薬剤師のお仕事データ

かかりつけ薬剤師になることのメリット・デメリット

 

「かかりつけ薬剤師」は患者さんにとって、とてもメリットのある制度です。
自分の薬に関する全てを任せることができる、信頼できる自分の担当薬剤師を持つことができるからです。

では、かかりつけ薬剤師業務を行うことによって、薬剤師サイドとしては自分にとってどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

もちろんメリットと捉えるか、デメリットと感じるのかは個人の考え方によって様々ですが、あくまでも筆者が感じる個人的なメリット・デメリットという形でいくつか触れてみたいと思います。

かかりつけ薬剤師になることのメリット

薬の一元管理

かかりつけ薬剤師として契約することで、ひとりの薬剤師がひとりの患者さんの担当となり、その方が生活の上で取り扱うあらゆる薬の管理を行うことになります。

複数の病院に通院している場合はそれぞれの病院の処方箋を持参していただき、普段使用する市販薬やサプリメントなどに関しての情報も入手する必要があります。

たいていの方はそれぞれの病院の門前薬局で薬をもらう場合が多いので、よほど家の近くで薬をもらいたいという方でなければ、複数病院の処方箋を全て持参してもらうのは困難です。

しかし、かかりつけ薬剤師としての同意が得られたと言う事は、そういった部分も理解されての事なので、処方箋の一元管理が現実のものとなります。

この処方箋の一元管理による恩恵は非常に大きく、次のようなメリットが生じてきます。

  • 普段応需している診療科のみでは扱う事の出来なかった種類の薬や、市販薬に対しての幅広い知識を身につける事ができます。
  • 一元管理が可能になることで、より重複投薬の防止や相互作用の問題が見つけやすくなります。
  • 薬歴の書きやすさも格段に向上し、内容も充実したものになります。

薬剤師として働く上で、最も自分の専門性を活かせる部分の業務と言えるのではないでしょうか。

処方医や医療機関との連携


患者さんの体調変化や副作用、残薬など必要な情報を医療機関へフィードバックするのは、かかりつけ薬剤師に限らず当たり前のことですが、かかりつけ薬剤師になることでその幅もより拡大します。

薬に関することだけでなく、広く健康に関する相談にも応じることで得られる情報をもとに、医師やその他の医療従事者への提案や薬学的なアドバイスを行います。
場合によっては、こちらから医療機関の受診を勧めたり、介護やその他福祉サービスの利用を提案したり、患者さんのQOL改善のために積極的に関わっていきます。

こういった中で、地域の医療機関やその他の職種の方たちと連携を取り合い、チーム医療の一員としての働き方もできるようになります。

今後ますます進んでいく在宅医療や、国が進めている地域包括ケアシステムにおいては、この連携が非常に重要な要素となるため、かかりつけ薬剤師としての経験が自分にとって有益になることは言うまでもありません。

給与面での優遇

企業側にとっては「かかりつけ薬剤師指導料」が算定でき収益の面からも、地域貢献度の向上による企業イメージのアップの面からも積極的に行いたい業務の一つです。

その為、かかりつけ薬剤師業務に対する手当を設ける企業もみられるので、給与面でのメリットもあると言えます。

かかりつけ薬剤師になることのデメリット


最もデメリットとして感じられるのが、24時間対応です。
かかりつけ薬剤師になると基本的には24時間、夜間・休日問わず対応をしなければならず、場合によっては自宅にまで出向かなければなりません。

深夜や休日にも電話がかかってくる可能性を考えると、デメリットと言えるでしょう。

携帯を当番制にする方法をとる薬局もありますが、1人薬剤師の薬局であれば常に自分が持つよりほかありません。

患者さんによっては精神疾患による不安症などにより、頻繁に電話相談が来るかもしれません。
自分のお気に入りの薬剤師と話したいという理由から、適当な相談を口実に電話をかけてくるかもしれません。

