転職エージェント

薬剤師転職の面接同行サービスで転職に成功する5つの理由

 

薬剤師の転職では、書類審査で落ちるということはまずなく、大体が面接の場で合否が決まるものです。
そんなときにものをいうのが転職エージェントの面接同行サービス
転職活動最大の山場である面接をその場でバックアップしてくれるという、非常に頼りになるサービスです。

一方で、面接に転職エージェントがついてくることに戸惑いを感じる方もみえるでしょう。
そこで今回は元転職エージェントの筆者が、転職エージェントによる面接同行とはどういうものなのか、なぜ面接同行サービスを利用することで転職に成功できるのかを詳しく紹介していきたいと思います。

\必ず面接同行してくれる転職エージェントはこちら/
ファルマスタッフ公式サイト

転職エージェントの面接同行とは何か?

そもそも、面接同行とはどういったサービスなのでしょうか。
知らない人にとってはイメージがつきにくいかと思いますので、まずはサービスの詳しい内容について説明したいと思います。

面接同行のサービス内容

面接同行のサービス内容

「面接同行」とは

その名の通り、面接に転職エージェントが同行してくれるサービスです。
面接会場まで道案内をしてくれるだけではありません。面接現場にも同席し、一緒に面接に挑んでくれるのです。

一般的な面接で面接官が複数人いるということはよくあることですが、面接を受ける人間は必ず1人です。
しかし面接同行の場合、自分以外にもう1人、エージェントという強い味方が一緒に面接を受けてくれます
もちろん、ただ横に座っているだけではありません。あなたの内定を勝ち取るために、さまざまなサポートをしてくれるのです。

転職エージェントが面接に同行して採用担当者から嫌がられないか

エージェントが面接の現場にまで同行したら、採用企業に嫌がられない?
かえって印象が悪くならないかしら?


 
 
 
 
 
転職エージェントが面接に同行することに、企業の採用担当者はどう思っているのでしょう?

転職エージェントを利用して採用活動を行うのなら、面接同行は仕方ないと思っているようで、面接同行を受け入れている企業が多いのは事実です。

逆に第三者にも意見を聞きたいのか、面接の場で採用担当者からエージェントである私に話をふられるようなこともあったりするんです。

採用する企業側も面接に同行しているエージェントを頼りにしているということではないでしょうか。

薬剤師が面接同行サービスを利用することで転職成功に近づく5つの理由

転職エージェントの面接同行サービスについてよく理解できたでしょうか?それでは次に、薬剤師の方が面接同行サービスを利用するメリットについてお話したいと思います。

正直なところ、転職活動をする薬剤師の方にとって面接同行サービスはメリットしかないと言っても過言ではありません。
何と言っても転職活動最大の山場となる面接をその場でバックアップしてくれるわけですから、これ以上頼りになることはありません。

面接現場に転職エージェントが同行してくれることで転職成功に近づく理由を5つ紹介します。

転職エージェントの面接同行サービス転職成功ポイント

  • より実践に近い面接指導を受けられる
  • 面接の場の雰囲気づくりをしてくれる
  • 答えに困った時にフォローしてくれる
  • 求職者に代わって自己アピールをしてくれる
  • 採用担当者にプレッシャーを与える

1より実践に近い面接指導を受けられる

1つ目のメリットとして、より実践に近い面接指導を受けることができるという点があります。

面接同行サービスを行っているエージェントは、実際に面接の場に同席することで非常に多くの情報を集めています
一般的な企業情報や採用情報だけでなく、面接官の好みやクセ、必ず聞かれる質問とその模範解答、どのような人が受かったか、どのような受け答えが好まれるかなど、面接の裏側まで熟知しています。

だからこそ、より実践に近い面接指導を受けられることが面接同行サービス最大の強みです。実際の面接に応じた対策を行うことで、確実に内定を獲得できるよう準備をすることができます。

2面接の場の雰囲気づくりをしてくれる

面接といえば、面接官の醸し出す雰囲気に委縮してしまったり、思うように話ができなかったりといったことがどうしても起こります。
なぜなら、面接はすべて面接官のペースですすめられているからです。

しかし、面接同行がある場合はエージェントが場の雰囲気作りをしてくれるので、1対1で面接を受けるときよりもはるかに話しやすい状況になります。
面接の場の雰囲気づくりをしてくれる
面接が始まる前に軽い世間話をはさんだり、面接中にも適度に相槌を打ったり話を膨らませてくれたりと、できるだけこちらのペースで面接をすすめられるように取り計らってくれるのです。

