薬剤師のお仕事データ

病院薬剤師に求められる役割~薬物治療の中心的存在

 

薬剤師には、薬局・病院・卸・行政など多くの職種が存在します。
近年、病院薬剤師の必要性は増大しており、様々な医療職種からの需要も高くなってきています。
今回は、病院薬剤師にどのような役割が求められているかをご紹介しましょう。

病院における薬剤師の役割

病院という職場では様々な職種が働いています。その中にあって薬剤師が病院で果たしている役割にはどんなものがあるのでしょうか。

薬の専門家としての一面

』の文字がついている職業は薬剤師くらいでしょう。その名の通り、薬剤師は薬に関連する様々な役割を担っています。
そのため、薬剤師の病院での立ち位置は『薬の専門家』です。

治療に薬は使われますが、その薬を一番知っているのは薬剤師です。もちろん、医師も薬には詳しいですが、それはあくまで専門分野に限ってという一面を持っています。

薬剤師には、がん、感染をはじめとした専門分野があります。しかし、薬剤師の知識はその専門だけに留まることは決してありません。
薬のゼネラリストとして、痛み止めや胃薬など使用頻度の高い薬やインスリンなどの糖尿病薬、難病指定されているリウマチや潰瘍性大腸炎などに用いられる薬の知識を持っています。
そのため、病院において薬の知識で薬剤師の右に出る職種はありません。

薬物治療の中心にいるのが薬剤師であり、その専門性を十分発揮する責務を持っています。

他職種への情報提供

医療に薬は必要不可欠です。
そのため、入院患者さんに提供される治療は薬を中心に回っているといっても過言ではありません。

薬剤師は薬の専門家としての役割を単独で終わらせることはありません。薬を中心に他の医療職種に情報を提供・還元しています。

医師は患者さんに処方をして薬剤師が説明する。単純なこの過程には多くの職種が関わっています。

看護師は医師からの指示のもと医療をサポートしますが、薬の効果や副作用を知らなければその看護の質は上がらないでしょう。
栄養士は病態に合わせた食事を提供しますが、薬による栄養状態への影響を考慮することでその栄養状態はより向上することが期待できます。
理学療法士睡眠薬や筋弛緩薬などの薬による転倒リスク増加について知っていなければ、積極的にリハビリを行うことはできません。

薬を中心として薬剤師は患者さんへ指導するだけでなく、他職種への情報提供なくして治療が円滑に進むことはありません。

他職種が求める薬剤師の役割

薬剤師単独では医療は成り立ちません。他職種と密接に連携する必要があります。
では他職種から見た薬剤師はどのような存在なのでしょうか。

医師からみる薬剤師とは

医師から薬剤師には、有害な薬物相互作用の回避案の提案など、薬物治療が円滑に進むための手助けを求められます。

医師は得意な薬について薬剤師以上の知識を持っていたりすることも多々あります。しかし、それは医学に即したものであり、真の意味で薬を理解しているわけではありません。
医師は、消化・吸収・代謝・排泄の薬物動態をあまり理解していません。
薬物動態は薬剤師の専門分野だからです。

薬物治療がうまくいかないとき、それは多くの場合薬物相互作用が原因です。
原因を突き止めるため、薬剤師は当該治療以外に用いられている薬を確認し、ときには医師に用法の変更や代替薬の提案などを行います。

薬剤師と医師が共同して治療に携わることは、治療の効果を最大限に引き出すことに繋がります。

看護師からみる薬剤師とは

看護師から薬剤師には、看護を行うにあたり必要な薬の知識の提供と、患者さんへの薬の説明が求められます。
看護学では、薬理学を多くは学びませんので、看護師の薬に対する理解力はあまり高くないのが現状です。

薬の知識提供の例

薬剤師にとって血圧の薬は、カルシウム拮抗薬、アンギオテンシン受容体拮抗薬、アンギオテンシン変換酵素阻害薬、β受容体拮抗薬、α1受容体拮抗薬など多くの種類があります。
これらをすべて同じ『血圧の薬』として理解している看護師は多いです。
しかし、これらの薬は一つ一つが薬効の表し方や副作用の種類などが異なります。そこで薬剤師が、薬の違いに基づいた服薬指導を行います。

患者さんへの薬の説明

飲み薬はただ飲めばいいわけではありません。薬効を邪魔しないようなタイミングで服用するなど、患者さんにはその用法通りにきちんと服用してもらう必要があります。

そのため、薬剤師から看護師に薬の用法の意味を正しく伝え、看護師から患者さんにきちんと『配薬』してもらう必要があります。
患者さんに薬を渡す『行為』自体は看護師の役割だからです。

そこで、薬剤師は看護師に薬の知識を提供することで、看護師の薬を渡すだけの『行為』を『配薬』に昇華させなければなりません。
しかし現実には、薬について自信をなかなか持つことができない看護師さんもいます。
そのときは、専門家である薬剤師から直接患者さんへの説明を希望されることもあります。

