薬剤師のお仕事データ

ステータス抜群!高給も目指すならMR!

 

薬剤師が就くことができる職業の中では、最高峰の年収を獲得することができるMR。社会的ステータスも高く、人気の高い職業です。

そのMRの仕事内容と必要とされる能力についてご説明します。

MRとは

MRとは、Medical Representativeの略称のことで、自社が販売する医薬品の適正使用のために情報を提供し、また、医師や医療機関からそれらの医薬品に対するあらゆるフィードバックを受けて確認し、再度フィードバックするということが、真の業務になります。

MR=営業というのは、本来は間違いなのですが、現実的にはどれくらいの売り上げを上げたかということが評価指標となっており、真の業務に取って代わっています。

製薬企業で働くことは非常にステータスの高いことですし、その後の転職も非常に有利に働きます。
キャリアの高い人の方が転職しやすいことはご存知の通りで、実際製薬会社でMRを経験された人は、臨床開発業界にも転職しやすいですし、全く異業種の営業職としても転職することができます。
さらにマネージャークラスとなれば、その手腕や能力が評価され、マネージャーとして転職することも可能です。

MRの仕事内容

製薬会社によって、1人で自社製品すべてを担当したり、領域ごとに担当が違ったりと異なります。

一言で言えば営業なのですが、その他業界と違い、薬は“効果を発揮するプラスの側面”と、“副作用が発現するマイナスの側面”があります。

効果は治験で確認することができますが、副作用は市販されてからも新たなものが発現することもあり、安全に使うためにもそれら副作用についての情報収集することが必要不可欠です。
これらの情報収集を行いつつ、自社製品を医師に処方提案するするのが主な職務となります。

必要とされる能力

自社製品を医師に処方提案するにあたり、MRにはどのような能力が必要とされるのでしょう。
大切なのは次の3つの能力になります。

プレゼンテーション能力・ネゴシエーション能力

医師への営業活動は、病院の廊下での立ち話であったり、診療室で腰を据えて行ったりとマチマチです。その時々に与えられた状況に応じて、臨機応変に医師との会話をしなければなりません。

その会話の中で医師のニーズを聞き出し、ニーズを満たしながら信頼関係を構築していく必要があります。

自己管理能力

MRはいつどこでどのような仕事をするかを自分自身で決定することができます。そのため、MRはオンオフの強弱をつけながら仕事ができるようにならなければなりません。

オンばかりになると鬱などになることもありますし、オフばかりになるとしばらくすると営業の数字が落ちていってしまします。
仕事のメリハリをつけるとは、いうほど簡単ではありません。MRはオフィスのデスクワークが少なく、外勤が主です。自分で自分を律することができる人でないとMRは務まりません。

自己啓発能力

MRは日頃から様々な知識を学んで医師との会話の幅を広げ、医師からの信頼向上に繋げなければなりません。

医師との信頼関係を構築するためには薬以外の会話もできなければいけません。医師の趣味であったり、クリニックや病院の経営であったり、社会情勢など医師との会話の内容は様々です。
日頃から多岐に渡って勉強をしていると、医師のニーズに対応する幅も広がってきます。

また英語を勉強すると、海外で働くチャンスが得られることもあります。

MRには2種類ある

MRには、2つのタイプがあります。
製薬企業が直接雇用するタイプのMRと、コントラクトMRといって派遣されるタイプがあります。

製薬企業直接雇用のMRは、多くの場合未経験者は採用しておらず、経験者のみを採用しています。
また近年MR職の減少(リストラ)もあり、未経験者の場合はハードルが高いです。

一方、コントラクトMRの場合は、未経験者を多く採用しています。
まず、このコントラクトMRは、CSO(Contract Sales Organization)と呼ばれる組織から主に派遣されています。
CRO(Contract Research Organization)の中にCSOの機能を持っている企業もたくさんありますが、CSO単独という企業もあります。

製薬企業のMR

転職者にとって人気なのは、製薬企業のMRです。
なぜなら、やはり肩書きが「●●製薬」となりますし、給料が非常に高いからです。
例えば、製薬企業のMRの場合、30歳前後になると年収が1000万円に到達こともしばしばあります。
しかし、未経験者の採用はほぼありません。

コントラクトMR

そこで人気となるのがCSOのコントラクトMRです。
こちらであれば未経験者を積極的に採用していますし、約半年~1年間ほどの研修期間を設けてMR資格を取得させてくれます。

給料は残念ながらそれほど高いとは言えません。
30歳前後で未経験の場合、前職の職務内容や給料によって多少の差がありますが、550万円程度です。

製薬企業のMRと比べると半分ほどしかありません。

しかし、このコントラクトMRは人気があります。
なぜなら、コントラクトMRで経験を積んだ後は、製薬企業のMRへの転職が可能であるためです。

絶対に可能と保証することはできません。その時のタイミングや選考(筆記試験や面接試験)の出来具合によるためです。
高い給料を希望されている方は、まずコントラクトMRを足がかりとすることが多いです。

MRに転職するためには

コントラクトMRからMRに転職するためには、コントラクトMRで実績を積んで、それを元に製薬企業に転職する必要があります。

コントラクトMRが転職に必要な実績とは

MRの世界では、大きく分けて以下の3つのクラスが存在します。

  • 大学病院クラス
  • 市民病院クラス
  • クリニッククラス

大学病院クラスを担当するのは成績優秀でエースと評価されていて、更なる成長を期待されている人です。

市民病院クラス、クリニッククラスはそうではない人が担当しています。

コントラクトMRとなっていきなり大学病院を担当することはありません。
なぜなら製薬会社にとって重要な医師(KOL:Key Opinion Leader)が大学病院にはいるため、粗相をしてはいけないためです。

最初のステップ

まずはクリニッククラス、そして市民病院クラスでしっかりと成績を残して、大学病院クラスを担当できるようになることが最初のステップです。

次のステップ

次のステップは、その大学病院クラスを担当している際に、良い成績を残し、先生方と良好な関係を構築・維持し、次の担当者へ引き続くことです。

ここまでできれば、製薬会社が中途採用するMRとして十分です。あとは転職するだけです。

まとめ

営業職でもあるMRは、医師からの信頼を獲得し、数字をあげることが求められます。
そして見事数字を達成できれば、高給を得ることができます。

やりがいに見合っただけの高給を得ることができるかどうかは、ひとえに薬剤師の力量次第でしょう。

転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

薬剤師生活において、1度や2度の転職自体は珍しくありません。
でも中にはせっかく転職したのに、新しい職場に満足できず、転職を何度も繰り返してしまう人も…。
転職エージェントとして働いていた筆者が、『転職に成功する薬剤師』と『転職に失敗する薬剤師』の特徴を、事例をもとにお伝えします。
転職エージェントを有効利用して転職を成功させるコツもまとめてありますので、転職を考えている方はぜひチェックしてくださいね。
転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い


「紹介会社」「求人企業」の両面から、薬剤師の転職業界に関わってきた筆者が知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元、オススメの転職サイトをご紹介します。
元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
ヤス

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 病院薬剤師に求められる役割~薬物治療の中心的存在

  2. 薬剤師がCRCに転職するときに知っておきたいこと

  3. 薬剤師としてプロフェッショナルを目指すなら病院薬剤師!

  4. 病院薬剤師漫画『アンサングシンデレラ』を読んで感じた病院薬剤師の魅力

  5. かかりつけ薬剤師になることのメリット・デメリット

  6. 薬剤師の病院の選び方、ブラックな病院を避けるコツ

PAGE TOP