薬剤師の転職のコツ

薬剤師転職成功の6つのコツ、人気求人を手に入れるための全て

 

売り手市場でもある薬剤師の転職において、転職成功のコツなどはあるのでしょうか?

薬剤師の転職市場においても、条件のよい求人には応募が殺到することもあります。

そのような条件の良い人気求人を手に入れるためにはいくつかのコツが存在するのです。
ここでは、転職体験者であり、採用活動も行っている筆者の実体験も挙げながら、薬剤師が転職するときに知らなくてはならない、転職成功のコツについてご説明していきます。

薬剤師の転職成功のコツとは

薬剤師の転職市場は、「売り手市場」といわれています。

これは、薬剤師を欲しがる職場に対して薬剤師の数が不足していることをあらわしており、求職者優位で転職活動をすすめることができます。
薬剤師の転職では書類審査で落ちることは少なく、ひとたび面接までこぎつければ、合格することは難しくはありません。
そのため、薬剤師の転職では、本人のスキルやキャリア以上に、次の2つのポイントが重要となります。

薬剤師転職成功のコツ

  • いい求人を紹介してもらう
  • 求人を見極め、いい求人を確実にゲットする

薬剤師の転職成功にコツがあるとすれば、この2点を押さえることなのです。

いい求人を紹介してもらうために大切な4つのコツ

いい求人を紹介してもらうため、薬剤師側としてはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?
自身に合った、条件の良い求人を紹介してもらうためのコツは次の4つです。

1希望の求人を逃さないコツ:レスポンスの速さ


薬剤師の転職活動において最も大切なもの、それは「レスポンスの速さ」です。
どれほど素晴らしい人材であり、どれほど素晴らしい応募書類を完成させたとしても、募集が終了してしまっていては意味がありません。
良い求人であればあるほど、応募が殺到してしまいます。希望の求人を見つけた際にはレスポンスよく対応することが希望の求人を手に入れるコツです。

具体的には、薬局への応募は後回しにするのではなくすぐに行う、書類などを求められたらなるべく早くに用意をする、電話連絡があった際のレスポンスは早くするなどです。

転職エージェントを活用している場合では、エージェントとのやり取りも重要となります。

エージェントは競合他社や他の薬剤師さんとの競争に負けないよう、良い求人が出たらなるべく早く応募をしたいと考えています。
しかし、求職者の同意の無い状態で、エージェントが独断で応募をすることはできません。

そこでエージェントから求職者に電話などで連絡をとり、求人に応募をして良いかの確認をするのです。

エージェントが求職者と面接などをして転職希望時期を確認しておき、求人が出たらすぐさま連絡して面接の予約をとる

条件のよい求人では、早ければ当日中に応募を締め切ってしまう場合もあります。
実際に私が採用された求人も、即日で5名の応募がありました。
翌日には募集を打ち切っていたそうです。

レスポンスの速さは何よりも大切です。

転職エージェントは社内でも競争している

転職エージェントの中には、自社内での競合を避けるための取り決めがある場合もあります。
同じ転職支援会社の中であるエージェントが応募を確定させた場合、他のエージェントは同じ求人には応募が出来なくなる場合もあります。

筆者の実体験①

本稿の筆者の薬局は、日曜日休みで早めの時間に終わるため、エリアの中でも人気の高い薬局です。
求人を出すと、数日のうちに複数名の応募があることがほとんどです。そのため、ほとんどの場合2~3日で締め切ってしまいます。
あまり候補者が多くなってしまうと、何人もの方にお断りしなくてはならず忍びないからです。

締め切り後も、各社のエージェントから「まだ募集はしていますか?」とご紹介をいただきますが、お断りをするようにしています。
今後働いていってもらう上でも、レスポンスの早さは重要となるので、応募の早かった方は優先しています。
このことからも、レスポンスの重要さはお分かりいただけますでしょうか。

2よい求人を紹介してもらうコツ:具体的な条件を提示する


希望の条件をできるだけ具体的にすることが、よりよい求人を紹介してもらうためのコツです。
転職エージェントを利用して転職先を探すときには、どのような職場で働きたいのか、希望する転職先の具体的なイメージを伝えなくてはなりません。
エージェントとの面談では、「年収の高い薬局や、休みの多い薬局に転職したい。」などという曖昧な条件の伝え方はよくありません。

