薬剤師5大転職理由

薬剤師の人間関係トラブル。後悔しない転職先の探し方を教えます!

 

薬局で働く薬剤師さんの一番の転職理由、それはズバリ “人間関係” であると言われています。

薬剤師さんの多くは、一度は人間関係で悩んだことがあるのではないでしょうか?

薬局というものは、とても狭いコミュニティです。
一部の在宅業務を除けば、勤務時間のほとんどを、薬局内のスタッフと一緒に過ごします。
今回は人間関係のよい転職先を探したい薬剤師さんに向け、人間関係でトラブルがない職場の探し方をご紹介して行きます。

まずは実際に調剤薬局で働く薬剤師さんのインタビューを元に、薬剤師の人間関係のトラブルの原因と解決方法を見て行きましょう!

薬剤師の人間関係のトラブル5大原因

実際に、調剤薬局で働いている薬剤師さん数人にインタビューをしたところ、様々な体験や意見を教えていただきました。
大きく分けると下記の5つが “人間関係のトラブル5大原因” となるようです。

調剤薬局の人間関係のトラブル5大原因

  • 周りと合わせられない人がいる
  • 事務さんと薬剤師の関係が悪い
  • 上司や年上薬剤師と合わない
  • 新人や年下薬剤師と合わない
  • 派閥が存在して薬局がまとまらない

実際の事例を見てみましょう。

周りと合わせられない人との人間関係トラブル

店舗の同僚でちょっと変わってるなぁと思う方は正直何人か会いました。
単独行動をとったり、明らかに仕事をしない、忙しくても悪びれもなくさっさと帰ってしまうなど。

変わっているなと思ったのは、やたら知識をひけらかす感じで常に上目線な人ですね。
あれはこうだああだと 聞いてもいないのに話し出す人や、ストーカーっぽい男性がいたり、何故か暑いからとスカートを脱いで白衣を着ていたり…これは論外ですが。


 
 
 
 

周りを見て仕事をできない人、空気を読めない人は一定数存在します。
こういった人は実は「何をすれば良いかわからないけど、話しかけられないので聞けない」という場合も。
都度指示を出してあげることで、上手く仕事ができるようになる人もいますよ。

事務さん・薬剤師間の人間関係トラブル

お局事務さんがいてやたらと、薬剤師に当たりが強かったり、仕事を頼んでもやってくれなかったりします。
他の店舗での話では、気分屋な人がいて理不尽に怒られたり、事務さんが強すぎて薬剤師との溝ができてしまっていたりなどあるようです。

事務さんを下に見る薬剤師がいて、その人をキッカケとして事務さん全体と薬剤師全体の関係が悪くなってしまい、仕事に支障が出ています。
薬剤師全員が事務さんを下に見ているわけではないのにそう思われており、すでに関係の修復が難しい状態です。


 
 
 
 

事務さんと薬剤師は多くの場合待遇が違うのに、仕事量は変わらないかむしろ事務さんの方が多いくらいです。
事務さんがいないとできない仕事・進まない仕事はたくさんあるはず。
仕事のパートナーとして、事務さんを尊敬し協力し合えるよういしたいですね。

上司や年上薬剤師との人間関係トラブル

調剤薬局で働いていた友人は、男女の先輩に無視されていました。
彼女は普通の子なので、明らかに仕事のストレスを彼女にぶつけているような感じでした。

全然こちらの話を聞いてくれず、嫌な思いをしたマネージャーもいたこともありました。
本部で決めたことを押し付けるばかりで、現場の声は一切無視でした。

薬局長が忙しい時間帯に管理業務をするので、患者さんの待ち時間が伸びクレームとなって大変でした。
薬局長はさばけない私たちが悪いというスタンスだったので、職場の雰囲気は最悪でした。


 
 
 
 

自分の意見を押し付けたり、部下を自分の思うように動かそうとしてしまう上司・年上薬剤師は残念ながら珍しくありません。
そういった相手にはあえて教えを乞う・積極的に話しかけるなど、こちらから歩み寄ろうとすると意外にも力になってくれることがありますよ。

新人や年下薬剤師との人間関係トラブル

私たちの世代よりも、ちょっとしたことで辞めてしまう新人薬剤師が多いように思います。
辞められると教育係や薬局長の責任になってしまうので、対応にとても気を遣い疲れています…。