看護師に薬の特性を伝え、これに伴った看護を提供してもらうためにも、薬剤師は専門書となって便利屋さんのような活躍が求めらます。

その他の職種からみる薬剤師とは

医師と看護師以外の、栄養士、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、放射線技師などの他職種から薬剤師に求められるものは、薬が人体に与える影響の情報です。

入院している患者さんで全く薬を使わない人はほんの一握りです。薬は1剤だけでも栄養や動作・検査に影響を与える可能性を持っています。薬が人体に与える影響はとても重要な情報なのです。

そこで、他職種からよくある問い合わせには次のようなものがあります。

  • 食欲を低下させるまたは増進してしまう薬剤の有無
  • リハビリを行う上で妨げになるような薬剤の有無
  • 検査をする時に休薬が必要な薬剤の情報提供と休薬の確認

病院ではそれぞれの職種がスムーズに医療を提供できるようにするため、薬剤師には薬による悪影響についての情報提供と、その確認が求められます。

これからの病院薬剤師に求められる役割

病院薬剤師は、中央業務と言われる調剤を長きにわたり提供してきました。
しかし、昨今、薬剤師に求められる業務は中央を離れて病棟にまで進出してきています。
この先の薬剤師には何が求められてくるのでしょうか。

病棟での薬剤師に求められる役割

ここ数年、薬剤師の活躍の場は調剤室を離れて病棟に移ってきています。
病棟では、これまで通り服薬指導を中心に業務を行っています。

しかし、病棟薬剤業務実施加算が新設され、薬剤師に期待される業務は指導だけではなくなりました。

入院してきた患者さんへの初回面談・持参薬鑑別はもちろんのこと、ハイリスク薬の処方監査・投与前の説明、検査値のチェック、薬物相互作用の確認などが薬剤師に期待されています。単に薬の説明をしていた時代からするとその業務量の増加がわかります。

より良い治療に直結する処方提案・代替薬の立案なども新たな業務として提唱されています。

これまで医師や他職種から頼まれていた受動的な介入でなく、薬剤師が主導となった能動的な薬学的介入が求められています。

調剤・薬の知識の提供以外での薬剤師の役割

薬剤師のチーム医療への参画はここ数年で大きく進歩しました。
栄養サポートチーム、緩和ケアチーム、感染制御対策チームなど『薬』からなる薬剤師ならではの介入が求められています。

薬剤師は薬の情報提供だけでなく、薬の適正使用をつかさどることで、医療経済にも大きく貢献してきています。病院薬剤師は勤務している病院だけでなく、日本全国に対してその存在意義を見出しています。

都心では医師不足は解消の兆しを見せていますが、地方では医師不足はまだまだ否めません。

医師の業務負担軽減は盛んに謳われています。処方や検査の代行入力は薬物治療を知る薬剤師だからこそできる業務と言えるでしょう。

医師と薬剤師が共存する領域では、薬剤師の業務展開がますます広がっていくことでしょう。

まとめ

病院薬剤師は薬の専門家としての一面から、患者さんだけでなく医療従事者にも薬の情報を滞りなく伝えることが必要です。
治療を円滑に行うため、薬が中心となっている医療を根底から支える縁の下の力持ちのような存在です。

転職を考える薬剤師の方へ

薬剤師がすぐに辞めていくような会社であれば、受ければ受かりますが、条件のよい求人には応募が殺到します。

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを利用した求人情報の活用がキモです。
応募の殺到する人気求人への転職に成功した筆者の経験を元に、「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し、どのような情報を活用すればよいのか、転職成功のためのノウハウの全てを「薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて」にまとめました。
薬剤師転職の教科書ともいえるものです。
理想の求人を手に入れるための参考にしていただければ幸いです。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師の転職サイト徹底比較

当サイトを運営する薬剤師執筆陣が選んだ、薬剤師転職サイトのランキングです。
薬剤師転職サイトの比較ポイントとは!? これを見れば、もう転職サイト選びで迷わせません!

ランキングを見てみる

The following two tabs change content below.

ゆっきー

個人経営の調剤薬局に就職後、スキルアップのため大学病院⇒中規模病院へと転職。患者様に役立つ薬剤師を目指し、現在は薬物療法専門薬剤師の資格取得を目指す。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師の在宅業務の忙しさとワークライフバランス

  2. 大手調剤薬局・ドラッグストアチェーンの特徴

  3. ドラッグストアの調剤専門店とはどのような職場なのか

  4. かかりつけ薬剤師になることのメリット・デメリット

  5. 新薬開発に貢献できる!さらに高給も目指すならCRA!

  6. ステータス抜群!高給も目指すならMR!

PAGE TOP