  • 年収○○円以上
  • 年間休日○○日以上

このように、なるべく具体的な条件を伝えましょう。

希望条件に優先順位をつけることも大切

希望する求人のイメージが固まったとしても、全ての希望を満たした求人はなかなかありません。
「年収と勤務地は重視したいが、勤務時間や休み、応需科目などについては相談可能」といった形で、希望条件に優先順位を付けてエージェントに伝えておくと良いでしょう。

加えて、「本気で転職をしたいと考えているので、良い条件の求人が出たらすぐに連絡をして欲しい」と熱意をアピールすることで、エージェントに優先的に求人をまわしてもらうこともできるでしょう。

この人は本気で転職を考えてくれているな。


 
 
 
 
 
このように思ってもらうことが大切です。

筆者の実体験②

本稿の筆者が転職活動をしていたときには、

  • 年収○○円以上
  • 電車の○○線沿線エリアで、都心から○○分以内のエリア

この2点を、希望の条件として挙げていました。

一方で、「科目は精神科や小児科なども含めて、何でもOK」、「勤務時間や曜日は相談可能」ということを伝えたところ、比較的スムーズに求人を提案してもらえました。

抽象的な条件を伝えることで転職に成功した例

先ほどまでは具体的な条件をエージェントに伝えることが大事というのをお伝えしていましたが、逆に抽象的な条件を伝えることで転職に成功した例を紹介したいと思います。

当サイト執筆者の一人であるサムは1つ目の職場から2つ目の職場へとスキルアップ転職をすることで、現在の職場に年収600万円プラス薬局部門の純利益の数パーセント(業績等他の要素による上下あり)がボーナスとして加算という条件でヘッドハンティングされました。
調剤薬局薬剤師のキャリアアップ転職 体験談
ヘッドハンティングされるに至った理由は、2つ目の会社で、医師の開業支援、多店舗薬局経営のノウハウ、人事業務など、調剤や投薬だけではない、様々な経験を積むことができたからだと言います。

では、そのような貴重な経験のできる職場はどのように探したのでしょう?

サムさんは、2つ目の会社のことは事前には全く知らなかったそうです。
転職エージェントに次のようにオーダーして、2つ目の会社を探してもらったそうです。

調剤薬局は基本的にはやる事が同じ。
何かその会社ならではの変わった業務や、薬剤師に限らない経験を出来る会社は無いか。
この部分を特に重視して探してもらいました。

このような、一見無茶ぶりとも思えるようなオーダーにもキチンと応えることができるのが転職エージェントのすごいところ。

年収や休みなどの具体的な転職理由ならば、具体的な数字をエージェントに伝えた方が希望に沿った求人を紹介してもらえることでしょう。
しかし、やりたいことが漠然として決まっていない、けども薬剤師として大きく飛躍したい!
そう思ったときには、この薬剤師Sさんのような思い切ったオーダーを出すことで理想の求人に出会えるのではないでしょうか。

因みにこのサムさん、2つ目の会社に転職するときには年収70万円ダウンを承知で転職を決意。そしてその後、年収600万円プラス薬局部門の純利益の数パーセントという条件でヘッドハンティングされています。

短期では年収ダウンしたものの、長期的展望があったからこそ、結果的に年収アップのヘッドハンティングを受けるに至ったわけです。
このように、短期での年収ダウンにこだわらず、長期的視野に立ったキャリアアップ転職を行うのも、薬剤師転職のコツといえるのです。

無茶ぶりにも応えてくれる転職エージェントを探してみる

3よい求人を紹介してもらうコツ:自分に合った転職エージェントを選ぶ

転職エージェントを選ぶことも、実はとても大切です。
信頼のできるエージェントを見つけることで、自分の希望を率直に伝え、理想とする求人を提案してもらえるのです。
また、仕事のデキるエージェントとそうでないエージェントがいるので、デキるエージェントを見極めることも重要です。

さらに、転職サイトごとに特色があるので、使い分けも重要です。
大手の求人に強い、中小の求人に強いなど、取り扱っている求人に得意な分野、不得意な分野があるのです。

面接のサポートが手厚い会社や、転職後のフォローが充実している会社などもあるので、特徴を見極めるようにしましょう。
このように、自身にあった転職サイトを利用することも転職のコツの一つです。

