面接・応募書類

薬剤師の転職での自己分析のやり方【実例付き】

 

どんな業種や職種であっても、転職をするに当たって必要となる自己分析。
「今の自分の強みと弱みは何か」、「客観的に見てどう評価されるのか」、「転職によってどのようなことが実現できるのか」など、あらゆる角度から分析しなくてはなりません。
自己分析をおろそかにしてしまうと、さまざまなデメリットがあるのです。
この記事では、薬剤師の自己分析について考えていきます。

薬剤師の転職でも自己分析は必要か?

「薬剤師の転職は売り手市場なので、自己分析なんていらない!」と考える薬剤師さんもいるのではないでしょうか?
しかし、自己分析をせずに転職しようとすると、さまざまなデメリットを生みかねません。

自己分析をせずに転職した場合のデメリット

  • 長所と短所を把握せずに転職を行うと、ミスマッチを起こしてしまう
  • ネガティブな転職理由だった場合、うまく説明できない
  • 今後のキャリアを考えたときに、行き詰まってしまう

これらのデメリットを回避するために、薬剤師であっても自己分析はきちんと行いましょう。
転職を機に自己分析を行うことで、履歴書や面接対策だけでなく、将来のキャリアを考えるうえでも良い効果をあらわします。

自己分析でおさえる3つのポイント


自己分析をする際には、次の3つのポイントをおさえるようにしましょう。

自己分析ポイント

  • 自分のキャリアとスキルの棚卸し
  • 自分の強みと弱みを明確にする
  • 転職によって実現したいことを具体的にする

1自分のキャリアとスキルの棚卸し

自己分析でまずはじめに行うことは、自分のキャリアとスキルの棚卸しです。
つまり、今の自分にはどのようなキャリアがあるのか、どのようなスキルを有しているのか、これらを見つめ直しましょう。
コツとしては、客観的かつ具体的に、第三者が見てもわかりやすく書き出すことです。
資格を取得しているのであれば、後述の強みや弱み、転職で実現したいことの根拠として、うまくまとめましょう。

2自分の強みと弱みを明確にする

次に、自分の強みと弱みを明確にしましょう。
履歴書や職務経歴書の自己PRに記載する「よそ行き」のものではなく、自己理解を行うための自分用のものを作成することがポイントです。
強みをさらに伸ばし、弱みを補うことで、スキルアップの足がかりとすることもできるのです。
こちらは箇条書きで、具体的に書くことがおすすめです。

3転職によって実現したいことを具体的にする

転職を予定している場合には、どんなことに挑戦したいのか、実現したいことを具体的にしましょう。
可能であればキャリアやスキル、強み、弱みをうまく関係させることで、今後の道しるべとなります。

また、転職の際の自己PRは、これまでの自己分析をそのまま使うのではなく、ネガティブな表現を言いかえる必要があります。
応募書類の作成方法は下記の記事でご紹介しているので、チェックしてみてください。

自己分析参考例

ここでは、自己分析の参考例をご紹介します。
あくまで一例なので、自分だけの自己分析を作り上げてください。

キャリアとスキル

キャリア
H24年3月 ○○大学薬学部卒業
H24年4月 ○○製薬株式会社入社(MRとして2年間経験を積む、領域は皮膚科、婦人科、精神科)
H26年4月 ○○ドラッグストア入社(OTC部門半年間、糖尿病内科・整形外科半年間、内科1年間)
H28年4月 ○○調剤薬局入社(一般薬剤師として1年間、管理薬剤師として1年半)
現在に至る

スキル
MR認定資格、研修認定薬剤師資格、漢方・生薬認定薬剤師、公認スポーツファーマシスト、ITパスポート、MOS

自分の強みと弱み

強み

  • 製薬会社でMRを経験していることで、医師とのやり取り、スタッフとのコミュニケーションが得意
  • 製薬会社で皮膚科、婦人科、精神科を担当していたので、特殊な領域の知識が豊富
  • 独学で漢方薬の勉強をしているので、漢方の知識が豊富(漢方・生薬認定薬剤師資格を取得)
  • 大学時代に塾講師を6年間続けており、周りのスタッフの育成にも力を発揮できる
  • ITスキルが豊富で、レセコンやパソコンの取り扱いに長けている(ITパスポート、MOSを取得)

弱み

  • OTCの経験が浅く、実践的なレベルにない
  • 在宅医療の経験がない
  • まだまだ未経験の領域も多く、経験値が絶対的に不足している
  • 管理薬剤師としての経験もまだ1年半で、管理スキルが一人前とはいえない
  • 実務実習指導薬剤師を取得していない

転職によって実現したいこと

  • 今後の業界の展望を見据えた上で、これから必須になるであろうOTCのスキルを磨きたい
  • 同、在宅医療のスキルを磨きたい
  • キャリアパスが豊富な会社で、マネジメント能力を高めたい
  • 多くの薬剤師を教育、指導していく業務に携わりたい

まとめ

  • 薬剤師であっても自己分析は必要不可欠
  • 自己分析を行う際は3つのポイントをおさえよう
  • 自己分析は客観的かつ具体的に書き出すことがポイント

薬剤師は確かに売り手市場ですが、より良い職場の内定を勝ち取るためには、競争に打ち勝たなくてはなりません。
そんなとき、自己分析によって自身の強みと弱みをしっかりと理解いると、自己PRによって受けての共感が得られやすく、内定にもつながります。
自己分析に困った時は、転職エージェントの力を借りることでもヒントを得ることができるので、一度相談してみることもおススメです。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の転職履歴書、人気求人でライバルに差を付ける書き方

  2. 【実例解説】薬剤師が転職のときに使えるアピールポイント6選

  3. 薬剤師の落ちる面接の特徴、思わずやってしまう!?

  4. 薬剤師の転職面接のコツ、ライバルに打ち勝つためのテクニックとは

  5. 薬剤師の職務経歴書の書き方と差をつける方法

PAGE TOP