薬剤師の転職理由と転職回数

薬剤師は転職多い?どう助けてくれる?転職エージェントに聞いてみた

 

『なぜ薬剤師は転職が多いのか』
その疑問を解決すべく、今回は人材紹介会社で新卒から10年、転職エージェントとして薬剤師専門で働いてきたHさんに薬剤師の転職の多さについて聞いてみました。

記事の後半では、転職が多い薬剤師に対して転職エージェントにどのように手助けしてもらえるのかもお聞きしています。
ご自身の転職回数が気になる薬剤師さん必見ですよ!

薬剤師の転職が多い理由

- 一般的に薬剤師は転職の多い職業と言われます。その理由はなんでしょう?

圧倒的な売り手市場であるためです。

処方箋薬の取り扱いは薬剤師資格を持っている者でなければならず、かつ1日当たり1名の薬剤師が扱える処方箋枚数は法律で定められているため、調剤薬局で多くの処方箋を受ける場合はそれだけ多くの薬剤師が必要となります。

また、ドラッグストアでも一類医薬品を扱えるのは薬剤師だけです。
10年程度前までは、資格さえあればどんな人でも良いと求人企業が言うような状況でした。

現在の薬剤師の転職市場は

-10年前までは“入れ食い状態”だったわけですね。では、今現在ではどうなんでしょう?

薬事法の改正や、調剤薬局チェーン大手による中小チェーンの買収が進んだことで調剤薬局数もある程度飽和状態になり、薬剤師の資格さえあれば誰でも良い、という時代はほぼ終わったのではないかと思われます。
新規出店すれば儲かる時代ではなくなってきているということですね。

そのため、一般的な転職では当たり前の転職回数や面接時のコミュニケーション能力等を重視する求人企業が増えてきました

薬剤師の転職のしやすさに地域格差はあるか

-薬剤師の転職しやすさに地域格差はありますか?
まだまだ地方では薬剤師不足とは聞きます。一方で東京などの大都市に薬剤師が集中しているとも聞きますが。

地域格差はあります。
地方でも私立の薬学部のある地域や、観光地的なエリアは薬剤師が比較的充足する傾向にあります。
意外と沖縄県等は薬局数が少なく、人の移動があまりない一方、移住したいという方も多いため、薬剤師が充足していたりします。

職場に女性の多いことと、転職の多さに関係あるか?

-薬剤師の業界は女性の多い職場だとも聞きますが、転職の多いことと関係ありますか?

全く関係ないとは言えないと思います。
女性に特有の結婚・妊娠出産を機に退職し、ある程度時間にゆとりができたらパートで復職する、というパターンは多いです。

-薬剤師の転職希望者に占める女性の割合はどのくらいでしょうか?大体で結構です。

女性60~70%位でしょうか。
薬剤師資格保持者の割合がその程度で、転職希望者も同じような割合です。

薬剤師の転職理由で多いものは何か

-薬剤師のみなさんは、どのような理由で転職を希望されるのですか?

給料をアップさせたい、休みを増やしたい、という薬剤師さんは多いです。
キャリアアップという薬剤師さんもいらっしゃいます。

人間関係で転職される薬剤師さんは多いですね。
調剤薬局等は狭い職場で長時間 同じ方と一緒に働き続けること、女性が多い中で男性が一人等という環境も珍しくなく、煮詰まってしまうこともままあるようです。

結婚などのライフイベントでの転職は、女性の方が多いです。

男性は給料アップやキャリアアップを求め転職されるケースが多いですね。
人気職種は医薬品メーカーの研究職やMRが男性比率としては多いでしょうか。
薬剤師としては調剤薬局やドラッグストアより、総合病院での専門薬剤師等を目指される方が多いかと思います。

薬剤師の転職理由、給料と休み

-「給料をアップさせたい、休みを増やしたい」
これは誰しも重視するところではあると思うのですが、「給料アップ&休み」のみの理由でも転職されるものなんでしょうか?
他の理由のおまけというか、ついでなのかと想像していました。

とても職場環境が良いが給料や休みに不満があり転職する、という方は少数だと思いますが、いらっしゃいます。

処方箋を受けるクリニックや病院に合わせた休みの取り方になりますので、配属先の店舗によってどうしても家庭の事情と休みが合わない、という事態も発生しますので、そうなると転職を考えます。

また、奨学金をもらっていたり、将来独立を目指す方等も割合多く、勤務先の年収上限が見えたあたりで転職を繰り返していく、という方もいらっしゃいます。

薬剤師の業界特有だと思いますが、転職に対するハードルが一般よりもかなり低いため、そもそもひとところに長く勤務したい、この会社に定年までいたいという意識のある方は多くないと思います。

転職が多い薬剤師の特徴は何か

-「そもそもひとところに長く勤務したい、この会社に定年までいたいという意識のある方は多くない」とのことですが、MRやCRAなどの、企業に勤務の方も同様なのでしょうか?

