薬剤師の転職理由と転職回数

薬剤師が転職を繰り返すデメリットは、言い方ひとつで印象が変わる

 

薬剤師は国家資格に基づいた職業なので、資格さえあれば働く場所も自由に選べます。
そのメリットを生かして、様々なエリアで働きたいと考え、転職を繰り返す方も珍しくはありません。

しかし、転職を繰り返すということは、一般的にはネガティブなイメージを与えてしまいます。

では、薬剤師において転職の多い方は、どのようなデメリットがあるのでしょうか?
今回は、薬剤師が転職を繰り返すデメリットについて、ご説明させていただきます。

転職を繰り返すことによるデメリットは何か

福利厚生や金銭的なデメリット

転職を繰り返すことで、生涯でもらうことのできる退職金は減ってしまいます
また、有給休暇についても転職ごとにリセットされてしまうので、同じところにとどまって働く方が取得できる有給休暇の日数は増えるのです。

メンタル面でのデメリット

新しい職場では、人間関係を一から構築しなくてはなりません。

体調不良や遅刻の際にも、信頼関係が築けている間柄であれば勤務を代わってもらうことも容易ですが、面識のない方であれば気を遣ってしまうでしょう。

業務のフローもこれまでとは異なるので、精神的にも疲労しやすいのです。

出世でのデメリット


管理薬剤師までの役職であれば、転職を繰り返したとしても募集はあるでしょう。

しかし、それ以上のエリアマネージャーや本部社員を目指す場合では、同じ会社に昔から在籍している方の方が優先されてしまうのです。
同じところで経験を積むことが、出世のレールに乗るためには必要なのです。

採用面のデメリット

末永く働いてくれる薬剤師さんを探している求人では、内定を受けることが厳しい場合もあります。

個人の薬局等では、採用を専門とする部署があることは稀で、ほとんどの場合は社長や管理薬剤師が募集から面接までを行っています。

頻繁に離職が起こると、その度に時間を割かなくてはならず、負担となってしまうのです。
このような場合では、末永く働いてくれる薬剤師さんが求められており、転職回数が多い薬剤師さんでは不利になってしまうのです。

採用企業は転職を繰り返す薬剤師をどう見ているか


では、採用企業は、転職を繰り返している方をどのように見ているのでしょうか?

実際のところは、転職回数が多い場合、ネガティブなイメージを与えてしまうということはチェックされることが多いです。

多くの企業では、人材を雇い入れる際には、定年まで働いてくれることを前提とします。

長期的な目線で考えれば、転職をしない方を採用する方が、企業にとっては安定した薬局を作ることができるからです。

しかし、しっかりと転職の理由今後の展望を伝えることや、次の項で紹介するデメリットをメリットに変える方法を実践することで、採用を勝ち取ることができるでしょう。

デメリットをメリットに転換する言い方

転職の回数が多い場合でも、説明の方法によっては、デメリットをメリットに変えることが可能です。

転職の多さを、経験の多さにすり替える

転職が多いという言い方をするとネガティブなイメージを与えてしまいますが、経験が豊富という言い方をすれば、ポジティブなイメージを与えることが出来ます。

様々な科を経験しているということは、これからの薬剤師にとって強みとなります。
他の薬局の制度やノウハウも手に入るので、経験豊富な薬剤師さんという見方をしてもらえるのです。

転職理由をポジティブに伝える例

過去に転職回数が多かった理由がネガティブなものであったとしても、ネガティブなまま伝えてはなりません。
ポジティブなイメージを与えることができる転職理由の説明の仕方が大切です。

言い方ひとつで採用側に与える印象は大きく変わってくることでしょう。

例1.「残業が多いので辞めた」というのが転職理由だった場合


 
 
 
 

資格取得のための勉強をする時間が欲しいので転職を決意しました。

例2.「扱っている科目が少ないので辞めた」というのが転職理由だった場合

 
 
 
 

もっとたくさんの科目を扱いたいと思い、御社を志望しました。

このように、言い方一つで受け取る印象も全く異なってきます。

その他にも、ネガティブな転職理由のポジティブな伝え方についてはこちらの記事に詳しく解説しています。
転職理由の説明の仕方に悩んでいる方はご参照ください。

短期間の就業をメリットとする

短期間の勤務でも、期間をしっかりと示すことで有利に採用をすすめることも可能です。

 
 
 
 

スキルアップの為に様々な科を経験したくて、2年間は働きたいと考えています。
転職時期は繁忙期後で、2か月前にはきちんとお伝えします。

など、割り切って条件を伝えられれば、企業側にも次のメリットが生じます。

  • 当面の人材確保ができる
  • 有給や退職金においては企業側の持ち出しが少なくなる
  • 企業に新しい風を吹かせられる

これらメリットがあるので、デメリットをメリットに変換することもできるのです。

転職を繰り返すのはいつまで通用するか


全ての職業に言えることですが、転職をする際に「年齢」はポイントになってきます。

現在の売り手市場であれば、60代であっても雇ってもらえるケースも珍しくはありません。

本稿の筆者の薬局にも、60代を超える薬剤師さんからの応募を頻繁に頂きます。

しかしながら、

  • 体力的に大丈夫かな?
  • 電子薬歴もできるかな?
  • 調剤の速度は問題は無いかな?

といった疑問がよぎってしまうのが、正直なところです。(大先輩に対して失礼は承知なのですが…)

40代であれば、転職を繰り返したとしても、雇用の際に年齢で落とされるということは、ほとんどありません

むしろ、30代の方が

  • 小さいお子様がいる?
  • 働く時間帯は大丈夫?
  • 2人目や3人目のお子様を考えてはいない?

など、気にしなくてはならに点が多いのです。

50代では、面接をしてみて人柄がよく、今の方とうまくやってくれそうであれば、OKを出すことも珍しくはありません

50代前半くらいまでであれば、転職を繰り返すという働き方も通用しますが、それを超えてくると受け入れ先も減ってきます。

それまでに定年やその先まで働ける職場を見つけることを、オススメします。

今後大切になってくるのは

今後の薬剤師の世界がどうなるかはわからず、売り手市場が終焉を迎える可能性もあります。

また、かかりつけ薬剤師などの制度上の問題もあり、転職を繰り返すという方法は通用しなくなってしまうおそれもあります。
転職を行う際には、情報収集は欠かさないようにしましょう。

まとめ

薬剤師さんが転職を繰り返すことは、そんなに珍しいことではありません。

人物評価条件の方が重視されるので、転職回数が多いからというだけで採用を拒むことは、ほとんどありません

しかし、末永く働いてくれる方を探している求人もあるので、そういった求人に応募する際には、当面は転職をしないことを強調するようにしましょう。

長期的に働ける職場を探しての転職であるので、今回の転職を最後に定年まで働きたい」ということを強調することで、採用がぐっと近づくでしょう。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の転職理由はどんなもの?転職経験者100人に聞いてみた

  2. 【薬剤師の面接対策】ネガティブな転職理由のポジティブな伝え方

  3. 転職回数が多い薬剤師の“転職理由”の説明の仕方

  4. 薬剤師の転職回数と転職先にはどんな関係があるか

  5. なぜ薬剤師は転職が多いのか 転職エージェントにその理由を聞いてみた

PAGE TOP