薬剤師転職サイトの特徴を知りたい方はコチラ

筆者の実体験③

本稿の筆者は、一番はじめの転職においては、複数の転職サイトを利用しました。
比較サイトから一括登録のような形で数社に登録したところ、すぐに数社から連絡がありました。
全てのエージェントに相談するのは難しいので、その中でも最もレスポンスが早く、志望していた大手ドラッグストアの転職に強そうだと感じたリクナビ薬剤師のエージェントを選択しました。
他のエージェントに対しては丁重にお断りをさせて頂きました。今後またお世話になる可能性はあるので、礼儀は欠かないようにしましたが。
リクナビ薬剤師は案件が豊富であり、大手ドラッグストアへの転職ノウハウも豊富でした。様々なアドバイスがもらえ、転職も成功させることができました。

4悪条件の求人に飛びつかないコツ:時には待つことも大切


自身が希望する求人がすぐにでてこなくても、焦らずじっくりと待つこと。これが悪条件の求人に飛びつかないコツです。

一部の大手の求人募集を除けば、求人のほとんどは「一点物」です。
タイミングが良ければ良い求人が複数出ていることもありますが、全く求人が見つからないという期間もあるのです。

そのような場合には、慌てて悪い条件の求人に飛びつくのではなく、よい求人を「待つ」ということも大切です。

よい求人を紹介してもらうコツでご説明したように、自らの希望をハッキリさせた上で具体的な条件を伝え、それでも良い求人が出なければ、少し待ってみるようにしましょう。

よい求人を待ち過ぎてもよくない

条件のよい求人が出てくるまでいつまでも待つというスタンスでは、かえって良い求人は得られません。

少しでも良い求人を求めるあまり期限を定めずにいると、エージェントから「登録だけの人だ」と思われてしまったり、期限の短い方を優先にして後回しにされてしまうこともあります。


 
 
 
 

○○のエリアで年収△△△万円以上の求人がでてきたら、すぐに連絡をください。
忙しくなる冬前までには転職を決めたいです。


 
 
 
 

承知しました。
まずは、こちらの案件がオススメなのですが、いかがでしょう?

転職サイトに登録してから、2~3ヶ月程度先を転職の期限とすることとがオススメです。

待つのが不安になったら

「待っていて大丈夫?」と不安になる場合には、エージェントに相談をして条件の妥当性を判断してもらいましょう。

希望の案件があまりにも見つかりにくいものであったり、条件を絞りすぎてしまったりすると、時間をかけても見つからないケースもあります。

条件が妥当なものに収まっている場合では、売り手市場とよばれる薬剤師の求人は、タイミング次第で出てくるものです。

希望の求人が出てきた際に確実に内定を勝ち取ることができるように、準備をしておきましょう。

筆者の実体験④

本稿の筆者の場合では、転職サイトに登録してから2週間程度で、3社のご提案を頂きました。
しかし、エリアや条件が希望に合わなかったので、1~2か月以内という範囲を定めた上で待つことにしました。
そうしたところ、転職サイトに登録してから1カ月ほどで理想の求人があらわれ、実際に転職を成功させることができたのです。

はじめの3社に妥協して転職していた場合、再度転職が必要になっていた可能性があるので、焦らずに待って本当に良かったと振り返ります。
楽天リサーチに依頼した、転職経験のある薬剤師100人へのアンケートでも、6割の転職経験者が1ヶ月以内に転職を決めています。

半年経っても転職先が決まらないような方は1割にも満たないのです。

焦ることなく、しっかりと求人を吟味するようにしましょう。

薬剤師転職サイトの特徴を知りたい方はコチラ

求人を見極め、いい求人を確実にゲットするために大切な2つのコツ

良い求人に巡り合えたと思ったら、まずはその求人の内容を見極めましょう。
一見良さそうな求人であっても、自分に合っていないということもあるためです。
よく吟味したうえで、実際に働きたいという結論に至ったのであれば、その求人を確実にゲットしなくてはなりません。
ここでは、2つのコツをご紹介していきます。

