派遣

ヤクジョブ派遣利用の感想、現役派遣薬剤師が解説します

 

世の中には薬剤師専門の派遣会社が数多くあります。

派遣薬剤師になろうと決めて派遣会社を選ぶ際に、

一体どの会社を選んだら良い派遣先を紹介してもらえるのか?

トラブルがあった時にきちんと解決してくれる派遣会社はどこの会社なのか?

など、選択肢がたくさんあるがゆえに悩んだ経験はないでしょうか。

私は派遣薬剤師としての転職を決めた時に、まず最初に迷ったのが派遣会社選びでした。

そしてその結果、ある理由からヤクジョブ(クラシス)に頼むことに決めました。

ネットのランキングサイトで上位にランク付けされている派遣会社を選ぶのも一つの手ですが、迷ったときには、実際に派遣会社を利用した人の経験談を聞いて参考にするのも転職成功への近道とも言えます。

今回は、実際にヤクジョブを利用している筆者の経験を元にヤクジョブの特徴などを書いていこうと思います。

派遣を始める上でヤクジョブを選んだ理由

私が派遣会社としてヤクジョブを選んだきっかけは、派遣薬剤師になる前に、病院薬剤師から保険薬局へ転職したときの出来事がきっかけです。

この時は派遣薬剤師としてではなく、パート薬剤師として転職活動をしていました。

当時私は、自分でただ保険薬局の求人情報をインターネットで検索して次の就職先を探そうしていたと記憶しています。
転職エージェントや薬剤師の派遣会社が存在することすら知らなかったからです。

そしてそのときに気になる求人が偶然ネット上でヒットし、その詳細を得るために登録した会社が、たまたまヤクジョブを運営するクラシスという会社でした。

転職や派遣をサポートしてくれる会社があるんだな、それならその様な会社を利用しなくちゃ損だなと思ったことを今でも覚えています。

ここまでの話だけ聞くと、「じゃあ自分の希望の求人を掲載している派遣会社に登録すればいいの?」と思う方もきっといますよね。

たしかに私がクラシスに出会ったきっかけは上記のようにたまたまでした。

ですが、その後派遣薬剤師になる際に派遣会社としてクラシスを選んだのは、パート薬剤師としての転職をサポートしてくれた私の担当コーディネーターの方がとても丁寧で、心から信頼できる方だったというのが一番大きな理由です。

良いコーディネーターに担当してもらえると、たとえば職場で起こった問題の解決も早いですし、安心して仕事をすることができます。

私が派遣薬剤師を長年経験して言えるのは、『担当コーディネーターの良し悪しは、自分に合った派遣先に出会える可能性をも左右する』といっても過言ではないということです。

では、私がなぜそれほど担当コーディネーターを信頼できたかーーー3つの理由を挙げましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.メールの返信が早い

新しい職場で不安なことがあった時、または就職活動において確認したい事項があったときなど、自分の担当コーディネーターにメールで質問することがよくあると思いますが、私の担当コーディネーターは必ずその日中に返信をくれました。

どの派遣会社にも、こちらから催促しないと返信をくれない担当コーディネーターが実は多くいます。

ですが、返信がないというだけで自分のメールが本当に届いているのか、後回しにされていないか。自分にとってあまり良くない回答のため返信しづらいのではないかなど、こちらの不安は膨らんでしまいますよね。

ヤクジョブの私の担当コーディネーターは、どんなに小さなことでもメールすると必ずひとこと返信してくれる方です。

たとえば、「今日送ったFAX届いていますか?もし届いていなければご連絡ください」というような些細なメールに関しても、その日中に「大丈夫です!今届いていることを確認しました。」とメールをくれます。

また、担当コーディネーターが多忙であるだろう時にメールをしてしまっても、「その件に関してですが、こちらで調べて明日中に返信いたします。」とひとことメールをしてくれることもポイントがとても高かったです。

派遣薬剤師として勤務すると、派遣先でのトラブルや派遣の更新の有無など担当コーディネーターとこまめに連絡を取りたいことも多く出てきます。

実際に私がトラブルに会った際も、頻繁なやりとりで安心感を与えられ、問題が解決したこともありましたので、担当コーディネーターの返信の早さはぜひチェックしてほしいポイントです。

