薬剤師の転職活動

調剤薬局から病院薬剤師への転職

 

調剤薬局の求人に比べて少ない病院の求人。新卒文化が根強い病院薬剤師ですが、調剤薬局から病院への転職は可能なのでしょうか。またその対策はあるのでしょうか。その実情や、転職の際の事前準備や自己アピールポイントについてお話します。

調剤薬局から病院への転職理由

調剤薬局から病院に転職してくる方は、何を求めて病院に転職してくるのでしょう。よくある転職理由は次の3つです。

スキルアップしたい人、知識を深めたい人

病院では注射業務や治験業務、ミキシングや製剤業務など、調剤薬局では学べない業務がありスキルアップが望めます。そのため、スキルアップしたい人、薬剤師として知識を深めたい人が調剤薬局から転職してきます。

調剤薬局での単調な業務に飽きた人

変化を求めて病院に転職してくる方も見えます。
調剤薬局の業務は、処方箋の受付、調剤、監査、投薬の繰り返しで仕事の多様性がありません。場合によっては在宅業務や往診同行もあるでしょうが、総じてルーティンワークが多いですよね。
しかし、病院では調剤薬局での業務に加え、注射薬の調剤・監査、ミキシング、病棟業務、チーム医療への参加、治験業務、製剤業務など多岐に渡ります。
様々な業務に携われることも病院薬剤師の魅力の一つです。

薬剤師としての力を十分に発揮したい人

薬剤師らしさ、薬剤師としての職能を十分に発揮したいと考え、病院に転職してくる方もみえます。
調剤薬局ではカルテを見ることができないので、薬歴や処方内容、投薬時の患者様からの訴えから病状を推測するしかなく、処方意図を知る機会が少ないのが現状です。
服薬指導においても、薬局では「先生に言ってありますので」と言って病状を伝えてくれない患者様もしばしばいます。薬剤師としての力を発揮できないことも多々あります。
そんな調剤薬局での業務に物足りなさを感じる方が病院に転職してきます。

病院での入院患者様への服薬指導では、カルテを見ることができることや、医師からの服薬指導依頼もあり、「薬のことは薬剤師から説明がありますので」とあらかじめ患者様に伝えてくれる医師もいます。そのため、服薬指導がやりやすく、力も存分に発揮できます。

そのためもあってか、調剤薬局の投薬口での服薬指導と、病院のベッドサイドでの服薬指導では患者様との距離感が違うように感じます。病院の方が、患者様に頼りにされていると実感できます

さらには、病棟薬剤業務実施加算が承認されたことにより病棟業務にも力を入れる病院が増え、ますます薬剤師の活躍の場が増えています。

調剤薬局から病院に転職してくる人の年齢と性別

転職理由がわかったところで、次は年齢と性別など、どのような方が調剤薬局から病院に転職してくるのでしょう?
筆者の知る範囲にはなりますが、次のような方が多いなと思います。

20代の転職が多い

ただでさえハードルが高いイメージがある病院薬剤師への転職ですが、年齢がいくとさらにハードルが上がると考える人が多いため、20代の転職が多いです。
年齢が上がると結婚する人の割合も増えてきます。家庭持ちの方にとっては、病院の給料の低さや夜勤・休日出勤などの不規則な勤務がネックとなり、病院で働くこと自体が難しくなる場合も多いようです。

病院薬剤師という一種のステイタスのように感じている人もいます。給料面からすると魅力は少ないですが、薬剤師としての力量を十分に発揮したい気持ちを持っている人は転職してきます。
しかし、その給料の安さや激務から、数年間病院で経験を積んで調剤薬局へ転職する人も一定数いることも現実です。

女性が多い

薬剤師全体として女性の方が多いこともあり、病院でも女性の転職組の方が多いです。しかし、調剤薬局に比べ病院の方が職場内の男性の割合は高いです。

元薬局薬剤師はすぐに業務に馴染めるのか

病院では教育制度があり、病院未経験者でも教育を受ければ働いていけます。
調剤未経験者であれば、一通りの業務や院内の流れを理解できるまでに4カ月程度かかりますが、調剤経験者でしたら2カ月程度で一通りの業務を理解できます

調剤経験者として、理解しやすかった業務

内服・外用薬の調剤・監査の流れやポイントは調剤薬局と同じです。病院業務は未経験でも、元薬局薬剤師であれば問題なくこなせるでしょう。

調剤経験者として、理解が難しかった業務

注射業務と抗がん剤の薬歴

注射業務は慣れるまでに時間のかかる業務の一つです。薬局薬剤師は注射薬の取り扱いが慣れていないことに加えて、抗がん剤など高度な知識を要する薬を扱う機会が多いからです。レジメンをもとに抗がん剤の薬歴をとることも慣れるまでに時間を要するでしょう。

