派遣とパート

薬剤師のパート求人を探すときに気をつけること

 

薬剤師のメリットの一つとして、パートでも高時給で働けるということがあります。
一般的な職業では、時給2,000円を超えるパートの求人は、一部の特殊なものを除いてはほとんど見つかりません。
家事や育児をしながら働く際に、パートという働き方を選択される方は多いので、パート求人を探す際の注意点をご説明いたします。

パート薬剤師の仕事内容

薬剤師のパートの仕事内容としては、どのようなものがあるのでしょうか?
調剤薬局の場合では、ピッキング→監査→投薬→薬歴という、調剤の流れの一部を担当します。
在宅を扱っている薬局では、在宅業務や一包化を任されることもあります。
一般的には投薬と薬歴が中心となることが多く、ひたすら投薬という薬局も少なくはありません。

ドラッグストアの場合では、要指導医薬品や第一類医薬品の販売や接客業務を担当します。

調剤併設でないドラッグストアでは一人薬剤師となることも多く、業務量が多くなりがちであるので、注意が必要です。

どのドラッグストアチェーンが一人薬剤師の割合が高いのかは、こちらの「大手調剤薬局・ドラッグストアチェーンの特徴」をご参照ください。

パートと正社員の違い

パートと正社員の違いとしては、雇用契約で定められた範囲の仕事しか任されないということが挙げられます。
契約で決まった時間以外の勤務や、在庫管理などの業務については、パートは行う必要はありません。

薬剤師がパート求人を探す際のオススメの職場

薬剤師のパート求人を探す際に、オススメできる職場をまとめました。

パート薬剤師にオススメの職場

  • 自宅から近く、アクセスのよい職場
  • 忙しすぎない職場
  • 似た境遇(ママ同士など)のパートさんが多い方職場
  • シフトの希望が通りやすい職場
  • 人間関係の良い職場

1自宅から近く、アクセスのよい職場

パートとして働く場合には、自宅から近い職場を選ぶと良いでしょう。
子どもや両親の体調変化などが起こった場合には、家から近くの職場であれば対応しやすいことでしょう。
急用ができた場合にも、自宅から近ければ用事を済ませてから勤務に戻るということも可能です。

通勤時間を節約することもできるので、忙しい方にもおススメです。
ただし、人間関係が筒抜けになることを嫌う場合には、少し離れた場所の薬局を選ぶようにしましょう。

2忙しすぎない職場

あまりに忙しすぎる職場ではミスもしやすく、人間関係もギスギスしやすいため、避けた方が良いでしょう。
ひたすら投薬をして1日が終わるということもあり、体力的にも負担が大きくなります。

分からない薬があったとしても、周りに聞いたり調べたりする時間もなく、そのまま渡してしまうということも起こってしまいます。

精神的にも余裕のある、忙しすぎない職場で働くことがオススメです。

3似た境遇(ママさん同士など)のパートさんが多い方職場

似た境遇の方が多い職場では、働き方の理解が得られやすいので、非常にオススメできます。

ママさん同士でシフトを調節するなど、持ちつ持たれつで働くことが出来れば、楽な気持ちで働いていくことができます。

ただし、子供が同じ学校の同じ学年など、境遇が似すぎてしまうと、休みが必要なタイミングが重複してしまうので、注意が必要です。

4シフトの希望が通りやすい職場

シフトの融通が利くかどうかも大切なポイントです。
小さなお子さんを抱えるママ薬剤師の方などは、急なお休みでシフトを変更しなければならないときもあります。
パート・アルバイトの人数が多く、パート・アルバイト同士でシフトを調整できる職場がオススメです。

パートさんの働く「枠」は固定されているので、後はその枠に誰が入るのかをどうやって決めているのか。
パート、アルバイト同士がラインなどでシフトについて話し合い、最終的に管理薬剤師に報告してシフトを決める。このような職場であれば、働きやすいでしょう。

他人に押し付けられたシフトではなく、自分たちで話し合って決めたシフトであれば納得して働きやすいですし、困ったときにもお互いに助け合いやすいです。

5人間関係の良い職場

職場の人間関係が悪く、仕事が憂鬱になってしまっては、プライベートにも影響が出かねません。

人間関係が良い職場であれば、わからないことを教え合ったり、悩みを相談したりと、仕事においてもメリットが大きいといえます。

働き始める前に職場を見学したり、面接時に状況を確認したりするようにしましょう。

パート薬剤師が避けておきたい職場

パート勤務を考える際に、避けた方が良いと考えられる職場をまとめました。

パート薬剤師が避けておきたい職場

  • 急なお休みに対応しにくい
  • ひたすら一包化、投薬をやらされる
  • パートなのに正社員並みの責任を求められる
  • 時給の高すぎる職場
  • 売り上げのノルマがある(ドラッグストアなど)

急なお休みに対応しにくい

パートで働く方のほとんどは、ワークライフバランスにおいてプライベートを優先したいと考えています。
子育てや親の介護などでは、体調が急変することも多く、急なお休みをとらざるを得ないこともあります。
そのような場合に柔軟な対応してもらえない職場では、長期的にパートとして働いていくことは難しいでしょう。

ひたすら一包化、投薬をやらされる

いつも働いている正社員と比べると、ピッキングや監査は手間取りがちなので、パート薬剤師は投薬薬歴を優先的に担当するケースが一般的です。
しかし、同じ業務しかさせてもらえない場合では、薬剤師としてのカンも鈍ってしまいがちです。

水剤や軟膏、散剤もたまに調製しないと、薬剤師としてのスキルも低下してしまいます。バランス良く業務を任せてもらえる職場がオススメです。

パートなのに正社員並みの責任を求められる

薬剤師の資格を持って働く以上は、最低限の責任感は必要不可欠です。
しかし、膨大な業務を負わされたり、長時間の一人薬剤師をさせられたりする職場は、避けるべきです。
数値管理在庫管理など、正社員並みの責任を求められる職場では、割に合わないでしょう。

時給の高すぎる職場

時給が相場以上に高い職場では、注意が必要と考えられます。
業務が大変すぎる、人間関係が悪いなど、相場の給与では離職が続いていることが推測されます。
働きたいと考える際には、面接時に時給が高いことの理由を確認するようにしましょう。

売り上げのノルマがある(ドラッグストアなど)

一部のドラッグストアなどでは、売り上げのノルマが設けられていることもあります。
正社員であるなら意識しなくてはならない場合もありますが、パートにまでノルマを課す職場は、あまりオススメできません。

よくあるQ&A

パート求人は競争が激しい?

