管理薬剤師

管理薬剤師の求人探しの注意点

 

薬剤師が好条件の求人を探すときに必ず目にするのが、管理薬剤師の求人です。
管理薬剤師は一般の薬剤師に比べると年収は高い傾向にありますが、そのぶん注意点も多くなります。
そこでここでは、管理薬剤師の求人探しの注意点をご紹介していきます。

管理薬剤師の求人の種類

一口に管理薬剤師といっても、いくつか種類があります。
ここでは、4つに分けてご紹介していきます。

調剤薬局の管理薬剤師


管理薬剤師としてまずイメージされるのが、調剤薬局の管理薬剤師です。
一般的には薬局長が管理薬剤師を兼ねることが多いので、薬局長も兼務することとなります。

調剤薬局の管理薬剤師は、医薬品の在庫と品質を適正に管理することが主な業務です。
また、医薬品に対する責任者というだけでなく、薬局全体の管理を任されます。
年収は高めで、600万円以上が期待できます。

ドラッグストアの管理薬剤師


ドラックストアでも、医薬品を取り扱っているため、管理薬剤師の設置が義務付けられています。
最近では処方箋調剤も取り扱う、調剤併設型店舗なども増えており、幅広い業務を任されます。

調剤併設型店舗においては、店舗全体の管理をする薬局長と、調剤部門の管理薬剤師は別々の方が担当することもあります。
年収は高く、700万円以上を期待することもできます。

企業の管理薬剤師


医薬品を製造販売する企業においても、拠点ごとに管理薬剤師を配置することが、医薬品医療機器等法によって定められています。

製造販売している医薬品が適切に管理されているか、品質管理の体制に問題はないのかなどの情報収集に加えて、申請や報告業務、医薬品や従業員の管理業務が主な業務です。

年収は他の管理薬剤師に比べると低めの傾向にあり、500万円前後にとどまりますが、土日祝日休みであったり長期連休が可能であったりと、ワークライフバランスに優れることが特徴です。

病院の薬剤部長


病院では、医薬品医療機器等法で管理薬剤師の配置が義務化されていないので、「管理薬剤師」という役職はありません。
しかし、実質的な責任者として「薬剤部長」や「薬局部長」といった、病院における医薬品の責任者が配置されています。

医薬品や従業員の管理だけでなく、多職種連携の責任者として様々な業務を任されます。
年収は病院の規模や年齢によりますが、600万円以上が期待できる場合もあります。

管理薬剤師のメリット

管理薬剤師として働くことには、さまざまなメリットがあります。
どのようなものがあるでしょう?

高年収が期待できる

管理薬剤師では、ほとんどの場合一般の薬剤師に比べて、好条件で働くことが可能です。
調剤薬局やドラッグストアでは、600~700万円以上の年収が期待できるので、給与重視の方にとってもオススメです。

キャリアアップやスキルアップにつながる

薬剤師としてのキャリアアップを考えると、管理薬剤師を経験することは避けては通れません。
その先にあるエリアマネージャーや本部役員などを目指す場合においても、管理薬剤師の経験やスキルは必要不可欠です。
また、薬に関する知識だけではなく、Dr.応対のスキルや経営知識なども身に着けられるので、スキルアップにもつながります。

応援(ヘルプ)に行かなくて良い

管理薬剤師は、調剤薬局などの店舗等を管理監督しなくてはならず、兼任は禁じられています。

一般薬剤師のように複数の店舗で働くことはできませんが、裏を返せば応援(ヘルプ)に行かなくても良いというメリットがあります。
場合によっては転勤の頻度も少なくなるので、腰を据えて働きたい場合においても、管理薬剤師はオススメの働き方です。

管理薬剤師の求人選ぶときのポイント

管理薬剤師の求人は数多く出ていますが、どのような求人を選べば良いのでしょうか?

