薬剤師の転職活動

薬剤師の就職先には何がある?人気の求人は?

 

薬剤師の資格を持つ方の多くは、病院や薬局といった医療機関で働いていることでしょう。
しかし、実際に薬剤師が活躍することのできる場面は、多岐にわたるのです。
今回は薬剤師の就職先としては、どのような選択肢があるのか、ご紹介させていただきます。

薬剤師の就職先~多くの薬剤師さんが働く職場~

薬剤師の就職先:調剤薬局


調剤薬局は、薬剤師にとっては最もポピュラーな職場であると言われています。
処方箋による調剤が主な業務ですが、近年では在宅医療といった、薬局の外での業務も増えてきています。

職場も数多くあり、希望に応じて様々な働き方を選択することができることが特徴です。

就職難易度は低~中で、正社員では年収は400~700万円程度となります。

薬剤師の就職先:ドラッグストア


ドラッグストアは、近年では新卒薬剤師にも人気のある職場の一つです。
OTCの販売が主な業務ですが、医薬品以外の販売や品出し、レジ打ちなどの業務も多く、ハードな仕事と言われています。

若手のうちから高い年収が得られる
ことが特徴ですが、24時間営業や年中無休のドラッグストアも多く、高い意欲が無ければ続かない可能性があります。

就職難易度は低~中で、正社員では年収は500~800万円程度となります。

薬剤師の就職先:公務員


公務員の中にも、専門職として薬剤師の資格を持つ方がいらっしゃいます。
市役所や保健所などで働く薬剤師や、公立病院で働く薬剤師も、公務員に分類されます。

現在では不況が長引いた影響から、一般行政職(非薬剤師)としての公務員の人気は非常に高く、狭き門となっています。
しかし、薬剤師の公務員の倍率は、資格が必須であることから、一般に比べると低い傾向にあります。

年収は俸給表にならうため、初めのうちは他の行政職と同じく、低いと言われています。

しかし安定した昇給率と高い福利厚生は魅力があるため、人気は高いのです。

就職難易度は中程度で、正社員では年収は350~700万円程度となります。

薬剤師の就職先:病院


病院は、薬剤師のなかでは花形と言われる職業のひとつです。

勉強しなくてはならないことも多く、未経験では採用されにくい職種でもあるので、多くの場合は新卒から働いています。

病棟業務などでは、患者様に寄り添って働くことができるので、高いやりがいを感じながら業務に当たることが出来ます。

しかしながら、急性期の病院では夜勤や当直も多く、体力的な負担は大きいと言えます。

一方で年収は業務内容に比して低いと言われており、このことが転職の一因となることもあるのです。
就職難易度は中~高で、正社員では年収は350~650万円程度となります。

薬剤師の就職先:企業


企業においても、薬剤師の活躍の場は用意されています。
特に製薬企業においては、薬剤師は必要不可欠な存在となります。
研究職、開発職、DI担当者、MR職など、様々な職種において薬剤師が活躍しています。