5転職の失敗を防ぐためのコツ:情報収集をしっかりと


転職先の職場の情報確認をしっかりと行って職場とのミスマッチを減らすこと。これが転職の失敗を防ぐためのコツです。

いいと思われる求人がでてきたら、その求人が本当に自分にあっているのかを確認しなくてはなりません。
良く調べずに入社をしてしまうと、「こんなはずじゃなかった」という事態に陥ってしまうでしょう。

転職してもすぐ辞めていく方の特徴としては、「転職先のことを何も調べずに、なんとなく転職してしまっている」ということが挙げられます。
転職エージェントをフル活用することで、処方箋の枚数や応需している科目などだけではなく、その職場の転勤の有無や研修体制、昇給の有無なども確認することができます。
更には自身の市場価値までも教えてもらうこともできるのです。

→薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて
転職先で長期的に働いていくためにも、スキルアップやキャリアアップができる職場であるかも確認するようにしましょう。

今後の薬剤師としてのキャリアが思い通りに描けない職場では、再度の転職が必要となってしまいます。

当サイトでもスキルアップやキャリアアップの記事をご用意しているので、参考にしてください。

転職先の情報確認は内定確率アップにも繋がる

相手の会社を調べるということは、内定の確率を上げることにもつながります。
企業としては、自分の企業に興味を持ってくれており、理念に合った薬剤師を採用したいと考えるもの。

複数の候補者と競合する際にも、企業の特徴をしっかりと理解していることが伝われば、合格はぐっと近づくことでしょう。
前任者の退職理由や募集理由も確認して、うまくアピールすることも大切です。

筆者の実体験⑤

欠員補充の募集の場合、前任者の退職理由の確認は重要です。
筆者の薬局の場合、前任の管理薬剤師の方が自身で開業するための退職とのことでした。
このような退職理由であれば問題ありませんが、人間関係をこじらせての退職などでは注意が必要です。
人間関係の悪い、働きにくい職場の可能性があります。

内定確率アップのための情報収集

本稿の筆者は、新卒時にはMRとして製薬会社に入社しました。
製薬会社であれば、その会社の取り扱っている製品や領域に加えて、掲げている理念や求めている人材についても完全に理解をしておかなくてはならないので、新卒時の就職活動にはかなりの力を注ぎました。
薬局であれば、そこまで徹底する必要はありませんが、それでもホームページに書いてある薬局の理念などには目を通すようにしました。
面接の中でも、薬局の特徴についてこちらからさり気なく話すことで、「志望している企業に興味を持っている」ということがアピールできたと思います。

6内定の確率を上げるコツ:相手の立場を考えたアピール


いい求人を見つけたとしても、採用枠が限られる求人では、他の求職者の方と競争となる場合があります。
そのような時は、相手の立場に立って考える「ホスピタリティ」の精神を持つことが、転職時の内定の確率を上げるコツです。

具体的には、「求人を募集をしている職場がどのような人材を求めているのか」ということを考えましょう。

採用側のニーズの例

  • 小さい規模の薬局で末永く働いて欲しい
  • 在宅をバリバリとこなして欲しいので、外まわりをがんばって欲しい
  • 本体が大きな会社なので企業経験がある方が欲しい

このように、採用側のニーズを見極めることが出来れば、PRの方法も異なります。
転職エージェントにその求人の募集の背景を聞いてみましょう。
募集理由が分かれば、それに合わせたアピールをすることができます。

募集理由に合わせたアピールの仕方

  • 地域密着型の薬局で、患者さんとの距離を近く感じられる環境で末永く働きたい
  • 以前から在宅に興味をもっていたので、一人でも多くの患者さんの役に立ちたい
  • 企業で働いていた経験を活かして、組織を引っ張っていきたい

このように、採用側のニーズに合わせたアピールをすることを心がけましょう。

また、書類なんてどれもいっしょと思わず、履歴書・職務経歴書も手を抜かないことも大切です。

筆者の実体験⑥

本稿の筆者が転職活動をした際には、条件が良かったこともあり、複数名の薬剤師さんと競合することとなりました。
当時は20代と若く、薬剤師としての経験は最も浅かったはずですが、その中でも内定を勝ち取ることができました。

