薬剤師のお仕事データ

漢方薬局ってどんなところ?漢方薬局の魅力と転職で気を付けるコト

 

患者さんの中には西洋薬による効果不足や副作用で悩み、漢方薬の力を借りようとする方も少なくありません。
「漢方薬は副作用が無い」と誤解されがちですが、実際には体質に合わない漢方薬を服用すると、副作用があらわれることも。

そんなときに力を発揮するのは漢方医だけでなく、漢方に精通している漢方薬局の薬剤師です。
漢方薬局に興味を持つ薬剤師も多いですが、経験者も少なく、情報が手に入らないのが現状でしょう。
そこでこの記事では、漢方薬局の魅力や転職で気を付けることをご紹介します。

漢方薬局とはどんなところか

漢方薬局と一般的な調剤薬局の違いについて、解説していきます。

一般の調剤薬局との違い

一般的な調剤薬局では、保険調剤が大半を占めており、医師の発行した処方せんに基づいて医薬品を取りそろえます。
薬剤師は安心安全に医薬品が使用できるように、服薬指導や医薬品の管理を行うことが、業務の中心です。
処方せんに疑義があれば問い合わせることもありますが、どちらかといえば受け身の業務が中心と言わざるをえません。

一方で、漢方薬局では、薬剤師自らが患者さんに対してカウンセリングを行い、必要な漢方薬を選択します。
症状の確認~漢方薬の選択~調剤までのすべてを行うため、薬剤師が中心となって業務を行えることが特徴です。
責任は重大ですが、その分やりがいも大きく、魅力的な職場と言えるでしょう。

処方せんを受け付けるのか?

漢方薬局と言っても、漢方だけを取り扱っている薬局や、保険調剤によって処方せんを受け付けている薬局もあります。
事情は職場によってさまざまなので、どちらが良い悪いということは、一概には言えません。
西洋医学と漢方のどちらも経験することができるという意味では、保険調剤を扱っていることにもメリットがあるでしょう。

しかし、働く薬剤師としては「せっかく漢方の勉強をしたくて漢方薬局にいるのだから、処方せん調剤に追われたくない」と考える方が多く、保険調剤をしていない漢方薬局が好まれる傾向にあります。

日本漢方と中医学

漢方とひとくくりに言っても、日本漢方と中医学という、2つの考え方や流派があります。
日本漢方では、「方証相対(ほうしょうそうたい)」という経験的手法を用いますが、中医学では、「弁証論治(べんしょうろんち)」という理論的手法を用います。
共通している部分もありますが、診断方法や治療方針が異なる部分も多く、うまく使い分けなくてはなりません。
漢方薬局はこれらのいずれか、または双方に基づいて、患者さんの疾病を治療するのです。

漢方薬局の求人の特徴


漢方薬局の求人の特徴について、見ていきましょう。

漢方薬局の人気

調剤薬局で働く中で漢方をもっと勉強したいと考えたり、未病の段階から治療を行える東洋医学に興味を持ったりと、漢方薬局で働きたいと考える薬剤師は多いものです。
セルフメディケーションが推進される中、OTCの漢方薬の売り上げも上昇しており、漢方薬自体の人気も高まっています。
漢方薬局はもともとの数が少ない上、希望する人数も多いので、人気は高いといえます。

転職の難易度

前述のとおり、漢方薬局は数が少ない上に人気が高く、転職の難易度は高いといえます。
また、漢方薬局は利益が出やすい業態ではなく、高額の紹介料を支払うことが難しいため、紹介会社や転職サイトに求人を出すことはそれほど多くありません。
欠員が出たとしても、知り合いや所属する薬剤師会からの紹介で採用が決まることも多く、一般の薬剤師が良い条件の求人を見つけることは、難しいといえるでしょう。

漢方薬局の年収

漢方薬局の給与は低いことが一般的で、調剤薬局から転職すると、年収が数百万円下がってしまうこともあります。
特に、保険調剤を扱っていない漢方薬局では「調剤基本料」や「調剤料」というものは無く、販売した漢方薬だけで利益を上げなくてはなりません
また、一度のカウンセリングに一時間近くを要することもあるので、時間的な効率も良くないというのが現状です。
年収よりも漢方の勉強をしたいという薬剤師さんに、向いている職場と言えるでしょう。

漢方薬局への転職の注意点

次に、漢方薬局への転職における、注意点を見ていきましょう。

教育体制

漢方薬局の経験がない状態で転職する場合には、教育体制をしっかりと確認しましょう。
個人経営が多い漢方薬局では、きちんとした教育体制が用意されていることは、まれと言えます。

