面接・応募書類

薬剤師の転職面接のコツ、ライバルに打ち勝つためのテクニックとは

 

薬剤師の転職市場は売り手市場と言われており、面接の際に薬剤師側に主導権があることも珍しくはありません。

しかしながら、条件の良い求人では求人枠に対して何倍もの薬剤師さんが応募することもあり、薬局側が薬剤師を選ぶというケースも存在します。

今回は、応募の殺到する人気求人の面接を勝ち抜いた筆者の経験もとに、薬剤師の面接対策として、複数の薬剤師さんの中から企業に選んでもらえるコツを、実例を交えながらご説明いたします。

転職の面接対策のための事前準備

面接対策の事前準備として、面接する企業の情報を下調べしなくてはなりません。最低でも、応募先企業のホームページは確認する必要があります。
その中でも特に、この3項目は確認しておきましょう。

  • 企業理念
  • 社是
  • 代表からの挨拶

ほとんどの企業には、会社の方針を謳った企業理念というものが存在しています。

薬剤師の採用においても、企業理念を理解してくれる人や会社の方針に則した人を採用することが基本となります。

面接対策で「企業理念」が大切な理由

企業理念

調剤はもちろん、OTCやサプリメントなどを通じて、患者様の健康をトータルサポートしていきたい

例えば、このような企業理念のドラッグストアチェーンの面接で、次の2人の応募者がいたとします。

応募者Aさん
 
 
 

調剤業務に専念したいので、御社を志望しました。


応募者Bさん
 
 
 

これまでは調剤ばかりだったので、OTCやサプリメントを勉強していきたいと考え、転職を決意しました。
企業理念を拝見させていただき、共感を覚えたので御社を志望しました。

この場合、どちらの応募者が採用されるでしょう?

Aさんを採用した場合、薬剤師さんは「OTCやサプリメントは売りたくない」と考えている可能性が高く、会社の方針と合わなくなってしまう可能性があります。

Bさんの場合は会社のことを理解しており、かつ適正があると考えられるので、面接の合格の確率は上がることでしょう。

希望条件は面接までにまとめておく

転職にあたり、希望の条件や変えてほしい部分があれば、面接までの間にまとめておきましょう。

 
 
 
 

御社に魅力を感じていますが、○○の条件だけが気になっています。

このように、面接時に具体的な条件を提示することで、働く環境を理想とする職場により近づけることができるのです。

面接時に希望条件を伝えるのはデメリットにならないか?

応募者から条件を切り出したら、優先順位を下げられたりしないの?


 
 
 
 
 
面接時に応募者があまりあれこれと希望を言うと良くないと考える方もいらっしゃると思います。

確かに、こちらの希望が相手の求める予算や勤務形態から大きく外れてしまった場合、選考から漏れる可能性は否定できません。

長期的に働く意思がなく「とりあえずこの薬局に合格したい」ということであれば、相手の提示した条件をすべて承諾することで合格率は上がることでしょう。

しかしながら、せっかく転職をするのであれば、少しでも自身の理想に近い薬局で勤務をしなければ、いずれまた転職が必要となってしまいます。

応募者が希望をしっかりと伝えて、解決策や落としどころを探る方がお互いのために良いでしょう。
条件が合わない薬局であれば、そもそも内定が出ない方が良いと考えることもできるのです。

内定後や入職後に条件を変更するのは、他のスタッフへの手前もあってかなり難しいです。しかし、内定前に条件を変更するのであれば、実はそこまで難しくないのです。

採用担当者としても社内に対して「どうしても求人が集まらなかったので、条件を上げて募集した」という建前ができます。現職の方と条件に違いがあっても説明がつきやすいのです。

希望を伝えるのであれば、内定の出る前段階の、面接の前後にするようにしましょう。

応募者の側から希望条件を伝えることで、採用担当者に対しても

この人は本気で考えてくれているんだな


 
 
 
 
 
と良い印象を与える場合もあります。

「応募者から提示された条件をクリアすることができれば、確定でこの人を採用できる」ということにもなるので、相手企業側にもメリットはあるのです。

相思相愛で内定を出すことが採用担当者としては一番大切なので、面接時に応募者が希望の条件を伝えることは何ら悪いことではないのです。

自分から条件を切り出しにくいときには

しかしそうはいってもやはり、自分からは条件を切り出しにくいという方もみえることでしょう。
その場合は転職エージェントを通じて希望条件を伝えることも有効です。
応募者の口からは直接言いにくいことでも、転職エージェントを介して交渉してもらうこともできます。

