薬剤師の転職活動

病院薬剤師から病院薬剤師への転職

 

最先端の医療に携わることができる病院薬剤師。更なるスキルアップを目指して病院から病院に転職する方も少数ながら見えます。
今回は、そんな病院薬剤師が別に病院に転職するときに気になること、気を付けることをご紹介したいと思います。

病院の転職難易度

薬局から病院への転職は、おそらくハードルが高いと思っている方が多いのではないでしょうか。では、病院から病院への転職はどうでしょう?
本稿の筆者は、病院薬剤師から病院薬剤師へ転職を行いましたが、病院から病院の同職種間の転職は、思っているほどそのハードルは高くないように思います。

それは、病院が変わっても基本的な業務は特に変わらないからです。調剤、注射、ミキシング(抗がん剤、高カロリー輸液)、病棟などの業務が挙がると思いますが、病院が変わってもこれらは変わりません。
あえて言うならその病院の規模によって業務の絶対量が変動するため、業務量は規模に比例して増えます。しかし、その場合は薬剤師数も併せて増員されているので、驚くほどのあわただしさはないでしょう。

病院は規模によって業務量が大きく違う

では、『働く病院が変わっても業務内容は全く同じなのか?』これには賛同しかねます。というのも、大学病院、中小病院、個人クリニックなどの病院の規模により、基本的業務以外の業務の上乗せ量がまったく変わってくるからです。

『薬剤師 = 調剤』の概念が強い薬剤師ほど病院の規模による業務量の違いに面食らいます。そのため、病院薬剤師の転職難易度は、転職前の病院と転職先の病院がどれほど業務展開の差が開いているかで違ってくるでしょう。
私の場合は、大学病院から中規模病院への転職で、その業務展開も10から7-8程度だったので、転職の難易度は低かったと思います。

では、基本的業務以外の業務には何があるのかというと、例えば、医薬品の臨床試験に携わる“治験”、未承認の医薬品を製造する“院内製剤”、臨床研究や基礎研究などの“研究”、外来通院の患者さんと関わる“薬剤師外来”、緩和ケア、栄養サポートチーム、感染対策チーム、抗菌薬適正使用支援チームなどの“チーム医療”などが該当してきます。

先ほどの挙げた基本的業務でも、病棟薬剤業務加算がん患者指導管理料3の算定有無なども業務量の上乗せとして考えられます。
病院の規模によって、これら業務のあり・なしは大きく違ってきます。転職前に、基本的業務以外の業務内容を確認しておくといいでしょう。

転職組の病院での扱い

病院薬剤師の病院間の転職はあまり見かけません。
病院薬剤師は、余程のことがない限り病院薬剤師会へ入会します。そのため、個人的に横の繋がりがなくても、病院間では横の繋がりが存在します(A病院部長とB病院部長など)。

この病院間の横の繋がりが、実際に病院間の転職を妨げる要因となります。

病院薬剤師として働く職場は勤務している病院だけですが、病院薬剤師として携わる仕事は病院の垣根を超えて行うことも多々あります。そのため、病院間の横のつながりを気にしないで転職すると、引き抜きがあったのか?などと疑われ、今後の仕事がしにくくなることもあり得ます。

病院出身者は即戦力として扱われやすい

結婚や家庭環境の変化、完全な所用で病院間の転職はあり得ます。その際、転職先の病院の受け入れ状況は、その経験年数で違ってきます。
2,3年の若手薬剤師でなければ、ほぼ即戦力としてカウントされます。

そのため、新人薬剤師が受ける教育をある程度すり抜けてしまうことがデメリットでしょうか。しかし、この教育についても1年も働けばほとんど関係なくなるので、まじめに働いていれば問題ありません。

転職後の働きやすさを決めるもの

その病院で使っている電子カルテや薬剤部の部門システムがこれまでの病院と同じが違うかで転職したての時期の働きやすさが全然違ってきます
筆者の場合は、病院薬剤師として5年経験をして転職しましたが、偶然的にも使っているシステムが同じであったので、特に不自由することなく仕事を始めることが出来ました。
即戦力の扱いは、最初は戸惑いましたが、若手薬剤師の先生に教えてもらいながら仕事が出来たので、これもまた楽しかったです。

元病院薬剤師の面接アピールポイント

面接では、自分をしっかりとアピールすることが大切です。
ではそのアピールとは何でしょうか。私が転職活動した経験では、資格と経験が生きてきます。
これまでの病院薬剤師としての経験を堂々と伝えましょう。

専門・認定薬剤師、学位の有無、学会発表歴や執筆した論文数は非常に興味を持ってもらえるポイントです。
筆者の場合は、これらをきちんとアピールしたおかげで、入職後も研究活動に携わることが出来ています。

まとめ

病院薬剤師は、自分のやりたいことに没頭できる数少ない職場です。自分がなりたい薬剤師像に近づけるような職場は最高の環境になるはずだと思います。これくらいはと妥協せず、せっかくの転職を大いに成功させましょう。今回の紹介が、転職の力添えになれば幸いです。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ゆっきー

個人経営の調剤薬局に就職後、スキルアップのため大学病院⇒中規模病院へと転職。患者様に役立つ薬剤師を目指し、現在は薬物療法専門薬剤師の資格取得を目指す。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の就職先には何がある?人気の求人は?

  2. 【薬剤師の異業種への転職】難関転職先の求人を狙うタイミングはいつ?

  3. 調剤薬局から病院薬剤師への転職

  4. 1つの薬局しか経験のない薬剤師が、転職で気を付けること(H30年度版)…

  5. 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

  6. 薬剤師の4大転職方法と使い分け

PAGE TOP