薬剤師5大転職理由

ママ薬剤師の働き方、正社員vsパート社員どっちがいい?

 

ママ薬剤師が産休や育休明けに働き方を変えることは、決して珍しいことではありません。

とある調査では、およそ6割のママ薬剤師が正社員からパート社員や時短勤務へと、働き方を変えています。

出産前と同じ職場で働き方だけを変える人もいますが、一度仕事を辞めてしまい子育てが落ち着いてから転職する方も多いです。

そこで今回はママ薬剤師の働き方において、正社員とパート社員のどちらが優れているのか、両方のメリットとデメリットから比較して行きます。

実際に子育てをされている方だけでなく、これからママ薬剤師となる方にもわかりやすくご説明しますね。

まずは自分に合った働き方を見極めることが、無理なくママと薬剤師を両立できる求人を見つけるコツですよ。

ママ薬剤師が困っているコト

多くの薬剤師さんは、はじめは正社員として勤務をしています。
しかし、ママ薬剤師となってからも正社員で働いていこうとすると、様々な困りごとが出てきてしまいます
いくつか、例を挙げていきましょう。

  • 勤務時間が長く子育てに時間をかけられない
  • 勤務条件が合わなくなる(転勤、勤務時間など)
  • 会社の制度が整っていない(産休・育休、時短勤務など)
  • 職場の理解が得られない
  • 家族の理解が得られない

家庭環境により差はありますが、こんな悩みを持つママ薬剤師は多いはず。

正社員でありながら育児を両立するためには、周囲の理解と協力が欠かせないもの。

周囲とは、夫や両親だけでなく、職場や保育園なども含まれます。
家族の協力や職場・保育園の理解がないと、働くママへの負担が大きすぎて仕事と家庭の両立は難しくなってしまいます。


 
 
 
 

こういった勤務時間や勤務条件などの都合が合わないため、出産後の復帰時にはパート求人を選ぶママ薬剤師が結構いるんですね。

ママ薬剤師がパート社員を選ぶことのメリット・デメリット

すでにお話したように、育児と正社員の仕事は両立が難しいと感じ、パート社員に切り替え・転職をする方ママ薬剤師は多いです。

正社員からパート薬剤師に変えるメリットには、以下のようなものが挙げられます。

ママ薬剤師がパート社員を選ぶことのメリット

  • 働く時間や日数をコントロールすることができる
  • 勤務地を固定することで、自宅から近いエリアで働ける
  • 雑務や残業など、仕事において求められるものが少なくなる

ママ薬剤師にとって、子育ては何よりも大切な仕事です。

特に一人目の子供が生まれ、子育てに慣れないうちは悩みや苦労が多いもの。

子育ては24時間365日年中無休なので、ワークライフバランスが大切になります。

自分の裁量で働き方を変えられるパート薬剤師だと、フルタイム勤務に比べて子どもや家族に時間や余裕を持って接することができますね

正社員で働けるけれども、敢えてパートで働いている薬剤師さんの例

都内で働いているママ薬剤師さん(40代前半)は、お子さんも大きくなり、正社員で働くこともできますが、あえてパートとして勤務しているそう。

その理由を伺ってみました。。

正社員だと異動がありますし、有給も使えない職場です。また、時短社員さんが先に帰ってしまうと自分の残業が増えたり、正社員はカギや電話の当番など雑務や責任も多く大変なのでパートで働いています。

家庭を持つママ薬剤師さんにとって、正社員で働くというのは、やはりデメリットが大きいのですね。

なお、このママ薬剤師さんは正社員よりも収入が下がることの対策として、普段のパート勤務にプラスして週1で派遣薬剤師として働く。いわばダブルワークをすることで収入アップを図っているそうです。

パート勤務に高時給の派遣を組み合わせることで、働きやすさと収入のバランスを図ることができるんですね。
詳しくはこちらの記事で解説していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

ママ薬剤師がパート社員を選ぶデメリット

  • 正社員に比べて年収が低い
  • 薬剤師としてのキャリアにブランクが遅れる不安がある
  • パートでも職場の理解が得られないことがある
  • パートの仕事内容や生活に慣れると正社員に戻れるのか不安になる

実際にパート社員として勤務している方に、パート勤務で不満や不安に感じることについて教えていただきました。

ここでは、そのインタビュー内容をご紹介します。

正社員に比べて年収が低い

「パート社員として働くと、仕事は楽ですが収入が心配です。かかるお金は増えていくのに、収入が減ってしまっているので・・・。」(20代後半 愛知県)
「現在の収入も気になりますが、将来の年金が減ると聞いたので、ショックでした。早く復帰したい。」(30代前半 大阪府)
――パートでは体力的には楽ですが、やはり収入が心配なもの。130万円を超えてパートする方法もあるので、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

