薬剤師5大転職理由

薬剤師の各職種の平均年収 増えやすい職種・増えにくい職種は

 

薬剤師全体における平均年収は、年度によってばらつきはありますが、およそ530~550万円程度であると言われています。

しかし、働いている職場や職種によって、この平均年収が大きく異なるということはご存知でしょうか?

同じ薬剤師の資格を持っていたとしても、年収400万円の方もいれば年収800万円の方もいるのです。

年収アップをしたい場合には、時には職種を変えることが近道となる場合もあるのです。

今回は、薬剤師の方が働くことの多い職種をいくつか例に挙げて、ご説明させていただきます。

薬剤師の各職業の平均年収

薬剤師の各職業の平均年収は、どのようになっているのでしょうか?
今回は、30代の平均年収を目安として、平均年収の高い順にご説明させていただきます。

MR(医薬情報担当者)の平均年収


30代平均年収:600~800万円
MRでは、30歳になると、会社の規模や昇進の度合いによって大きく給与は変わっています。
特に、管理職になれるかどうかによって年収は変わってくるので、年収アップを目指したい方は積極的に管理職を目指すと良いでしょう。

CRA(臨床開発モニター)の平均年収


30代平均年収:550~750万円
CRAも、MRに次ぐ高年収が狙える職業です。
しっかりとステップアップをしていけば、最終的に30代でも1,000万円を超える年収も目指すことが可能です。
外資と内資によって、製薬会社所属のCRAとCRO所属のCRAかで平均年収に差がつきやすいと言われています。
外資の製薬会社所属のCRAが最も平均年収が高いです。

ドラックストア薬剤師の平均年収


30代平均年収: 550~650万円
ドラックストアは転職の敷居が低い中でも、高給の職種となります。
薬局長や管理薬剤師になることで、年収はアップしていきます。
年中無休の店舗や24時間営業をしている店舗もあるため、生活が不規則になる可能性があります。

調剤薬局薬剤師の平均年収


30代平均年収:450~550万円
調剤薬局の薬剤師の年収は、薬剤師の平均年収に近いものとなっています。

地域や規模によっても異なるので、地方では高給を狙える場合もあります。
ドラックストアと同様に、薬局長や管理薬剤師になることで、年収はアップしていきます。

ワークライフバランスも良く、薬剤師にとって働きやすい職場の一つであるといわれています。

病院薬剤師 の平均年収


30代平均年収:400~500万円
病院薬剤師は、薬剤師の中でも年収は低めとなります。

公務員や公務員に準ずる独立行政法人などが多く、若いうちは薄給となってしまいがちです。

当直や残業によっても年収が異なります。
お子様を持つ薬剤師さんでは、年収がさらに低くなってしまう可能性があるでしょう。

平均年収の増えやすい職種・増えにくい職種

平均年収の増えやすい職種

年収の増えやすい職種としては、MRやCRAなどの、企業で働く薬剤師が該当します。
キャリアプランもしっかりとしているので、昇進などをきっかけに年収もアップしていきます。

また、昇給率も安定しているので、長く働くことで安定して年収がアップしていくでしょう。

平均年収の増えにくい職種

一方で、ドラックストアや調剤薬局の薬剤師では、年収は増えにくいと言われています。
もちろん、薬局長などのステップを踏んでいくことである程度のラインまでの昇給は可能です。

しかしながら、昇給幅が小さい会社も多く、大幅な昇給は見込めないでしょう。

病院薬剤師の場合

病院薬剤師についても、公務員の俸給表にならって昇給していくので、若いうちは大幅な昇給は見込めません。
少しずつですが、安定して昇給をしていくイメージとなるのです。

平均年収を上げる方法

平均年収を上げるためには、

  • キャリアアップをする
  • より良い条件の企業(薬局)に転職をする

という2つのパターンが考えられます。

キャリアアップで平均年収を上げやすい職種

前述のMRやCRAなどの“年収の増えやすい職種”においては、同じ会社でキャリアアップする方が年収は上がりやすいでしょう。

数十万円程度の年収アップであれば転職によっても目指せますが、管理職になるためには一定期間の下積みが必要です。
大幅に年収を上げるためには同じ会社で昇進していく方が近道となるのです。

ただし、現在の会社でポストの空く予定がない場合や、年功序列で管理職を一定の時期まで目指せない場合においては、転職をすることで年収アップを目指す方が賢明でしょう。

CRO所属のCRAの場合、生え抜きよりも同業他社からの中途入社の管理職の方が平均年収が良い場合が多いです。
同じ会社でキャリアアップしていくよりは、別のCROにキャリアアップ転職した方が平均年収は上がるでしょう。

転職によって年収アップの期待できる職種

一方で、ドラックストアや調剤薬局などの“年収の増えにくい職種”においては、転職をする方が年収は上がりやすいでしょう。

これらの職種は需要と供給によって年収が変わるので、人手不足の薬局に転職をすることで、今以上の年収を期待することが出来ます。

ただし、ある程度までは転職のみで昇給を目指すことが出来ますが、年収700万円あたりの一定のラインを超えるためにはキャリアアップをして何らかの役職(エリアマネージャーや本部付けの役職など)を持たなくてはなりません。

また、より年収の高い業種に転職することでも、年収アップを目指すことが出来ます。

コントラクトMRやCRAなどは調剤薬局からの転職も可能となるので、一度検討をしてみると良いでしょう。

まとめ

薬剤師の平均年収は、全体の平均年収に対して少し高いラインで推移しています。

そのままでも生活に困るということはないと思いますが、年収をアップさせることでゆとりを持った生活が可能となるでしょう。

しかし、高額な年収の代償として、生活の大半を仕事に割かなくてはならない場合も出てきます。

しっかりと情報収集をして、ワークライフバランスを考えたキャリアプランを形成するようにしましょう。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師のキャリアアップにはどのような道があるのか

  2. 薬剤師がお給料をアップをさせる方法には何があるか

  3. MRのキャリアと平均年収

  4. ドラッグストア薬剤師のキャリアと平均年収

  5. 調剤薬局薬剤師のキャリアと平均年収

  6. 男性薬剤師の転職観

PAGE TOP