調剤薬局とドラッグストアの違い

調剤薬局とドラッグストアの違いシリーズ~人間関係編~

 

薬剤師さんの離職理由として最も挙げられることは、「人間関係」であると言われています。
外回りの営業職や一人作業が中心の技術職とは異なり、薬局では店舗の中で協力して仕事をすることが求められます。
薬局の組織の中や、医師、患者さんとの人間関係は、調剤薬局とドラッグストアのそれぞれで、どのようになっているのでしょうか。

調剤薬局での人間関係

調剤薬局社内の人間関係は、基本的には薬剤師と医療事務の2職種が中心となります。

また、薬剤師の方が人数は多いパターンが多いので、薬剤師同士のコミュニケーションはとりやすいといえます。
スタッフ同士も話をする機会も多いので、比較的仲は良いことが多いのです。

社外の方との人間関係としては、医薬品メーカーや医薬品卸の担当者(MS)、近隣の薬局のスタッフとが中心となるでしょう。

管理薬剤師などであれば、仲良くなれば飲みに行くということもあるので、社外との関係もあるといえます。

ドラッグストアでの人間関係

ドラッグストアでは、一般の販売スタッフや化粧品スタッフ、登録販売士など、複数の職種の方と働くことが多くなります。

店舗によっては薬剤師が1人しか在籍しない場合もあるので、肩身は狭くなる可能性があります。

ドラッグストアを訪れる方は「患者様」というよりも「お客様」という側面が強いので、勤務中にスタッフ同士で話をすることは難しく、スタッフ同士のコミュニケーションは意外と取れていないことがほとんどです。

職場の同僚であっても、名前しか知らない、ということも少なくはありません。

また、社外の方との人間関係については、あまり密接ではありません。

化粧品メーカーやOTCメーカーの方がPOPの設置に訪れることもありますが、業務を超えての関係はほとんどありません。

医師との関係の違い

調剤薬局の場合

調剤薬局では、1対1で開局をしていることがほとんどであるので、医師との関係はおのずと密接となってきます。

説明会を合同で開催することや、約束処方の提案など、医師と話す機会は多くなってきます。
営業時間や休暇も医院と連動しているため、一体感も高いと言えるでしょう。

調剤薬局薬剤師は医師に頭が上がらない?

特定のクリニックに依存している門前薬局であれば、医師に頭が上がらないことも多いでしょう。

医師によっては、無理難題を押し付けてくるケースもあるようですが、これは特に、高齢の医師に多いようです。

近年では医学部教育も変わり、チーム医療がテーマとなってきています。
また、メーカーも過剰な接待は自主規制をしているので、医師も謙虚になってきているのです。

医師と薬剤師であっても「人と人」なので、誠意を持って接していけば、ある程度の話は聞き入れてもらえるでしょう。
薬剤師の方から、日頃からコミュニケーションをとって、人間関係を円滑にしておく努力が必要となってきます。

ドラックストアの場合

ドラッグストアでは、特定の医療機関に依存して営業をしているわけではないので、医師との関係は希薄と言えます。

一部の、調剤併設型のOTC店舗においては、特定の医師と関係がある場合もありますが、調剤専門でないため、医師との連携はそこまでとれていないことが現状です。

年中無休のドラッグストアで、一部で処方箋も受けているというとらえ方になるので、医師も薬局のことを気にしていないということが一般的となるのです。

患者さんとの人間関係

調剤薬局の場合

調剤薬局では、応需する診療科にもよりますが、同じ患者様が継続して来局されることが多くなります。

現在ではかかりつけ薬剤師など、同じ薬剤師さんが継続して服薬を管理することが求められているので、患者さんとの人間関係は密接になります。

現在推進されている在宅業務や健康サポート薬局など、患者さんへのアプローチの方法は増えているので、今後の取組み方は様々と言えるのです。

ドラッグストアの場合

ドラッグストアの場合では、基本的にはお薬に対する一問一答が多く、継続して服薬を管理するということはあまりありません。

薬歴や帳簿の記載義務も無いので、患者さんの情報を管理するということもほとんどないでしょう。

しかしながら、デキる薬剤師さんや登録販売者さんは、馴染みのお客さんから指名されて頼られることもあるので、やりがいはあると言えるでしょう。

クレームの頻度の違い


調剤薬局とドラッグストアでは、クレームの頻度や種類は異なってきます。

調剤薬局の場合

調剤薬局では、薬剤師は医師の処方箋に基づいて調剤を行うので、基本的には「調剤の間違いがあった場合」と、「対応が悪かった場合」の2つのケースがほとんどとなります。

対応が悪かった場合のクレームの中でも特に多いのが、待ち時間についてのクレームになります。

総合病院の門前薬局などでは、病院で待たされ、更には薬局でも待たされることになるので、患者さんもイライラしていることが多いようです。

薬剤師は医療従事者であるので、言葉遣いなどについては、常識を逸脱していない限りは追及されることは少ないでしょう。

ドラッグストアの場合

ドラッグストアでは、患者様以外にも健康なお客様もいらっしゃるので、対象となる顧客の人数は多くなります。

顧客層も様々であるので、一見理不尽と思えるようなクレームも多くなることでしょう。
内容としては、「言葉遣いや身だしなみなどの対応が悪いこと」が最も多くなってきます。

また、医師が介入していないため、薬剤の選択に対する責任も課せられます。
「案内された薬剤が効かなかった」ということも、クレームの一因となることでしょう。

さらに、顧客から見た場合、薬剤師であることは何ら関係ないので、言葉遣いや身だしなみが悪いと、クレームの原因となります。

人間関係で苦労するのはどちらか


人間関係においては、調剤薬局の方が、良くも悪くも様々な人達と密接な人間関係が発生してきます。

同僚のスタッフはもちろんのこと、患者様や医師、その他の社外の方たちとの関係が築けるので、コミュニケーションをとることが得意な方であれば、調剤薬局で働くことも苦にならないでしょう。

しかしながら、スタッフ同士で接する機会が多い分、ウマが合わない人と同じ店舗になってしまった場合には、離職につながる可能性も高くなってしまいます。

ドライにサバサバと仕事したいなら

自分一人でさっぱりと仕事をしたい方であれば、ドラッグストアの方が合っている、ということもあります。
ただし、どちらの職場においても、お互いを尊重して仕事をできる人が求められるでしょう。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 調剤薬局とドラッグストアの違いシリーズ~給料編~

  2. 調剤薬局とドラッグストアの違いシリーズ~ワークライフバランス編~

  3. 調剤薬局とドラッグストアの違いシリーズ~将来性編~

  4. 調剤薬局とドラッグストアの違いシリーズ~調剤業務編~

PAGE TOP