薬剤師の転職活動

新卒薬剤師が転職サイトを利用するとどうなるのか?

 

転職サイトや転職エージェントというと、中途採用や転職者が利用するものであると思われがちです。

しかし、実際には新卒の方でも、これらのサイトを利用することはできるのです。

新卒の方が転職サイトを利用する、メリットやデメリットをご説明いたします。

新卒薬剤師でも転職サイトを利用できる

そもそも転職サイトとは?

転職サイトは名前の通り、“転職”を目指す方が利用することのできるサービスのことを指しています。

現職で薬剤師として働いている方が転職を希望したとしても、仕事が忙しければなかなか転職先を探すことが出来ません。

そのような場合には、転職の仲介をしてくれるコンサルティング会社を利用することができるのです。

現在ではインターネットのWebサイトなどで求人を確認することができ、これらを総称して転職サイトと呼ぶのです。

転職“サイト”とは言っても、サイト上に求人が並んでいるだけではありません。
転職サイトを運営する転職支援会社に所属する“エージェント”と呼ばれる方達が、求人の紹介や面接のアドバイスなど、様々なサービスを提供してくれるのです。

薬剤師や看護師のように有資格者を対象としたものを、一般的な転職サイトで一緒にして扱うことはナンセンスであるので、薬剤師向け看護師向けの転職サイトが設けられています。

新卒でも利用することが可能

新卒では薬剤師としての経験はもちろんのこと、社会人の経験もないので、転職サイトを利用することをためらう方も少なくはありません。

しかし、受け入れ先の企業によっては長期的な育成を目的とした人材を求めている場合もあり、新卒でも全く問題なく紹介をしてもらえるのです。

大きな企業では、それぞれの薬科大学に出向いて就職セミナーを行っていますが、個人~中小チェーンの薬局では新卒まで手が回らずに、泣く泣く新卒をあきらめているケースもあるのです。

このような会社にとっては、新卒は非常に貴重な存在であり、喜んで対応をしてくれるでしょう。
新卒可能」と明記している薬局などもあるので、迷ったら一度登録をしてみると良いでしょう。

上記はマイナビ薬剤師の検索画面です。

このように、「こだわり」の項目に「新卒も応募可能」という選択肢がありますので、ここを選択すると新卒でも応募可能な求人がズラリとでてくるのです。

わざわざ就活セミナーに参加しなくても、このように多くの求人情報の中から就職先を探すことができるのです。
興味のある方は一度覗いてみるといいでしょう。

マイナビ薬剤師の公式サイトはこちらになります。

新卒薬剤師が転職サイトを利用するメリット


新卒薬剤師が転職サイトを利用することには、様々なメリットがあります。

効率的に就職活動を行うことができる

自分で就職先を探す際には、履歴書の書き方や面接の対策は、自力で調べなくてはなりません。

アルバイトなどで経験があれば良いものの、そうでない場合にはどのように書いてよいのか分からないことでしょう。

転職サイトを利用することで、転職サイトに所属するエージェントに、履歴書の添削や面接対策を行ってもらうことができるのです。

また、就職活動のスケジュール調整なども通常は自分で行わなくてはなりませんが、転職サイトを利用することでこれらの調整も行ってくれるのです。

卒業研究や国家試験対策で忙しい、新卒薬剤師の助けになってくれることでしょう。

異なるエリアの求人に対しても就職活動が行いやすい

大手調剤チェーンや大手ドラッグストアチェーンでは、薬学部のある大学には積極的に出向き、就職セミナーなどを行っています。

しかし、中小チェーンと呼ばれる規模のグループでは、主要都市などの主だったエリアに限られる場合もあるのです。

地方の薬学部に通っている場合や、実家から離れた大学に通っている場合では、大学とは異なるエリアの求人に応募しなくてはならないケースもあるでしょう。

このような場合では、一人だけの力で転職活動を進めていくことは難しく、転職サイトを活用すると良いでしょう。

掘り出し物の求人に巡り合えることも

転職サイトを活用することによって、通常の就職活動では見つけることのできない、掘り出し物の求人に巡り合えることもあります。

有名な企業や薬局であれば自分でも簡単に見つけられますが、家から近い薬局や希望のエリアのみで展開している薬局は、これらのエージェントの力を借りなくては見つけることは出来ないでしょう。

また、お給料が高めや休みが多めといった求人もあるので、重視した条件がある方にとってもオススメといえます。

新卒薬剤師が転職サイトを利用するデメリット


転職サイトを利用するデメリットとしては、どのようなものがあるのでしょうか?

就職活動における苦労は貴重な経験

転職サイトのエージェントに任せきりにしてしまうと、受動的な就職活動になってしまうでしょう。

自分で企業研究をしたりマナーを学んだり、就職活動で苦労をすることは、社会人になるに際しては貴重な経験です。

これらの経験は生涯生きるものであるので、転職サイトに頼りきりになるということは、デメリットとなる可能性があるのです。

転職エージェントに頼りきりになるのではなく、まずは自分で履歴書や面接対策をキチンと考えてみましょう。

その上でエージェントの添削などを受けることで、就職活動の本質をしっかりととらえることができるのです。

ここで手に入れたプロの貴重なアドバイスは、いずれ転職活動を行うことがあった際にも、大きな財産となるでしょう。

新卒向けでない求人に当たる可能性も

薬局の中には、新卒薬剤師を積極的に採用していない薬局もあるでしょう。

そのような薬局に新卒で入ってしまった場合には、研修体制が確保されていないなど、弊害が出てしまうかもしれません。

熱意のある方や怒られながら成長できる方であれば次第に慣れていきますが、教えてもらう方が好きな方にとっては、苦労をする可能性があるのです。

薬局・病院以外の業種を目指す方では不向き


転職サイトに掲載されている求人の多くは、調剤薬局や病院が占めています。

企業の案件は取り扱っている件数が少ないので、これらの業種を目指す方にとっては、利用しにくいと言えるでしょう。

まとめ

転職サイトは非常に便利なものではあり、多くの薬剤師が活用しています。

転職に限らず、新卒入社においても応用が可能であるので、就活が不安であれば一度相談をしてみると良いでしょう。

しかし、新卒として入社ができるのは人生で一度きりであるので、よく考えることも重要です。

新卒薬剤師の方においては、転職サイトだけを頼るのではなく、就職セミナーなど通常の就活と並行していくと良いでしょう。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 調剤未経験者が調剤の仕事に転職するときに気を付けることは

  2. 調剤薬局から病院薬剤師への転職

  3. 【薬剤師の転職】辞めてから転職活動するメリットとデメリットは?

  4. 薬剤師のための失敗しない会社選びのコツ

  5. 薬剤師の就職先には何がある?人気の求人は?

  6. 病院薬剤師に転職するときに知っておきたいことのすべて

PAGE TOP