薬剤師の転職活動

薬剤師の4大転職方法と使い分け

 

薬剤師が転職をするときには、大きく分けて4つの方法が選択できます。
これらの方法には、それぞれメリットとデメリットがあるので、うまく使い分けなくてはなりません。

今回は、それら薬剤師の転職方法についてご紹介したいと思います。

薬剤師の4大転職方法とは?

薬剤師の転職方法としては次の4つのパターンが一般的です。

薬剤師の転職方法

  • 企業の採用ページ
  • 知り合いからの紹介
  • ハローワーク
  • 薬剤師専門の転職サイト

それぞれにメリット、デメリットがありますので、順に紹介したいと思います。

転職方法1.企業の採用ページ


画像引用元:日本調剤株式会社
働きたい企業が決まっている場合には、企業の採用ページから応募するとスムーズに転職が可能となります。
インターネットで企業名を検索して、「採用情報」などから応募をしましょう。

企業の採用ページ利用のメリット

  • 1つの企業に絞って活動することができるため、自分のペースで転職活動ができる。
  • 採用企業側も、転職エージェントなどを介さないことでマージンがかからず、良い条件を出しやすい。

企業の採用ページ利用のデメリット

  • 他の企業と比較検討することが難しいため、志望企業が決まっていなければ活動しにくい。
  • 自分一人の力で転職活動をしなくてはならないため、転職経験が少ない場合では不向き。
  • 条件の交渉が自分次第となるため、交渉スキルに自信の無い方には不向き
    ⇒これらの解決策としては、転職エージェントを間に入れることがおススメです。

転職方法2.知り合いの紹介

売り手市場である薬剤師の世界では、知り合いの紹介で仕事が見つかることも珍しくはありません。
薬学部時代の知り合いや取引先の企業などから、運が良ければ掘り出し物の求人を紹介してもらえるかもしれません。

知り合いからの紹介のメリット

  • 一般的には募集されていない求人に巡り合うことができる。
  • 人柄を知っている間柄の紹介なので、内定をもらえる確率が高い。
  • 条件交渉がしやすい。
  • 紹介制度がある企業などでは、お祝い金が支給される場合もある。

知り合いからの紹介のデメリット

  • 紹介してくれる人ありきなので、案件が少ない。
  • 転職エージェントなどの第三者を介さないため、契約条件などでトラブルになることがある。
  • 知り合いの紹介なので、問題があったとしても辞めにくい。

知り合いからの紹介で気を付けなければならないのは、紹介者の顔を立てるため、入社後に不利な条件を突き付けられても抗議しずらいことです。
実際に知り合いの紹介で問題となった事例をコチラの記事でもご紹介しています。
薬剤師に限らず、どの業界においても縁故採用というのは諸刃の剣なのです。

転職方法3.ハローワーク


意外と知られていませんが、ハローワークにおいても薬剤師の求人が出ています。
薬剤師専門の転職サイトを使う方がメリットは大きいですが、ハローワークにしか掲載されていない求人もあるので、余裕があればチェックすることをおススメします。

ハローワーク利用のメリット

  • 紹介料がかからないため、中間マージンがかからず、良い条件で内定が出る
  • 場合がある。

  • 大手転職サイトに無いような、掘り出し物の求人が見つかる可能性がある。

ハローワーク利用のデメリット

  • 薬剤師以外の求人がメインであるため、薬剤師向けの案件が少ない。
  • 担当者は薬剤師の転職に特化していないので、やりとりがスムーズでないことがある。
  • 転職のサポートはほとんど受けられず、自力で情報収集をしなくてはならない。

転職方法4.転職サイトを利用する


画像引用元:ファルマスタッフ

薬剤師や看護師、医師などのコメディカルでは、専門のコンサルティング会社を無償で利用できることが、特権のひとつです。
薬剤師転職に特化したエージェントが、求人提案・面接対策・条件の交渉まで様々なフォローをしてくれるので、非常にオススメの方法です。
インターネットから簡単に求人検索もできるので、一度確認してみると良いでしょう。

転職サイトを利用するメリット

  • 専門の転職エージェントが対応してくれるので、薬剤師転職に特化した情報がもらえる。
  • 多くの案件を扱っているので、転職先の希望が無くても、自分に合った企業を提案してもらえる。
  • 転職経験が無くても、面接対策など、様々なフォローを受けることができる。
  • 交渉スキルに自信が無い場合、代わりに条件の交渉をしてもらえる。
  • 転職サイトによっては、お祝い金を支給している場合もある。

転職サイトを利用するデメリット

  • 転職エージェントとのやり取りが必要となるため、現職が忙しい場合では負担になることも。
  • 転職サイトにマージンが発生する(求職者は無償)ため、掲載していない薬局もある。
  • デキる転職エージェントとそうでないエージェントがいるので、エージェントを見抜く目が必要となる。