内定を勝ち取ることができた秘訣は、薬局のニーズをしっかりと見極めることができたことにあると考えます。
今回は管理薬剤師の募集であったので、コミュニケーション能力をアピールするようにしました。
面接では、MR出身で医師との応対が得意であること、アルバイト時代にリーダー経験も豊富であることを中心にお話ししました。

MR出身であり、様々な年齢の方とコミュニケーションをとりながら仕事をしていたことや、過去のアルバイトでもリーダー経験が豊富であることをアピールするようにしました。
また、履歴書に企業理念を盛り込むことで、他の求職者との差別化も狙いました。

転職エージェント相手に転職のコツを実践してみる

ここまで、お読みいただいて、薬剤師の転職のコツが理解できれば、後は転職エージェント相手に、そのコツを実践するのみです。

では、どの転職エージェントがいいでしょう?

転職エージェントサービスの数は多く、玉石混交です。
転職を成功させるためには、目的に合った転職エージェントサービスを選ばなくてはなりません。
ここを選んでおけばまず大丈夫というオススメ3社を紹介します。

オススメ1 マイナビ薬剤師


マイナビが運営する薬剤師転職支援サービスです。
電話連絡だけの転職エージェントが多い中、マイナビ薬剤師は対面でのカウンセリングに力を入れており、そのカウンセリング力に安心感を覚える薬剤師さんは多いです。
保有求人数は業界最多で、調剤薬局の求人だけでなく、ドラッグストアの求人にも強いです。
転職後も契約が守られているかを確認してくれるという、アフターフォローの手厚さも特徴です。

マイナビ薬剤師公式サイトはコチラ

オススメ2 薬キャリ


エムスリーグループが運営する薬剤師転職支援サービスです。
薬剤師の転職サイト40社と提携している、転職サイトの紹介サイトです。
もちろん薬キャリ本体からの求人の紹介を受けることができます。

ドラッグストア以外の求人全てに強く、病院・クリニックと企業の求人数は他を寄せ付けない、圧倒的求人数を誇ります。

薬キャリ公式サイトはコチラ

オススメ3 薬剤師転職ドットコム


メディウェルが運営する薬剤師転職支援サービスです。
はじめて転職する薬剤師さんは、大手調剤チェーンを辞めて中小チェーンに転職というパターンが多いです。
そんな中小調剤チェーンの求人に強いのが薬剤師転職ドットコムです。
転職時の年収アップ率127%を謳い文句にしているのも特徴で、中小チェーンに転職して年収アップを狙いたい薬剤師さんには外せない選択肢です。

 薬剤師転職ドットコム公式サイトはコチラ

マイナビ薬剤師は全国に相談拠点をもっているので、地方在住の方でも安心して面談を実施してもらえます。
保有求人数が豊富でサービスが手厚いというのがマイナビ薬剤師の強味です。

特にはじめて転職する方の場合は、はじめての転職は何かと不安なもの。
直接面談で、薬剤師の不安・悩みを聞いてくれ、面接にも同行することで転職先の職場のことをよく知っている。
そして、転職後は契約が守られているかを定期的に確認してくれる。

そんなマイナビ薬剤師であれば、転職失敗の確率を大幅に減らすことができるのではないでしょうか。

そして、サービス内容ではマイナビ薬剤師ほど手厚くないものの、業界最多の求人数を誇る薬キャリと、中小への転職に強く、年収アップの交渉に強い薬剤師転職ドットコム。

この3社を押さえておけば、まず転職に失敗することはないでしょう。

なお、各転職サイトの保有求人数やサービスの内容などはコチラの記事で詳しくご紹介しています。詳しく知りたいかたはご覧ください。

薬剤師転職成功のコツQ&A

応募書類の準備

――条件の良い求人にいつでも応募できるように、面接決定前に応募書類の準備は先に済ませておいた方がいいですか?

面接の確約をしたとしても、その後すぐに面接ということにはほとんどなりません。
早くても明日明後日、通常では来週というところが多いです。応募書類の準備は面接決定後でも十分に間に合うでしょう。

薬剤師にとっての履歴書や職務経歴書の扱い


――応募の際に「履歴書や職務経歴書」で気を付けるポイントはありますか?
というか、そもそも薬局の応募で職務経歴書までいります?

