薬剤師の転職体験談

薬剤師転職成功談~残業なし・やりがいあり・年収アップの3つを獲得

 

薬剤師が転職先探しで重視することは何でしょう?
給料?
やりがい?
働きやすさ?

どうせなら全部手に入れたいですよね。
私は縁故採用だった1度目の転職は見事に失敗しましたが、2度目の転職では一度目の失敗に学んで転職サイトを上手く活用し、「給料」「やりがい」「働きやすさ」の3つとも手に入れ、転職に成功することができました。

私がどのようにして転職に成功することができたのかをお伝えしたいと思います。
転職を成功させたい薬剤師さん必見ですよ!

大手調剤薬局チェーンのエリアマネージャーからの転職を決意した理由

前職は大手調剤薬局チェーンで店長とエリアマネージャーを兼任し、5店舗を管理する忙しい日々を過ごしていました。
重責にやりがいは感じましたし、結果もでました。
しかし、生活が仕事に偏ってしまい、プライベートが圧迫される非常にバランスの悪い状態でした。

月に30時間から50時間の残業が続き、妻とは家事協力について意見が合わなくなり、次第に険悪なムードに。

2人目の子が生まれた年にワークライフバランスを考えて人生設計を見つめ直し、仕事よりも父としての役割を優先する事を決意しました。

8年務めた会社ですし、会社や自分の成長が楽しく、仕事自体に特に不満はありませんでした。

しかし、時間単価を上げなくてはプライベートに使う時間が無くなるということに気が付いたのが一番大きな転職理由です。
残業のない職場への転職を決意しました。

転職活動開始

転職するにあたり、減給したとしても給与は一定水準維持、通勤片道45分以内、残業20時間以内。この3つを条件に転職先を探す事にしました。
ワークライフバランスを改善することが転職の目的ですので、なるべく19時までに帰宅できる職場がいいと思いました。
残業がないからといって、年収も妥協したくはなかったです。家族を養わなければいけないですしね。

しかし、転職活動をはじめて間もなく、困ったことがでてきました。
この勤務状況では忙しくて、自分で転職先を探すことも交渉もできない事です。

勤務地周辺にも人脈はありませんでした。
前職は人事担当者との直接交渉し、口約束を信じて転職しました。しかし、実際に働いてみると年収や待遇が事前の説明と異なる点があって悩みました。
後にこれは解決したものの、会社との直接交渉は危険な選択肢に思えました。

同じ失敗はしたくありません。2度目となる今回の転職は絶対に成功させたかったのです。

転職を成功させるため、今回の転職では転職サイトを利用することにしました。
転職サイトのエージェントに求人先企業と交渉してもらえば、不利な条件を飲まされる心配もなく、安心できると思ったからです。
エージェントに頼めばブラック企業は排除できるだろうと期待しました。

最初に利用した転職サイト:薬キャリ

薬キャリを利用した理由

薬剤師仲間からの紹介で、数年前からm3.comの会員でした。そのため、薬キャリがm3.comの関連会社であることは以前から知っていました。
知人が薬キャリを利用して転職していたので、私も薬キャリを利用してみようと思いました。

転職エージェントとのやり取り

薬キャリのエージェントとのやり取りはすべて電話でした。
先に述べた3つの条件プラス、次の2つの条件を付け足してエージェントに伝えました。

  • 在宅業務を行っている
  • 10店舗以内の小規模から中規模の会社

その結果、薬キャリのエージェントからは20社の求人をメールで紹介してくれました。

面接後

薬キャリに紹介された20社の中から、私の希望条件に最も近かったA社の面接を受けることに決め、内定をもらうことができました。
しかし、数週間すると先方から内定のキャンセルが入りました。