場の雰囲気が和やかになれば、あなたの力を100%発揮することができるでしょう。

3答えに困った時にフォローしてくれる

どれだけ対策して準備をしていても、いざ本番となると答えに詰まったり、言うべきことを忘れてしまったりするのが面接というものです。

面接が終わってから「あそこではこれを言うべきだった…」と後悔した経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、エージェントに面接同行してもらえばこの問題も解決してしまいます。

面接同行する場合、基本的にはエージェントと事前に打ち合わせを行います。次に挙げる項目などですね。

  • よく聞かれる質問内容
  • 絶対に抑えておきたい志望動機
  • 自己PR

これらの内容に対して、あらかじめ話す内容をエージェントと相談して決めておくのです。

そうすれば面接時の質問にスムーズに受け答えできるだけではなく、話す内容をエージェントが把握してくれているので、答えに困った時に助け船を出してくれます

面接時にエージェントのフォローが入ることで、1人の時よりも確実に的確な回答をすることができるようになります。

4求職者に代わって自己アピールをしてくれる

さらに、エージェントは面接の場で必ずあなたのアピールをしてくれます。

面接を通して伝えきれなかったあなたの良さやスキルの高さを、第三者からの意見として伝えてくれるのです。

もちろん自分で自分をアピールすることは何より大切です。
しかし、転職のプロであるエージェントからの評価は信ぴょう性も高く、面接官にとっても合否を決断するための重要な判断材料になります。

あなたの代わりに、あなたを最大限売り込んでくれるのですから大変心強いですね。

5採用担当者にプレッシャーを与える

面接同行の最後のメリットは採用担当者にプレッシャーを与えることです。
採用担当者にプレッシャーを与える
転職サイトと企業の間には、暗黙の了解のような関係があります。企業が求人を出しても、長期間応募が集まらないことがあります。そのとき転職サイト・エージェントより応募があり、入社まで至ったとします。

この場合、転職エージェントとしては1つ借りを作ったわけです。この借りについては、採用担当者側でも把握しているため、面接に同行し、プレッシャーを与えるのです。

その他のケースとして、過去に多くの人材をその転職エージェントから紹介してもらっている場合も同様です。

一番良いケースとしては、その転職エージェントのバックグランドがすばらしいほど、採用側はより大きなプレッシャーを受けます

圧力と言い換えてもいいでしょう。
その圧力に負けて採用する交換条件として、以前からお願いしている求人を紹介するなどという裏取引がなされることがあります。

\必ず面接同行してくれる転職エージェントはこちら/
ファルマスタッフ公式サイト

求職者受けのいい面接同行時のサポート内容は何か

ここまでは、転職エージェントの側からみた面接同行のメリットを説明させていただきました。
では、求職者さんは面接同行サービスの何にもっとも価値を感じているのかも気になるところですよね。

私が今までサポートしてきた中では、面接同行メリット3つ目の『答えに困った時にフォローしてくれる』が、最も感謝されることが多かったです。

2つほど具体例を挙げますね。

転職理由が「人間関係への不満」である求職者の例

面接官の方から、「前職の退職理由は、なんですか?」と質問された際、求職者さんが何と答えれば良いか困っておられるなと感じました。

そこで私の方から、「人間関係でお悩みでしたが、前向きな姿勢で転職を決意されたんですよね」と話しの方向性を示すことで求職者さんが、

 
 
 
 

普段の業務量が多すぎて整理できない状況が続き、店舗で築くべき人間関係が疎かになってしまっていました。業務量を減らす努力もしましたが会社との考え方の違いで難しかったです。そのため、適切な業務量で働ける職場で丁寧に人間関係を築きたいという前向きな姿勢で転職を決意しました。

このようにマイナス要素にならない素晴らしい回答をされました。

採用担当者の方も、「薬局は女性が多く、少人数での運営となり、人間関係で疲れちゃうことも多いですよね。」と素直に求職者を労ったのち、「新しい職場は業務量が適正で、風通しがよい薬局にしましょう。」と笑顔で対応いただき、見事採用内定を頂きました。

小学生未満の子供さんを子育て中のママ薬剤師の場合

面接官の方から、「お子様がいらっしゃるようですが、急な病気や急用の時に、お子様を代わりにみていただける方はおられますか?」と質問され、求職者さんが「私の両親が近くにおりますので、何かあれば協力してくれる体制になっています。」と回答されました。

その回答に対して、面接官は「では安心ですね、勤務中に急病で抜ける心配はありませんね。」
と返答され、求職者さんが曇った表情をされていました。

100%とは言い切れない・・・


 
 
 
 
 
そこで私の方から、

 
 
 
 

親御さまの急用が重なり、求職者様が抜けざる得ない状況も出てくる可能性もあるかと思われますが、その際はご対応いただけますか?