私は、履歴書には相手の企業の社是や理念は盛り込むようにしています。
読み手の立場に立って、読む必要の無いような、通り一辺倒の履歴書は書かないようにしています。

確かに薬局であれば職務経歴書は必要ないという意見もわからなくはないのですが、厳しい言い方をすれば、そういう意見の方は倍率の高い求人に応募をしたことが無い人なのでは?と思ってしまいます。

手前味噌ですが、私は製薬企業や病院、薬局などこれまでにいろいろと面接をしていただきましたが、これまで一度も落ちたことはありません。

もしも、採用枠1名の求人で「薬局であれば職務経歴書はいらないよ」という方とバッティングした場合、必ず勝つ自信はあるので、そういった局面で合否を分けるのではないでしょうか?

言い方は悪いですが、採用とは人生を決めるものなので、そういったレベルのものだと個人的には考えています。

転職エージェントとの連絡の取り方


――転職エージェントの方からの連絡というのは、在職中であっても電話がメインですか?

転職エージェントとの連絡のやり取りは絶対に電話、ということはありません。
ただし、スピード勝負なので、電話で連絡をとることがほとんどでしょう。

特に良い求人が出た場合には、転職エージェントの方も電話でPRした方が求職者の方に良さを伝えやすいと思うので、基本は電話になると思います。

ただし、電話の中で「この後すぐに求人票を送るので、確認して連絡欲しい」とメールを利用することは多いです。

ずっと出ている求人をメルマガのように送ってくる転職エージェントの方もいらっしゃいますが、良い求人はほとんど無いように感じます・・・

薬剤師の求人は受ければ受かる?

――薬剤師の転職なんて、受ければ受かるものじゃないの?
コツなんて気にしなくてもても、受ければ受かるのでは?

薬局は受ければ受かるというのはある程度事実です。
しかし、受ければ受かるような求人というのは、誰も手を付けたがらない不人気求人の可能性が高いです。
薬剤師がすぐに辞めてしまうので、来るもの拒まずで採用している大手企業もあります。

そのような会社であれば、受ければ受かるでしょうが、果たしてそのような会社に転職して幸せでしょうか?

  • 給料が高い
  • 休みが安定している
  • 交通の便のよい立地にある

このような求人は人気も高く、すぐに応募が殺到するというのを、以前お世話になった転職エージェントに教えてもらいました。

このような人気求人は誰でも受かるというものではなく、やはり、今回記した転職のコツを駆使しないと手に入れることはできないのではないかと考えます。

採用担当者が薬剤師に最も求めるものは何?

――競争になったとき、どのような人が選ばれやすいですか?
やはり、経験やスキルは大事なんでしょうか?

転職する薬剤師に最も求められるものはコミュニケーション能力であるといえるでしょう。
複数の科目の経験があるなど、薬剤師としてのスキルが豊富な方は、転職時での条件交渉では有利でしょう。
だからといって応募が重なったとき、スキルが高い人、経験の長い人の方が選ばれやすいかというと必ずしもそうではありません。

ある程度のやる気のある方であれば、本人が勝手に勉強していってくれます。そのため、面接時には、必ずしもスキルの高さを重要視していません。
もちろん、「在宅業務を充実させたいので、在宅の経験者を募集したい」などといった求人では、在宅の経験者が有利なのは当然のことです。

では、経験者からの応募が複数あった場合、どのような薬剤師が受かりやすいのでしょうか?

コミュニケーション能力のある薬剤師が最も選考に有利です。

現職への転職の際、応募者の中で薬剤師歴が最も短い私が採用されたのが何よりの証でしょう。

薬剤師の職場では、コミュニケーション能力をもった薬剤師が求められるというのは、当サイトの別の執筆者も「コミュニケーション能力のある薬剤師はなぜ年収アップが可能なのか」の記事で述べているところです。

私も採用を担当することになって、その通りだと実感しています。
薬局の面接では雑談のような内容で終始することが多いですが、そのような会話の中でも、応募者のコミュニケーション能力を最も重視してみています。

