異業種転職

薬剤師が薬局から病院に転職して後悔しない?働いていける?経験談を元に解説!

 

調剤薬局のルーティンワークに飽きてきたし、薬学生時代に一度は憧れた病院で働いてみたい!
けど、病院って給料安くて、夜勤も多いって聞くし、どうなんだろう…

残念ながらすべてその通りです。

それらデメリットに悩みながらも調剤薬局から病院に転職した筆者が言えるのは、転職せずに悩んでいるのと、実際に働いてみるのは大違い。
薬剤師として一度は病院で働いてみるのはあり!ということです。

では、実際に調剤薬局から病院に転職するというのはどういうことなのか。転職する際のアピールの仕方も含め、調剤薬局から病院へと転職した経験をもつ筆者が説明していきたいと思います。

薬剤師が薬局から病院に転職する理由

調剤薬局から病院に転職してくる方は、何を求めて病院に転職してくるのでしょう。よくある転職理由は次の3つです。

スキルアップしたい人、知識を深めたい人

病院では注射業務や治験業務、ミキシングや製剤業務など調剤薬局では学べない業務があり、スキルアップが望めます。
そのため、スキルアップしたい人、薬剤師として知識を深めたい人が調剤薬局から転職してきます。

調剤薬局での単調な業務に飽きた人

変化を求めて調剤薬局から病院に転職してくる薬剤師の方もみえます。

調剤薬局の業務は、処方箋の受付、調剤、監査、投薬の繰り返しで仕事の多様性がありません。
場合によっては在宅業務や往診同行もあるでしょうが、総じてルーティンワークが多いですよね。

しかし、病院では調剤薬局での業務に加え、注射薬の調剤・監査、ミキシング、病棟業務、チーム医療への参加、治験業務、製剤業務など多岐に渡ります。
様々な業務に携われることも病院薬剤師の魅力の一つです。

薬剤師としての力を十分に発揮したい人

薬剤師らしさ、薬剤師としての職能を十分に発揮したいと考え、病院に転職してくる方もみえます。

調剤薬局ではカルテを見ることができないので、薬歴や処方内容、投薬時の患者様の訴えから病状を推測するしかなく、処方意図を知る機会が少ないです。

服薬指導でも、薬局では「先生に言ってありますので」と言って病状を伝えてくれない患者様がみえることも。
そんなときは、薬剤師としての力を発揮できないと感じてしまいますよね。

そんな調剤薬局での業務に物足りなさを感じる方が病院に転職してきます。

病院での入院患者様への服薬指導では、カルテを見ることができますし、医師からの服薬指導依頼もあります。
「薬のことは薬剤師から説明がありますので」とあらかじめ患者様に伝えてくれる医師もいます。

そのため服薬指導がやりやすく、薬剤師としての力も存分に発揮できます。

調剤薬局の投薬口での服薬指導と、病院のベッドサイドでの服薬指導では患者様との距離感が違うように感じます。
薬局よりも病院の方が、患者様に頼りにされていると実感できます。

さらには、病棟薬剤業務実施加算が承認されたことにより病棟業務にも力を入れる病院が増え、ますます薬剤師の活躍の場が増えています。

病院薬剤師の求人が豊富な薬キャリの詳細はこちら
※薬キャリの評判・特徴を転職エージェント2人がどこよりも詳しく解説します!

筆者が薬局から病院に転職した理由

私が薬局から病院に転職した理由は2つあります。

1つ目は、調剤薬局という場所では、薬剤師として知識を深めたり広げたりするには限界があると感じました。それと同時に医学や薬学の進歩から取り残されるような焦りを感じたからです。

2つ目は、薬をお渡しするだけではなく、もっと患者様への治療に介入したり、薬剤師以外の医療従事者とも密に連携をとり、患者様をサポートしていきたいと考えたからです。

調剤薬局でもできるじゃないかと思われる方もいるかと思いますが、投薬口でのアプローチではなかなかそこまでいく例は少なく、ベッドサイドでの投薬や病棟業務でなら行いやすいと考えました。

調剤薬局から病院に転職する薬剤師の年齢と性別

調剤薬局から病院への転職理由がわかったところで、次は年齢と性別など、どのような方が調剤薬局から病院に転職してくるのでしょう?