病院のシステムを理解すること

薬剤部の中だけでも、内服・注射室、製剤室、薬務室、治験、DI室など多部署に分かれています。病院全体に関しても、診療科も多く、入院と外来のシステム、タイムスケジュールなど覚えることが山積みです。慣れるまで時間がかかるでしょう。

元調剤薬局薬剤師のアピールの仕方

調剤経験者ということで、ある程度の仕事はでき、スムーズに仕事に入っていけるので、その点では即戦力になります。
調剤薬局でも服薬指導業務はありますよね。もし病棟業務を任されても、患者とのコミュニケーションのとりかた、介入の仕方などを心得ているので、指導に手間をとらせないこともアピールポイントの一つになります。その点においては、病院でしか働いたことのない薬剤師より優れている場合もあるのです。

また、退院時指導においても、退院後に患者様がどのようなことに困るのかなど経験から推測することができるので、あらかじめ対処することができるのも強みの一つです。

自身の持っているそれらの経験値に加えて、病院で専門性を高めてさらに知識を増やし、業務に役立てたいという気持ちも伝えると良いでしょう。

調剤薬局から病院に転職してよかったこと、つらかったこと

知識を深めることができる

医師、看護師からの問い合わせも多くいため、必然的に論文を読んだりインタビューフォームを読む機会も増えます。また、部内外の勉強会や学会へ参加する機会も増えます。
周りが意識が高い人が多く、それにいい刺激を受けることができます。

病院薬剤師は忙しさから心身ともに疲れ果てる毎日ですが、やりがいはそれ以上にあります。

給料が安いこと

調剤薬局から病院に転職した筆者の場合、初年度の給料の比較では、病院の方が200万ほど年収が低かったです。
ベースとなる基本給が安いのはもちろんのこと、夜勤手当や休日出勤手当も安いです。年収ダウンは覚悟の転職でしたが、働いてみるとやはりきつかったです。

夜勤や休日勤務がある

調剤薬局は、土曜日半休の日祝休みですが、病院では夜勤や休日勤務があります。不規則な勤務に体も気持ちも慣れるのに時間がかかります。

夜勤が1人体制

1000床近い病院の一人夜勤は体力面、精神面でかなりのストレスを感じます。調剤も内服、注射、その中に麻薬や抗がん剤の調剤もあり、さらに神経を使います。
調剤、薬の払い出しに加え、医師、看護師の対応も行わなければなりません。加えて、夜間に外来の調剤もあるので、16時間の勤務中は休む暇もありません。

病院での薬剤師の地位の低さ

病棟看護師や医師からの理不尽な要求に、手をとられることも多々あります。

調剤薬局から病院に転職した人達は転職に満足しているか


調剤薬局から病院への転職にはメリット・デメリット様々ありますが、実際に転職した方は転職に満足しているのでしょうか?
筆者の身の回りの方を見る限り、みなさん満足しているように見受けられます。

体力面、精神面できつかったり、その他事情でやめることになったとしても、病院薬剤師として働きたいと思い転職した結果、病院薬剤師を経験でき、良くも悪くも「こんなものなんだ」と身をもって感じることができます。
病院での仕事が自分に合っていればそのまま病院で勤務を続け経験を積むことができ、辞めたとしてもまた次に繋がる経験だからです。

まとめ

調剤薬局から病院に転職してくる人は一定数存在しますし、調剤薬局時代の経験を活かして活躍している方も見えます。
調剤薬局と違い、若いうちの転職が有利なのも事実です。転職できる年齢のうちに思い切って病院に転職し、いろいろと経験を積んでみるのもありではないでしょうか。
病院で働くということはメリット・デメリットの双方が存在しますので、それらをよく理解した上で転職先を吟味しましょう。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ゆっきー

個人経営の調剤薬局に就職後、スキルアップのため大学病院⇒中規模病院へと転職。患者様に役立つ薬剤師を目指し、現在は薬物療法専門薬剤師の資格取得を目指す。

こんな記事も読まれています

  1. 【薬剤師の転職】在職中に転職活動をするメリットとデメリットは?

  2. MRから薬剤師への転職、気を付けるポイントは?

  3. 調剤未経験者が調剤の仕事に転職するときに気を付けることは

  4. 薬剤師の4大転職方法と使い分け

  5. 調剤薬局からドラッグストアへの転職

  6. ドラッグストアから調剤薬局への転職、気を付けるポイントは?

PAGE TOP