転職エージェント

転職エージェントに選ばれるための3つのポイント

 

薬剤師の転職成功のカギは、転職エージェントの活用の仕方にかかってきますが、逆に転職エージェント側もこちらを値踏みしています。

この人は本気で転職する意思があるのか?
誠実に対応してくれるのか?

転職エージェントも営利目的ですのでより確実性の高い転職希望者を強く支援したいと考えます。
誠実な対応をせずにレスポンスも悪い人に注力するよりは、より転職確率の高い人に注力しているのです。

同じような応募条件の転職希望者が複数いた場合、より転職確率の高い、信頼できる人の方に良い条件が優先してもってこられるのは当然の流れでしょう。

では、如何にして転職エージェントに選ばれるのか、そのための3つのポイントをまとめてみました。

ブレない意志をもっていること


転職する意志、その理由などにブレがないことが大事です。
書類選考や面接を通過できないと誰でも転職を諦めたり、職種や業種を変更したくなります。
その気持ちは十分わかりますが、転職エージェント側で考えると、また振り出しに戻ってしまうわけです。
1度でもそれをされてしまうと、転職の意志そのものに疑いを持たれてしまします。

レスポンスがよいこと


レスポンスが良いことは、社会人として必須マナーでもありますね。

メールであれば1日以内、電話に出ることができない場合は、折り返しの電話をするなどです。
連絡をするということは連絡する必要があってのことなので、無駄に連絡しているわけではありません。必ず連絡しましょう。
求人によっては応募期限がありますし、書類などの提出期限もあります。
人気の求人であれば、尚更急ぐ必要がでてきます。

そのような期限を守るためにもレスポンスを良くすることは非常に重要となってきます。

信頼できること


先の2つの結果とも言えますが、エージェントからの信頼を獲得すること、これに尽きるのではないでしょうか。
なぜなら、応募企業に書類を提出する際、エージェントは推薦状というものを作成し、添付します。

推薦状の形式・内容は転職サイトごとに異なりますが、その人がどのような人なのか(人と成り)、転職先への思い、将来の展望などが記載されます。
もちろん、信頼されていなくてもそれなりの推薦状は作成していただけます。
しかし、信頼できる人の推薦状と比べると定型文が多く、見劣りしてしまいます。

やはり作成してもらうのならば、心のこもった推薦状を作成してもらいたいものですね。

まとめ

転職エージェントに選ばれるための3つのポイントをご紹介しました。社会人としてはいずれも非常に一般的なことです。
無事に転職した後でも必要なことですので、必ず身につけておきたいところですね。

転職エージェントに「この人は信頼できる」と見込んでもらえれば転職の成功率はグッと高まるでしょう。
なぜなら、転職エージェントを利用することには様々なメリットがあるからです。

それは何か?

詳しくはこちらの記事をごらんください。

転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

薬剤師生活において、1度や2度の転職自体は珍しくありません。
でも中にはせっかく転職したのに、新しい職場に満足できず、転職を何度も繰り返してしまう人も…。
転職エージェントとして働いていた筆者が、『転職に成功する薬剤師』と『転職に失敗する薬剤師』の特徴を、事例をもとにお伝えします。
転職エージェントを有効利用して転職を成功させるコツもまとめてありますので、転職を考えている方はぜひチェックしてくださいね。
転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い


「紹介会社」「求人企業」の両面から、薬剤師の転職業界に関わってきた筆者が知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元、オススメの転職サイトをご紹介します。
元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
ヤス

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 転職サイトへの登録って面倒?ちょっと手間だけどメリットはたくさんありま…

  2. 転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

    転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

  3. 薬剤師が転職エージェントと行う面接対策、未経験転職には必須!?

  4. 薬剤師が転職サイトを利用するデメリット

  5. 転職エージェントと行う模擬面接のメリットは

  6. 薬剤師が複数の転職サイトに登録することのメリット・デメリット

PAGE TOP