派遣

薬剤師が派遣会社を複数登録して掛け持ちすることのメリット・デメリット

 

ここ最近、派遣薬剤師として働くことが以前より難しくなったと感じたことはないでしょうか。

その原因として派遣薬剤師を雇用することが保険薬局の経営を圧迫してしまい、派遣求人自体が減ってしまっていることが考えられます。

ご存知の通り、派遣薬剤師はパート薬剤師と比べて格段に時給が高い上、保険薬局側はそれに加えて派遣会社にも薬剤師と同じくらいの報酬を払わなければいけません。

以上の理由から経済的な負担がかなり大きいことは簡単に想像できますよね。

私は以前、一つの派遣会社に登録をして派遣薬剤師として働いてきましたが、ここ最近の状況から派遣求人を見つけ出すことが難しくなりました。

そしてその回避策として、より多くの求人情報を集めたいと派遣会社に複数登録してして掛け持ちすることにしました。

ちなみに私は今4つの派遣会社に登録しています。

今回は、派遣会社に複数登録して掛け持ちすることでどのようなメリット・デメリットがあるか私の経験からご紹介していこうと思います。

複数の派遣会社に登録するとどうなるのか

派遣会社への登録への一歩

派遣会社に登録する際はまず、ホームページからご自身のメールアドレスや電話番号を送信し、担当者からの連絡を待つことから始めます。

派遣会社のホームページを訪れたことのある人は、サイト上に「無料で登録」や「求人サイトへ申し込む」というボタンを見たことがありますよね。

そのボタンは派遣会社に登録するのに必要な情報を記入するフォームにリンクされますので、まずはそのフォームを記入して送信してみてください。

また、求人を検索した時に「この求人のお問い合わせフォームへ」などのボタンがありますが、これも派遣会社登録へのフォームにつながっています。

この登録作業を複数の派遣会社で繰り返し行えば、第一歩は完了です。

担当者からの連絡

フォームを送信すると担当者からメールか電話で連絡があります。

たいてはもう少し詳しい話が聞きたいということで、メールか電話、または直接会うことのできる日時を、だいたい第三希望まで教えてくださいという内容のことが多いでしょう。

複数の派遣会社で登録をする際は、連絡をとれる日付をそれぞれの会社でずらさないと、ダブルブッキングになってしまいますからそこだけは気を付けてくださいね。

自分の希望条件を派遣会社側に伝える

担当者からの連絡では主に、こちらの希望の条件を伝えます。

これは複数の派遣会社に登録する際も同じ条件を伝えてください。

その後、その条件に合う求人をそれぞれの派遣会社から送ってもらうことになります。

ただ、問題は派遣会社によっては希望の条件を聞く前に、職務経歴書や履歴書などの提出を求める派遣会社もあるということです。

職務経歴書や履歴書自体は、あらかじめそれらを作っておけば、派遣会社にいくつ登録していてもそれのコピーを送信すれば問題ない話です。

しかし、そのような個人情報を送ったのにもかかわらず、「こちらの希望条件に合致する求人は見つかりませんでした。」というがっかりした回答しかもらえなかったら、一体何のために個人情報を送ったのだろうということになりますよね。

誠実な派遣会社はある程度の希望条件を聞いて、ご紹介できる求人がある程度あると確認できた後に職歴などの個人情報を聞くことが多いです。

ここはぜひ覚えておいてほしいポイントです。

求人が送られてくる

一連の登録が終わると、それぞれの派遣会社から希望条件に合致した求人がメールで送られてきます。

実際に派遣会社に複数登録してみると、中には同じ薬局からの求人も多いことに気付くと思います。

ただし、求人情報の中身を見てみると勤務時間や時給など派遣会社によって違うことも多々ありますから、どうせ一緒だろうと思わずに注意深く求人情報を見てみてくださいね。

複数の派遣会社に登録しておくと、ご紹介メールの数も多くなりますが、それぞれの情報を邪険にせず丁寧に見ていくことで勤務条件をより良くできる可能性もありますよ。

派遣会社を掛け持ちすることのメリット


次に、派遣会社に複数登録するときの利点について見て行ってみましょう。

より多くの派遣会社の情報を見ることができる

私が派遣会社に複数登録した最大の理由は、私の希望条件がかなり厳しく、求人数が少ない状況では希望に合致した派遣求人はとてもじゃないけど見つからないと思ったからです。

