薬剤師5大転職理由

調剤薬局薬剤師の人間関係~その苦労と思わぬ役得~

 

一日の大半を薬局の中で過ごすことの多い調剤薬局では、良くも悪くも人間関係が密になってきます。
そのため、他のスタッフとの人間関係に悩む薬剤師も少なくありません。
しかしその一方で思わぬ役得も存在するのです。

調剤薬局ではどのような人達と、どのような人間関係があるのかをご紹介したいと思います。

薬局内の人間関係

管理薬剤師との人間関係

男性が大半、女性は少なめです。
調剤薬局では管理薬剤師が店長を兼務する事がほとんどです。

その薬局の全ての権限を持っています。
敵に回す事は退社を意味するので、常日頃からコミュニケーションを取っておく必要があります。

社員の薬剤師との人間関係

男女比は年齢が若いほど女性の割合が多く、30歳を超えると男性の割合が高くなります。
女性は結婚してパート薬剤師に移行する方が多い為です。

大きめの調剤薬局だと薬剤師が複数いる事もあります。

管理薬剤師が休みの日には店長代理もします。

キャリアが長い方は権限もある程度持っている事が多いので、管理薬剤師同様仲良くしましょう。

意識の高過ぎる薬剤師との人間関係

薬剤師業界でよくあるのが「めちゃくちゃ意識の高い薬剤師がいると疲れる」というものです。

普通に勉強意欲のある薬剤師であれば何の問題もありません。
意識が高すぎる薬剤師は周りを巻き込んで勉強しようとするのです。

よくあるのが、

  • 勉強会への強制参加
  • 休日返上で講演へ参加させる
  • 自分はこんなに勉強しているのに、君たちはそれでいいの?
  • 来週から出勤前に勉強会ね!

このように、とにかく周りを巻き込んで来るのです…

中には、転職時の面接で

 
 
 
 

休日のイベントは積極的に参加してくださいね!

と言ってくることもあります。

のんびりと働きたい薬剤師さんの場合は、そのような薬局は避けた方が無難でしょう。

パート薬剤師さんとの人間関係

ほぼ女性、主に主婦の方です。
午前中だけの勤務の方が大半です。

おしゃべり好きな方が多く、コミュニケーションは比較的取りやすいですが、自分の性別によって苦労度が大きく異なります。

男性薬剤師社員はパートさんとの付き合いは楽です。
女性薬剤師社員はパートさんと同性の為かなり気を遣います。

パートさんとの付き合い方は薬剤師に限らず、どこの業界でも共通だと思います。

社長やエリアマネージャーとの人間関係

小規模薬局では社長、中規模以上ではエリアマネージャーが管理薬剤師の上司になります。

会う機会は限られますが、積極的に話しかけて名前を覚えてもらいましょう。
後の出世に関わります。

個人経営の薬局では社長と毎日顔を合わせる事もあります。その場合は上手に付き合いましょう。

調剤薬局では社長やエリアマネージャーから売り上げについて文句を言われる事はほとんどありません。
なぜなら調剤の売り上げは隣の病院の患者数に左右されるからです。
飯を食わせていただいているドクターに文句を言えるはずがないからです。

医薬品卸のMSさんとの人間関係

MSと呼ばれる方々です。

毎日薬局に顔を出し薬局にいろいろな情報を提供してくださいます。
薬局は彼ら無しには成り立ちません。
仲良くしていると病院やドクターの裏話を教えてもらえます。

事務員さんとの人間関係

若い女の子が多いです。
業務はレセコン入力やレセプト関連の仕事を担当します。
休まれると薬剤師がレセコンを入力することになり、手間取ります。

日頃から仲良くして入力方法を教えてもらい、理解しておきましょう。
管理薬剤師を目指すのであればレセコン入力も必須条件です。

余談

薬局の事務員さん若い女の子が多いです。美人率がかなり高めです。
面接する社長や店長の好みが事務員さんでわかります。

  • 事務員さんに美人が多い理由
    薬局事務は人気があり、求人を出せば数日でたくさんの履歴書が送られて来ます。
    全員を面接する時間はありませんので、ふるいにかける必要があります。事務員さんの採用に立ち会った方によると、実は事務員さんの履歴書は顔と年齢を一番に見られているそうです。
    職歴や自己アピール等ももちろん見ますが二の次です。
    男は単純ですね。
    社長や店長に選ばれたごく一部の方だけが面接まで辿り着きます。