私の知る範囲にはなりますが、次のような方が多いなと思います。

20代の転職が多い

20代の薬剤師の転職が多いです。

ただでさえ病院薬剤師への転職はハードルが高いイメージがありますが、年齢が上がるとさらに転職のハードルが上がると考える人が多いようですね。

確かに家庭持ちの方にとっては、病院の給料の低さや夜勤・休日出勤などの不規則な勤務がネックとなり、病院で働くこと自体が難しくなる場合も多いようです。

女性が多い

薬剤師全体として女性の方が多いこともあり、病院でも女性の転職組の方が多いです。
しかし、調剤薬局に比べ病院の方が職場内の男性の割合は高いです。

元薬局薬剤師に対する病院での教育体制


病院では、調剤経験のある薬剤師なら2カ月程度、調剤未経験でも4カ月もあれば一通りの業務や院内の流れを理解できます。

薬剤師の病院業務は、調剤以外にも注射、院内製剤、抗がん剤ミキシング・TPNミキシング、治験、病棟業務など多岐にわたります。

私は病院に転職する前は、個人経営の小さな調剤薬局での経験しかありませんでした。そのため、病院の多岐にわたる業務を覚え、一人前に働いていけるのかどうか非常に不安でした。

しかし、この点では心配いりません。
どの病院でも新卒に対する教育制度が整っており、その延長線上で中途社員への教育体制も出来上がっています。

病院での教育体制

多くの病院では、薬剤師の業務レベルの均一化を図れるよう、各業務に対してマニュアルが作成してあります。
一通りの業務や院内の流れを理解できるまで指導し、一人で業務をこなせるまで教育してくれます。それまでは当直を任せられるようなこともありません。

私の勤めた病院では、どうしても定められた期間内に習得できない場合は無理させず、その人に合わせた教育期間をもうけていました。

薬剤部内での教育環境

薬剤部では部員のスキルアップのため、教育に力を入れています。

先に紹介したマニュアルだけでなく、個人のスキルを向上させるために部内研修会を月に1~2回程度開催している病院もあります。
研修会では、各病棟の症例や治療法を紹介しています。

学会発表のサポートをし、成果が出れば論文を書いてみたり、海外の学会で発表するチャンスが巡ってくることもあります。

受動的に研修を受けるばかりでなく、薬剤師のやる気を引き出して能動的に働けるような環境づくりを目指している職場も多いです。

他職種とのマナー研修

病院では、薬剤師以外の他職種を交えてのマナー研修を行います。

病院には薬剤師以外にも様々な職種が一緒に仕事をしています。
そのため、マナーや法律、院内の決まりなども一緒に学ぶ必要があります。これらを学ぶ機会を与えることも病院の責務となっています。
集団学習やグループワークなどを盛んに取り入れている病院も少なくありません。

元薬局薬剤師はすぐに病院の業務に馴染めるか

病院では教育体制が整っており、研修を受けれるとはいっても、薬局薬剤師が覚えやすい業務、覚えにくい業務はあります。

例えば、内服・外用薬の調剤・監査の流れやポイントは調剤薬局と同じですので、元薬局薬剤師であれば問題なくこなせます。

しかし、病院という職場だからこその業務というものはあり、はじめのうちは戸惑うでしょう。
それら薬局薬剤師が理解するのに時間がかかったことは次の通りです。

注射薬の取り扱い


注射業務は慣れるまでに時間のかかる業務の一つです。

薬局薬剤師は注射薬の取り扱いに慣れていないですし、病院では抗がん剤など高度な知識を要する薬を扱う機会が多いからです。
レジメンをもとに抗がん剤の薬歴をとることも、慣れるまでに時間がかかりますね。