A社は片道1時間という通勤時間を除けば十分魅力的な職場でしたので、内定キャンセルには落ち込みました。

先に気が付けばよかったのですが、転職サイトは2社以上登録する方がエージェントの違いも比較でき、リスク管理上も安全だったのかもしれません。

2番目に利用した転職サイト:マイナビ薬剤師

内定キャンセルになったからと言って転職活動を諦めるわけにはいきません。次はマイナビ薬剤師に登録することにしました。

マイナビ薬剤師を選んだ理由と感想

マイナビ薬剤師を選んだ理由は、大手であることと、一番の理由はエージェントが直接面談してくれることでした。

薬キャリのエージェントに悪い印象はありませんでした。
しかし、薬キャリは電話対応だけでエージェントの顔が見えず、内定キャンセルで人間不信気味になってしまいました。

その為、対面面談でエージェントと会えればこちらの希望に対してのミスマッチも無くなると期待しました。

結果から言うと、マイナビ薬剤師を利用してこちらの希望も全て叶い、大変満足のいく転職ができました。

マイナビ薬剤師のエージェントの対応

マイナビ薬剤師のエージェントは30代男性でしたが、傾聴する態度で仕事も素早く信頼できました

マイナビ薬剤師のエージェントが紹介先の企業に度々足を運んでいるとの事だったので、安心してエージェントのアドバイスを聞くことができました。

この点が一番信頼できてよかったです。

次項からは、マイナビ薬剤師との実際のやり取りを対談形式でご紹介しますね。

マイナビ薬剤師を利用した転職活動の流れ

マイナビ薬剤師に登録してから電話でのやり取り

マイナビ薬剤師から電話があったのは、ホームページに登録してから数十分ほどでした。


 
 
 
 

この度はマイナビ薬剤師にご登録いただき、誠にありがとうございます。
イッシー様の担当をさせていただきます、〇〇と申します。
早速ですがイッシ―様の現在の状況と、転職先の希望を優先順位の高いものから順に3つ教えていただけますか?


 
 
 
 

他所の転職サイトを利用して一度内定までもらっていましたが、内定取り消しとなってしまいました。3月末退社予定なので、4月には就職したいです。退社まで時間のない中での転職活動再開で焦ってます。(電話当時は1月中旬)
私の希望条件は
・年収600万円以上
・通勤時間は片道45分以内
・残業20時間以内、なるべく19時までに帰宅
この3つです。


 
 
 
 

承知しました。
それでは、弊社のオフィスで面談してから転職先の候補を絞り込みましょう。面談は4日後でいかがでしょう?弊社の住所は後ほどメールでお送りします。


 
 
 
 

はい、それでお願いします。

電話を切ってから1時間以内くらいにマイナビ薬剤師のエージェントからメールがありました。
面談の場所についてと、履歴書が欲しいとの事でした。履歴書は事前に用意していたので即日メールに添付して送りました。職務経歴書の要望はありませんでしたが、私の方から自主的に提出しました。

マイナビ薬剤師との対面面談

招かれたマイナビ薬剤師のオフィスでエージェントと面談しました。

 
 
 
 

わざわざ事務所までお越しいただき、ありがとうございます。
イッシ―様の転職の動機を教えていただけないでしょうか。


 
 
 
 

現在はエリアマネージャーとして働いており、仕事内容に不満はありませんが、残業が月40~50時間もあり、家族と過ごす時間が満足に取れません。家庭と仕事の両立を図りたいと思い、転職を決意しました。
また、現在は管理面の仕事内容が多いですが、転職先では管理よりも実務を重視したいです。


 
 
 
 

承知しました。
そういうことでしたら、この11社がオススメですね。
例えば、こちらの会社は、従業員が30名ほどでエリアごとにエリアマネージャー薬剤師が配置されているので、薬剤師の急な欠勤にも対応できます。
こちらの会社は、都市部に集中出店しているので、求人を募集しても比較的スムーズに薬剤師の確保ができます。


 
 
 
 

ふむふむ、なるほど…
では、この3社がいいなと思います。


 
 
 
 

