができる環境だったということです。

また、ドクターの治療方針や癖もある程度知っていることで、安心して業務ができるという感じでした。

それに対して調剤薬局は、全国の医療機関からの処方箋を受け付けますので、中には聞いたこともない薬もあるでしょうし、ドクターの治療方針も知らないまま調剤をしなければいけません。

病院の業務に慣れてしまった私ですから、多数の医療機関の処方箋を受け付ける調剤薬局で働く自信がありませんでした。

カルテを見られない状態で投薬する不安

病院では電子カルテが使われていましたので、服薬指導をする前に患者さまがどんな症状で来院されているのかや、どんなことを診察時にお話ししたかなどを見ることができます。

電子カルテのおかげで、難しい処方の患者さまに服薬指導する際も、的外れなことをお話ししなくて済みましたし、患者さまが聞きたいであろう情報を的確に提供することが可能でした。

一方調剤薬局では、カルテを見ることはできません。

患者さまの状態を知らずに、ただ処方箋の情報だけで服薬指導ができるのだろうか・・・

的外れな指導をして患者さまを混乱させてしまったらどうしよう・・・

など心配が山のようにありました。

診療報酬やレセプトに対する不安

病院薬剤師がレセプトに関与することはまずありませんので、病院に勤務していた時は診療報酬の改定や薬剤点数についてあまり気にしたことがありませんでした。

これらは医療事務の仕事で私たちにはあまり関係ない―――

そんな感覚でした。

調剤薬局では、診療報酬やレセプトについて学ぶのは業務の一環でもあります。

薬局事務の方がやってくれていたとしても、それをチェックしたりする必要があるからです。

今まで行ったことのない未知の分野には不安がつきものですよね。

会計業務をやることへの不安

会計業務も病院では事務がやるのが普通ですので、病院薬剤師がお金を触ることはありませんでした。

調剤薬局では薬剤師がレジを打ち会計しなければいけないところもあります。

お金に対する責任やトラブルが起きた時を考えてしまい、戸惑いました。

調剤薬局の将来がどうなるのかの不安

大きな病院がつぶれることはあまり考えられませんが、調剤薬局がつぶれてしまうことはよくあります。

自分の転職した薬局が経営不振などでつぶれてしまったらという将来的な不安がありました。

どのように調剤薬局へ転職したらよいのか分からない

いざ調剤薬局へ転職しようと思っても、まず何をすればよいのか分かりませんでした。

今まで書き連ねた他の不安を解消する手立ても分からなければ、転職する流れも分からないことが転職すること自体を躊躇させました。

調剤薬局に転職してみて、病院薬剤師時代の悩みはどう思うか


転職前は前項でお話しした不安でいっぱいでしたが、実際に転職した後その不安がどのように変わっていったのかをお話ししたいと思います。

注射剤を忘れてしまうのではないか

調剤薬局に就職した後、確かに注射剤を学ぶ機会はなくなりました。

ただ、調剤薬局では在宅など、病院にはない業務を学ぶこともできることに気付きました。

病院薬剤師時代、病院では学べたことが調剤薬局では学べないのではという不安がとても大きかったのは、どこかで「病院の業務の方が調剤薬局の業務よりも業務数が多く、レベルが高い」と思っていたからかもしれません。

でも実際に調剤薬局に転職をしてみると、どちらがレベルが高いというものではなく、調剤薬局だからこそ学べるものがあることや、業務自体の違いを知ることができたのです。

そして、いつのまにか病院薬剤師時代に感じていた不安は消えていきました。

薬歴を書いたことがないけれど大丈夫か

投薬をしながら薬歴を書くという作業に不安を感じていましたが、病院時代の経験が意外にも役に立ちました。

病院のベッドサイドで服薬指導をしていた時にSOAP形式で患者さまとお話しした内容を記載していたのですが、この経験のおかげで薬歴をSOAP形式で戸惑うことなく記載することができたのです。

病院で学んだことを調剤薬局でも生かせたことがとても嬉しかったのを今でも覚えています。

ただ、この薬歴業務。全体的にですが私はちょっと苦手でした。

薬歴をスムーズに書くことはできたのですが、薬歴を書く時間を確保することがとても難しく、記載していない薬歴がどんどんたまっていってしまうことも多かったからです。

複数の医療機関からの処方に対応できるか

複数の医療機関からの処方箋を受け取ることに不安を感じていた私ですが、実際私が働いていた薬局では見たこともない薬が処方されるケースはほとんどありませんでした。

また、多くの処方箋は門前のクリニックの処方でしたので、医師の治療方針も知ることが可能でしたから、病院で働いていた時と同じように安心して調剤や監査業務ができる環境でした。