そして複数登録した結果ですが、2つの会社から希望の条件に合致した求人をいただくことができ、もう2つの会社からは希望条件に合う求人は今のところないという回答をもらいました。

もし1つの派遣会社にしか登録しておらず、その会社に「今のところ希望に合致する求人はございません」という回答をもらったら、そこでもうあきらめるしかありませんよね。

今回は複数登録したことで求人をもらうことができたことから、派遣会社の複数登録は、とくに条件が厳しいときには有利と言えると思います。

派遣会社の誠実さを見比べられる

先ほどお話ししたように、個人情報を先に聞いてから希望条件に合致した求人を探す会社もあれば、個人情報を大切にして、「情報をいただく限りはある程度ご紹介できる求人があることを確認してからでないと失礼になる」と認識している会社もあります。

また、合致した条件がないとそれ以上探してくれない会社もあれば、その後も探し続けて、見つかった時にすぐに連絡をくれる会社もありました。

メールでの返信の早さも誠実さを感じるポイントとして重要ですが、これも派遣会社や担当者によってさまざまです。

自分にとってどの会社が誠実で信頼できるのかを判断することができるのは、複数登録しているからこそですよね。

条件や時給を比べられる

先ほどお話ししたように、同じ保険薬局の求人でも、派遣会社によって時給の差があることが多々あります。

例えば、薬局Aの時給が派遣会社Bでは2,400円であっても派遣会社Cでは2,700円だったということが実際にありました。

時給300円の違いは、月給にすると約5万円の差になりますから非常に大きいということになりますよね。

派遣会社によって時給を低めに設定しているところ、逆に高めに設定しているところがあります。

注意して求人情報の中身をチェックし、自分にとってより良いほうを選んでくださいね。

他の派遣会社の条件を元に交渉できる

上記で、派遣会社により時給や勤務条件の差があることをお話ししましたが、条件の差を知ることで、例えば派遣会社Bに「派遣会社Cは2,700円と書いてあるので、2,700円で交渉してもらえませんか?」という要求を派遣会社側に出すことも可能です。

これは、派遣会社に複数登録しているからこそ得られる交渉のための情報と言えるかもしれません。

ただ、交渉したからといってそのとおりにならないこともありますから、そのことは頭の片隅に入れておいてくださいね。

経済的負担はない

「複数登録するからにはそれなりにお金もかかるのでは」という質問もあるかと思いますが、心配はありません。

基本的に派遣会社への登録や紹介は無料ですので、複数登録しているからと言ってかかるお金が増えることはないです。

その辺は心配せずに、自分に合いそうな派遣会社に複数登録をしてみると良いと思います。

派遣会社を掛け持ちすることのデメリット


つぎは、逆にデメリットについて書いていきます。

派遣会社に登録するときの手続きや対応が面倒くさい

先ほど、派遣会社の登録などについて書いてきましたが、その過程においていろいろと面倒くさいなと感じた人も多いのではないでしょうか。

はっきり言って、実際にやってみた私も面倒くさいと感じました。

希望条件の求人が紹介されるまで、メールでのやり取りや職務経歴書・履歴書の送付、電話での相談などいろいろなことを登録する派遣会社の数だけやらなければいけなかったからです。