転職の面接での応対の仕方

転職面接で重視されること

薬剤師の転職面接では、基本的には次の3つが重視されます。

  • 薬剤師のスキルが業務遂行に問題ないこと
  • コミュニケーション能力を備えているか
  • 長く働いていけるか

順にみていきましょう。

転職面接重点ポイント1:薬剤師のスキル

薬剤師のスキルとしては、一般的な調剤業務が滞りなくこなせれば問題となりません。

 
 
 
 

調剤薬局で○○年間勤務しており、以前の薬局は電子薬歴でした。
入力、ピッキング、監査、投薬は一通り問題なくこなせます。散剤や一包化もこなしていました。

このような、一般的なアピールで良いでしょう。

経験が浅かったとしても、勉強熱心でしっかりとスキルアップしてくれそうな方であれば、内定にはさほど影響しないと考えられます。

一部、「即戦力を求む」としている薬局においては、長期間の薬剤師経験や高いスキルが必須要件となっている場合もあります。

転職面接重点ポイント2:コミュニケーション能力

薬局薬剤師は営業職ではないので、コミュニケーション能力は必要十分にあれば良いと考えられています。

まずは、コミュニケーション能力の高い方を選ぶというよりは、「低すぎる方を採用しないための面接」と言った方がイメージに近いでしょう。

「この人は何を言っているんだ?」や「何の話だろう?」と思われるような頓珍漢な回答でなければ問題はありません。

 
 
 
 

あなたは○○県の出身なんですね!
私この間行きましたよ!

 

 
 
 
 

ありがとうございます!お仕事ですか?
何もないところですよね・・・。笑


 
 
 
 

△△が名物なのですが、召し上がりましたか?

このような、相手にとって返答しやすい回答をすると良いでしょう。

面接の会話の中で、「話しやすい人だな」「信頼できそうな人だな」「良さそうな人だな」と思われるようにすることが大切です。

転職面接重点ポイント3:長く働いていけるかどうか

採用活動というのは労力も費用もかかるものです。応募者の薬剤師さんが「同じ職場で長く働いていってくれるかどうか」ということも重視されます。

そのため、転職の面接時では次の2つのパターンの質問が多いです。

  • 直接的に「長く働いてもらいたいのですが問題ありませんか?」と聞かれる場合
  • 間接的に「何かを粘り強く続けた経験があれば、教えてください」と聞かれる場合

期間限定採用などを除き、基本的にはどちらのパターンの質問であっても「ずっと働いていきたい」ということを伝えるようにしましょう。

転職回数が多い方の場合では、転職理由をきちんと説明しなくてはなりません。

 
 
 
 

以前の職場は、夫の転勤時に引っ越しをして退職しました。今回は本社勤務となったので、転勤の予定はありません。

 
このように、気まぐれの転職ではなく、仕方がない理由で転職をしたと説明できると良いでしょう。

ライバルに打ち勝つための転職面接でのテクニック


先ほどの転職面接で重視される3つのポイントでのアドバイスは、云わば基本編。

応募の少ない求人であれば、先ほどの3つのポイントを押さえておけば無難に採用されることでしょう。

しかし、応募の殺到する人気求人ともなると、話は変わってきます。
ライバルに打ち勝つだけの、+αの面接テクニックが必要になってきます。

転職面接に必要なテクニック

先ほどの「長く働いていけるかどうか」のポイントでも触れましたが、面接官からの質問には直接質問をする場合と、遠回しに探ってくる場合の2種類があります。

新卒採用面接での「学生時代に頑張ったこと」などは定番の質問ですが、多くの場合は「一つのことを継続的に続ける忍耐力があるか」という応募者の能力を、遠回しに探っているのです。

相手の言いたいこと、聞きたいことの本質を理解した上で、適切な回答をすることを心がけましょう。

相手の求めていない内容を丁寧に説明したとしても、良い印象を与えることは難しいでしょう。
相手の求めることを、要点をとらえて簡潔に説明することが大切です。

面接官は遠回しに質問することで、応募者の頭の回転の良さやコミュニケーション能力があるかどうかを推し量っているのです。

この人は、こちらの質問に的確に回答できるだけのコミュニケーション能力をもっているかな?