ただ、たまに薬局には置いていない薬が処方されたりすると、近隣の薬局に薬を買いに行かなければいけないことがあったり、先発品とジェネリックの選択で何度もクリニックに問合せをかけなければいけないことがあったりしたことから、病院と違う大変さを感じたことはあります。

カルテを見られないで投薬する不安

実際に調剤薬局で働いてからも、カルテを見ずに服薬指導することに最初は抵抗がありました。

処方箋だけの情報から患者さまの状態や知りたいことを把握するのは正直とても難しかったです。

でも、服薬指導を続けていくうちに、患者さまの貴重な情報は処方箋だけではなく患者さまとの会話の中に多くあることに気付きました。

患者さまとの会話の中から情報を得るために、コミュニケーション能力をつけなくてはといろいろ工夫したりもしました。

結果的に今ではカルテを見ない状態でも不安なく投薬することができるようになりました。

診療報酬やレセプトに対する不安

未知の仕事だった診療報酬絡みの仕事に不安を感じていましたが、実際に調剤薬局で働いてすぐに薬局長が大まかな薬剤点数などの見方を説明してくださいました。

それから調剤した処方箋の裏打ちを見て薬剤点数をチェックする習慣をつけたり、診療報酬改定がある年に事務の方と一緒に学んだりしながら少しずつ業務に慣れていきました。

未知の仕事は不安に感じますが、焦って一気に覚える必要はありません。

業務をしながら少しずつ勉強することで不安は解消していきます。

会計業務をやることへの不安

会計業務をしてみて一番ストレスだったのは、一日の合計金額と実際にレジにあるお金の合計が合わなかった日です。

誰が間違ったのか、患者さまにお釣りを多く渡してしまったのか、少なく渡してしまったのかを考え、薬剤師全員で反省しなければいけません。

会計業務を続けることで、お金の扱いやレジ打ちには慣れましたが、ミスが起こった日は精神的な負担になりました。

できれば会計業務のない調剤薬局に勤務したいなと今でも思っています。

調剤薬局の将来がどうなるのかの不安

私は、実際に経営状態があまり良くない調剤薬局に勤務したことがありました。

薬局自体がなくなってしまうかもしれないと不安に感じたこともありますが、結果的にその薬局は中規模チェーン薬局の傘下となり、問題なくその後も勤務することができました。
最近は大手の薬局を中心に薬局の合併・買収も多く、薬局自体が買い取られたとしても私のように新しい会社の社員としてそのまま勤務できることが多いです。

このような例もありますので、将来をあまり心配する必要はないかなというのが私が出した結論です。

たしかに経営不振でつぶれている薬局はありますが、先ほどお話ししたように調剤薬局は全国に数多くありますので、次の仕事をすぐに見つけられる可能性が高いですからすぐに経済的に困る確率は低いと言えますよね。