なるほど、この3社ですか。
それでしたら、イッシ―様にはこちらのB社がオススメです。

というのはですね。
こちらのB社は30代の経験豊かな人材を欲しがってまして、イッシー様のこれまでの経験も活かせるのではないかと思いますよ。

紹介されたB社の特徴

  • 年収580万円、残業代はなし
  • 残業ほぼゼロ
  • 通勤時間片道40分
  • 6~10店舗前後の小規模の調剤薬局チェーンの会社で、日に80枚~100枚前後の処方箋枚数
  • 面で処方箋を受付けており、幅広い症例を経験できる店舗
  • 薬剤師の欠員をすぐに補充できるよう、新規店舗の出店の仕方に計画性がある


 
 
 
 

うーん、年収がもう少し高くて、残業代支給なら転職したいですね。迷います。


 
 
 
 

そこは大丈夫です。
イッシー様の経歴でしたら、条件交渉ができると思います。
B社に交渉してみますので、少々お時間をください。

――翌日 電話にて――

 
 
 
 

イッシー様、交渉成功です!
年収アップも、残業代支給もOKです!
相手方はイッシー様にすごく興味をもっています。一度面接してみませんか?


 
 
 
 

ホントですか!ありがとうございます。
それでは面接を受けてみますね。

面接してから内定までの流れ

面接は、エージェントと面談してから1週間後に受けました。

面接当日はエージェントが面接に同行してくれ、面接の場を盛り上げてくれました。
私が話しやすいように、会話を繋いでくれたので、終始リラックスした雰囲気で面接を終えることができました。

面接の翌日には内定をいただき、改めて年収の提示がありました。年収50万円アップで満足いくものでした。それよりも残業代支給の方が大きかったですね。結局、勤めてみると前職の収入を上回りました。

転職後のアフターフォロー

転職して数か月が経ったころ、マイナビ薬剤師のエージェントから電話があり、職場の状況について尋ねられました。


 
 
 
 

お久しぶりです、イッシー様。
その後の状況はいかがですか?契約時に交わした条件と違うなどの不都合はございませんか?


 
 
 
 

お久しぶりです、〇〇さん。
元気でやっていますよ。現状に満足していますし、転職前に聞いていた条件にウソはありません。問題ありませんよ。


 
 
 
 

そうでしたか、それを聞いて安心しました。
また何か不都合を感じることが起きれば、遠慮なく連絡くださいね。

マイナビ薬剤師のエージェントは転職後も職場の現況を確認してくれます。転職後も気にかけてくれているんだなということが伝わってきました。

薬剤師が転職に成功するための求人選びのポイント

薬剤師が転職で「給料」「やりがい」「働きやすさ」の3つを手に入れるためには、どのような希望条件で求人を選ぶのかが大切です。

私は、転職エージェントを利用する前に、転職先選びの希望条件をまとめることにしました。
絶対譲れない項目として次の3つを条件に掲げました。項目数が多すぎても、求人をえり好みし過ぎてしまいます。3つ前後がちょうどいいでしょう。
今回の転職はワークライフバランスの改善が目的でしたので、通勤時間や残業時間を重視しました。

転職先の職場に求めた条件

  • 年収600万円以上
  • 通勤時間は片道一時間以内
  • 残業20時間以内、なるべく19時までに帰宅

この3つを基本条件として転職エージェントに求人を紹介してもらうのが第一段階です。大体10社~20社程度紹介してもらえます。
次の段階では、紹介された10社~20社程度ある求人を3社前後に絞りこんで面接を受ける企業を決めます。この段階は求人の質を高めることが目的です。
私の場合は、出店の計画性と、多くの経験を積める職場を重視して求人を吟味し、面接を受ける3社を決定しました。

この出店の計画性と、多くの経験を積める職場の2点を希望条件として重視することが、『やりがい』があって『働きやすい』職場への転職に成功できたポイントだったなと思います。

自身にマッチングした求人を紹介してもらうためのコツ

薬剤師が転職するときには、職務経歴書の提出まで求められないことは多いです。
しかし、職務経歴書を作り込んで求人紹介の前に転職エージェントに渡しておくと、求人の紹介がスムーズに進みますよ

