派遣とパート

ファルマスタッフ派遣利用の体験談~現役派遣薬剤師が語る

 

派遣薬剤師への転職を考えている皆様、派遣会社はもう決めましたか?派遣薬剤師として働くにあたり、どこの派遣会社に登録するか、非常に重要ですよね。
大手で探す場合、薬キャリ、薬ジョブ、ファルマスタッフなどが候補に上がると思います。
ここでは、実際にファルマスタッフを利用している筆者の経験をもとに、なぜファルマスタッフを選んだのか、実際にファルマスタッフを利用した感想や福利厚生・教育制度の内容を詳しくお伝えしていきたいと思います。

派遣を始める上でファルマスタッフを選んだ理由

まずは派遣薬剤師として働き始める上でファルマスタッフを選んだ理由です。
決め手は次の2つでした。

ファルマスタッフを選んだ理由

  • 高時給案件が多い
  • サポート体制が整っている

ファルマスタッフは高時給案件が多い

1つ目は、高時給案件が多いことです。
派遣薬剤師への転職を考えたとき、まず初めにインターネットを用いて、色々検索をかけました。
薬剤師 派遣 おすすめ ランキング」など、割とありきたりなワードで検索すると、ランキングでは大手と言われている3社、薬キャリ、薬ジョブ、ファルマスタッフが必ず上位にランクインしていました。

ネットでのファルマスタッフの紹介文章のほとんどは「高時給案件が多い」とされていました。
さらに「薬剤師 派遣 高時給 ○○県」で調べてみると、筆者が住んでいる地域ではファルマスタッフが一番最初に出てきたのです。その辺りからファルマスタッフが気になり始めていました。

ファルマスタッフはサポート体制が整っている

筆者がもう一つ重要視していたことは、サポート体制が整っているかです。
というのも、筆者は派遣ではない転職を一度考えたことがあり、転職サイトA 社に登録したことがありました。しかし、A 社はメールと電話のやり取りだけで直接会うことはなく、フォローらしいフォローをしてもらえなかったので、直接会って話を聞いてくれる会社がいいと考えていました。
その時、派遣で働いている友人に、ファルマスタッフがいいよと勧めてもらったのです。

友人も初めて派遣登録をしたのがファルマスタッフで、手厚いサポートがあるし、時給も高いと教えてくれました。
ネットで探していた時から一番気になっていた会社だったので、背中を押される感じがして、気づけばファルマスタッフに派遣登録していました。

ファルマスタッフでの派遣開始までの流れ

続いては派遣登録してからの流れです。

ファルマスタッフに登録からエージェントとの打ち合わせまでの流れ


派遣登録をした翌日、すぐに担当者から電話連絡がありました。電話で転職の理由、経歴、希望条件など、1時間ほどかけて一通りの話を聞いてもらいました。
それから1週間後に面談を行い、その時初めて担当者と対面しました。電話で話したことを元に、より深く話をして、希望条件のすり合わせを行い、実際にいくつか求人を見せてもらいました。

筆者が希望した条件全てが当てはまる求人は無かったので、妥協点を探り、どのような働き方をすればより高時給で働くことができるかなどのアドバイスをしてもらいました。
筆者の場合、担当者がとても優秀な方で、無理なものは無理とはっきり伝えてくれたので、迷いなく派遣先の薬局を選ぶことができました。

派遣求人選びの注意点

派遣薬剤師の求人は、正社員やパートなどの求人と違い、数ヶ月先の求人というのはほぼありません
今必要、急に必要になるから派遣を雇うので、最短は明日から働ける求人もあります。そのため、長く正社員で働いていて退職する場合、有給消化中に転職先を探す方が多いと思いますが、慌てて派遣会社に登録する必要はありません。

派遣先が決まってから派遣初日までの流れ

派遣先の薬局が決まれば、次の日から働くという場合を除いて、職場見学があります。
実際に職場を見に行って、薬局の雰囲気や働き方などを見たり、管理薬剤師さんに質問をすることもできます。そこで、なんか違うなと思えばキャンセルすることも可能です。その見学にもファルマスタッフの担当者は付いてきてくれます