薬剤師って薬を用意したり、服薬指導はしますが、実際に患者さんがどういう風に薬を飲んだり、出した注射がどんな器具を使ってどう投与されているかはよくわかりません。

病院で勤務したての頃、よく看護師さんから「フィルター通りますか?」とか「フラッシュした方がいいですか?」とか聞かれたのですが、はじめは意味がわかりませんでした。

フィルターを通るかというのは、輸液フィルターを通るかという病棟看護師からの質問です。
輸液フィルターの役目は、細菌や真菌、配合変化で生じた結晶、アンプルの欠片など不溶性の物質の輸液内混入を防ぐ目的で使用されます。
薬剤の中には、このフィルターの孔径より粒子径の大きいもの、フィルターに吸着しやすいものがあります。そのような薬剤はフィルターを通してはいけないので、そのような質問がきます。

フラッシュというのは生食フラッシュのことです。薬剤によっては混合することにより、沈殿したり懸濁し、含量も低下するため期待する効果が得られない場合があります。
そのようなこと避けるために、配合変化が起こる組み合わせのときは、一度生食でルート内の薬液を洗い流し、その後で別の薬剤を投与するという方法をとります。

このように、薬の性質についても問い合わせがあります。

病院のシステムを理解すること

薬剤部の中だけでも、内服・注射室、製剤室、薬務室、治験、DI室など多部署に分かれています。

病院全体に関しても、診療科も多く、入院と外来のシステム、タイムスケジュールなど覚えることが山積みです。慣れるまで時間がかかるでしょう。

元調剤薬局薬剤師の面接アピールの仕方

元薬局薬剤師は病院未経験とはいっても、調剤経験者ということである程度の仕事はでき、スムーズに仕事に入っていけるので、その点では即戦力になります。

調剤薬局でも服薬指導業務はありますよね。もし病棟業務を任されても、患者とのコミュニケーションのとりかた、介入の仕方などを心得ているので、指導に手間をとらせないこともアピールポイントの一つになります。
その点においては、病院でしか働いたことのない薬剤師より優れている場合もあるのです。

退院時指導においても、退院後に患者様がどのようなことに困るのかなど経験から推測することができるので、あらかじめ対処することができるのも強みの一つです。

自身の持っているそれらの経験値に加えて、病院で専門性を高めてさらに知識を増やし、業務に役立てたいという気持ちも伝えると良いでしょう。

薬剤師が調剤薬局から病院に転職してよかったこと、つらかったこと

薬剤師が調剤薬局から病院に転職することはメリットばかりではありません。当然デメリットもあります。

病院へ転職を検討する際には、メリットばかりではなく、それらデメリットも知っておきたいもの。
それらメリット・デメリットをお伝えしますね。

知識を深めることができる

医師、看護師からの問い合わせも多くいため、必然的に論文を読んだりインタビューフォームを読む機会も増えます。
また、部内外の勉強会や学会へ参加する機会も増えます。

周りが意識が高い人が多く、いい刺激を受けることができます。

病院薬剤師は忙しさから心身ともに疲れ果てる毎日ですが、やりがいはそれ以上にあります。

給料が安いこと

調剤薬局から病院に転職した筆者の場合、初年度の給料の比較では、病院の方が100万円ほど年収が低かったです。

ベースとなる基本給が安いのはもちろんのこと、夜勤手当や休日出勤手当も安いです。年収ダウンは覚悟の転職でしたが、働いてみるとやはりきつかったです。

夜勤や休日勤務がある

調剤薬局は、土曜日半休の日祝休みですが、病院では夜勤や休日勤務があります。不規則な勤務に体も気持ちも慣れるのに時間がかかります。

夜勤が1人体制

1000床近い病院の一人夜勤は体力面、精神面でかなりのストレスを感じます。
調剤も内服、注射、その中に麻薬や抗がん剤の調剤もあり、さらに神経を使います。
調剤、薬の払い出しに加え、医師、看護師の対応も行わなければなりません。加えて、夜間に外来の調剤もあるので、16時間の勤務中は休む暇もありません。