私の場合は、かなり作り込んだ職務経歴書をエージェントとの面談前に渡していたためか、エージェントとの面談時には、すぐに具体的な条件の詰めに入ることができました。
詳細な職務経歴書を作成してくる薬剤師は少ないそうで、エージェントとしても『詳細な職務経歴書を作成してくれる』それだけでポイントアップだそうです。そのようなやる気のある薬剤師には条件の良い求人も紹介しやすいそうです。

薬剤師が転職で年収アップに成功できた理由

薬剤師が転職を契機に年収アップを実現することは簡単です。
転職エージェントを利用し、求人先企業と給与交渉をしてもらうことで年収アップを実現できます。
中小企業であれば、わりと簡単に給与交渉に応じてくれます

私の場合、現在の職場をエージェントから紹介されたとき、求人票では年収が600万円を下回っていたので、転職先の候補としては低めでした。
「年収がもう少しあって、残業代もみなし残業でなく残業代支給なら転職を考えてもいいけど。」とエージェントに伝えたところ、給与面は会社と交渉できると言ってくれました。

エージェントが会社と交渉してくれた結果、年収50万円アッププラス、残業代フルで支給の条件を提示いただけました。

薬剤師として働きやすい職場への転職に成功できた理由

働きやすい職場、つまりは残業の少ない職場に転職できた理由は、求人票に記載してある残業時間と通勤時間を元に求人を探したことに加え、転職先企業の出店計画を重視したことが転職成功の最大の要因だと思います。

調剤薬局の残業時間と企業の出店計画の関係

都市部から離れている店舗は人事異動や退職が多くなります。
グループ内に遠距離の店舗や忙しすぎる店舗があると、自店舗から人員を引き抜かれてしまうことがあります。
人員が引き抜かれることにより残業時間が急に跳ね上がり、求人票に記載してある残業時間を超えてくる可能性が出てくるのです。
残業の少ない薬局で働きたい場合は、転職先企業の出店の計画性が大切です。

出店計画がいい加減な会社は人事も場当たり的です。特に遠隔地の店舗は薬剤師の確保が困難になります。

現在の職場を選ぶ決め手のひとつとなったのは、新規出店するエリアや規模拡大の仕方に計画性があり、薬剤師の欠員をすぐに補充できる経営がされているところです。

企業の出店計画などの情報は自分で調べることは困難です。
転職サイトのエージェントに聞けば、すぐに調べて教えてくれますよ。
私の利用したマイナビ薬剤師の場合は、求人票に年齢構成、エリアマネージャ配置の有無、また他店舗の展開などが詳しく載っていたので、企業の出店計画をすぐに調べることができて助かりました。

マイナビ薬剤師に無料登録して求人情報を受けとってみる

薬剤師としてのやりがいのある職場に転職成功できた理由

やりがいのある職場に転職できた理由は、幅広い症例を経験できる職場を選択したことです。

面で処方せんを受け付けている薬局であったため、特定の診療科に偏らず、スキルアップも見込めるところが魅力に感じました。処方箋枚数も日に80枚~100枚前後と適度な枚数を受け付けていたのもよかったです。

残念ながら勤めている店舗では在宅は行っていませんでしたが、会社としては他店舗で在宅の実績もありました。在宅の症例を始めたいときも会社の理解が得られるだろうと思いました。

転職先の職場で働いていて満足できる点

  • 調剤、服薬指導
    疾患の幅が広く考えさせられる症例が多く経験できています。
    一人一人の患者さまの状態へのアセスメントに集中でき、服薬指導のレベルアップもできています。
  • スキルアップ
    役職はついていないので、スキルアップや従業員との連携の学び直しができ非常に満足しています。
  • 在宅
    在宅については今後患者をピックアップして会社へ提案していくつもりです。
  • 会社の対応
    会社の管理部は充実しており、レセコン活用や情報管理が良く検討されています。