職場見学に行ってこの薬局で働くと決めたら、いつから働き始めるかなどの日程調整をして、勤務スタートです。派遣初日もファルマスタッフの担当者は同行してくれます。不安な時に居てくれるのでとても安心感があります。

ファルマスタッフのエージェントは、事前に派遣先の薬局の情報(人間関係や薬局の雰囲気)をリサーチしてくれていたりもするので、とても助かります。

派遣のサイクル

働き始めてからは、3ヶ月ごとの契約更新がほとんどです。
だいたい契約更新月の1ヶ月前に、次の契約はどうするか連絡が入ります。そこで、次の薬局に移りたい旨を伝えると、契約終了日までの1ヶ月の間に次の薬局を紹介してもらえます。そしてまた職場見学に行き、新しい薬局を選ぶというのが、働き始めるまでの流れになります。

次にファルマスタッフのいいところと少し微妙なところをお伝えします。

筆者がファルマスタッフの派遣で働いていて、いいと思うところ

ファルマスタッフは高時給案件が多い

ファルマスタッフ派遣のいいところ一つ目は、高時給案件が多いことです。

筆者の住まいは市街地ですが、時給3,000円を切ったことがありません。(市街地の派遣薬剤師の平均時給は2700円くらい)

派遣のお金の仕組みは、派遣先の薬局が派遣薬剤師に支払う額を決めるのではなく、派遣会社と派遣薬剤師に支払うお金をまとめて派遣会社に支払い、その額から派遣会社が薬剤師に支払う額を決めているのです。
高時給案件が多いということは、派遣会社側の取り分を少なくして、薬剤師に還元してくれていると言えます。同じ薬局なのに、派遣会社が違うと時給が違ってくるのはそのためです。

ファルマスタッフはサポートが手厚い

ファルマスタッフ派遣のいいこと二つ目は、サポートが手厚いところです。

派遣登録してからの流れでも触れましたが、担当者が薬剤師に寄り添ってくれる感じがします。職場見学や派遣初日に同行してくれたり、派遣先の薬局で問題が起きれば飛んで来てくれたり、派遣先の薬局が合わなければすぐ次の派遣先を見つけてくれたり、常に薬剤師と派遣先の薬局の間にたって、守ってもらっている感じがとてもします。

派遣薬剤師として初めて働く方にはとてもおすすめです。

ファルマスタッフは教育制度が充実

サポートという面でもう一つおすすめなのは、教育制度です。
例えば、日々の業務で生じた薬に関する悩みや疑問に答えてくれるファルマスタッフDI室というものがあります。

画像引用元:ファルマスタッフ

派遣先の薬局で聞ける人がいなかったり、忙しくて業務中に調べることができない場合、仕事終わりに、メールでサクッと聞くことが出来るので大変助かります。

その他に日本薬局学会が主催するファーマシーセミナーに無料で参加できたり、有給教育制度を利用することもできます。
この制度を利用すると、有給でキャリア支援研修を受けることが可能です。キャリア支援研修には、認定薬剤師単位が申請できるJPラーニングを使用するので、決められた学習を行い、レポートを提出すると、認定薬剤師の受講シールをもらうことができます。
ファルマスタッフの教育制度は派遣会社一と思います。

筆者がファルマスタッフの派遣で働いていて、微妙だと思うところ

逆にファルマスタッフで働いてみて、少し微妙だなと感じたところも正直にお話します。

筆者は先にものべた通り、派遣会社を選ぶにあたり、高時給案件が多いことと、サポートの手厚さしか見ていませんでした。
その他の求人数や福利厚生などはどこも似たり寄ったりだと思っていたからです。
しかし、後で調べてみると、派遣会社それぞれに色々な特色があることがわかりました。

求人数は他社に劣る

例えば求人数です。ファルマスタッフの求人数もそこそこあるのですが、薬キャリや薬ジョブに比べると劣ります。
ファルマスタッフは日本調剤グループのため、調剤薬局の派遣には強いですが、ドラッグストアや単発派遣の求人数は少ないのが特徴です。