独身男性薬剤師は事務員さんが将来の結婚相手となる事も…
実際に薬剤師と事務員さんが結婚する事はたまにあります。

お局さん事務さんとの人間関係

女性社会である薬局の中には、お局さんのような事務さんがいることもあります。

自分は関係ないのに職場内の出来事やスケジュールを全て把握しようとしたり、仕事を周りの人に押し付けたりと、タイプは様々です。

薬剤師に対しては直接言わなくても、他の事務さんに嫌味や小言を言ったり、仕事の邪魔をしたりするケースもあります。

しかし、薬剤師だからといって上から目線で指図してはいけません。

最悪の場合、他の女性社員と結託して集団ボイコットされかねません。

くれぐれに敵に回すことがないようにしましょう。

人間関係での気遣い

ドラッグストアよりも調剤薬局の方が人間関係は大変です。
職場はとても狭く、その中で一日中過ごすことになるので、仲の良くない人がいても逃げ場はありません

人間関係が少しでも悪化すると修復は難しく、実際に調剤薬局を辞める方はほとんどが人間関係のトラブルです。

薬剤師はプライドが高い方が多いのも原因かもしれませんね。
日頃から空き時間にはスタッフと会話して信頼関係を築いていきたいものです。

転職前に薬局の人間関係を知りたいときには

実際に働くことなく、その職場の人間関係を全て把握することはできませんが、ある程度まではその職場の人間関係を把握することはできるものです。

どうやって!?
それはこちらの記事をご参照ください。

楽しい事

ドラッグストアに比べると調剤薬局は楽しさは少ないかもしれません。
理由は、毎日変化に乏しいからでしょう。

しかし暇な日はスタッフとおしゃべりする事もあります。
どこのお店の料理が美味しいとか、どこへ旅行に行ったなど、話が弾むと結構楽しいです。

医師との人間関係


調剤薬局において医師のご機嫌は常に伺う必要があります。
調剤薬局の収入源は医師が発行する処方箋です。

したがって医師が処方箋を発行しなくなること、つまり院内処方に戻されるということは何としても避けなければなりません。

医師を怒らせないようにする為疑義照会はとても気を遣います。
思わぬ誤解から医師を怒らせてしまい、対応に苦労することも稀にあります。

実際にあった出来事の一例

ある怪我をした患者さんに抗生剤が処方されていましたが、よその医院からも他の病気で抗生剤が出ていました。
重なるので処方をキャンセルしてもらおうと疑義照会をすると…

医師は激怒!?


 
 
 
 

抗生剤を出しておかないと万が一怪我が悪化して訴えられたら負けるだろ!
何考えてんの?

と言って電話をガチャリ!!
仕方なくそのまま処方通り調剤しました。

その後医師と何度か話して事態は収束しましたが、このような時はとても困ります。

まとめ

薬局の薬剤師は医師との間にトラブルが起こった時でも院内処方という最悪の事態にならないように、日頃から医師と人間関係を良好に保つため、いろいろとコミュニケーションを取っています。
昼食を食べに行ったり、勉強会という名の飲み会に行ったり、お中元やお歳暮を送ったりしています。

調剤薬局の薬剤師は一見楽そうに見えるのですが、患者様の目に見えぬところでいろいろ苦労しています。

転職を成功させるために

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを活用した求人情報の活用が欠かせません。
「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し・活用していけばいいのかを解説します。
⇒ 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

転職サイトを活用した転職成功体験談

筆者は転職サイトを活用することで、転職して「給料」「やりがい」「働きやすさ」の3つとも手に入れることができました。
筆者が転職サイトのエージェントをどのように活用しながら転職を成功させたのか。
実際のやり取りなども交えてご紹介します。
⇒ 薬剤師転職成功談~残業なし・やりがいあり・年収アップの3つを獲得~

オススメ転職サイト

薬剤師の転職サイトってどう違うの?
どこの転職サイトも扱っている求人は同じようなものじゃないの?
このように思う人も多いでしょう。

しかし転職サイトの中には、電話対応だけのサイトや必ず面談してくれるサイト、大手の求人に強いサイトや中小の求人に強いサイトなど、転職サイト毎に特徴や違いがあります。

自身の希望に沿った転職サイトを利用することは、転職成功の第一歩です。
転職に成功した当サイト執筆陣の経験と多くの薬剤師の方のインタビューを元に、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 薬剤師転職サイト徹底比較!転職成功者のオススメ転職サイト

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. ドラッグストアの人間関係~数字とやりがいの間に揺れる心~

  2. 男性薬剤師の人間関係の苦労とは~調剤薬局の女性社会での立ち回り方~

  3. 調剤薬局薬剤師の事務さんとの人間関係の築き方

  4. 転職を考える薬剤師のための人間関係が良い薬剤師の職場の探し方

  5. 病院薬剤師の人間関係~薬剤師として頼りにされる存在~

  6. CRAの人間関係~必要とされるコミュニケーション能力~

PAGE TOP