人手不足でもある薬剤師の転職市場において強いて選ぶとしたら、やはり問題なくコミュニケーションが取れ、いっしょに仕事しやすい人を採用したいと思うのが本音です。

コミュニケーションが得意でないくても大丈夫

ここまで薬剤師の転職ではコミュニケーション能力が大事と伝えてきました。
しかし、だからといってコミュニケーションが得意でなくてもいいでのです。

コミュニケーションが得意なふりをするだけでも構いません。

何人もの薬剤師さんを面接していると「この人は人と話すのが得意でないけれども、必死でこちらに伝えようとしているな」というのはすぐにわかるものです。
そんな薬剤師さんであれば、患者さんとの会話も、問題なくこなしてくれます。

薬剤師は営業マンではありません。流暢な会話術が必要とされるわけでもありません。
コミュニケーションに自信がなければ、転職エージェントといっしょに面接の練習をするか、面接に同行してもらいましょう。
それだけでも大分自信がもてるものです。

コミュニケーションを意識する、これが薬剤師の転職において最も大切なコツといえるかもしれません。

4年制卒でも転職できる?

――4年制卒なのですが、6年制卒との競争に勝てれるのでしょうか?

4年制卒というのを気にされる薬剤師さんは多いですが、採用の現場ではほとんど気にしません。

人手不足の薬局では、そんなことを気にしている余裕はないですし、私が採用面接をするときでも、ほとんど気にしません。
コミュニケーションの取りにくい6年制卒よりも、コミュニケーションの取りやすい4年制卒を採用したいです。

同じような採用担当者がほとんどではないでしょうか。

ブラック企業への転職を避けるコツはあるか?

――ブラック企業への転職を避けたいです。ブラック企業の特徴ってありますか?

離職率の高いブラック企業を避けるには、次の3つを確認することをオススメします。

ブラック企業確認ポイント

  • 常勤薬剤師の割合
  • 会社の出店計画
  • 施設調剤の応需の有無

常勤薬剤師の割合

薬剤師の数が少なかったり、一人薬剤師の職場が忙しいのは当然のことですが、薬剤師の数が多ければ忙しくないかというと、そうでもありません。
常勤薬剤師の割合が大切です。

常勤薬剤師が少なく、パートや時短社員が多い職場は、遅い時間や土日の出勤で正社員が割を食って忙しいです。
薬剤師の離職率が高いため正社員が少なく、パートや派遣でなんとかしのいでいるともいえるのです。

大手チェーン限定にはなりますが、どの薬局やドラッグストアが常勤薬剤師の数が少ないのかはこちらの記事にまとめてあります。

なお、一部大手ドラッグストアチェーンにおいては、この法則は当てはまりません。
ネームバリューが高く人は集まるので常勤薬剤師の割合は高くとも、人手不足過ぎて残業が定着化しているのです。
8:00~22:00のシフトや月100hオーバーの残業、月40h前後のサビ残が定着している店舗もあるのです。
私もドラッグストアに勤務していた経験があるのでわかるのですが、あそこやあそこの店舗などは忙しくて有名でした。

訴訟リスクをさけたいので、具体的な企業名は避けさせていただきますが、都心の駅前店などは避けた方が無難です。

出店計画

当サイトの別の執筆者の持論にはなりますが、出店計画がいい加減な会社は人事も場当たり的でいい加減です。

利益重視で新規出店している会社では、へき地で薬局が少ない地域や、ライバルの少ない、交通の便の悪い土地への出店が増えます。

M&Aに積極的な大手チェーンも注意が必要です。
買い取られた薬局の薬剤師の離職が相次ぎ、その穴埋めに補充される薬剤師もまた辞めてしまうという悪循環が多いからです。
そのように離職率の高いチェーンは、先ほどの常勤薬剤師の割合が低いです。

施設調剤を応需している薬局を避ける

地域算定加算の関係で、大手を中心に施設調剤を応需する薬局が増えています。
しかし、こちらの記事にもあるように、施設調剤を応需している薬局はとても忙しいです。

昼休みや夕方の16時前後など、休憩時間や外来のピーク時に調剤に追われるので、薬歴作成にかけれる時間が減ってしまうのですね。
受け付ける処方箋枚数が少なくとも、とても忙しくなってしまうのです。