このように面接官に伝えることで求職者さんも安心され、当該企業へ迷いなく入社されました。

これらの事例のように、エージェントが面接の場でサポートできることはいろいろとあるんです。

\必ず面接同行してくれる転職エージェントはこちら/
ファルマスタッフ公式サイト

面接同行してもらうときに気を付けること

このように面接の場に最強のパートナーを連れていくことができる面接同行のメリットは非常に大きく、利用しない手はありません。

先ほど述べた通り、これといったデメリットは見当たらないくらいです。しかし、面接同行において気をつけておきたいポイントはあります。
面接同行してもらおうと考えている人は、次の3点に気をつけるようにしてください。

1第三者がいることで逆に緊張してしまう

第三者がいることで逆に緊張してしまう
これは人それぞれなので全員に当てはまるとは限りませんが、転職エージェントという第三者がいることで必要以上に気を使い、緊張してしまう人もいると思います。

面接官とはその場で初めて会うので、ある意味どんな失敗をしても何を話しても、その場限りの関係だと割り切れます。

しかし転職エージェントとは、面接までにすでに何度もやりとりをしてきているでしょうし、場合によっては今後も引き続き一緒に転職活動を進めていきます。
何もかも知ってもらっている相手だからこそ、失敗できないと感じて緊張してしまう人がいても不思議ではありません。

でも、安心してください。

何度も言うように、面接に同行してくれるエージェントは絶対的にあなたの味方です。第三者がいることに臆することなく、堂々と面接に挑みましょう。

2転職エージェントに頼りすぎてはいけない

至れり尽くせりの面接同行サービスですが、だからこそ転職エージェントに頼りすぎてしまわないように気をつけなければなりません。

エージェントの担当者ばかりが喋ってしまうと、面接官はあなた自身を正しく評価することができなくなってしまうからです。場合によってはマイナス評価を受けてしまいかねません。

面接では、あくまで自分自身の力で内定を勝ち取るつもりでいることが大切です。

同行する転職エージェントはあなたの代わりに面接をしてくれるわけではなく、一生懸命頑張るあなたを隣でさりげなくサポートしてくれる存在だと思っていてください。

3手助けしてくれないエージェントもいる

ここまで、転職エージェントの面接同行サービスのメリットについていろいろ述べさせていただきましたが、中にはまったくサポートをしてくれないエージェントもいます。

過去にお手伝いさせていただいた求職者さんのなかには、面接同行にこのような感想をもつ方もみえました。

エージェントさんに面接に同行してもらったんですけど、一切サポートなく黙々とメモされているだけでした。
こちらを助けてくれるというよりも、次の紹介者に面談の内容を伝えるために同行しているんだろうなという感じが伝わってきました。
サポートしてもらうどころか監視されているようで、自分の意見が言いにくかったです。
ですので、次回の面接から同行しないでほしいとお願いしました。

エージェントも人それぞれ。悲しいことですが、中にはこのように心無いエージェントが存在するのも事実です。
ですがこれは、後述する転職エージェント選びに気を付けることである程度は解決できます。

面接同行を行っている転職エージェントはどこか

面接同行を行っている転職エージェントはどこか
転職エージェントの面接同行サービス、どの転職エージェントでも実施しているわけではありません。

エージェントが所属する転職サイトによって理由は様々ですが、営業拠点が少なく物理的に不可能である場合もあれば、多くの転職者をさばいているため、1件1件同行することが時間的に不可能である場合もあります。

反対にファルマスタッフは、すべての面接に同行することを1つの売りとしています。
このように、一見どこも同じに見える転職エージェントであっても、受けられるサービス内容や特徴に違いがあるのです。

 元転職エージェントが解説する、薬剤師転職サイトの解説はコチラ

面接同行に力を入れている転職エージェントはどこか

先ほど、面接に同行してもまったくサポートしてくれないエージェントもいるとお話ししました。

しかし、面接同行を必須としている転職エージェントでは、会社方針として面接時のサポート体制が出来上がっています。
担当者の違いによる対応のばらつきは限りなく少ないといえますね。

