転職エージェント

転職エージェントと行う模擬面接のメリットは

 

転職サイト利用することで受けれるメリットのひとつに、模擬面接というものがあります。

転職エージェントが面接官役となり、転職サイトが過去に蓄積した想定問答集を元に模擬面接を行うのです。
はじめての転職面接で不安な方、MRやCRAなどの企業系の難関職種を希望される場合、是非とも受けておきたいサービスの一つです。
今回は、模擬面接とはどういったものなのかをご説明します。

模擬面接を行う前にすること


模擬面接を行う際には、前段階として書面での質疑のやり取りがあります。

転職エージェントは、転職先企業の過去の面接ので求職者とのやりとりをまとめた『想定問答集』というのを保有しています。
模擬面接を行う前に、この想定問答集の質問部分が転職エージェントからメールや書面で送られてきます。
職種にもよりますが、30個前後の質問があります。求職者はその質問に対して回答を記載し、エージェントに提出します。

その後エージェントが内容確認してくれた後、対面面談で内容をフィードバックしてくれます。

模擬面接の内容

模擬面接を行う場所ですが、ホテルのティールームなどでで面会し、実施されることもあります。

模擬面接では、エージェントが面接官役となって想定問答集にしたがって質問をし、求職者が実際に声に出して回をします。

いい大人が面接の練習?と思われるかもしれませんが、初めて転職面接を受けられる方にとってはとても重要なことです。

模擬面接を勧めていくうちに、考えた回答を声に出してみるとスムーズに言えなかったり、回答しているうちに「この回答でよいのだろうか」などの疑問が浮かんできます。
その疑問内容を見つめ直すことで、回答内容をブラッシュアップすることができます。
さらにエージェントが、「その回答なら次にこのようなことが聞かれると予想されます。どう答えますか」と関連した質問をしてくれます。

回答の矛盾を指摘してくれたりと、本番で想定される面接をしてもらえます。

模擬面接の目的

模擬面接では、想定問答集の添削だけではなく、「この部分について深く考察してください。」「このように聞かれたらどうしますか」などのように、更に深く考えさせることを中心に指摘されます。


面接の場では、求職者が体の良い回答をしたしても、面接官は更なる質問をすることで、その回答は表面的な回答なのか、そうでないのかを見抜いてしまいます。

面接官に表面的な回答しかできない求職者だと思われないためにも、求職者に考えさせることが重要なのです。
実際に想定問答集をやりとりするうちに、求職者は自分自身のことをブラッシュアップすることができたり、転職先の知識を身につけることができるようになってくるのものです。
想定問答集の本当のメリットは、この点なのです。
付け焼き刃な、転職先の知識を身に着けるためではありません。

読書において、インプットした内容をアウトプットすることでより理解を深めることができるように、想定問答集も実際に模擬面接を実践することで、その内容が自然と身についてくるのです。

まとめ

転職経験のない方、面接に自身のない方にとって、転職エージェントと行う模擬面接はとても意義のあることです。
はじめは面接に自信がなくても、練習を重ねていくことで面接慣れすることができるからです。
転職の成功率を高めることができるでしょう。

この模擬面接以外にも、薬剤師が転職エージェントを利用するメリットには様々なものあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

元転職エージェントのオススメ転職サイト

元転職エージェントのカオリです。
わたしは転職エージェントとして働ていた経験があり、現在は求人企業側として大手紹介会社・地元密着のエージェント様とお取引があります。

そんなわたしが知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元に、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
アバター

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 新卒薬剤師が転職サイトを利用するとどうなるのか?

  2. 転職エージェントの仕組み、安心して利用していいの?

  3. 薬剤師の転職エージェントの選び方、デキるエージェントの特徴とは

  4. 薬剤師転職エージェントの活用方法のすべて

  5. 薬剤師が転職サイトを利用するデメリット

  6. 複数の転職サイトに登録することのメリット・デメリット

最近の記事

PAGE TOP