企業に勤務の薬剤師の方は調剤薬局やドラッグストアの方ほど転職回数は多くありません。
調剤薬局・ドラッグストア特有だと思います。

-ということは薬剤師の転職市場は、みなさん調剤薬局・ドラッグストアをぐるぐると巡っている
ざっくりとしては、そんなイメージでよかったでしょうか?

仰る通り、ぐるぐる巡っている薬剤師さんは結構いらっしゃいますね。
エリア・規模・処方箋科目等にこだわりがある方も結構いらっしゃいます。
過去には、一定エリアで転職を繰り返しすぎてもう紹介できるところがない、というような方も何名かいらっしゃいました。

性格上同じところに毎日通うのが苦痛という方もまれにみえます。
そのような方には派遣という働き方をオススメしています。
実際に、3つの薬局をローテーションで派遣として働いていた方もみえます。
月曜はA薬局、火曜はB薬局、水木はC薬局という感じにです。

派遣ならシフトを調整することで、いろいろな職場で働くことができます。
派遣であれば、過去の転職回数は問われません。求められるのは経験とスキルです。扱える科目が多ければ多いほど紹介できる求人先が多いです。
転職回数が多く、多くの職場を経験しているというのは、派遣薬剤師にとってはむしろメリットと考えることもできます

また、珍しい例では、夫婦共に薬剤師で旅行好きなため、旅行に行きたい地方の薬局を転々とするという方も見えました。

しばらくはその地域に住んでみて、飽きたらまた別の行ってみたい地方で求人先を探す といった具合です。

独立を目指す薬剤師は多いのか

-「新規出店すれば儲かる時代ではなくなってきている」とのことですが、それでもまだまだ独立を目指す方は多いということでしょうか?

薬事法改正前ほどではないものの、開業を目指す方はまだいらっしゃいます。
特に新規開業クリニックの医師とつながりがある方にはまだチャンスがあるのではないかと。

全く何のつながりのない状態からの個人薬局開業を考えられる方はあまりいらっしゃらないかと思います。
独立開業の方法としては、イチから開業するほか、チェーン店ののれん分け、個人店を買い取る、等もあります。

薬剤師の転職理由を多い順に並べると

-これまでのHさんのご回答を見ると、薬剤師の方が転職する理由は以下の5つに大別されるかと思います。

・人間関係
・ライフスタイルの変化(結婚・出産・育児など)
・キャリアアップ
・給料アップ
・休み

この5つの理由ですが、多い順に並べるとどのような順位付けになるのでしょう?また、割合などもざっくりでもいいので知りたいです。

  • 人間関係3割
  • ライフスタイルの変化2割
  • キャリアアップ1割
  • 給料アップ2割
  • 休み2割

当然複合的な理由で転職される方も多いので、本当に参考程度とお考えください。

転職エージェントは転職が多い薬剤師をどのように手助けしてくれるのか

-では最後に、薬剤師の転職の転職回数を重視する求人企業が増えてきたとのことですが、転職が多い薬剤師であっても、転職を成功させたい。
その場合、転職エージェントの方にはどのように手助けしてもらえるのでしょう?
また、転職回数が多い薬剤師にオススメの転職サイトはありますか?

そうですね、転職エージェントにできることは、求職者さんのこれまでの転職回数が多くても、1つ1つの転職理由を採用企業さんに丁寧にお伝えすることで、まずは面接してもらえるようにお手伝いすることができます。

そのような手間をかけなくても、とにかく人手が足りないから誰でもいいという薬局さんであれば、すぐにでも紹介できますし、転職も簡単です。
しかし、そのような企業さんは離職率もまた高いので、求職者さんの転職回数をいたずらに増やすだけです。
あまりオススメはできませんね。

エージェントとしては、求職者さんの希望や悩みを詳しく聞いて、次こそは長く働ける職場を紹介したいと思っています。
エージェントの側の立場としても、求職者さんが転職してすぐに辞められては紹介料が入ってこないんですよ。
自分たちのためにも、必死でよい職場を紹介しなければならないんです。
最も、こんなこと絶対に薬剤師さんには言えませんが…