迷惑電話と本当に必要とされる患者さんの電話なのかの区別は難しいのです。

今の所、そういった好ましくない方への対応に関しては対策が明示されていません。

かかりつけ薬剤師に向いている人・向いてない人


では、どんな人がかかりつけ薬剤師に向いているのでしょうか?
先程も少し触れましたが、複数科の処方薬や市販薬・サプリメントを含めた幅広い、現場における実際の知識を得たい方には向いていると言えるでしょう。
地域医療や在宅医療に興味があり、患者さんとより密に関わっていきたい方にもおすすめです。

一方で、あまり向いていない人もいます。
かかりつけ薬剤師としての要件に

ひとつの薬局に週32時間以上勤務していて、その薬局に半年以上在籍していること

というものがあります。

このため、夫の転勤についてまわるような方の場合は不向きと言えるでしょう。
患者さんにとっても、かかりつけ薬剤師がコロコロ変わるような事があっては、信頼関係を築くことなどできません。

24時間対応により、いつ電話相談がきてもおかしくない状態が続くので、仕事とプライベートを完全に分けたいという考え方の人にも不向きかもしれません。

かかりつけ薬剤師の忙しくなる時間帯


かかりつけ薬剤師になったからといって特定の時間帯が忙しくなるという事はなく、基本的には他の患者さんの来局する流れとほとんど変わりありません。

市販薬を買いにきたり、面の処方箋を持ってくる場合もありますが、それも特別な事では無いですし、よほどの事が無い限り受診に合わせて薬局に来るケースがほとんどとなります。

担当の患者さんへの対応

自分の担当の患者さんが来局した場合は基本的にはかかりつけ薬剤師が対応するべきなので、その対応に当たらなければならなくなります。

業務中に相談の電話が来た場合も同様なので、デスクワークやその他の業務を後回しにして対応しなければならなくなるケースもあります。

患者宅への訪問


患者宅の訪問は当然ながら、業務時間中であれば薬剤師一人減になりますし、一人薬剤師であれば閉局後や昼休みを利用しての訪問となります。

しかし、在宅以外での通常の外来患者さんでは、自宅に訪問することはあまりありません。
特に残薬に心配のある方や、自宅での薬の管理方法に問題のありそうな方に提案し、訪問するくらいとなります。

かかりつけ薬剤師をするなら気を付けるポイント


かかりつけ薬剤師業務でも通常業務でも、基本的には気を付ける事に変わりはありませんが、特に夜間などの相談内容によっては、誤った指示により健康被害が出てしまう可能性があることを忘れないようにしましょう。

決して安易な判断はせず、また的確な判断を下せるように、常日頃から自己研鑚することが求められます。

一人薬剤師の店舗であれば、夜間・休日の対応を自分一人で行う必要があるため、それなりに負担が増す事はあらかじめ覚悟しておいた方が良いかもしれません。

まとめ

かかりつけ薬剤師制度は現段階の内容では賛否両論ありますが、求めるところはもちろん患者さんの利益にあるので、その為に新しく出来た制度としては歓迎されるべきなのかもしれません。

しかし、かかりつけ薬剤師ではなければ出来ない仕事というのはほとんどありません。

日々スキルアップの勉強をし、真面目に患者に寄り添って一生懸命働いている薬剤師であれば、かかりつけ薬剤師として求められる仕事は少なからず自然とこなしています。
その点における社会での認知度がまだまだ低い事は寂しい限りです。

この制度はまだ始まったばかりで改善点はいくつもあると思いますが、かかりつけ薬剤師業務を通して少しでも薬剤師の地位向上に繋がる事を期待しています。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.
サム

サム

新卒後小規模薬局チェーンに就職するも、様々な経験のできる中規模調剤チェーンにスキルアップ転職。その後現在の職場にヘッドハンティングされ、現在に至る。

こんな記事も読まれています

  1. かかりつけ薬剤師の現実は?その実態を知ろう

  2. 調剤薬局大手と中小の違い それぞれにオススメするのはどんな人か

  3. 在宅医療薬剤師の役割と仕事内容

  4. 薬剤師としてプロフェッショナルを目指すなら病院薬剤師!

  5. 面対応の薬局、門前薬局との差別化の方法

  6. 大手調剤薬局・ドラッグストアチェーンの特徴

PAGE TOP