5分で昼飯を食べて仕事に戻るという薬剤師もザラです。

更にいうと、老健の指示箋を応需していると輪をかけて忙しいです。
簡単に言うと、儲からないから忙しくても薬剤師を増やせないのです。

ワークライフバランスを重視したいなら、施設調剤を応需している薬局を避けるのが無難です。

かかりつけや在宅をやりたくない

――かかりつけや在宅をやりたくありません。そんな私にオススメの会社ってありますか?
今後のトレンドではあるものの、かかりつけや在宅をやりたくないという薬剤師さんも多いことでしょう。

こちらの(株)QLifeの「「かかりつけ薬剤師」に関する実態調査結果報告書」によると、積極的にかかりつけ薬剤師になろうとしている薬剤師は25.3%しかいません。
積極的にかかりつけ薬剤師になろうとしていない、なるべくなりたくないという薬剤師さんは多いのです。

かかりつけ薬剤師になりたくたくない、そんな薬剤師さんにピッタリな、敢えてかかりつけや在宅業務を行わない企業もあります。
こちらの記事でインタビューさせていただいた一都3県にチェーン展開する中規模調剤チェーンなどですね。

どのような会社かというと、

なるべく点数を加算せずに、患者さんの負担を減らしたい

という会社方針の企業です。
このような中小チェーンであれば、今後もかかりつけや在宅もやらずに済むでしょう。

匿名でのインタビューだったため、企業名は出せませんが、転職エージェントに一都3県でチェーン展開していて、敢えてかかりつけや在宅もやっていない会社といえば教えてもらえるでしょう。

転職で給料アップするコツはあるか

――現職の給料が低いです。転職すれば給料アップできますか?

転職の際に転職エージェントに給与交渉してもらうのが一番です。
私の場合は募集時に十分高条件だったので、給与交渉はしませんでしたが、一般的には薬剤師が年収をアップさせるのは、転職時の交渉が一番の近道です。

例えば、こちらの体験談のママ薬剤師さんが利用したリクナビ薬剤師は、大手ドラッグストア相手に勤務時間の固定+応募時から年収30万円アップという離れ業をやってのけています。
エージェントからすると、これ以上の年収アップの交渉も可能。
その代わり、勤務時間や急なお休みなどの今後の働きやすさを考えた場合、これ以上交渉すると今後が大変になるかもしれないと言われたそうです。

このように、転職エージェントを利用することで年収アップするのが一番手っ取り早いのです。

因みに転職で給料アップを狙いたいのなら、中小の調剤チェーンがオススメです。
そのあたりのことは、こちらの「調剤薬局ではなぜ大手より中小の方が給料がいいのか」の記事で詳しく説明しています。
中小チェーンの求人を多数保有し、年収アップの交渉にも強い転職サイトがどこかも説明しています。

薬剤師の転職成功のコツまとめ

  • 薬剤師の転職は、エージェントの利用がオススメ
  • 「いい求人を紹介してもらう」ことが第一のステップ
  • いい求人が見つかったら、確実にゲットするようにコツを利用して

薬剤師の転職の難易度は、他の業種に比べると比較的低いと言われています。
しかし、転職が容易であるが故に、情報不足で転職をしてしまい、「こんなはずじゃなかった」という事態になることもあるのです。

転職のコツをしっかりと抑え、良い求人を確実に見つけられるようにしましょう。
また、良い求人が見つかった際には、確実に内定を勝ち取ることが出来るように、ここでもコツを活用するようにしましょう。

薬剤師の転職成功を助けてくれる優良転職エージェント

マイナビ薬剤師

  • 担当先に足を運んで探した求人多数
  • 傾聴する態度で行われる丁寧な対面カウンセリング
詳細を見る
無料登録はコチラ

薬キャリ

  • 業界最多の求人を保有、病院と企業の求人は断トツに強い
  • 大手から中小まで様々な転職サイトを紹介してくれる
詳細を見る
無料登録はコチラ

薬剤師転職ドットコム

  • 平均年収アップ率127%
  • 給与交渉できる中小薬局の求人多数保有
詳細を見る
無料登録はコチラ
The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 一人薬剤師ってブラック確定?アリな一人薬剤師の職場はどんなとこ?

  2. 薬剤師が転職前の職場見学でわかることと確認したい9つのポイント

  3. 薬剤師の転職活動 気になるポイントを経験者に聞いてみた

  4. 転職に失敗した薬剤師は何を学んだか

PAGE TOP