転職が多い薬剤師さんには、次の2つのサービスを行ってくれる転職エージェントがオススメです。

  • 対面カウンセリング
  • 面接同行

対面でカウンセリングすることで、きめ細やかな面接サポートをさせていただくことができます。電話面談だけのカウンセリングに比べて薬剤師の方の本音が聞きやすいですし、その分、精度の高い面接対策ができます

面接同行サービスがあれば、面接で緊張する薬剤師さんに対して様々なバックアップをすることができます。面接の場の空気を和ませたり、会話を繋ぐ、回答に困る薬剤師さんに助け舟を出すことができたりと、薬剤師さんにも好評です。
中には、面接の記録を取るだけで、なんの手助けもしてくれないエージェントもいるみたいですが…
面接の場に同行することで、多くの面接ノウハウを持っていることも強味ですね。

この2つのサービスを実施している転職サイトであれば、転職が多い薬剤師さんの手助けになると思います。

具体的には、マイナビ薬剤師やファルマスタッフ、薬剤師転職ドットコムあたりがオススメでしょうか。
この3社は、対面カウンセリング、面接同行共に実施しています。

特に、マイナビ薬剤師やファルマスタッフはエージェントの営業拠点数が同業他社に比べ圧倒的に多いです。営業拠点が多いということは、それだけエージェント一人一人の担当範囲が狭くなるので、より多く現場に足を運ぶことができます。
この2社は現場に詳しいことでも有名なので、転職が多い薬剤師の方だけでなく、多くの薬剤師の方にオススメできると思います。

また、ファルマスタッフであれば派遣求人も取り扱っているので、派遣薬剤師として多くの職場で働いてみたい方にはオススメできます。

まとめ

実際の転職市場で働く転職エージェントの方のお話はいかがだったでしょうか。
圧倒的売り手市場であったものの、最近では「誰でも良い、という時代はほぼ終わったのではないかと思われます。」とのこと。
安易に転職ができる時代は過ぎようとしているのですね。

そんなときに手助けになってくれるのが転職サイトのエージェント。転職市場の動向に詳しい転職の専門家に手助けしてもらうことで転職の成功率を高めることができるのではないでしょうか。

転職エージェントがオススメする転職サイト3社

オススメ1 マイナビ薬剤師


マイナビが運営する薬剤師転職支援サービスです。
紹介先企業の現場情報に圧倒的に詳しく、転職サイト中随一の求人情報を保有しています。保有求人のうち、約40%が好条件な非公開求人です。
転職後も職場の状況を確認してくれるという、アフターフォローの手厚さも特徴です。

マイナビ薬剤師の詳細を見る
公式サイトに無料登録

オススメ2 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
日本調剤が運営する薬剤師転職支援サービスです。
業界No.1の在籍エージェント数と営業拠点を誇るため、現場の情報に詳しいです。
必ず面接に同行することをウリの一つとしています。大手調剤チェーンが出身母体であるため、調剤薬局の業務内容に詳しいのも強味です。
派遣求人も取り扱っているので、派遣で働きたい方にもオススメです。

ファルマスタッフの詳細を見る
公式サイトに無料登録

オススメ3 薬剤師転職ドットコム


アインホールディングスのグループ会社であるメディウェルが運営する、薬剤師転職支援サービスです。
はじめて転職する薬剤師さんは、大手調剤チェーンを辞めて中小チェーンに転職というパターンが多いです。
そんな中小調剤チェーンの求人に強いのが薬剤師転職ドットコムです。
転職時の年収アップ率127%を謳い文句にしているのも特徴で、中小チェーンに転職して年収アップを狙いたい薬剤師さんには外せない選択肢です。

薬剤師転職ドットコムの詳細を見る
公式サイトに無料登録

元転職エージェントのオススメ転職サイト

元転職エージェントのカオリです。
わたしは転職エージェントとして働ていた経験があり、現在は求人企業側として大手紹介会社・地元密着のエージェント様とお取引があります。

そんなわたしが知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元に、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
アバター

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の転職理由ランキング|転職経験者100人に根掘り葉掘り聞いてみた…

  2. 転職回数が多い薬剤師の転職理由の説明の仕方

  3. 薬剤師の転職回数と転職先にはどんな関係があるか

  4. 薬剤師が転職を繰り返すデメリットは、言い方ひとつで印象が変わる

最近の記事

PAGE TOP