転職エージェントも玉石混交です。デキる転職エージェントを見分けるための解決策として、当ホームページでは「薬剤師の転職エージェントの選び方、デキるエージェントの特徴とは」をご紹介しています。

求職者のタイプ別オススメ転職方法

ここでは、転職をしたいと思っている薬剤師の方のパターン別に具体的な例を挙げながら、オススメの転職方法をご紹介いたします。

働きたい企業が決まっている薬剤師の方

働きたい職場が決定しているのであれば、企業のホームページから直接応募をするとスムーズです。
やり取りも1対1で行うことができるため、現職が忙しい場合においても、対応しやすいでしょう。

ただし、譲れない条件があるのであれば、あえて転職コンサルティング会社を介して条件交渉をすることも、一つの方法です。

例)現在病院で働いているが、以前から気になっていた○○調剤で働きたいと考えている方

その職場に詳しい知人や友人がいる薬剤師の方

知り合いの薬剤師が働いている企業に転職する場合では、紹介制度を利用することをオススメします。
忙しすぎる店舗をNGにしてもらうことや、中途であっても新卒向け借り上げ社宅制度を適用してもらうなど、特別な条件をもらえる場合もあります。
また、お祝い金が紹介者・転職者の双方に支給される場合もあるので、金銭面でもメリットがあるといえます。

例)大学時代の友人に、うちで働いてみないかと紹介された方

個人薬局や地域密着型の薬局で働きたい薬剤師の方

大手チェーンでは人間関係で悩むことや、転勤のリスクがあります。個人薬局や地域密着型の薬局で働きたいと考える薬剤師の方もいることでしょう。
このような場合では、ハローワークの求人を一度確認するようにしましょう。
ハローワークでは紹介料がかからないため、資金力の乏しい個人薬局などの、転職サイトにはでていないような掘り出し物の求人がでている可能性があるのです。

例)育児明けで正社員を目指しているが、自宅近くの薬局でゆったりと働きたい方

転職先に迷っている薬剤師の方

現在働いている職場に不満がありながらも、転職先が絞り切れていない場合では、手当たり次第に応募することはオススメできません。
まずは、転職エージェントのカウンセリングを受けると良いでしょう。
働きたい職場のイメージを固め、具体化していくことで、ミスマッチを防ぐことができるのです。

例)転職をしたいと考えているが、特に業種や規模の希望がない方

転職経験が少ない薬剤師の方

転職経験が少なければ、そもそもどのような職場があるのか分からないでしょう。
今の自分にはどのような条件が適正なのか、どのような求人には気を付けなくてはならないのか、転職エージェントに相談をすると良いでしょう。
また、面接対策条件交渉も依頼することができるので、メリットがあるといえます。

例)新卒で働いてから転職経験が無いが、スキルアップやキャリアアップのために転職を考えている方

条件アップを目指したい薬剤師の方

条件アップを目指して転職を考えている方は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。
企業のホームページから直接応募することも不可能ではありませんが、交渉力が必要となります。
転職エージェントは良い条件の求人を教えてくれるだけではなく、求職者と企業の間に立って条件交渉をしてくれるのです。

転職エージェントに給与交渉をしてもらい、当初提示額も年収アップしたという事例は枚挙にいとまないのです。

例)現在の薬局の条件に不満があって、転職を考えている方

異なる地域での就職を考えている薬剤師の方

UターンやIターンで就職をする方、もっと都会で働きたい方など、“今働いているエリアから遠い場所”で働く場合には、就職活動が困難となる場合があります。
知り合いの紹介を受けることができるのであれば問題はありませんが、頼れる知り合いがいない場合には、転職エージェントを利用するようにしましょう。
転職エージェントは全国規模で求人を取り扱っているので、全く異なるエリアの情報を教えてもらうことも可能です。
複数の企業の面接を1日でこなせるように調整してもらうこともできるので、非常にメリットがある方法です。

例)都会の薬局で働きたいと思っているが、現地に知り合いがいない方

薬剤師の転職方法まとめ

薬剤師の転職方法まとめ

  • 薬剤師の転職には4つの方法がある
  • それぞれメリットとデメリットがあるので、転職の理由によって使い分けると良い
  • 転職エージェントは、基本的には利用した方が良い

薬剤師の転職においては、転職エージェントを利用することが基本となりつつあります。
直接応募や交渉も可能ですが、転職経験が浅い場合などには、ハードルは高いといえるでしょう。
当ホームページでは様々な転職エージェントの紹介記事をご用意しているので、転職で失敗をすることの無いように、参考にしてみてください。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

  2. 調剤未経験者が調剤の仕事に転職するときに気を付けることは

  3. 薬剤師の転職での注意点~ブラック企業への転職を避ける方法~

  4. 薬剤師の就職先には何がある?人気の求人は?

  5. 薬剤師の転職活動のタイミングはいつがいい?ベストな時期は?

  6. 【薬剤師の転職】辞めてから転職活動するメリットとデメリットは?

PAGE TOP