ここ数年、敬語がちゃんと使えない薬剤師が多くて困っています。
ベテラン薬剤師は敬語が遣えないとかなりカチンと来る人も多いので、中堅薬剤師が板挟みになっています。


 
 
 
 

どの業界でも言えるようですが、親に怒られずに育ったなど「怒られ慣れてなくてすぐ辞めてしまう新人」は増えています。
その分学校で6年学んだ知識・経験は高いので、薬局全体で根気よく薬局や社会のルールを教えて育てられるように一度話し合ってみるのはいかがでしょうか。

派閥による人間関係トラブル

薬局長派とお局薬剤師派…など、薬局内で派閥ができてしまうことがありました。
そうなるとコミュニケーションがうまく行かないので、雰囲気も仕事の効率も最悪で困りました。

薬局長と事務長の仲が悪く、どちらかにつく薬剤師・事務さんと、どちらにもつかず両方の顔色を伺っている薬剤師・事務さんがいました。
薬局長と事務長では薬局運営の方針から違っていたので、どっちの意見を聞けばいいのか悩んでばかりいました。


 
 
 
 

派閥は一度できてしまうとなかなか解消できず、人間関係も悪くなります。
意図せず派閥が発生してしまった場合には、本部に相談して一方のトップとなる人物を異動してもらうという方法があります。

人間関係のトラブルの少ない転職先の探し方


このような職場での人間関係のトラブルを避けるため、転職時に確認できることはあるのでしょうか?
実際に働くことなく、職場の人間関係全てを把握することは無理でしょう。

それでも、転職前にある程度までは薬局の人間関係を把握することはできます。

転職活動での3つの段階で、職場の人間関係を探るポイントがあるのです。

  • 求人探しの段階で人間関係を予想する
  • 患者として薬局を訪問して人間関係を探る
  • 職場見学で人間関係を探る

順にみていきましょう。

求人探しの段階での人間関係の良い転職先の探し方

相場よりも条件の良い職場の求人は人間関係を要チェック

お給料が良い、休みが多い、勤務日が働きやすい…
このような求人は、人間関係のトラブルが潜んでいる可能性があります。

相場よりも条件が良いということは、好条件でないと人が集まらないからと考えることができるのです。
その理由は何でしょうか?

  • 既存のスタッフに何らかの問題がある
  • 新人いびりで次々に辞めていっている
  • 忙しくてギスギスしている

忙しく儲かっているために求人の条件が良いという場合もありますが、忙しければ他人に当たる人もいるものです。

好条件の求人だからと飛びつかず、「何故条件が良いのか?」と、その理由をしっかりと確認することが重要です。

条件が良いのにいつも求人が出ている薬局は、転職エージェントの目にも止まりやすいです。
筆者は転職活動中にエージェントさんから「この薬局は条件が良いのにいつも求人が出ているから、何か問題がある可能性が高いので、やめた方がいいです。」と言われたことがあります。

求人の募集背景を聞いてみる

その求人募集は、どのような理由で求人に至ったのでしょうか?

  • 事務さんとの人間関係の悪化
  • 上司やまわりのスタッフと合わない
  • お給料が高くても忙しいからやっていけない

求人の理由が、ネガティブな理由でないかをよく確認するようにしましょう。

採用担当者や現場のスタッフに聞いてもネガティブな理由については教えてくれないことがありますので、転職エージェントを通じて情報収集するのがオススメです。
もしくは求人理由について採用担当者や現場のスタッフが言葉を濁すようなら、ネガティブな理由が隠れているとも考えられます。

患者として薬局を訪れ、職場の人間関係を探る


ある薬剤師さんにインタビューで薬局の人間関係を探るコツをお伺いしたところ、このように教えていただきました。

やはり自分が患者となって薬局に行くことがいいと思います。
初めて行ったところなら保険証の確認から、問診票のお願いなどしなければなりません。
その対応は薬局によって様々だと思います。
うちの薬局の事務は丁寧で明るくていいと思います。
残念ながら、同じ会社でも違う店舗では対応が良くなかったと、私の友達に言われたことがありました。

確かに転職前の職場見学だけでは、人間関係の全てを見抜くのは難しいことでしょう。
そこで、実際に患者として、その薬局に行ってみる。その職場の人間関係を知るための非常に良い方法だと思います。

