薬剤師5大転職理由

病院薬剤師の人間関係~薬剤師として頼りにされる存在~

 

毎日多く訪れる患者さんだけではなく、職場には薬剤師以外にも医師や看護師、医療事務など、多くの職員が働く“病院”という職場。
その中において薬剤師はどのような立ち位置で仕事することになるのでしょうか。

どのような人間関係があるのか、順にみていきましょう。

どのような人と接するか

患者さんとの人間関係

患者さんありきの薬剤師です。
外来処方箋も扱っていれば外来にも対応し、入院患者には持参薬の管理・入院中の薬の管理をします。
病院は患者さんを選べないので、様々なタイプの人を相手にしなければなりません。

看護師との人間関係

薬についての問い合わせや、急に必要になった薬の手交などをします。

医療事務との人間関係

外来処方を受け付けている場合、精算後に処方が急遽変更になった際などに連携を取ります。

栄養管理士との人間関係

連携を取って糖尿病教室を行うなど、患者さんに啓蒙活動を行います。

医薬品卸のMSとの人間関係

通常毎日薬を発注するので、納品の際に顔を合わし、薬の情報をもらったりします。
MSが来ず、DS(デリバリー専門の人)だけの訪問のこともあります。

MRとの人間関係

薬の情報提供や医師との面談の反応の報告、数字のお願いなどの訪問があります。

CRA・CRCとの人間関係

治験が実施される場合は訪問があります。
院内にCRCがいない場合はSMOよりCRCが派遣されてきます。
治験薬の管理について関わりがあります。

  • CRCとは
    治験コーディネーターと呼ばれ、医師が臨床試験を行う際のサポートする人になります。
  • SOMとは
    治験施設支援機関の略で、通常は医療機関が持っているべきCRCや、治験事務局の業務委託もしくは派遣を行います。

人間関係で辛いこと

基本は調剤室の中で過ごすので、数名規模の病院の場合、そりが合わないと1日が大変しんどくなってきます。

楽しいこと

職員全員参加の大規模な忘年会が実施されることがあります。
それぞれのパートごとで出し物をしたりして、唯一仕事以外でコメディカルが一丸となる瞬間でした。

医師との関係

医師からの処方に対する疑義照会を行います。
また、投薬の際に聞いた服薬状況などについて医師と情報を共有し、その後の処方について検討し合います。
抗生物質の点滴などの使い方は難しいため、医師から薬の種類や投薬量を相談されることもあります。
医師からは頼られる存在です。

内勤・外勤のバランス、ルーティンワーク

内勤:外勤=10:0
基本病院内での仕事になるため外勤はありません。
ルーティンワークは毎日の院内処方箋対応、入院患者の定期処方の調剤業務があります。

まとめ

同じ薬剤師であっても、生殺与奪の権を握られている調剤薬局と違い、病院であれば院内の医師のみになるので信頼関係も築きやすく、頼られる存在になります。
医師や看護師よりも地位が低く、横柄に扱われるということはないようです。
薬局長ともなれば地位高く扱われるようです。

調剤未経験で転職した20代女性でさえ、“処方オーダリングシステム”と言われる処方箋の発注システムについて、特記事項のある薬の表示設定のことなどを医師から相談を受けることもあるそうです。
薬のことはさておき、オーダリングのことについては医師から頼られたといいます。

医師からも患者からも頼られるというのは、この病院薬剤師くらいではないでしょうか。
その意味では非常にやりがいを感じられる職業ともいえます。

転職を成功させるために

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを活用した求人情報の活用が欠かせません。
「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し・活用していけばいいのかを解説します。
⇒ 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

転職サイトを活用した転職成功体験談

筆者は転職サイトを活用することで、転職して「給料」「やりがい」「働きやすさ」の3つとも手に入れることができました。
筆者が転職サイトのエージェントをどのように活用しながら転職を成功させたのか。
実際のやり取りなども交えてご紹介します。
⇒ 薬剤師転職成功談~残業なし・やりがいあり・年収アップの3つを獲得~

オススメ転職サイト

薬剤師の転職サイトってどう違うの?
どこの転職サイトも扱っている求人は同じようなものじゃないの?
このように思う人も多いでしょう。

しかし転職サイトの中には、電話対応だけのサイトや必ず面談してくれるサイト、大手の求人に強いサイトや中小の求人に強いサイトなど、転職サイト毎に特徴や違いがあります。

自身の希望に沿った転職サイトを利用することは、転職成功の第一歩です。
転職に成功した当サイト執筆陣の経験と多くの薬剤師の方のインタビューを元に、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 薬剤師転職サイト徹底比較!転職成功者のオススメ転職サイト

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 調剤薬局薬剤師の人間関係~その苦労と思わぬ役得~

  2. 男性薬剤師の人間関係の苦労とは~調剤薬局の女性社会での立ち回り方~

  3. 転職を考える薬剤師のための人間関係が良い薬剤師の職場の探し方

  4. 調剤薬局薬剤師の事務さんとの人間関係の築き方

  5. ドラッグストアの人間関係~数字とやりがいの間に揺れる心~

  6. MRの人間関係~全ては数字のために~

PAGE TOP