それでももし不安な場合は、経営状態が安定している大手の調剤薬局をおすすめします。

薬剤師の国家免許を持っている以上、就職先に困ることはあまりないと思いますので、将来的な不安は少ないと思います。

どのように調剤薬局へ転職したらよいのか分からない

私は病院から調剤薬局への転職を成功させる自信がなかったので、転職エージェントに相談することにしました。

良い転職エージェント、良い担当者を見つけられれば、転職時の不安の相談相手にもなってくれますし、自分に合う求人も探し出してくれます。

結果的に私は、自分にピッタリ合う条件で調剤薬局への転職を成功させることができました。

ただ、「良い転職エージェント・担当者」と言っても、どうやって見分けるのかが分からないというのが正直なところですよね。

ではここで、私が見分けている独自の方法を少しご紹介します。

返事をすぐにくれるか

親切な担当者ならどんなに小さな内容でもその日中に何らかの返信をくれます。

連絡をこまめにくれることで信頼感につながり転職への不安も軽減できますよ。

ほしい情報をすぐに送ってくれるか

エージェントに登録するときは、希望する簡単な条件をエージェントに伝えて、紹介できる求人があるかどうかをまず調べてもらってください。

正式に個人情報を送り登録するのは、紹介できる求人がエージェント側にあることを確かめてからにしたほうがいいと思います。

そうでないと、個人情報を送り、時間を使って面談や電話での聞き取りをした後、「ただいまご希望の条件の求人はありません」と言われてしまいかねません。

私たち薬剤師の希望を聞くよりも個人情報を先に聞きだすエージェントがたまに見られます。

私は希望を先に伝え、「もしこれらに見合う求人をご紹介してもらえるのであれば登録したいです」とお話ししていたのにもかかわらず、個人情報を聞かれ、時間をかけて電話面接をした後、「今はご希望に沿う求人が残念ながらありません」と言われてしまったことが2社ほどあります。

このことを信頼できるエージェントの担当者にお話ししたところ、

 
 
 
 

それはひどいですね。私としては個人情報などを頂いている以上、こちらからもご提示する義務はあると思っています。
ですので、難しい状況である方にはまずは簡単な条件等お伺いします。実際にご紹介できるようでしたらお伺いさせて頂くようにしていますし、それが普通だと思っていました。

と回答をもらいました。

このように誠実なエージェントもいますので、これらのことを参考にしながら自分にとっての「良いエージェント」を選んでほしいです。

調剤薬局に転職してよかったこと


次に、実際に薬局薬剤師になって個人的に良かったと思ったことを紹介します。

給料アップができた

病院で働いていた時よりも、月々約50,000円ほど収入が上がりました。

収入を上げることが転職の理由の大きな理由でしたので、希望がかなった形となりました。

上司が薬剤師という安心感がある

病院は様々な職種の人が働いていることや、管理薬剤師を置く規定がないため、上司が薬剤師ではない可能性があります。

私が以前働いていた病院は、薬局のトップが事務長、主任が薬剤師という職場でしたので、薬剤師の考えや思いがトップに伝わりにくく歯がゆい思いをしたことがよくありました。

調剤薬局のトップは必ず管理薬剤師と決まっています。

同じ薬剤師として立場に理解があり、とても働きやすいと感じました。

病院よりも地域に密着している感覚がある

これは私の感覚ですが、病院よりも調剤薬局は地域に密着している感覚があり、患者さまがより近く感じました。

病院では話してくれない内容も気軽に話してくれるような、患者さまと薬剤師の間の壁が病院よりも低い気がしたのです。

私たちが患者として大きな病院を訪れるときに、組織が大きいせいか何でも相談できる雰囲気を感じられないということってありませんか。

多分調剤薬局ですと、大きな組織のようにかしこまった雰囲気がないため、患者さま気軽に何でも相談してくれるのかもしれません。

調剤薬局に転職することのデメリットと注意点


転職して良かった点に対して次は、後悔した点についてもご紹介します。

他の医療従事者との意見交換があまりできない

私が勤務していた病院は「チーム医療」を行っていたため、医師や看護師、臨床検査技師、栄養士といった他の医療従事者と患者さまについて話し合う機会がありました。

しかし、調剤薬局で働いている職種は基本的に薬剤師と薬局事務だけですので、当然ながら他の医療従事者の意見を聞くチャンスはほとんどありません。

薬剤師の世界だけでなく、他の職種の人の意見を聞くことはとても新鮮で、そこから学ぶこともとても多かっただけにそのような環境を離れてしまったことをとても残念に思いました。

病院よりも職場面積が狭いので人間関係が大変

病院の薬剤部は調剤室がとても広く、その上注射室や製剤室などもあります。

その上、薬剤師は病棟での業務もありますので、薬剤師が一日の業務で行動する範囲はとても広いと言えます。

一方で、ほとんどの調剤薬局の面積は病院の薬剤部と比べ物にならないほど小さいことが多いですし、業務中はその中でのみ仕事をすることになりますよね。

そのため、同僚との顔を合わせる時間がとても長くなりますから、もし人間関係がうまくいかないようなことが起きてしまうと仕事自体がストレスになってしまう可能性もあるのです。

いつもある一定の距離を保ち、お互いに気まずくならないようにする努力が不可欠になり、それを負担に感じたことが何度もあります。

調剤薬局の業務内容が自分に合わないと感じることもある

調剤薬局での仕事は病院の薬剤部での仕事とほとんど同じなのでは?と思う人も中にはいるかもしれませんが、実際仕事をしてみるとかなり違うことを実感する場面が多いです。

たしかに調剤、監査、服薬指導に関しての基本ルールは変わりませんが、調剤薬局では病院薬剤師が行わない薬歴業務やレセプトといった仕事や、覚えなければいけない法令などがあります。