薬局を訪れる際には、下記の2つのポイントをしっかりとチェックするようにしましょう。

事務さんの対応を確認

対応が悪い人がいると、職場全体の人間関係が悪いという場合もあります。

薬剤師さんの対応を確認

お薬の質問など、一通り会話をしてみると、

  • 普通の会話が噛み合わない
  • 説明の仕方が上目線
  • やたら踏み込んでくる

といった人もいます。

あ~、多分この人とは合わないかな…


 
 
 
 
 
このように感じたら、いっしょに仕事していても大抵合わないでしょう。

スタッフ同士の会話の様子をチェック

雑談していれば良いというわけではないですが、忙しい中でも人間関係が良い職場はスタッフ同士の声掛けが多かったり、ふいに笑顔が見られるものです。
ギスギスして最低限の会話しかしていないような職場は、見ていれば何となくわかることもあります。
調剤室の様子も、シッカリ見ておきましょう。

患者として訪れるタイミングはいつか?

患者として訪れるのであれば、職場見学や転職面接の前が良いでしょう。

患者として行った後に、職場見学をお願いすることで、

 
 
 
 

患者として一度行ったことがあり、素晴らしい薬局だと思っていました。
求人が出ていることを知り、ぜひ働きたいと思って応募しました。

という建前もできるのです。

職場見学や一日体験を先に行ってしまうと、面識が出来てしまいます。患者として薬局に行くことは難しくなってしまいます。

ほとんどの場合は「この間の方ですよね?」と気付かれてしまい、普段の状況を見ることは出来ず、ただ単に失礼に当たってしまいます

その時は気付かなかったとしても、薬歴には履歴が残ってしまうので、後から「あの人、私たちを試していたのかしら?」と発覚する可能性があります。

職場訪問での人間関係の良い転職先の探し方

職場を訪問するこの段階では、実際に管理薬剤師に質問をしたり、職場を見学をしたりと、様々な方法で人間関係を観察することができます。
具体的には次の3つを確認するといいでしょう。

薬局の雰囲気を確かめる

人間関係の良い薬局はどのような職場環境なのでしょう。
インタビューでは、このような意見がありました。

前の店舗の薬局長さんがとても尊敬できる方でした。
薬剤師にも事務さんにもよく気を使ってくださり、時間があれば声掛けをしたり、連絡ノートを作ってコミニュケーションをはかったり…
また、よく差し入れをしてくださいました。

仲のいい店舗だと、わりと休憩室にお菓子などが多いような(笑)
みんなで休憩の際に話しながら、お菓子を食べられる雰囲気ができてるっていう証なのかもしれません。

人間関係の良い職場では、管理薬剤師や事務さんも仲が良く、休憩中にお菓子を一緒に食べるような間柄ということなのですね。

休憩室のお菓子“ は良いチェックポイントかもしれませんね。

スタッフの構成を聞いてみる

性格が合う・合わないということは、短い面接の間で見抜くことはなかなか難しいでしょう。
そこで、

  • どんな年齢層の人がいるのか?
  • どんな人が上の人なのか?
  • 事務の方の対応はどうか?

といったことを、手がかりとして職場の人間関係を確認すると良いでしょう。

管理薬剤師に職場のコミュニケーションで気を付けていることを聞いてみる

人間関係のトラブルは、管理薬剤師やエリアマネージャーなどの上司がどうとらえているかで、状況は大きく変わります。

管理薬剤師が気遣いのできる方やコミュニケーション能力のある方で、日頃からスタッフに声をかけているような職場であれば、人間関係のトラブルは起こりにくいものです。管理薬剤師の人柄を確認するようにしましょう。

見学の時点から薬局長と話して「あんまり感じよくないな…」と少しでも思うなら、その薬局はやめておいた方が良いです。
入職希望者に気を遣えない人が、日ごろスタッフに気を遣っているわけはないですよね。
現場によく足を運んでいる転職エージェントなら、薬局長の人柄まで把握していることもありますよ。

薬局の様子でヒントとなるものを探す

薬局の様子としては、下記のようなものがヒントとなります。

  • 休憩室にお菓子がある
  • 事務員さん同士が仲良くしている
  • 投薬に時間をかける余裕がある
  • 過度に忙しすぎない

これらのように、薬局の様子をしっかりと観察することで、ヒントが得られることもあるでしょう。

トラブルのない薬局でも、忙しすぎればイライラから人間関係のトラブルが生まれます。
処方せん枚数に対して余裕を持った薬剤師数を配置している薬局を選ぶことも、人間関係が良い職場を選ぶ上で大切なことですよ。