薬剤師としてのキャリアにブランクや遅れが生じる

「新薬の勉強が出来ないので、焦りがでてきた。ネットで勉強しても、実際に調剤しないと身につかない気がする。」(30代前半 埼玉県)
「同期が管理薬剤師になったと聞いて、このままパートをしていていいのか心配になった。」(20代後半 兵庫県)
――薬剤師にとってキャリアアップやスキルアップは、生涯の課題ともいえます。当サイトでもキャリアアップやスキルアップの記事をご紹介しているので、参考にしてください。

パートでも職場の理解が得られないことがある

「いつも午後のピーク前に帰っているので、あとで悪口をいわれている気がする。」(30代後半 東京都)
「時短勤務は問題ないが、急なお迎えやお休みには、露骨にいやな顔をされる。」(30代前半 神奈川県)
――ママ業と薬剤師を両立するためにパートにしたのに、ママ薬剤師に理解がない求人に当たってしまうリスクも。
同じ境遇のママ薬剤師が多くいる職場など、働きやすい職場を選ぶようにしましょう。コンサルタントに相談するのもオススメです。

パートの仕事内容や生活に慣れると正社員に戻れるのか不安になる

「今が週2勤務なので、フルタイムに戻れる自信が無い。」(30代前半 北海道)
「まだまだ子どもにも手がかかるので、正社員だとちゃんと育児ができるか心配。」(30代前半 山口県)
――子育てしながら正社員への復帰は、なかなかハードルが高いこともあります。
そんなときは、正社員で時短勤務ができる職場を検討してみてはいかがでしょうか。


 
 
 
 

パート勤務を選ぶと家庭と仕事の両立はしやすくなりますが、その分収入が落ちたり今後の薬剤師人生設計に不安を感じる方も多いみたい。
希望の年収や将来キャリアアップしたい方などは、求人内容だけではなく様々な角度から働き方を検討した方が良いですね。

ママ薬剤師が正社員を続けることのメリット

子育てと仕事を両立する上で、正社員を選択するデメリットは最初にお伝えした「ママ薬剤師が困っているコト」が該当します。

フルタイム勤務と子育ての両立は大変なのでパートを選ぶママ薬剤師が大半ではありますが、正社員を続けているママ薬剤師もいますよね。

大変な生活をしながらも正社員として働き続けることのメリットには、次のようなものがあります。

ママ薬剤師が正社員として働き続けることのメリット

  • 収入を維持できる
  • キャリアアップがしやすい
  • 自然とスキルアップできる
  • 福利厚生や将来の年金で有利

詳しく見て行きましょう。

ママ薬剤師が正社員を続けることのメリット

正社員として働き続けることのメリットには、次のようなものがあります。

収入を維持できる

正社員で働くことには様々なメリットがありますが、一番は金銭的なメリットです。
これから育児にかかる費用を考えれば、先立つものは必要です。
政府の統計(「平成29年賃金構造基本統計調査」における「短時間労働者の職種別1時間当たり所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額」)によると、正社員の薬剤師の平均年収は543.8万円です。
パートの平均年収は230.5万円なので、実に2倍以上の開きがあるのです。

仮に、パートの平均時給である2390円で1日8時間、週5日で1年間フルタイムで働いたとしても年収は497.1万円となり、正社員の平均年収にはとどきません。
パートと正社員の年収の差
更には、将来的な退職金や年金も上乗せされるので、より豊かな将来設計を行うことが出来るでしょう。

キャリアアップに有利

薬局によっては、時短勤務で働きながら、管理薬剤師や薬局長などを目指せる職場もあります。

社員として働き続けることで、時短勤務終了後に一気に出世できるなんてことも。

将来的に年収アップを目指したいなら、正社員を続ける方が有利です。

自然とスキルアップできる

正社員であれば様々な研修を受けることもできますし、日々正社員として働いているだけでもスキルアップが可能です。

またブランクを作らないので、勉強のし直しやスキルを取り戻すのに時間を割く必要もありません。

福利厚生や将来の年金で有利

けがや病気の際の保障は、正社員に勝るものはありません。

厚生年金加入期間が長くなり、かつ生涯年収が上がるので、将来もらえる年金もアップします。

少しでも将来に不安を残したくない方は、正社員として働く期間を長くするのが正解です。

 
 
 
 

正社員として働くことで、一時的な年収だけではなく将来の年金においても金銭的に余裕が生まれます。
ブランクを持たず常に高いスキルと知識を持って仕事に臨みたいという方にとっても、正社員のほうが有利ですね。