 
 
 
 

転職面接での応用テクニック


応募者の側からアピール材料を伝えるときには、直接言うのではなく遠回しに刷り込んでいくこともテクニックとして重要です。
具体例として、2つのパターンを紹介したいと思います。

コミュニケーション能力のアピールの仕方

コミュニケーション能力が特技の場合には、「コミュニケーション能力に自信があります」と直接的に言うのではなく、次のように伝えてみましょう。

 
 
 
 

普段からいろいろな人とお話をすることが好きなので、親戚との新年会では様々な年代の人と話したりしています。

 
このように少しぼかした言い方をすることで、採用担当者にも潜在的に「この人は話をするのが好きなんだな」という印象を与えることができます。

人間味をアピールする

また、面接の終了後に少し雑談をするなどして、人間味をアピールするなどもテクニックとして挙げられます。

面接の最中に冗談を言ったりすることはもちろんNGですが、相手が見送ってくれる際などに冗談を交えて会話をすると、プラスに働くこともあるのです。

もっとも、ここまでのレベルの応募者は少ないので、あくまで応用編としてお考え下さい。

転職の面接で言ってはいけないこと

他に本命の薬局があることや、それをほのめかすことは言わない方が良いでしょう。

急募の求人などでは、なるべく早く採用を決めたいという企業側の事情もあります。

せっかく薬剤師を採用しても、内定を辞退して他の薬局に行かれてしまっては、採用活動がまた振り出しに戻ってしまいます。

そういった場合では、面接でうまくアピールして採用候補の1番手につけることができても、2番手の方が内定となってしまうのです。

転職の面接時に気を付けること


薬剤師は薬局のイメージを決定づける存在です。

  • 身だしなみがだらしない
  • 相手の目を見て話しをできない

このような、会話をしていて不快感を与えないかどうかもチェックされています。
相手に不快感を与えない服装、身だしなみ、言葉遣いを心掛けるようにすると良いでしょう。

相手の目を見てはっきりと回答をすることで、信頼感をアピールすることが可能となります。

転職成功者の実例をみる

転職経験者Aさん
ドラッグストアチェーンから調剤薬局への転職


Aさんの例では、ドラッグストアチェーンから調剤薬局に転職をされました。
エリアの中でも年俸が高額であったこと、また休日が固定で働きやすい環境であり、かつ休日数も多かったため、募集から間もなく5名の薬剤師さんの応募があったそうです。

転職する際には、薬局の情報を徹底的に調べました
中小チェーンであったため、会社の沿革や目指している理念を調べ、履歴書に盛り込みました。

採用担当の方からは、「ここまで調べてくれる人は初めてです。」と言われ、その後も具体的な条件の話をするなど、終始良いムードで面接をして頂けました。

また、面接の場所が勤務先となる薬局であったので、最後に薬局のスタッフの方全員にご挨拶をしました。


 
 
 
 

○○と申します、今日はありがとうございました。
採用担当の△△さんが選んでくれたなら、頑張って働きますのでよろしくお願いしますね!

 
と、相手の目を見ながら少し冗談めいた感じでお話することで、コミュニケーション能力もアピールしました。

後から聞いたところ、採用担当の方も現場のスタッフに、どの人が良さそうかを参考程度に聞いているそうでした。

 
 
 
 

もともと君は本命候補だったけど、事務さんたちにも聞いたら、満場一致で君だったんだよ。
きちんと挨拶してくれる人はあまりいないからね。

とのことでした。

転職経験者Bさん
製薬会社MRからマツモトキヨシへの転職


Bさんの例では、製薬会社のMRからドラッグストアチェーンである株式会社マツモトキヨシに転職をされました。

マツモトキヨシは人気のドラッグストアチェーンであり、毎年数百名規模の新卒を採用しています。
中途の合格率としては50%程度であると言われており、転職においても狭き門であると考えられます。

Bさんは調剤未経験でしたが、MR出身ということもあり、面接は得意分野でした。

MRとしての経験でコミュニケーション能力は高いということや、様々な領域の担当をしていたので、薬の知識も多少は持っているということをPRしました。

ただし、あまり強く出ると面接官に「調和がとれない人」とみなされる可能性があるので、相手のペースを守ることも心掛けていました。

マツモトキヨシのような大手を志望する方は同業他社も受けていることが多いです。ほかの企業ではなくて「マツモトキヨシに行きたい」という思いをアピールするようにしました。

