退職と転職の手続き

薬剤師の円満退職の秘訣

 

転職は、あなたにとって人生の新しいスタートを切るチャンス。
新しい場所でどのような仕事ができるのか、どのような人に出会えるのか、薬剤師としてどのように成長できるのか…さまざまな希望にあふれていることでしょう。

しかし、そんな明るい未来を手に入れるために必ず乗り越えなければならない試練があります。それは退職です。
長く務めた職場であればあるほど、退職することを伝えるのは心苦しいものですよね。
そして多くの人が、できるだけ円満に退職したいと考えているのではないでしょうか。

そこで今回は、薬剤師さんが新しい職場でスッキリとしたスタートを切るために「円満退職」する秘訣についてお話していきたいと思います。

退職の流れ

はじめに、退職を決めてから実際に辞めるまでの一般的な流れについてご説明してきます。

正しい手順を踏まずに退職手続きをすすめてしまうと、意外なところでトラブルになりかねません。
職場の皆さんに対して失礼がないように気をつけましょう。

直属の上司に退職を伝える

退職というのは、多かれ少なかれ同僚の薬剤師にも影響を与えます。
そのため職場の中でも同期や個人的に仲の良い人など、自分に近い人にまず相談してしまう人がいますが、これは間違いです。
退職を決意したら、まずは自分の直属の上司に話すようにしましょう。

直属の上司に人づてに伝わってしまうことは大変失礼にあたりますから、順番をきちんと守るようにしてください。
報告を受けた上司は、責任者に報告し退職までにさまざまな調整を行います。

例えば仕事の引き継ぎや分担、チーム編成、人事異動、場合によっては新しい薬剤師の採用活動などです。

1人抜けることは管理職の人間にとっては重大な問題ですから、円満に退職するためには報告する順序を間違えないことが大変重要なのです。

退職日を決定し退職届を提出する

退職の意思が認められれば、具体的な退職日を決定することになります。
これは勤務先の事情によって色々なパターンがありますが基本的には退職者の希望を考慮しつつ、職場の状況や人員などへの影響なども考えた上で退職日を決定していきます。

退職日が決まればその日に合わせて退職届を提出し、退職が正式に決定します。

仕事を引き継ぐ

退職が決まったら、いよいよ退職日に向けて仕事の引き継ぎを行っていきます。
社内的な引き継ぎだけでなく、仕事内容によっては社外の人へのあいさつ回りも必要になってきます。

上司や引き継ぐ相手と相談しながらしっかりスケジュールを立て、きちんと引き継ぎを行いましょう。

退職

残務整理をしっかり終え、あなたにとっても会社にとっても気持ちよく退職日を迎えられるようにしましょう。

退職理由の伝え方

このように、まず直属の上司に報告することが円満退職の第一歩となります。

そこで大切なのが、上司への退職理由の伝え方ではないでしょうか。
ただでさえ言い出しにくい退職について、どう説明すればスムーズに話を聞き入れてもらえるのか考えてみましょう。

職場への不満を口にしないようにする

いくらお世話になった職場とは言え、辞めて別の場所へ移るわけですから何かしらの不満を持っている方も多いでしょう。

しかし最も気をつけるべきなのは、上司に伝える際に職場への不満を口にしないということです。

立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、去る前にわざわざ相手に不快な思いをさせる必要は全くありません。
円満に退職するためにも、できるだけ前向きに話をするようにしましょう。

退職理由を前向きに伝える方法

もちろん、生活環境の変化や体調面などの理由から、やむを得ない事情があって転職する方もおられます。
そういう方は、理由を正直に話してかまいません。
もしかしたら現職を続けられるように、何かしら考慮してくれるかもしれません。

今の職場に不満があり新しい場所でスタートを切りたいと思っている方は、退職理由についても前向きに説明すると良いでしょう。

例えば、次のように言い換えてください。

  • 収入が少ないから転職したい。

    薬剤師としての自分の価値を試したいから、新しい環境でチャレンジしたい。
  • 仕事がしんどいから転職したい。

    今の○○のような仕事だけではなく、●●のような分野の仕事を専門的にやっていきたいから転職したい。
  • 休日が少ないから、残業が多いから

    新しく○○のような勉強をしてそれを活かせる職場で働きたいと思っている。勉強時間も確保したいので退職したい。

このように、職場への不満を言うのではなくそれを前向きに言い換えて話をすれば、上司にあまりマイナスイメージを与えることなく退職話をすすめることができるはずです。
上司に何と説明するべきか、一度じっくり考えてみておきましょう。

退職の作法


最後に、円満退職するための具体的な退職の作法についてお話していきます。
薬剤師の世界は意外と狭いですから、現職での評判がどこから誰に伝わるかわかりません。
薬剤師としての信頼を損なわないためにも、退職する際にできるだけトラブルにならないよう次の3点に気をつけましょう。

1退職の申し出はできるだけ早めに

転職先を決めてから退職する人も退職してから転職活動する人も、退職の申し出だけはできるだけ早めにしておくことが円満退職への一番の秘訣です。
今の仕事量や職場の状況によっても異なりますが、できれば3カ月前くらい前、遅くとも1か月前には行うのが良いでしょう。
申し出がギリギリになると引き継ぎ期間が十分にとれないため大変な迷惑をかけることになります。
逆にあまり早すぎるのは、お互いに仕事へのモチベーションを保ちにくくなるのでおすすめしません。

転職先を決めてから退職しようと考えている人は、まだ在職中である旨を相手先にしっかり伝えておくことも必要になってきます。
その上で、転職先が決まればすぐに退職の申し出を行いましょう。
現職での責任を果たそうとする姿勢は転職先にとっても決してマイナス評価にはなりませんので、安心してください。

2繁忙期や人員が不足する時期を避ける

退職時期を決めるときに、職場の繁忙期や人員が不足する時期と重ならないような調整をするようにしましょう。
例えば一般的な調剤薬局なら、インフルエンザなどの感染症が流行しやすい時期や、年末年始などは避けた方が良いでしょう。

臨床開発を行っている方なら、担当している業務がひと段落する時期に合わせて退職するのがベストです。
薬剤師が1人抜けることで現職には必ずダメージを与えることになりますから、そのダメージを最小限に抑えるよう努めてください。

3退職決定後の業務にも誠心誠意取り組む

まれに、退職が決定すると業務へのやる気がなくなってしまうという人がいますが、もちろんこれは大間違い。

残り期間があとわずかであるからこそ、お世話になった職場と同僚に恩返しするつもりで誠心誠意仕事に取り組むようにしましょう。

そうして退職後に惜しまれるような人材になることができれば、きっと次の職場でも活躍することができるはずです。

まとめ

新しい職場で新しいスタートを切りたいのなら、円満に退職することは必須です。
あなたの良い評判も悪い評判も、薬剤師として仕事を続けていく限り必ずついてくるものだからです。
ここで紹介した円満退職の作法を守り、お世話になった気持ちを忘れず気持ちよく退職できるようにしてください。
それが、転職活動を本当の意味で成功させるための土台となるでしょう。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

macky

育休中の転職エージェント。現役時代は営業として、採用企業への営業活動はもちろん、求職者の面談や求人制作を行う。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の退職と転職における社会保険と税金の手続きまとめ

  2. 知らないと損をする退職後の年金の手続き

  3. 転職する薬剤師のための確定申告と税金の手続きについて

  4. 知らないと損をする退職後の雇用保険の手続き

  5. 知らないと損をする退職後の社会保険の手続き

PAGE TOP