2.正直に答えてくれる

聞いたことがある人も多いと思いますが、ヤクジョブは求人数が他の大手と比べて少なめです。

その上、ここ最近、派遣の求人自体がどの派遣会社でも減ってきていますので、派遣薬剤師としての勤務が以前より難しくなっている事実があります。

この点においても私の担当コーディネーターは、

 
 
 
 

大変言いづらいのですが、派遣の需要自体がかなり減ってしまっていますので、条件の交渉自体が難しくなってきています。

など今の状況を正直に教えてくれました。

無理に派遣会社に引き止めずに現状を伝えてくれる姿勢にはとても好感が持てますし、また条件に合った求人が出た際にはぜひヤクジョブに頼みたいと思わせてくれますよね。

3.常に誠実

たとえば、こちらの提示する条件が厳しい場合、派遣会社に希望に合致する求人がないことも少なくありません。

私は以前、厳しい条件で派遣を希望していた時に、ヤクジョブでない別の派遣会社に派遣先を探してもらったことがあります。

その派遣会社は、求人数がとても多いことでも有名な大手で、派遣会社のランキングでもいつもトップに挙げられている会社です。(※当サイトではトップではありません。)

その会社のホームページに私の希望と合致するであろう求人が掲載されていたため、私はその詳細を問い合わせをしました。

通常、その様な問い合わせを行った際はまず、それらの求人の詳細などをすぐに教えてくれると思いますよね。

ですが、その大手派遣会社はその求人について一切触れることなく、ただ個人情報を尋ねるだけのメールを送ってきました。

私は、個人情報を送らなければ詳細を教えてもらえないのかと思い、わざわざ職務履歴書やヒアリングシートを書いて送りました。

そして数日後返信が来たのですが、「今の条件ですとご希望に添える求人はございません。また状況が変わられましたらご紹介可能だと思いますのでその時はご連絡ください」という内容だったのです。

あれだけ時間をかけて職務履歴書などを書いたのにもかかわらず、このような回答だったことに正直びっくりしました。

また、問い合わせをした求人についても何も答えられていなかったので、再度問い合わせをすると、「これらの求人はただいま募集さてていないことが確認されております。申し訳ございません。」とまたしても信じられない回答が返ってきました。

初めから私はこの派遣会社に自分の希望を伝えていましたので、その時点で求人がないことを知らせてもらえれば、個人情報など送らなくても済みましたし、何よりいろいろな書類を作るための時間を無駄にすることもなかったと思いませんか。

紹介できる求人がないのにもかかわらず、個人情報を聞いて会員をキープすることで、その後もメールなどで求人を送り、あわよくば派遣できる機会を逃さないで済む。
そのように考える派遣会社も実際にあるということです。

事実、私はその派遣会社に個人情報の削除依頼をかけましたが、その後削除しましたという返信も削除できませんという返信も一切ありません。

そして今も、私の条件に合わない求人情報だけがメールボックスに定期的に送られてきます。

さて、話はヤクジョブに戻りますが、ヤクジョブの私の担当コーディネーターはこの点でもとても誠実でした。


 
 
 
 

個人情報などを頂いている以上こちらからも求人をご提示する義務はあると思っています。ですので、ご紹介が難しい状況である方にはまず簡単な条件をお伺いして、実際にあるようでしたら個人情報を伺うようにさせていただいています。

とのことでした。

特に難しい条件で求人を探している場合には、時間を無駄にしないためにもこのような誠実な会社・担当コーディネーターに出会うことがキーポイントではないかと思います。

ヤクジョブでの派遣開始までの流れ

それでは、派遣薬剤師としてのお仕事が始まるまでの流れについてご説明していきます。

1.サポート登録

まずは、インターネットのヤクジョブのページからサポート登録することから始まります。

ホームページに登録するボタンがありますので、それを押下して必要事項を書いて送信してください。

またはお電話でも登録を受け付けているそうですので、インターネットが苦手な方は、(フリーダイアル:0120-086-366)に電話し登録してください。

2.ご挨拶と必要書類のご提出

登録をすると担当コーディネーターから電話がかかってきます。

そこで簡単な挨拶と今後の流れについての説明がありますので、聞いておきたいことはここでどんどん聞いてみてください。

私の場合ですが、この電話の時に簡単な希望条件も聞かれました。

ちなみにですが、海外にいるなど電話が受けられない場合には、サポート登録の際に「海外にいるため、連絡はメールでお願いします。」など書いておくと良いかもしれませんよ。