転職エージェントを利用して人間関係が良い薬剤師の転職先を探す

薬剤師が転職するときには薬剤師専門の転職サイトを利用することができます。
転職サイトの中には、紹介先の職場に足繁く通い、その職場の人間関係を熟知している転職サイトもあります。
前述のように、管理薬剤師がどんな人なのかまで把握していることもあるんですよ。


人間関係の悪い職場の場合は、「ここはブラックですから辞めた方がいいでしょう。」と教えてくれますし、逆に「この薬局の管理薬剤師さんは30代後半の気さくな方で、職場の雰囲気もいいです。スタッフさん同士がよく笑顔で会話していますよ。」などと、その職場の方の人柄や人間関係までもしっかりと教えてくれます。

更に、転職サイトのサポート内容の一つである「面接同行サービス」を利用するのも、その職場の管理薬剤師の人柄を判断するのに有効です。
エージェントと管理薬剤師が会話しているのをみて、第三者として管理薬剤師の人柄を観察することができるからです。

ただし、注意しなくてはいけないのは、現場の情報に詳しい転職サイトもあれば、現場の情報に乏しい転職サイトもあることです。
これから働く職場の雰囲気や人間関係を重視して転職したい方は、現場の情報に詳しい転職サイトを利用しましょう。

現場の情報に詳しく、面接同行も行っている転職サイトは、マイナビ薬剤師、ファルマスタッフ、薬剤師転職ドットコムの3社ですが、筆者としては、その中でもマイナビ薬剤師を一押しします。

転職先の職場に詳しいマイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、求職者と紹介先の職場との相性や、求職者の働きやすさまで考えて求人を紹介してくれます。
対面面談や面接同行などのサービスに対応しているのはもちろんのこと、大手・中小も含めて、取り揃える求人の種類も幅広く、高年収な非公開求人も豊富に取り揃えています。
必ずや求職者の方にジャストフィットな求人が見つかることでしょう。

  • 現場に詳しいので企業との交渉力が高い
  • 職場との相性や働きさすさを考えて紹介先を厳選してくれる
  • 対面面談&面接同行で安心サポート
  • 保有求人の40%がサイト非公開求人
  • 転職後もアフターフォローあり
詳細を見る
無料登録はコチラ

転職先の人間関係がどうしても不安なときの最終手段

一日体験をしてみる

薬局や紹介会社によっては、一日体験という仕組みを設けている場合もあります。
実際に現場のスタッフと働くことで、その職場の雰囲気をつかむことができるのです。

紹介予定派遣を利用してみる

別の薬剤師さんへのインタビューでは、このような意見がありました。

就職する前に職場見学はできたので、職場の薬剤師の方に色々と丁寧な説明を受け、物腰も柔らかい感じだったので、入ってもやっていけるかなと思い転職を決めました。

実際仕事が始まり患者さんがたてこんで来ると、人が変わったように荒くなり叫んだり物を投げたり、言葉遣いも荒くなり嫌みなどを言ってきたり、私だけでなく全員にその様な事を毎日していました。

このように、「はじめは優しそうな人だったけれども、実はそうではなかった。」というケースもあるようです。
面接の短い時間では、このようなケースは判断することは出来ません。

では、どうしたらよいのでしょうか?
同じ方に対応策をお伺いしたところ、 “紹介予定派遣” という働き方を教えていただきました。

転職した職場が思っていたものと違う状況だったという事を避けるために、ファルマスタッフの紹介予定派遣という制度がいいなと私は思いました。
最初の1ヶ月契約社員の様な形で入社し、後に正社員として続けるかどうかを選べると言われました。
仕事をする上で便利な制度だと思います。

紹介予定派遣という制度は、確かに良い方法ですね。

一定の期間、実際に現場で働いてみることで、職場の雰囲気のおおよそはわかることでしょう。

また、筆者の薬局でも、産休や退職に伴って派遣薬剤師さんを要請することはあるのですが、「この方であればぜひ働いて欲しい」という方に出会うこともあります。

薬局の状況を知った上で勤務をしてもらえればミスマッチも防ぐことができると思うので、求職者側と薬局側の双方にメリットのある方法ではないでしょうか。

薬剤師が人間関係を良くするために必要なこと

転職をして良い職場が見つかったとしても、本人自身も良い人間関係を築いていかなくてはなりません。
インタビューの中では、 “良い人間関係を築いていくための秘訣“ を教えていただきました。

