転職エージェント

複数の転職サイトに登録することのメリット・デメリット

 


おそらくほとんどの転職希望者の方は、1つの転職サイトだけでなく、いくつかの複数の転職サイトに登録されていると思います。
その理由の多くは、より多くの求人を紹介してもらい、比較したいという点ではないでしょうか。
しかし、企業の多くは広く人材を集めたいため、多くの転職サイトに求人を乗せていますので、実際は1つの転職サイトに登録すれば、ほぼ現在出回っている求人を紹介してもらえます。

求人を探すだけならば1つの転職サイトに登録すれば問題ないのですが、あえて複数の転職サイトに登録することのメリットと、それによって生じるデメリットについてご紹介させていただきます。

複数の転職サイトに登録することのメリット

求人を出す転職サイトを限定している企業がある

多くの企業では、広く人材を募集したいため、多くの転職サイトに求人を掲載しています。
しかし、企業の中にはそうでない企業があります。企業において転職サイトのランキング付けをしているのです。

ランキングの元となる評価項目は様々ありますが、1例を挙げますと、過去の紹介人数、内定者数、実際の入社人数、1年後の離職者数などがあります。
それぞれにポイントをつけて、総合的にランキング付けをしています。

求人の内容に応じて、例えばランキング5位までの転職サイトにだけ求人を出すということがなされています。
この傾向は製薬企業で特に強く、ドイツに本社をおくB社、アメリカに本社をおくI社がその代表的な例となります。

良いエージェントに出会うことができる可能性が高まる


転職サイトには、それぞれカラーがあります。
得意分野という意味でもカラーがありますが、ここでいうカラーとは、会社のカラーです。
転職エージェントといえども会社員ですので、会社で研修をうけ、会社の方針に従う必要があります。

従って、もしご自身の担当となったエージェントがあまり良くない場合、担当者交代を申し出ても、同じようなカラーの人が担当となります。
複数の転職サイトに登録していることで、より短い時間で別のカラーを持ったご自身と相性の良いエージェントに出会う可能性が高いです。

複数の転職サイトに登録することのデメリット

応募した企業を自身で管理する必要がある

1つの転職サイトにだけ登録していると、過去に応募した企業については、転職サイト側で管理されており、二重に応募してしまうことはありません。
しかし、複数の転職サイトに登録している場合、当然のことですが転職サイト間で情報共有はなされません。
同じ求人であっても一見違う求人のように見えてしまうこともありますので、良く内容を見ないと二重に応募してしまうことになりかねません。


書類選考の書類を準備するだけでも、大きな労力を要します。
同じ求人に複数の転職サイトから応募することはできませんので、どちらかが無駄になります。つまり無駄な労力となります。
複数の転職サイトに登録している場合、そのような無駄な労力を避けるため、自分自身で管理しなければなりません。
そんなことは簡単だと考えられる方もおられるかもしれませんが、他にもしなければいけないことがあるため、この作業は後回しにされがちで、非常に手間がかかるものです。

メールや電話などの連絡が、非常に多くなり、わずらわしい


1つの転職サイトに登録しただけでも、1週間に1回は求人案内のメールが送信されます。
例えば3つの転職サイトに登録していれば、単純に週に3回の案内メールがあります。
さらに電話で状況確認や、メールで案内した求人の検討結果の確認、場合によっては面談も設定されます。

転職サイトに登録した初期であれば、そういうものかなと思っていくらか我慢もできるのですが、ある程度期間が経過しても、それは続きます。
レスポンスをしないと、追い討ちのように連絡がきます。
転職サイト側としては営業を考えないといけませんので、仕方のないことです。
これが非常にわずらわしく、嫌になることも多々あります。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の転職エージェントの選び方、デキるエージェントの特徴とは

  2. 転職エージェントと行う模擬面接のメリットは

  3. 薬剤師の非公開求人はなぜ存在するのか

  4. 薬剤師転職エージェントの活用方法のすべて

  5. 薬剤師が転職サイトを利用するデメリット

  6. 薬剤師転職エージェントの面接同行サービス、5つのメリット

PAGE TOP