経営者や管理薬剤師から教えてもらうことも可能ですが、業務の合間となるため、何から何まで頼りきりになるわけにはいきません。
研修という名目で、「傷寒論」などの漢方書を読んでくるようにと渡され、何も理解できずに辞めていくという方もいます。
漢方の知識に自信が無いのであれば、まずは現在の職場で漢方の勉強をしたり、「漢方薬・生薬認定薬剤師」の取得を検討してみましょう。

年収・福利厚生

前述のとおり漢方薬局は個人経営が多く、年収や福利厚生は、ほとんど期待することができません。
転職時に高めの年収を出してもらっても、経営悪化によって年収を下げられてしまう可能性もあります。
漢方薬剤師の夢を追いかけて転職したものの、結局年収がネックとなり、再度転職をしなくてはならないというケースもあります。

これらのリスクを回避するためには、保険調剤を行っている漢方薬局や、「薬日本堂」や「一本堂」のような、チェーン展開している漢方薬局を検討してみましょう。

転職エージェントを活用しよう

漢方薬局の求人は、高額の紹介料を支払う必要がある転職サイトには掲載されにくいですが、それでも転職エージェントの活用はおすすめできます。
安易に紹介で転職してしまうと、下記のAさんのようなケースもあるため、注意が必要です。
紹介による転職で失敗したAさんの例

私は漢方薬局に興味があったので、調剤薬局から転職で個人の漢方薬局に入りました。
薬剤師会の講演会で知り合った方の紹介です。

年収は、調剤薬局時代と比べて200~250万下がりました。
漢方薬局で正社員として働くのが初めてだったため、格安の給与だったのかもしれませんが、入社して3か月は試用期間ということでした。
試用期間の間は、正社員と同じシフトで働くのにも関わらず、給与は時給で計算され、厚生年金や健康保険などの社会保険には入れてもらえませんでした。

その漢方薬局が特別なのかどうかはわかりませんが、相談する相手もいなかったので、可能であれば転職エージェントなどを利用すべきだと思います。
転職エージェントに相談しつつ、どうしてもという場合には紹介なども組み合わせることがおすすめです。
ただし、転職エージェントの中には紹介報酬を取りやすい、一般的な調剤薬局を執拗にすすめてくる方もいるので、注意しましょう。

まとめ

  • 薬剤師が治療の中心を担うことができる漢方薬局は、魅力にあふれる職場
  • 人気の職場ではあるが、年収が低いことや雇用が安定しないことに注意が必要
  • まずは転職エージェントを利用することがおすすめ

漢方薬局への転職について、解説していきました。
本稿の筆者も多くの薬剤師さんと関わる中で、「キャリアプランの一つとして漢方を勉強したい」という声を、よく耳にします。
しかし、求人が見つからないことや、見つかったとしても条件が良くないために、実現できないということがほとんどです。
研修体制が確保されていない漢方薬局も多いので、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

転職を成功させるために

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを活用した求人情報の活用が欠かせません。
「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し・活用していけばいいのかを解説します。
⇒ 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

転職サイトを活用した転職成功体験談

筆者は転職サイトを活用することで、転職して「給料」「やりがい」「働きやすさ」の3つとも手に入れることができました。
筆者が転職サイトのエージェントをどのように活用しながら転職を成功させたのか。
実際のやり取りなども交えてご紹介します。
⇒ 薬剤師転職成功談~残業なし・やりがいあり・年収アップの3つを獲得~

オススメ転職サイト

薬剤師の転職サイトってどう違うの?
どこの転職サイトも扱っている求人は同じようなものじゃないの?
このように思う人も多いでしょう。

しかし転職サイトの中には、電話対応だけのサイトや必ず面談してくれるサイト、大手の求人に強いサイトや中小の求人に強いサイトなど、転職サイト毎に特徴や違いがあります。

自身の希望に沿った転職サイトを利用することは、転職成功の第一歩です。
転職に成功した当サイト執筆陣の経験と多くの薬剤師の方のインタビューを元に、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 薬剤師転職サイト徹底比較!転職成功者のオススメ転職サイト

The following two tabs change content below.

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 調剤薬局大手と中小の違い それぞれにオススメするのはどんな人か

  2. 人気の求人“大型病院の門前薬局”アナタはその忙しさに耐えられるか

  3. 臨床薬剤師を目指すなら総合病院がオススメな理由

  4. ドラッグストアの調剤専門店とはどのような職場なのか

  5. 大手調剤薬局・ドラッグストアチェーンの特徴

  6. 薬剤師がクリニックに転職するときに知っておきたいこと

PAGE TOP