転職前に想定していたよりもしっかりした会社でした。今のところエージェントの言う通り、私と会社の相性は良さそうです。

転職先を決める際は、最終的には経営者に会って決めようと思っていました。現場に細かく指示を出して従業員をコントロールしようとする経営者が苦手なので。
実際には、方針を示して現場に任せるという社長だったので気が合いそうだなと思い、転職することにしました。
現在も、経営者とは相性が良いです。

この会社をマイナビ薬剤師のエージェントが強く勧めてくれた理由が、転職してから分かった気がします。
エージェントからしたら私は妙な条件が多く面倒な客だったかもしれません。私としては求めた条件にぴったりの会社を紹介してもらえたので、マイナビ薬剤師のエージェントには良い仕事をしていただいたと感謝しています。

マイナビ薬剤師に無料登録して求人情報を受けとってみる

転職した感想

今はたのしく充実して働いています。面対応の薬局で働くことで様々な患者さんと触れ合うことができ、大変やりがいを感じています。

楽しいですよ、毎日が。大手に在籍していたときには味わえなかった満足感ですね。
バレンタインには、患者さんからチョコもらいましたし(笑)

前職では残業代は30時間までしか支給されませんでしたが、現職は残業代別途支給ですし、残業もあって月に3時間ほどです。年収も前職より増え、大変満足しています。

毎日ほぼ19時には帰宅できるので、子供と触れ合う時間が増えたのもうれしいです。毎日家族みんなで夕飯が食べれるって幸せですよね。前職ではいつも夕飯は一人ぼっちでしたから。妻との折り合いもうまくいっています。

転職することでワークライフバランスを改善できたので、この転職は成功だったかなと思ってます。

まとめ

マイナビ薬剤師のエージェントがいうには、転職サイトを利用する薬剤師はとにかく給与交渉を迫り、紹介先の特徴や現場での働きやすさには見向きもしない人が多いそうです。

薬剤師は売り手市場と言われますし、転職時でもない限り大幅な年収アップがしにくい薬剤師としては、転職エージェントには是非とも年収アップの交渉を頑張ってほしいですよね。
しかし、薬剤師として長く働いていくためには、転職時に重視するのは年収だけじゃだめだと思うんです。

などと偉そうなことを言っておきながら、私自身も現在の職場を紹介された時は、年収が低くて転職先の候補から外そうか迷いましたが(汗)

年収面で迷っている私に、会社と私の相性や働きさすさを考えて求人を紹介してくれたマイナビ薬剤師のエージェントには本当に感謝しています。
結果的に年収アップの交渉もしてもらえましたし。
転職サイトは紹介先企業の情報を多く保有しています。転職後も長く働きたければ、紹介先企業のことをよく調べてから転職することをオススメしますよ。

そうすれば、必ずや転職に成功できると思います。

筆者が利用した転職サイト マイナビ薬剤師

  • 担当先に足を運んで探した求人多数
  • 傾聴する態度で行われる丁寧な対面カウンセリング
詳細を見る
無料登録はコチラ
The following two tabs change content below.
イッシー

イッシー

病院薬剤師から調剤薬局に縁故採用で転職するも、とんでもないブラック企業だったことが判明。その後薬局を立て直して大手に売却。エリアマネージャーまで昇格するも、ワークライフバランスを見つめ直し、中規模調剤チェーンに転職。(そのときの転職体験談はこちら)現在は面対応薬局で患者様への服薬指導に全力を注ぐ。

こんな記事も読まれています

  1. ママ薬剤師の転職体験談 子育てとの両立を目指してドラッグストアに転職し…

  2. 臨床開発モニターへの面接成功体験談

  3. 転職を繰り返して年収1000万円を達成した薬剤師の転職体験談

  4. 薬剤師の転職成功体験談 年収160万円アップの成功例

  5. ファルマスタッフ派遣利用の体験談~現役派遣薬剤師が語る

  6. 【薬剤師転職体験談】ワークライフバランスを重視して病院薬剤師に転職

PAGE TOP