薬剤師5大転職理由

CRAの人間関係~必要とされるコミュニケーション能力~

 

治験業務を取り仕切る臨床開発モニターでるCRAにはどのような人間関係があるのでしょうか。

社内外の多くの人との調整を行いつつ、治験がスムーズに進むようにコミュニケーションに気を遣う必要がでてきます。

どのような人間関係があるのか、順にみていきましょう。

どのような人と接するか

薬剤師との人間関係

治験を依頼するにあたって医師の承諾ももちろんですが、治験薬の管理については院内薬局になるため、薬剤師に要件に合った保管する場所があるかの確認などを行います。
治験実施中は治験薬が適切に管理されているか確認します。

CRCとの人間関係

被験者を確保するための医師の手伝いや、被験者組み込み後の来院の管理などをする重要な人物でです。

自らテキパキとやるべきことをしてくれる方と、指示しないとなかなか動いてくれない方がいるので、それらを見極めて付き合いをしなければスムーズに治験が動きません。

臨床検査技師との人間関係

治験のデータを収集するのに臨床検査技師の協力が必ず必要となってきます。
主に治験が始まる前のセットアップ時のみの関わりになりますが、逸脱が発生しないよう問題点をクリアにしておく必要があります。

治験事務局との人間関係

IRBに提出する資料のやりとりなどを行います。
特に初回IRBにおいては、費用の請求についての資料があるため事細かに交渉を行います。
その後は定期的に開催されるIRBについての資料を提出します。

QCとの人間関係

モニタリング報告書やIRB提出資料など、GCPに則っているかや誤字脱字などがないかを確認してもらいます。

DM(データマネージメント)との人間関係

回収してきた症例報告書について、問題点や不明点などがないか確認してもらい、あれば指摘を受けます。

クライアントとの人間関係

CROのCRAの場合、製薬会社のプロジェクトリーダーなどとも関わります。
クライアントとから対等な付き合いを求められることもありますが、CROとしては業務を受託しているという下請け的な考えもありつつで立ち位置が難しい場合もあります。

人間関係で辛いこと

クオリティを拘ろうと思えば拘ることができるが最低限に抑えることもでき、その差が同じプロジェクト内にあると残業の差がでてくるので、拘る人が多いと先に帰宅しにくい状況があります。

楽しいこと

担当先が日本全国であるため、色んなところに出張にいけます。
その土地のおいしいものが食べられたり、同行でいつもと違うところに行けることも。

医者との人間関係

治験責任医師と治験分担医師との関わりがあります。
特に治験責任医師には、治験依頼時では実施可能かどうかの話し込みをしたり、治験中は契約例数を完遂するために相談するケースがあります。

また被験者についての医学的判断について詳細を確認したり、医学的な話をすることもあります。

内勤・外勤のバランス、ルーティンワーク

内勤:外勤=5:5
治験の立ち上げ時は外勤が多くなるため、ひと月のうちほぼ毎日外勤なこともあります。
5:5というのは治験の一連の中での平均的な数字になります。

被験者の組み込み後落ち着くと、一施設当たり月に1〜2回の外勤になるため内勤の割合も多くなってきます。
ルーティンワークは精算書類関係とIRB提出資料を作成することになります。

まとめ

高給の企業勤務として人気のCRAですが、様々な人と接する機会があり、治験をスムーズに進めるためにも、多くの関係者と円滑にコミュニケーションをとることが求められてきます。

転職面接の際にコミュニケーション能力を重視してみられるのも、職務柄当然といえば当然といえるでしょう。

しかし、いろいろ気遣いはするものの適度に外勤があり、それがストレス発散になることがあるようです。
コミュニケーション能力に長けた人にとっては、刺激的で楽しい職場といえるのではないでしょうか。

転職を成功させるために

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを活用した求人情報の活用が欠かせません。
「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し・活用していけばいいのかを解説します。
⇒ 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

転職サイトを活用した転職成功体験談

筆者は転職サイトを活用することで、転職して「給料」「やりがい」「働きやすさ」の3つとも手に入れることができました。
筆者が転職サイトのエージェントをどのように活用しながら転職を成功させたのか。
実際のやり取りなども交えてご紹介します。
⇒ 薬剤師転職成功談~残業なし・やりがいあり・年収アップの3つを獲得~

オススメ転職サイト

薬剤師の転職サイトってどう違うの?
どこの転職サイトも扱っている求人は同じようなものじゃないの?
このように思う人も多いでしょう。

しかし転職サイトの中には、電話対応だけのサイトや必ず面談してくれるサイト、大手の求人に強いサイトや中小の求人に強いサイトなど、転職サイト毎に特徴や違いがあります。

自身の希望に沿った転職サイトを利用することは、転職成功の第一歩です。
転職に成功した当サイト執筆陣の経験と多くの薬剤師の方のインタビューを元に、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 薬剤師転職サイト徹底比較!転職成功者のオススメ転職サイト

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. ドラッグストアの人間関係~数字とやりがいの間に揺れる心~

  2. 調剤薬局薬剤師の人間関係~その苦労と思わぬ役得~

  3. 男性薬剤師の人間関係の苦労とは~調剤薬局の女性社会での立ち回り方~

  4. MRの人間関係~全ては数字のために~

  5. 病院薬剤師の人間関係~薬剤師として頼りにされる存在~

  6. 転職を考える薬剤師のための人間関係が良い薬剤師の職場の探し方

PAGE TOP