その他にも、治験業務を担当するCROやSMO、医薬品の流通を担う医薬品卸、様々な薬品を扱う製造業など、さまざまな企業において薬剤師の存在があるのです。

年収は高く、医薬品メーカーは年収が高い業種の常連となっています。
特にMR職では高収入の代名詞にもなっており、1,000万円を超える年収も珍しくはありません。

就職難易度は中~高で、正社員では年収は500~900万円程度となります。

薬剤師の就職先~こんなところにも薬剤師の活躍の場面が~

ここでは、あまり知られていない薬剤師の職場について、ご紹介させていただきます。

  • 食品メーカー
  • 化粧品メーカー
  • 翻訳家(主に医療翻訳)
  • 学校(学校薬剤師として)
  • 麻薬取締官
  • 刑務所、自衛隊

医薬品だけでなく、食品や化粧品メーカーにおいても、薬剤師が在籍している企業は多いのです。

また、英語が得意な薬剤師は、英語と医薬品の知識の双方を生かして、医療翻訳の仕事を担っている場合もあります。

その他にも学校薬剤師麻薬取締官刑務所自衛隊の衛生部門などで働く薬剤師もいます。

人数はそこまで多くはありませんが、このような職場においても、薬剤師は活躍をしているのです。

将来性のありそうな薬剤師の就職先

今後は高齢化を背景に、国民医療費は間違いなく増大すると言われています。

医療が無くなることはありませんが、これまでに比べると締め付けが続くため、苦しくなっていくと考えられます。

将来性が高い就職先

将来性のある就職先:病院


病院においては、病床数は削減されていっていますが、薬物治療の高度化抗がん剤治療の進歩により、薬剤師の活躍の場面は広がっています。

より専門的な知識が求められる分、薬剤師の活躍の場面としては将来性が高いと考えられます。

将来性のある就職先:ドラッグストア


医療費増大の対策として、国はセルフメディケーションを推し進めています。
これまで以上にOTCを使用する機会は増えると考えられるので、ドラッグストアは将来性が高いと考えられます。

将来性のある就職先:公務員


国がつぶれなければ亡くならない公務員は、やはり安定しているといえるでしょう。
長期的なキャリアを考える意味でも、将来性は高いと言えます。

将来性が低い就職先

将来性が低い就職先:製薬会社


H30年の診療報酬改定や薬価改定を見たところ、製薬会社に対する締め付けはかなり強いと言われています。

製品力や営業力のある製薬会社は生き残ることが出来ますが、そうでない会社は苦しくなっていくことでしょう。

ジェネリック医薬品メーカーにおいても、薄利多売化が懸念されており、将来の見通しは現状では不透明なのです。

将来性が低い就職先:調剤薬局


調剤薬局は、今後は地域医療を担っていくことが期待されており、そこで働く薬剤師にはこれまで以上に高いスキルが求められています。

無くなることは考えにくいですが、今後は生き残る薬剤師とそうでない薬剤師の差が明確に分かれるのではないかと言われています。

これまで通りのお給料を確保しようとした場合、スキルアップやキャリアアップが必要不可欠となることでしょう。

※当サイトでもスキルアップやキャリアアップの記事をご用意しているので、ぜひ一度ご覧ください。

新卒薬剤師に人気の就職先

新卒薬剤師にとっては、どのような就職先が人気となっているのでしょうか?

2016年では男性には企業が、女性には調剤薬局が一番人気

東京薬科大学が公開している資料によると、2016年卒の新卒薬剤師において、男性では企業が、女性では調剤薬局が一番人気となっています。

就職において、男性では将来的なキャリアプランや年収女性では勤務地などの働きやすさが重視される傾向があり、これらを反映した結果であると言えるでしょう。

2014~2015年卒では、男女ともに調剤薬局が一番人気

2014年卒および2015年卒の新卒薬剤師おいては、男女のいずれにおいても、調剤薬局が一番人気となっています。

男性では企業への就職も多いので、先の内容を否定するものではありませんが、やはり調剤薬局は薬剤師にとってメインの職場と言えるのです。

転職において人気のある就職先とその理由

当サイトが楽天リサーチに依頼して行った、薬剤師さん100人を対象としたアンケート調査「薬剤師の転職回数と転職先にはどんな関係があるか」によると、転職回数が増えるほどに調剤薬局への転職が増えています。



理由としては、

  • ドラッグストアや病院の不規則な勤務体系や、製薬会社の激務に疲れた薬剤師さんが、働きやすい職場を目指して転職すること
  • 慢性的な人手不足を背景とした転職のし易さ

これらが一因となっているのです。

高倍率の就職先の内定を勝ち取るためには

高倍率の就職先の内定を勝ち取るためには、他の求職者に差をつける必要があります。

面接のコツをしっかりと抑え、履歴書・職務経歴書にアクセントを加えることで、一歩リードすることができるのです。
※当サイトでもこれらの記事をご用意しているので、高倍率の内定を勝ち取るために、ぜひ一度ご覧になってください。

まとめ

薬剤師の職場というと薬局や病院のイメージが強いのではないでしょうか?
しかし、実際には活躍の場面は多く、様々な働き方を選択することができるのです。

今の仕事に行き詰まりを感じたり、やりがいが感じられない場合には、転職という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 【薬剤師の転職】辞めてから転職活動するメリットとデメリットは?

  2. 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

  3. 1つの薬局しか経験のない薬剤師が、転職で気を付けること(H30年度版)…

  4. 【薬剤師の転職】在職中に転職活動をするメリットとデメリットは?

  5. 薬剤師の転職での注意点~ブラック企業への転職を避ける方法~

  6. 薬剤師のための失敗しない会社選びのコツ

PAGE TOP