薬剤師5大転職理由

薬剤師のスキルアップ方法について~今後も生き残れる薬剤師とは~

 

薬剤師という職業は「一生勉強しなくてはならない」と言われています。

現在では地域包括ケアシステムなどにおいても、薬剤師は様々な役割を発揮することを期待されており、スキルアップを目指していくことが必要とされています。

今回は薬剤師のスキルアップ方法についてご説明させていただきます。

薬剤師のスキルアップには何があるか

薬剤師のスキルアップには、どのようなものがあるのでしょうか。

  • 漢方薬局で漢方を極めること
  • 病院薬剤師として急性期の患者様のケアに携わること
  • 学校薬剤師として子供たちに薬剤の知識を普及すること
  • DI業務で医薬品の詳細な知識を学ぶこと

このように、薬剤師にできることは数多いといえます。
しかしながら、一般的な薬局薬剤師のスキルアップにおいては、下記の4つは避けて通ることは出来ないものであると考えられます。

薬局薬剤師に必要なスキルアップ

  • 多くの処方箋を経験する
  • かかりつけ薬剤師を目指す
  • 在宅医療に挑戦する
  • OTCを学ぶ

多くの処方箋のスキルが必要な理由

薬剤師の主な業務は、処方箋を基にした調剤業務です。
数多くの調剤に触れることは、スキルアップにおいては必須条件となるのです。

かかりつけ薬剤師と在宅のスキルが必要な理由

今後は「かかりつけ薬剤師」がキーワードになってくることは、ほぼ間違いないと言われています。

医療を必要としている患者様に対しては、かかりつけ薬剤師として携わっていくことが求められているのです。
さらに、薬局に自力で訪れることが困難な方についても、「在宅医療」という形で薬剤師が患者様のご自宅に伺ってアプローチをすることも必要とされています。

若く元気なうちには健康相談などを含めた「かかりつけ薬剤師業務」を、年を重ねて終末期に際した患者様には「在宅医療」を提供することが、今後の薬局薬剤師において必要不可欠といえるのです。

OTCのスキルが必要な理由

OTCについては、国策の一つにある「セルフメディケーション」の推進として、薬剤師が力を発揮していける分野となっています。
今後も引き続き成長産業になると言われているので、早めに学んでいくと良いでしょう。

薬剤師のスキルアップ方法

薬剤師のスキルアップは、先に挙げた4つがメインとなってきます。
では、この4つのスキルを身に着けていくためには、どのような方法があるのでしょうか。

1多くの処方箋を経験する方法


1つめの「多くの処方箋を経験する」ためには、大きく分けて下記の4つの方法が考えられます。

多くの処方箋を経験する方法

  • 現在の職場において自分で勉強していく
  • 総合病院の門前に異動・転職
  • 大手調剤チェーンに転職
  • ダブルワークや派遣などを活用する

1-1.現在の職場において自分で勉強していく

多くの処方箋を経験するためには、実際に複数の薬局で勤務して多くの処方箋を調剤することが近道であると言われています。

しかしながら、薬局の規模や雇用の条件によっては、その通りにならないこともあるでしょう。

このような場合には、情報誌やインターネットを活用して情報収集をしていかなくてはなりません。
良く使われている薬剤を、添付文書や「今日の治療薬」を用いて調べることも大切となります。

認定薬剤師の単位取得も含めて、勉強会などに参加していっても良いでしょう。
効率は良いとは言えませんが、さまざまな方法で勉強をしてスキルアップしていくことが必要となるのです。

1-2.総合病院の門前に異動・転職


総合病院の門前であれば、さまざまな科目の処方箋を応需することが可能となります。

在籍している薬剤師さんの人数も多いことから、経験豊富な方からアドバイスをもらうこともできるので、オススメの方法と言えます。

規模の大きなチェーン調剤であれば異動を願い出ることで勤務することが可能ですが、個人調剤や小規模チェーンであれば転職が必要となる場合もあるので、慎重に決定をしなくてはならないでしょう。

1-3.大手調剤チェーンに転職


大手の調剤チェーンであれば異動やヘルプを含めて、様々な薬局に勤務することが可能となります。

福利厚生なども充実していることが多く、産休育休やパートと正社員の転換など、長期的なキャリアプランを考えた上で候補とすると良いでしょう。

1-4.ダブルワークや派遣などを活用する

薬剤師であればダブルワークや派遣などを組み合わせて働いている方も多く、普段とは異なる薬局で働くことでスキルアップをしていくことが可能となります。

パートがメインの方であれば、週3日のパート+派遣1~2日という形で勤務をしていくことが出来ればバランス良く勉強していけるでしょう。

正社員として勤務している場合でも、勉強の為ということであれば許可をもらえる場合も多いので、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