また、この時点で本人確認のため、ヤクジョブ所定の登録カードと薬剤師免許証の写しなども提出します。

3.カウンセリング

希望の条件の詳細、将来のビジョンなどお話しします。

派遣薬剤師として働くことがはじめての場合は何かと不安あるかと思いますので、納得できるまで質問をして不安を払拭しておいてくださいね。

4.求人のご案内

希望条件に合ったものやそれらに近い求人が担当コーディネーターからメールで送られてきます。

私がここで驚いたのは、担当コーディネーターが相手先の薬局の管理薬剤師や運営者がどのような方なのか知っていることが多いということです。


 
 
 
 

ここの運営者は、私もお付き合いが長いですがとてもしっかりした方なので、何かあれば相談に乗ってくれると思います。大丈夫だと思いますよ。

など教えてくれました。

このような情報は個人で転職活動するときには絶対に得られない貴重な情報と言えますよね。

また、薬剤師の人数などの詳細も聞くことができます。

5.クラシス(ヤクジョブ)との雇用契約

派遣先が見つかったらクラシスと派遣の雇用契約を結びます。

6.派遣スタート

いよいよ派遣勤務がスタートするわけですが、ヤクジョブでは担当コーディネーターが初日に同行して一緒に挨拶に行ってくれることも多いです。

私が初めて派遣されたときにも、担当コーディネーターが一緒に来てくれたのですが、本当に心強く、不安を少なくしてくれました。

7. フォローアップ

派遣先が決まり、勤務が始まっても、ヤクジョブの派遣社員でいる限り、会社側はフォローアップをしてくれます。

先ほども書きましたが、派遣先でトラブルがあった時や次の派遣先が決まらなくて不安などありましたら、担当コーディネーターにメールや電話で連絡を取ってみてください。

ヤクジョブのいいところ

ヤクジョブの良いところは前述した通り、担当コーディネーターがとても親切で信頼できたことが一番最初に挙げられます。

ただ、ヤクジョブの全ての担当コーディネーターが同じような対応をしてくれるかというと残念ながらそうではありません。

別の時期に派遣をお願いしようと再度ヤクジョブに連絡をしたときには他方が担当コーディネーターになったのですが、最初の方のようにメールの対応が早かったり、親身になって相談に乗ってくれたりということはありませんでした。

そこで私は、担当を前の方に変えてもらえないかヤクジョブ側と交渉し、以前の担当コーディネーターの方にまたお世話していただくことができました。

どの派遣会社でもそうですが、もし担当コーディネーターと合わないなと感じた時は、担当者変更を頼んでみるのも良いかと思います。

派遣会社によってはエリアごとに担当コーディネーターが決まっているため、変更は難しいと言われてしまうこともありますが、少なくともヤクジョブはその交渉に応じてくれました。

また、勤務初日に職場に同行してもらえるのもヤクジョブの良いところです。

ヤクジョブの微妙なところ

ちょっと微妙だなと思ったところは、時給が他の大手の派遣会社に比べて低めに設定してある印象を受けたところです。

同じ求人でも時給が300円ほど低かったこともありました。

ただ、薬剤師としての経験が豊富な場合は相手の薬局と交渉すれば時給が上がる確率はあると思いますので担当コーディネーターに相談をしてみてください。

もう一つ、求人数が少なめだということも不安要素になり得るかもしれません。

ヤクジョブのホームページ上で求人検索をすると求人数としては多く表示されるのですが、もう募集していないと言われてしまうことも実際に多いです。

ヤクジョブの福利厚生

ヤクジョブの福利厚生には以下のものがあります。

雇用保険

一週間の所定労働日数が20時間以上で、31日以上雇用されることが見込まれる場合に適用されます。

労災保険

業務中・または通勤途中に事故・災害などに遭いけがや病気になった場合に適用されます。
クラシスから就業が決まり契約がある人は全てが加入対象です。

社会保険(健康保険・厚生年金)