病院での薬剤師の地位の低さ

病棟看護師や医師からの理不尽な要求に、手をとられることも多々あります。


給料面からすると魅力は少ない病院薬剤師ですが、薬剤師としての力量を十分に発揮したい気持ちを持っている人は病院に転職してきます。

しかし、その給料の安さや激務から、数年間病院で経験を積んで調剤薬局へ転職する人も一定数いることも現実です。

調剤薬局から病院に転職した薬剤師は転職に満足しているか


調剤薬局から病院への転職にはメリット・デメリット様々ありますが、実際に転職した方は転職に満足しているのでしょうか?

私の回りの方を見る限り、みなさん満足しているように見受けられます。もちろん私自身もです。

体力面、精神面できつかったり、その他事情でやめることになったとしても、病院薬剤師として働きたいと思い転職した結果、病院薬剤師を経験でき、良くも悪くも「こんなものなんだ」と身をもって感じることができます。

病院での仕事が自分に合っていればそのまま病院で勤務を続け経験を積むことができ、辞めたとしてもまた次に繋がる経験だからです。

私は病院で働いた後、結婚で辞めることになり、現在は再び調剤薬局で働いていますが、病院薬剤師としての経験は今でもとても役立っています。

病院に転職したことで後悔したことといえば、もう少し規模が小さい病院を選べばよかったなとは思ってます。
せっかくなので色々な業務を経験したくても、大病院ではなかなか異動がなかったのです。
病院の規模が小さければ、一人でいくつか病棟をもてたり、注射も内服もというように幅広い業務が経験できのに…と感じました。

病院薬剤師の求人が豊富な薬キャリの詳細はこちら
※薬キャリの評判・特徴を転職エージェント2人がどこよりも詳しく解説します!

まとめ

調剤薬局から病院に転職してくる人は一定数存在しますし、調剤薬局時代の経験を活かして活躍している方も見えます。

調剤薬局と違い、若いうちの転職が有利なのも事実です。
転職できる年齢のうちに思い切って病院に転職し、いろいろと経験を積んでみてもよいのではないでしょうか。

病院で働くということはメリット・デメリットの双方が存在しますので、それらをよく理解した上で転職先を吟味しましょう。

▼病院の求人保有数No.1の転職サイトはコチラ▼
薬キャリ
\1分で登録完了/
薬キャリに無料登録する
※薬キャリの詳細は「薬キャリの評判・特徴を転職エージェント2人が赤裸々に暴露!」の記事で解説しています。

転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

薬剤師生活において、1度や2度の転職自体は珍しくありません。
でも中にはせっかく転職したのに、新しい職場に満足できず、転職を何度も繰り返してしまう人も…。
転職エージェントとして働いていた筆者が、『転職に成功する薬剤師』と『転職に失敗する薬剤師』の特徴を、事例をもとにお伝えします。

転職エージェントを有効利用して転職を成功させるコツもまとめてありますので、転職を考えている方はぜひチェックしてくださいね。
転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い


転職サイト比較

転職エージェントとして働いていた筆者が知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元にご紹介します。
元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
まさ

まさ

大規模病院に勤務する病院薬剤師。現在は薬物療法専門薬剤師の資格取得を目指してます。臨床と研究を両立できるように勤しんでいますが、病院薬剤師の給料が低いのはやりがいでカバー。趣味はサッカーと投資。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師が病院から病院に転職するのって大変?経験者の体験を解説します

  2. 調剤薬局

    薬剤師が病院から薬局へ転職する悩み・不安を経験者が徹底解決!

  3. ドラッグストアから調剤薬局への転職、気を付けるポイントは?

  4. 薬剤師からMRへ転職するときにしっておきたいこと

  5. 【薬剤師の異業種への転職】難関転職先の求人を狙うタイミングはいつ?

  6. ドラッグストア

    調剤薬局からドラッグストアへの転職

PAGE TOP