2かかりつけ薬剤師を目指す方法


2つめの「かかりつけ薬剤師を目指す」ためには、まずは研修認定薬剤師の資格を取得すると良いでしょう。

現在勤務している薬局に資格取得を補助してくれる制度があれば良いのですが、ない場合でも数万円の自己負担で取得可能であるので、積極的に取得をすると良いでしょう。

今後は、キャリアアップや転職の際においても、研修認定薬剤師の資格を持っていることはプラスに働くと考えられます。

また、資格や勤務時間など要件を満たしておらず、実際に「かかりつけ薬剤師指導料」を算定していなくても、それに近いサービスを提供することは出来ます。
「かかりつけ薬剤師」のつもりで目の前の患者様に接していくことで、かかりつけ薬剤師のスキルを習得していくことができると考えられます。

3在宅医療に挑戦する方法


3つめの「在宅医療に挑戦する」については、現在勤めている薬局が在宅を扱っているかどうかによって左右されてしまいます。

厚生労働省によると、2017年1月の時点で在宅患者訪問薬剤管理指導料(医療保険)の算定薬局は19,437軒、居宅療養管理指導費等(介護保険)の算定薬局は5,863軒と発表されています。

これらは重複していることもあると考えられるため、在宅業務を行っている薬局はおよそ3軒に1軒しかないことがわかります。

在宅業務が今後のトレンドになっていくことは間違いありませんが、薬局の体制や応需科目によっては取り扱わない場合もあるので、長期的なスキルアップやキャリアを踏まえて転職や異動を考えると良いでしょう。

4OTCを学ぶ方法


4つめの「OTCを学ぶ」ということについても、調剤薬局のみであれば一部のOTCしか取り扱っていない場合が多く、限界があると考えられます。
転職や異動、派遣を含めてOTCを取り扱っているドラックストアなどでの勤務を検討すると良いでしょう。
セルフメディケーションの推進により、ドラックストアも新規出店が増えています。
夜間のみのパート勤務の募集などもあるので、一度調べてみると良いでしょう。

薬剤師にとってスキルアップ=年収アップにはならない

ここまで、薬剤師として求められる「スキルアップ」についてご説明させていただきました。

しかしながら、薬剤師の場合は「スキルアップしたからといって、必ずしも年収アップにつながるわけではない」ということが言われています。

薬剤師のスキルは一様に評価をすることが難しく、一部の研修認定薬剤師などの例外を除きスキルや資格が薬局の利益に直結することは少ないので、年収として評価をしてもらいにくいのです。

年収アップを目指したいのであれば、スキルアップと同時に「キャリアアップ」も目指す必要があるのです。

一般的なキャリアアップとしては、管理薬剤師やエリアマネージャーを目指すと良いでしょう。

ただし、キャリアアップをしていくに際しては、患者さんに対しての業務だけではなく数値管理や人材管理などもしていかなくてはならないので、望まない仕事もしなくてはならないことは理解をしておきましょう。

薬剤師としてスキルアップできる職場の探し方

基本的には転職をすることなく現在の職場でスキルアップすることもできれば、それが最善であると考えられます。

しかし、もしもそれに不安や限界を感じたときには、転職を考えるということも選択肢として持っておくと良いでしょう。

では、そのような場合にはどのようにして転職先を探せば良いのでしょうか。

薬剤師や看護師のようなコメディカルについては、無償で専門の転職エージェントが転職先を探してくれるサービスがあります。
希望の地域や科目、雇用形態を伝えることで、ご自身のニースに合った、スキルアップしていける薬局を紹介してもらえるでしょう。

スキルアップ転職にオススメな転職サイトは?

まとめ

薬剤師を取り巻く医療業界は、毎年変化をしています。

これまでは調剤が薬剤師業務の主たるものでしたが、今後はかかりつけ薬剤師や在宅業務、OTCと様々な役割を担っていくことが期待されているのです。

まだ若い方はもちろんのこと、ベテランの方であったとしてもスキルアップをしていかなくてはなりません。
患者様により良い医療を提供するため、研鑽していくことが肝要となるのです。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. スキルアップに熱心な薬剤師必見!かかりつけ薬剤師に必要なスキルと学べる…

  2. 管理職に転職したい薬剤師に求められるスキルと人物像

  3. 調剤薬局で行っているスキルアップ支援はどんなもの?

  4. 薬剤師の在宅医療とスキルアップについて

  5. 今注目のスキルアップ!研修認定薬剤師になるための注意点

  6. 薬剤師のスキルアップを考える!応需科目ごとの処方箋の特徴を知ろう

PAGE TOP