キャリアアップを目指していける職場


管理薬剤師に多い退職理由のひとつとして、管理薬剤師より上のポストを目指せないということがあります。
個人薬局や小規模チェーン調剤では、管理薬剤師の上が社長や役員ということも珍しくありません。

このような場合では、経営者やその親族が占めていることがほとんどで、管理薬剤師よりも上を目指すことは難しいのです。
長期的なキャリアアップを考えるのであれば、キャリアパスの豊富な企業を選びましょう。

サポート体制の整っている職場

管理薬剤師は一般の薬剤師に比べて、様々な知識やスキルが求められます。
具体的には、医薬品の知識はもちろんのこと、制度や法規の知識、経営の知識、在庫管理の知識、コミュニケーションスキルなどが必要となります。

制度や法規などは毎年のように改正されていくので、わからないことがあった時にサポートしてくれる体制が整っていることは、働いていく上で非常に重要です。

応需科目や処方箋枚数に無理のない職場

薬局の応需科目や処方箋枚数も、管理薬剤師として働いていく上では非常に重要です。
大病院の門前などでハイリスク薬が多い場合や、特殊な科目の門前薬局は、管理薬剤師の仕事も大変になりがちです。

処方箋枚数が多い薬局では、扱う薬剤数や在籍するスタッフの数も多く、こちらも業務量は多くなります。

避けた方がいい管理薬剤師の求人


避けておきたい管理薬剤師の求人には、どのようなものがあるのでしょうか。

一人薬剤師の管理薬剤師求人

処方箋枚数が40枚/日以下の小規模薬局は、管理薬剤師が一人薬剤師として勤務することがほとんどです。
高めの年収が期待しやすい一方で、すべての業務を一人で行わなくてはならないので、勤務時間は長くなってしまいがちです。

代わりのスタッフが見つからなければ急な体調不良でも休むことが難しく、長期連休もなかなか取得できません。
調剤においても、自分以外に監査する方がいないので調剤過誤のリスクは大きくなり、日々のプレッシャーもあります。
クレーム対応などで手がふさがってしまうと、薬局の業務自体も停止してしまいます。

40枚/日で一人薬剤師であれば、80枚/日の薬剤師二名体制の薬局の方がオススメです。

開局日が多い、開局時間が長い薬局

開局日が多い薬局や開局時間が長い薬局にも、注意が必要です。
もちろん、基本のシフトは週40時間となりますが、不在時にトラブルがあった場合に連絡が入ったり、まわりのスタッフが体調不良で休んだ際の穴埋めをしなくてはならなかったりと、気苦労が絶えません。
定休日がしっかりと決まっており、開局時間も長くない薬局が理想と言えるでしょう。

あまりに高年収な求人


あまりに高年収な薬局も、可能であれば避けるべきです。
年収が高い職場の多くは、業務が大変であったり人間関係が悪かったりと、何かしらの問題をかかえていることがほとんどです。

前任者がその年収でも辞めてしまっているということを、理解するようにしましょう。
求人に応募する際には、応需科目や処方箋枚数を含めた薬局の環境に加えて、人間関係やフォロー体制などについても、しっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

  • 管理薬剤師はさまざまなメリットがあるので、オススメの働き方
  • 働く場合には、キャリアアップやサポート体制などが良好な職場を選ぼう
  • 一人薬剤師や長時間営業、年収が高すぎる職場には要注意

管理薬剤師は、薬剤師のキャリアを考える上でも、一度は経験することをオススメしています。
しかし、中には忙しすぎる職場も多く、一般薬剤師に比べると責任を問われることもあるので、職場は慎重に選ばなくてはなりません。
ここでご紹介した注意点を参考にして、理想の求人を手に入れてください!

オススメの薬剤師求人サイトは?

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 管理薬剤師の仕事内容とメリット・デメリット

  2. 管理薬剤師のその後3つのキャリアアップ

  3. 管理薬剤師の社外との人間関係

  4. 管理薬剤師が忙しい薬局と忙しくない薬局の違い

  5. 薬剤師歴半年の筆者が管理薬剤師にキャリアアップ転職できた秘訣

  6. 管理薬剤師のパートさんとの付き合い方

PAGE TOP