2か月を超えるお仕事で、1日または一週間の所定労働時間が派遣元の正社員の4分の3以上の場合に加入できます。

さらに下記の要件をいずれも満たすひとも加入できます。

  • 週の所定労働時間が20時間以上であること
  • クラシスの派遣社員として継続して1年以上勤務する見込みがあること
  • 賃金月額が8万8千円(年収106万円)以上であること
  • 昼間学生でないこと

有給休暇

6か月以上継続して勤務した派遣社員は勤務日数・勤務時間数に応じた有給休暇を付与されます。以降は継続勤務1年ごとに付与されます。

薬剤師賠償責任保険

派遣社員が業務を遂行することによって起こった万が一の事故を保証する保険に会社として加入しています。

※通常病院や保険薬局などで働いた場合この薬剤師賠償責任保険の年額は自己負担になる職場も多いので、派遣会社側が支払ってくれるのはありがたいですよね。

その他

旅行・レジャー、グルメ、ショッピング、スポーツ、育児・健康・介護など幅広い分野の施設の割引サービスが得られるベネフィットステーション。

仕事の就業時間に応じてポイントが付与され、給与時にキャッシュバックができるK・POINT。

薬剤師同士の有意義な情報交換に貢献できるイベントがある薬剤師限定の交流会のP.PClubなどがあります。

まとめ

今回は、実際にヤクジョブを利用している筆者の経験からクラシスの体験談と特徴などを説明してきました。

時給が低めなことや求人数が少ないことからランキングのトップに出ることが少ない印象のヤクジョブですが、担当コーディネーターの親切さなどデータに現れない長所があることをなんとなく感じていただけたのではないでしょうか。

派遣会社を選ぶ際に大事なのは自分との相性ですので、実際に利用してみないことにはどこが自分にとってベストなのかは分からないというのが正直なところではあります。

ただ、実際に利用した人の経験談を読むことでチェックすべきポイントをおさえられれば、より良い選択ができるかもしれません。

私のように転職条件の厳しい方は、複数の派遣会社に登録することがおすすめです。詳しくはこちらの「薬剤師が派遣会社を複数登録することのメリット・デメリット」を参考にしてくださいね。

ヤクジョブ以外にもおすすめの派遣会社を知りたい方はこちらの「薬剤師派遣会社の比較ランキング!元派遣薬剤師と現役エージェントのオススメ派遣会社」が参考になるかと思います。

私の経験が少しでも参考になればとても幸いです。

転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

薬剤師生活において、1度や2度の転職自体は珍しくありません。
でも中にはせっかく転職したのに、新しい職場に満足できず、転職を何度も繰り返してしまう人も…。
転職エージェントとして働いていた筆者が、『転職に成功する薬剤師』と『転職に失敗する薬剤師』の特徴を、事例をもとにお伝えします。

転職エージェントを有効利用して転職を成功させるコツもまとめてありますので、転職を考えている方はぜひチェックしてくださいね。
転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い


転職サイト比較

転職エージェントとして働いていた筆者が知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元にご紹介します。
元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
Candie

Candie

総合病院に臨床薬剤師として勤務後、治験コーディネーターを経て語学留学のため渡米。 帰国後は治験コーディネーター、保険薬剤師として英語を生かした仕事に就く。 現在は結婚退職し、ライターとシステムプログラマーとして在宅勤務中。趣味はものづくり。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師が派遣で働こうと思ったときに知っておきたいことのすべて

  2. ママ薬剤師に派遣はとってもオススメ!産後6ヵ月から派遣で働いた筆者が解…

  3. 薬剤師の単発派遣は高時給だらけ!?大いなる勘違いと正しい利用方法

  4. 薬剤師が派遣会社を複数登録することのメリット・デメリット

  5. 派遣薬剤師への転職体験談~女性薬剤師の土日休みという働き方

  6. 派遣薬剤師の人間関係ってどんなもの?

PAGE TOP