薬局に限らずどこでもそうだと思いますが、やはりチームワークは大切だと思います。
いつでも自分から仕事に取り組む姿勢で、何かあったらすぐフォローする気持ちでいるとわりとスムーズだと思います。

調剤薬局の人間関係で大切なのは、やはりコミュニケーションが大事ですね。
前の薬局長さんは暇があれば、色んなスタッフに話しかけてました。
より早く正確に患者さんにお薬を出すかを考えて意見を聞いたり、こちらのお願いも上手く伝えているようでしたね。
常にどうすればいいか話し合うことで、薬局全体がまとまっていると感じました。

うまく行ってない薬局は「薬剤師が事務に仕事を押し付けて!」とか、
「調剤過誤は事務が入力ミスしたからだ!」とか
薬剤師と事務さんの間に、「別の仕事をしている」という意識があるように思えます。
みんなが役割分担の上でチームで薬局を動かしてるという意識がないと、人間関係トラブルの元になってしまいますね。

私は自分の仕事が空いたときは、「手伝うことないですか?」とか、話しかけに行くようにしてます。
余裕のあるときには雑談を交えながら、予製など時間に追われずにできる作業をするのも良いコミュニケーションになりますよ。

やはり、コミュニケーションが大切ということなのですね。
相手のミスを責めるのではなく、チームとして良い方法を探していきながら、働いていかなくてはなりません。
調剤薬局だけではなく、職場には色々な人がいるのが当然。

意見が合わないと感じることがあっても、コミュニケーションを小まめに取ることでお互いの意見を尊重し合いチームとして仕事を進めていくことが“良い人間関係を築いていくための秘訣“ と言えるのではないでしょうか。

人間関係でトラブルがない薬剤師の転職先の探し方 まとめ

今回は、実際に働いている薬剤師さんのインタビューをもとにして、人間関係のよい転職先の探し方について考えてみました。

人間関係とひとくくりに言っても、事務さんや上司・新人薬剤師、さらには薬剤師の派閥など、調剤薬局で働く上で人間関係の苦労は絶えないようですね。
転職活動をするにあたっては、条件が良いということも大切ですが、 “人間関係” も非常に大切なもの。

せっかく良い条件の求人に出会えても、人間関係が悪く職場に行くのが苦痛なようでは仕事を続けることができません。
ここでご紹介した人間関係の良い転職先の探し方を参考にして、毎日楽しく働ける職場を見つけてくださいね!

転職を成功させるために

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを活用した求人情報の活用が欠かせません。
「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し・活用していけばいいのかを解説します。
⇒ 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

転職サイトを活用した転職成功体験談

筆者は転職サイトを活用することで、転職して「給料」「やりがい」「働きやすさ」の3つとも手に入れることができました。
筆者が転職サイトのエージェントをどのように活用しながら転職を成功させたのか。
実際のやり取りなども交えてご紹介します。
⇒ 薬剤師転職成功談~残業なし・やりがいあり・年収アップの3つを獲得~

オススメ転職サイト

薬剤師の転職サイトってどう違うの?
どこの転職サイトも扱っている求人は同じようなものじゃないの?
このように思う人も多いでしょう。

しかし転職サイトの中には、電話対応だけのサイトや必ず面談してくれるサイト、大手の求人に強いサイトや中小の求人に強いサイトなど、転職サイト毎に特徴や違いがあります。

自身の希望に沿った転職サイトを利用することは、転職成功の第一歩です。
転職に成功した当サイト執筆陣の経験と多くの薬剤師の方のインタビューを元に、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 薬剤師転職サイト徹底比較!転職成功者のオススメ転職サイト

The following two tabs change content below.
アバター

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 調剤薬局薬剤師の人間関係~その苦労と思わぬ役得~

  2. 病院薬剤師の人間関係~薬剤師として頼りにされる存在~

  3. 薬剤師の職場のいじめ、あなたならどうしますか?

  4. CRAの人間関係~必要とされるコミュニケーション能力~

  5. 調剤薬局薬剤師の事務さんとの人間関係の築き方

  6. MRの人間関係~全ては数字のために~

PAGE TOP