そのため、病院から転職した多くの薬剤師は、「え!?病院薬剤師とこんなに違うの?」と思うことも少なくありません。

先ほどお話ししたように、私は薬歴業務と会計業務がとても苦手でした。

「病院薬剤師のままでいたらこのような仕事をしないでも済んだのに」と調剤薬局に転職したことを後悔したこともあります。(在宅業務など私にとって魅力のある業務もありましたので、実際に調剤薬局を辞めたいとまでは思いませんでしたが)

大事なのは、調剤薬局の業務内容を把握して、総合的に見てそれらが自分に向いているか、続けられるかという点について考えてから転職したほうがいいということです。

病院から調剤薬局に転職するときに注意点

ここまでお話ししてきましたように、調剤薬局に転職する際は、調剤薬局の職場環境や業務内容が自分に合っているかをよく確かめてから転職先を決定したほうが良いです。

転職する前に解決できる不安は解決しておいた方が、後々悔やむことも少なくなりますよ。

ただ、「たしかに職場環境も業務内容が大事なのはわかるけれど、どのようにそれを調べたらいいのかが分からない」という方もいますよね。

その様なときはやはり転職エージェントの利用をおすすめします。

病院から調剤薬局に転職した人のこんな意見があります。

(転職エージェントの利用は)初めての転職の方にはお勧めですね。特に病院や行政、メーカーから調剤薬局に転職する人は保険薬局に対する予備知識がないのでエージェントと直接会って教えてもらった方が良いと思います。私も元病院薬剤師ですが、異業種と言っても良いくらい調剤薬局は異質に感じました。医療にサービス業がプラスされ、コスト計算や法令も熟知しなければいけないですから。転職先の見極めは難しいでしょう。
北海道 27歳男性

転職エージェントは転職のプロです。

自分に合う転職エージェントを見つけて、不安な点や分からない点を解決しながら、希望に沿った転職先の紹介を頼んでみてください。

自分一人で転職先を探すよりも、より多くの情報を手に入れることができ、転職成功に近づくことができるはずです。

まとめ

今回は、薬剤師が病院から調剤薬局に転職するときに知っておきたいことについてお話ししてきました。
新しい職場転職する際、その職場に慣れるだけでもエネルギーが必要になります。

病院から調剤薬局に転職し、業務自体が変わるならその不安要素をできるだけ取り除いてから転職したいというのが本音ですよね。

ここまで書いたことは私の経験に基づいたものですので、人それぞれ、また違った不安や調剤薬局に転職して良かった点もあるかと思います。

それでも、この記事が少しでも転職前の不安を解消し、転職成功に向けて背中を押すことができたら嬉しいです。

転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

薬剤師生活において、1度や2度の転職自体は珍しくありません。
でも中にはせっかく転職したのに、新しい職場に満足できず、転職を何度も繰り返してしまう人も…。
転職エージェントとして働いていた筆者が、『転職に成功する薬剤師』と『転職に失敗する薬剤師』の特徴を、事例をもとにお伝えします。
転職エージェントを有効利用して転職を成功させるコツもまとめてありますので、転職を考えている方はぜひチェックしてくださいね。
⇒ 転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い


「紹介会社」「求人企業」の両面から、薬剤師の転職業界に関わってきた筆者が知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
アバター

Candie

総合病院に臨床薬剤師として勤務後、治験コーディネーターを経て語学留学のため渡米。 帰国後は治験コーディネーター、保険薬剤師として英語を生かした仕事に就く。 現在は結婚退職し、ライターとシステムプログラマーとして在宅勤務中。趣味はものづくり。

こんな記事も読まれています

  1. 調剤薬局から病院薬剤師への転職

  2. ドラッグストアから調剤薬局への転職、気を付けるポイントは?

  3. 薬剤師からMRへ転職するときにしっておきたいこと

  4. 調剤薬局からドラッグストアへの転職

  5. 薬剤師が病院から病院に転職するときに知っておきたいこと

  6. MRから薬剤師への転職、気を付けるポイントは?

PAGE TOP