そして、紹介された後も各派遣会社とのメールのやり取りは続きますので、かなりの量のメールに対応しなければいけないことも珍しくありません。

それに多くのメールの対応をしていると、どの派遣会社に何を話したのかと混乱することもあります。

ちなみに私は派遣会社ごとに言った内容を簡単にメモしておくという対策を取っていました。

複数の派遣会社で同時に応募した時の対応が難しい

もう一つ大変だなと思ったことは、違う派遣会社において同時に求人の応募をした時の対応です。

たとえば、派遣会社Aで薬局Bに応募し、同時に派遣会社Cで薬局Dに応募し、第一希望が薬局Dだったとします。

ですが、連絡は派遣会社Aの方が連絡早く、薬局Bに派遣できると連絡があり、いつから働けるのかと具体的なことを聞かれ始めてしまったとしたらどうすればよいのでしょうか・・・。

自分としては第一希望の薬局Dで働きたいので、派遣会社Cの回答を待ちたいけれども、回答が遅いためにいつから働けるか言うに言えないという状況になってしまいますよね。

複数の派遣会社に登録しておくとこのような状況になることがよくあります。

私は、派遣会社Cに回答が早くほしいと催促したり、派遣会社Aにいつまでこちらの回答を待ってもらえるのかを聞いて対応をしていました。

求人をより多くもらえることはとてもありがたいですが、複数の薬局に応募をしたからこそ調整しなければいけないことも出てくるのです。

まとめ

今回は、複数の派遣会社を掛け持ちする際のメリットとデメリットに注目してきました。

私個人の意見ですが、複数登録して掛け持ちするデメリットはあるものの、メリットの方がより多いため、掛け持ちして就職活動をする価値は十分あると思います。

自分にとって合う派遣会社・担当者に出会う機会も増えますし、派遣求人が少なくなっている現在の状況の中で一つでも多くの求人を得ることがより大切だと思うからです。

少しでも良い条件で働きたい、厳しい条件で派遣求人を見つけたいなどありましたら、一度派遣会社に複数登録して活動してみてはいかがでしょうか。

私が登録している派遣会社の紹介

私が登録した派遣会社は、ヤクジョブ(クラシス)、ファルマスタッフ(メディカルリソース)、薬キャリ、アプロドットコムです。

中でもオススメとして、ヤクジョブ、ファルマスタッフを挙げたいと思います。

ヤクジョブは求人数は大手に劣るものの、担当者の対応の誠実さがあり就職活動しやすいため、かなりの頻度で利用させていただいています。

また、ファルマスタッフですが、求人数がとても多く、時給設定も高めです。

さらに一度希望に合致した求人がないと言われてしまっても、その後も求人を探してくれて、見つかった時に連絡をくれるなど他の会社にないサービスも見受けられました。

薬剤師派遣会社について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

薬剤師生活において、1度や2度の転職自体は珍しくありません。
でも中にはせっかく転職したのに、新しい職場に満足できず、転職を何度も繰り返してしまう人も…。
転職エージェントとして働いていた筆者が、『転職に成功する薬剤師』と『転職に失敗する薬剤師』の特徴を、事例をもとにお伝えします。

転職エージェントを有効利用して転職を成功させるコツもまとめてありますので、転職を考えている方はぜひチェックしてくださいね。
転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い


転職サイト比較

転職エージェントとして働いていた筆者が知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元にご紹介します。
元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
Candie

Candie

総合病院に臨床薬剤師として勤務後、治験コーディネーターを経て語学留学のため渡米。 帰国後は治験コーディネーター、保険薬剤師として英語を生かした仕事に就く。 現在は結婚退職し、ライターとシステムプログラマーとして在宅勤務中。趣味はものづくり。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の単発派遣は高時給だらけ!?大いなる勘違いと正しい利用方法

  2. 【2019年版】派遣薬剤師の実情。よくある勘違いとその実際は?

  3. 薬剤師のダブルワーク、パート+派遣にはどんなメリットが?

  4. ママ薬剤師に派遣はとってもオススメ!産後6ヵ月から派遣で働いた筆者が解…

  5. 派遣薬剤師の人間関係ってどんなもの?

  6. 派遣薬剤師への転職体験談~女性薬剤師の土日休みという働き方

PAGE TOP