面接同行でしっかりしたサポートを受けたいのであれば、面接同行が必須であるファルマスタッフを利用するのが一番安心です。

▼ファルマスタッフのエージェントに面接同行してもらいたい方はコチラ▼


まずは無料登録して求人情報を受けとってみましょう。
ファルマスタッフ公式サイト

一方、面接同行に力を入れていない紹介会社ですと、面接での対応は各エージェント次第になりがちです。
エージェントや紹介会社が懇意にしている企業を中心に、面接同行してくれることが多いように感じますね。

面接同行に力を入れている転職エージェントは紹介先の職場について詳しい


面接同行サービスを行っている転職エージェントは、常日頃から求人先企業に足を運んで情報収集しており、現場の情報に詳しいです。
面接同行が盛ん=求人先企業とエージェントの間の絆が強いと考えられますね。

採用企業から面接同行を断られることもある

面接する採用側が面接の同行を断っている場合もあります。
病院や企業では同席が認められていないことが多く、面接の初めに紹介するところまでは同行してもらえる場合もありますが、実際の面接時は外で待っている形となることが一般的です。
こればかりはエージェント側ではどうしようもないので仕方がありませんね。

まとめ

転職エージェントに面接に同行してもらっても自分の印象が悪くなるということはありません。

転職エージェントの面接同行サービス転職成功ポイント

  • より実践に近い面接指導を受けられる
  • 面接の場の雰囲気づくりをしてくれる
  • 答えに困った時にフォローしてくれる
  • 転職者に代わって自己アピールをしてくれる
  • 採用担当者にプレッシャーを与える

薬剤師が転職エージェントを使って転職活動を行うメリットはたくさんありますが、中でもこの面接同行サービスによって受けられる恩恵は非常に大きいことがわかったことと思います。

せっかく転職エージェントを利用するならば、ぜひとも面接に同行してもらうようにしてください。
転職に成功するための近道となるでしょう。

面接同行を行っている転職エージェント

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
高年収・キャリアアップを叶えやすい上に、紹介先にも詳しく頼れるサイトです。

厳選された求人ばかりのため転職後に不満が出にくく、マッチング後の離職率は業界内で低い方です。

ファルマスタッフは業界トップクラスの調剤薬局の子会社なので、調剤薬局の業務や実情に詳しく、面接にも必ず同行しれくれます。

ファルマスタッフのエージェントは、年収や勤務条件の交渉を、かなり粘り強く頑張ってくれます。
他社で紹介されて希望が叶わなかった求人が、ファルマスタッフに交渉してもらって希望が合うようになったという実例もありますよ。

詳細を見る
無料登録はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
「求職者のニーズにベストマッチする求人を見つけること」を重視しているため、転職者の満足度が高い転職サイトです。

親会社が大手人材関連企業なので、大手企業との繋がりが太く掲載求人数も多いですが、20~40店舗の中堅チェーンや個人薬局にもシッカリ営業しているので、幅広いジャンルの求人があります。

求職者からヒアリングした希望と、企業から収集した情報の2つを活かし、求職者・求人先の希望をしっかりマッチさせることから、実際に求職者に人気がある転職サイトですよ。

詳細を見る
無料登録はコチラ

薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコム
女性の転職エージェントが多く、気さくで話しやすい方が多い印象。

エージェントにもワーキングママが少なくないので、ママ薬剤師の気持ちや大変さを理解した上で、求人を探してくれます。

パートや派遣求人も多く取り扱っているので、ママ薬剤師以外にも、ワークライフバランスを重視したい方にもおすすめできますね。

薬剤師転職ドットコムは大手の求人は多くないですが、その分中小企業の求人は豊富。

中小企業は大手に比べ高年収求人が多いので、求人全体に対する高年収求人の割合が高めです。
年収や条件に対する交渉も積極的にしてくれるので、待遇面が理由の転職の方は、一度薬剤師転職ドットコムへ相談してみると良いですね。

詳細を見る
無料登録はコチラ
The following two tabs change content below.
macky

macky

育休中の転職エージェント。現役時代は営業として、採用企業への営業活動はもちろん、求職者の面談や求人制作を行う。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師転職エージェントの活用方法のすべて

  2. 転職エージェントの仕組み、安心して利用していいの?

  3. 新卒薬剤師が転職サイトを利用するとどうなるのか?

  4. 転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

    転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

  5. 薬剤師が転職サイトを利用するデメリット

  6. 薬剤師が複数の転職サイトに登録することのメリット・デメリット

PAGE TOP