福利厚生がちょっと手薄

福利厚生面では、ファルマスタッフ加入の健康保険組合は東京薬業健康保険組合なのですが、他の派遣会社が加入している保険組合の保険料と比べると、少し割高なのです。
また、全国の保養所を格安で利用できる制度がありますが、他の健康保険組合と比べると、その数はとても少ないです。
そんなことまで考えて派遣会社を選んでなかったので、後で知って少し残念な気持ちになりました。

ファルマスタッフの福利厚生

ここでファルマスタッフの福利厚生について、いくつか詳しくご紹介していきます。

各種保険について

社会保険や雇用保険は、以下の条件を満たす場合に加入することが可能です。

社会保険

一般:一週間の所定労働時間が30時間以上で、契約期間が2ヶ月を超える場合
短発:①週所定労働時間20時間以上30時間未満、②1年以上の雇用見込み、③昼間学生ではない、④月給8.8万円以上、⑤厚生年金保険被保険者数500人を超える事業所

社会保険加入者は年一回健康診断を無料で受けることが可能です。また、スポーツクラブを法人料金で利用できます。

雇用保険

一週間の所定労働時間が20時間以上で契約期間が31日以上である場合

労災保険

業務上もしくは通勤途中に、負傷した場合補償を受けることができます。

薬剤師賠償責任保険

調剤過誤など、万が一事故が発生した場合補償を受けることができます。この保険については、派遣会社が加入してくれているので、個人負担はありません。

有給休暇について

働き始めた日から6ヶ月間継続して勤務した時点で、その間の勤務日数に応じて所定の日数がもらえます。

産休・育休・介護休暇は法定通りの休業することが可能です。

その他ファルマスタッフ派遣のサポート内容

その他ファルマスタッフのサポート内容として、色々限定イベントを開催してくれています。
例えば派遣就業者向けの派遣就業応援プログラム「働く女性のためのマネーセミナー」など、薬剤師だけではなく、働く女性をサポートしてくれるセミナーへ無料で参加することができます。
薬剤師として働き方に行き詰まった方のために、キャリアコンサルタントによる個別面談を無料で受けることができる支援もあります。

ファルマスタッフ派遣体験談 まとめ

ファルマスタッフの派遣について、かなり赤裸々にお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
筆者が実際に利用してみて、今のところ本当に満足して働くことができています。

確かに、求人数は他の大手2社に比べ劣りますが、それでも十分な求人数があることは間違いありません。特別ドラッグストア希望でなければ、調剤薬局に強いファルマスタッフの方が条件にあった求人を探しやすいと思います。

福利厚生面でも劣るところはありますが、元々ファルマスタッフは高時給案件が多いので、損している部分をカバーすることが可能です。
それより、派遣先見学や出勤初日に毎回同行してもらえることは、とても魅力的です。派遣薬剤師は働く場所が頻繁に変わるので、その都度不安な気持ちになると思いますが、担当者を近くに感じることができ、とても心強いと思うのです。
そのため筆者は残念なポイントを知ってもファルマスタッフを選びます。

高時給の調剤薬局をお探しの方、充実したサポートを受けたいと考えている方、派遣薬剤師として働くことが初めてで不安に感じている方にとてもおすすめの派遣会社だと思います。
これからの派遣会社選びに役立てていただければ幸いです。



The following two tabs change content below.
もも

もも

大手ドラッグストア併設の調剤薬局に就職後、結婚を機に退職。現在は派遣薬剤師としてドラッグストアや調剤薬局で勤務する傍ら、パートナーと愛犬ともにアウトドアや旅行など趣味の時間も満喫中。

こんな記事も読まれています

  1. 派遣薬剤師への転職体験談~女性薬剤師の土日休みという働き方

  2. 派遣薬剤師の時給相場と高時給求人の特徴

  3. パート薬剤師の時給相場と高時給求人4つの特徴

  4. 薬剤師が派遣で働こうと思ったときに知っておきたいことのすべて

  5. 派遣薬剤師のドラッグストア求人の特徴と意外なメリット

  6. パート薬剤師の面接対策、服装や確認しておきたいこと

PAGE TOP