ママ薬剤師が正社員を選ぶために必要なコト

金銭面・キャリアやスキルなどにおいて、正社員の方が有利なのは間違いありません。

ただ家庭環境や保育園の状況などにより、働きたくてもママ薬剤師として正社員では働けないという方もいます。

ママ薬剤師が正社員として働くにおいて、必要なことや押さえておきたいポイントをお伝えします。

家族の協力を得る

実家暮らしの方や、旦那さんの帰宅が早い方など、家族が子育てに参加できる環境であれば、ママ薬剤師でも正社員で働きやすくなります。

まずは家族に正社員で働くことを理解してもらい、家族全員で協力して子育てに臨める体制を整えたいですね。

間違っても「自分が家事も子育ても頑張れば大丈夫!」とは思わないようにしましょう。
どこかで無理が出て身体を壊してしまいますよ。

子育て支援をしている企業を選ぶ

企業が子育てに対して理解をしてくれていれば、出産後も正社員のまま働く薬剤師が多いもの。

働こうと考えている求人先が、どの程度子育て支援に取り組んでいるかをチェックしておきたいですね。

ただし、制度が用意されているだけでなく、現場のスタッフがしっかりと理解しているということが重要。

ドラッグストアなどでは、時短勤務を中学生までとしている企業もあるので、正社員のお仕事とママ業の両立がしやすいですね。

自治体の子育て支援を利用する

近ごろでは、子育て支援に力を入れている自治体も増えています。
トワイライトステイなど、遅くまで子どもをみてくれる地域もあるので、うまく活用しましょう。

ママ薬剤師が働きやすい求人を選ぶ

時短勤務を長く利用できること以外にも、子供の体調不良で急に休みが欲しいときに対応してくれる職場を選ぶことも大切です。

応援人員をもらいやすいチェーン店や、元々人員配置に余裕がある店舗がオススメです。

自分以外にママ薬剤師がいる職場も、周囲の理解が得られやすいので良いですね。

DI職など企業は残業が少なく土日祝日も休みなので、正社員でもママ薬剤師が働きやすい環境ですよ。
ママ薬剤師が企業のDI職で働くことについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。


 
 
 
 

子育て支援に力を入れている企業・ママ薬剤師に理解がある職場探しは、コンサルタントにゆだねると簡単です。
今はピッタリの求人がなくても、良い案件が出たらすぐに連絡をもらえるようにしておくと求人を見逃さずに済みますよ。

まとめ

  • パート社員では、柔軟な働き方が出来るため、子どもの面倒をしっかりとみれる
  • 正社員では、給与面やスキルアップ・キャリアアップにおいて有利
  • 正社員ママ薬剤師を目指すなら、環境を整えた上でママ薬剤師に優しい求人を探すことが大切

正社員vsパート社員の結果としては、それぞれに長所と短所があるということでした。

薬剤師としての人生や年収だけを考えれば、正社員として働く方が有利と言えますが、「子育てに時間をかけたい!」という気持ちもあり判断が難しいというママも多いもの。

勤務時間を減らしたいけど収入を落としたくないという方には、ママ薬剤師として派遣で働くという選択肢もあります。

パートよりも高い時給で働きながら、正社員よりも家庭や子育てに時間をかけることができますよ。

ママ薬剤師が派遣で働くことについては、こちらの記事に記載していますので参考にしてみてくださいね。

わたしを含む二人のママ薬剤師による対談で、復帰に悩むママ薬剤師のお悩みにお答えしている記事です。

派遣社員を含め様々な働き方の比較、職場や求人の探し方について詳しくお話しているので、きっと参考になると思いますよ!

転職を成功させるために

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを活用した求人情報の活用が欠かせません。
「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し・活用していけばいいのかを解説します。
⇒ 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

転職サイトを活用した転職成功体験談

筆者は転職サイトを活用することで、転職して「給料」「やりがい」「働きやすさ」の3つとも手に入れることができました。
筆者が転職サイトのエージェントをどのように活用しながら転職を成功させたのか。
実際のやり取りなども交えてご紹介します。
⇒ 薬剤師転職成功談~残業なし・やりがいあり・年収アップの3つを獲得~

オススメ転職サイト

薬剤師の転職サイトってどう違うの?
どこの転職サイトも扱っている求人は同じようなものじゃないの?
このように思う人も多いでしょう。

しかし転職サイトの中には、電話対応だけのサイトや必ず面談してくれるサイト、大手の求人に強いサイトや中小の求人に強いサイトなど、転職サイト毎に特徴や違いがあります。

自身の希望に沿った転職サイトを利用することは、転職成功の第一歩です。
転職に成功した当サイト執筆陣の経験と多くの薬剤師の方のインタビューを元に、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 薬剤師転職サイト徹底比較!転職成功者のオススメ転職サイト

The following two tabs change content below.
チェルシー

チェルシー

大手調剤薬局に勤務後、転勤族であるMRとの結婚により退職。結婚後はしばらくパートで働き、派遣薬剤師に転向。妊活に専念するため退職し、現在は子育てとライターの兼業中。趣味はゲームとネットサーフィン。

こんな記事も読まれています

  1. ママ薬剤師が育児しながら働ける職場~ドラッグストア編~

  2. ママ薬剤師が育児しながら働ける職場~病院薬剤師編~

  3. ブランク明けのママ薬剤師が働ける職場と働き方

  4. ママ薬剤師が派遣で働くということ、経験者が実体験を元に語ります

  5. ママ薬剤師の正社員の転職先としてDI職がオススメな理由

  6. ママ薬剤師の求人探し|小1の壁を超えることができる職場はどこか

PAGE TOP