面接官の方に、「内定を出せばうちに来てくれるな。」と思わせることが重要だと考えました。

  • 新卒時も迷った会社である
  • 今のところ他は受けていないので、残念な結果であった際に他を検討しようと思っている

このように、「マツモトキヨシに行きたい」という思いを少しずつ刷り込んでいくように心がけました。

薬剤師の転職面接についてまとめ

転職は人生を決定づける、非常に重要なアクションです。
医療業界は高齢化による市場の拡大化の一方で、国費から捻出される調剤報酬は削減の一途をたどっています。

それに伴って条件の良い求人は少なくなってきており、今後はますます倍率が高騰すると考えられています。

良い求人を見つけた際には確実に合格できるように、今回ご説明した面接のコツをご活用いただければ幸いです。

薬剤師の面接対策に強いオススメの転職サイト

薬剤師の面接対策を強力にバックアップしてくれる転職サイトはどこでしょう。

それは、次の2つの転職サービスを提供してくれる転職サイトです。

  • 対面カウンセリング
  • 面接同行

対面でカウンセリングすることで、きめ細やかな面接サポートを受けることができます。電話面談だけのカウンセリングよりもエージェントとの距離が近いので本音がで話しやすいですし、その分、精度の高い面接対策ができます。

面接同行サービスがあれば、面接の場で様々なバックアップを受けることができます。面接の場の空気を和ませたり、会話を繋いだりと、面接が苦手な薬剤師からも好評なサービスです。
面接の場に同行することで、多くの面接ノウハウを持っていることも強味ですね。

この2つのサービスを提供してくれる転職サイトは、マイナビ薬剤師、ファルマスタッフ、薬剤師転職ドットコムの3社です。

特に、マイナビ薬剤師とファルマスタッフはエージェントの営業拠点数が同業他社に比べ圧倒的に多いです。営業拠点が多いということは、それだけエージェント一人一人の担当範囲が狭くなるので、より多く現場に足を運ぶことができます。
この2社は現場に詳しいことでも有名なので、転職を考える多くの薬剤師にオススメできます。

オススメ1 マイナビ薬剤師


マイナビが運営する薬剤師転職支援サービスです。
紹介先企業の現場情報に圧倒的に詳しく、転職サイト中随一の求人情報を保有しています。保有求人のうち、約40%が好条件な非公開求人です。
転職後も職場の状況を確認してくれるという、アフターフォローの手厚さも特徴です。

マイナビ薬剤師の詳細を見る
公式サイトを見る

オススメ2 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
日本調剤が運営する薬剤師転職支援サービスです。
業界No.1の在籍エージェント数と営業拠点を誇るため、現場の情報に詳しいです。
必ず面接に同行することをウリの一つとしています。大手調剤チェーンが出身母体であるため、調剤薬局の業務内容に詳しいのも強味です。

ファルマスタッフの詳細を見る
公式サイトを見る

オススメ3 薬剤師転職ドットコム


アインホールディングスのグループ会社であるメディウェルが運営する、薬剤師転職支援サービスです。
はじめて転職する薬剤師さんは、大手調剤チェーンを辞めて中小チェーンに転職というパターンが多いです。
そんな中小調剤チェーンの求人に強いのが薬剤師転職ドットコムです。
転職時の年収アップ率127%を謳い文句にしているのも特徴で、中小チェーンに転職して年収アップを狙いたい薬剤師さんには外せない選択肢です。

薬剤師転職ドットコムの詳細を見る
公式サイトを見る

転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

薬剤師生活において、1度や2度の転職自体は珍しくありません。
でも中にはせっかく転職したのに、新しい職場に満足できず、転職を何度も繰り返してしまう人も…。
転職エージェントとして働いていた筆者が、『転職に成功する薬剤師』と『転職に失敗する薬剤師』の特徴を、事例をもとにお伝えします。
転職エージェントを有効利用して転職を成功させるコツもまとめてありますので、転職を考えている方はぜひチェックしてくださいね。
⇒ 転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い


「紹介会社」「求人企業」の両面から、薬剤師の転職業界に関わってきた筆者が知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
アバター

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の転職履歴書、人気求人でライバルに差を付ける書き方

  2. 【実例解説】薬剤師が転職のときに使えるアピールポイント6選

  3. 薬剤師の職務経歴書の書き方と差をつける方法

  4. 薬剤師の転職での自己分析のやり方【実例付き】

  5. 薬剤師の落ちる面接の特徴、思わずやってしまう!?

PAGE TOP