正社員の薬剤師と同様に、パートにおいても薬剤師は不足しています。
しかし、地域によって、競争が激しいエリアとそうでないエリアが分かれています。

薬科大学がある路線上の薬局や、駅から近い薬局は競争が激しいですが、アクセスの悪い路線や駅から遠い薬局は人手不足となっていることが多いです。

年齢が高くても採用される?

パートにおいては、年齢はあまり問題となりません
調剤の能力に問題が無く、ある程度のスキルを持っている方であれば、問題なく採用されます。

50代以降の世代の方は子育てが終わっていることも多く、子育て世代の穴埋めにおいて重宝されることもあります。

お互いの長所を生かして働くことができることが、パート薬剤師のメリットの一つです。

ブランク明けでも採用される?

ブランク明けについては、あまり心配する必要はありません。
一定期間で慣れてカンを取り戻してくれる方がほとんどであるので、ブランクを理由に採用を断ることはほとんどありません。

高齢かつ未経験(ずっと企業にいた方など)の場合には、薬局によっては採用が難しくなる場合があるので、注意が必要です。

中小では大手との差別化のため、中途の教育体制に力を入れている薬局もあります。
薬剤師確保のため、ブランクありの薬剤師さんを積極的に受け入れているのですね。

実際に「ブランクありの方歓迎」という求人も存在します。
知っていましたか?

そんな「ブランクありの方歓迎」の求人が手に入る転職サイト、それはファルマスタッフです。

ファルマスタッフでは、「ブランクありの方歓迎」の求人を紹介してくれるだけではありません。

「子育てと仕事の両立」支援のための、2つの特典があります。
1つは、提携している認可外保育園に優先入園の権利。
もう一つは、期間の制限はあるものの、保育園料金の一部割引。
補助枠に限りがあるものの、このようなサービスに力を入れているのは非常に好感が持てますね。

詳しく公式サイトでご確認ください。

ファルマスタッフ公式サイトはコチラ

パートとしてNGなことは?

子どもや両親の体調が急変したなど、急遽お休みが必要というケースは、パートにおいては仕方ありません。
しかし、あまりに頻度が多い場合や、自分勝手な行動が目立つ方においては、NGといえます。
また、パートだからと言って全く勉強をしないなど、向上心のない方においても、うまくいかないと考えられます。

パート求人はどうやって探したら良い?

パートの探し方の一つとして、家の近くの薬局に出向いて求人を探す方法もあります。
しかし、パート求人はいつでも出ているわけではなく、タイミングが重要となります。

働きたいと思っている職場の求人に絶えずアンテナを張っておくことは、現実的ではないでしょう。

そのような場合には、薬剤師専門のサイトを利用するようにしましょう。
転職サイトは、正社員が利用することが多いと考えられがちですが、パートでも問題なく求人を紹介してもらえます。
費用も掛からないので、オススメの方法と言えます。

パート・アルバイトの求人数の多い転職サイト

 転職サイト 求人数 高時給
リクナビ薬剤師 37,864件 24,729件(*1)
マイナビ薬剤師 29,142件  不明
薬キャリ 18,649件 9,328件(*1)
ファルマスタッフ 15,749件 時給2000円以上
⇒13,533件
時給2500円以上
⇒3,885件
時給3000円以上
⇒643件
薬剤師転職ドットコム 6,068件 時給2000円以上
⇒5,652件

*1:高時給の定義は不明。当サイトの調査では最低時給は1,800円からであった。

総求人数では、リクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師が断トツです。しかし、マイナビ薬剤師では高時給の求人数は不明です。
ファルマスタッフであれば、時給額ごとに求人を探すことができます。時給にこだわってパート・アルバイト先を探したい薬剤師さんはファルマスタッフの利用がオススメかもしれません。

各転職サイトの登録先

まとめ

  • 薬剤師はパートも売り手市場であり、求人に困ることは少ない
  • 避けた方が良い職場もあるので、しっかりと下調べが必要
  • パートにおいても、転職サイトを利用する価値は高い

薬剤師のパートは、非常にメリットのある働き方です。
育児や介護の間でも働くことができる上、自身の都合に合わせて仕事量も変えられます。
さらに、ダブルワークでスキルを高めたり、正社員と組み合わせることで年収アップを狙うこともできるので、これまでパートとして働いたことのない方も、一度検討してみてはいかがでしょうか。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. パート薬剤師の面接対策、服装や確認しておきたいこと

  2. 薬剤師の単発派遣は高時給だらけ!?大いなる勘違いと正しい利用方法

  3. 派遣薬剤師のドラッグストア求人の特徴と意外なメリット

  4. 派遣薬剤師で働くことのメリット・デメリット

  5. ファルマスタッフ派遣利用の体験談~現役派遣薬剤師が語る

  6. 派遣薬剤師は福利厚生が充実!?有給取りやすいですよ

PAGE TOP