薬剤師のお仕事データ

薬剤師がクリニックに転職するときに知っておきたいこと

 

薬剤師が「臨床薬剤師」として働きたい場合、選択肢として病院の薬剤部に所属する薬剤師とクリニックの院内薬局に所属する薬剤師の二つが挙げられます。

薬科大学では、病院薬剤師については詳しく教えてくれますが、クリニックについては学ぶ機会があまりないので、クリニックの薬剤師が実際にどのような環境でどんな仕事をしているのか分からない人も多いのではないでしょうか?

クリニックは病院の規模を小さくしただけというイメージから、クリニックでの仕事は病院での仕事と基本的には変わらないと思っている人も中にはいるかもしれません。

私は、総合病院、小規模病院、調剤薬局、そして2つのクリニックに勤務していたことがありますが、そのうちのクリニックは私が薬剤師としての初めての勤務した職場でもありました。

クリニックの薬剤師自体が少ないため、あまり情報を得ることもできないまま上記のイメージのみで就職を決めてしまったのですが、実際に働いてみて思った感想は、「クリニック側の方針や体制が問題ないと確認できない限りクリニックへの就職はおすすめできない」ということです。

今回は、2つのクリニックの薬局で働いていた私がその経験をもとに、クリニックの仕事や環境、またクリニックに転職する際のチェックポイントなどを紹介していきます。

クリニックの薬剤師の業務とは?

私が勤務したクリニックの薬剤師の主な仕事は、

クリニックの薬剤師の主な仕事

  • 処方箋の受け取り
  • その調剤・問い合わせ
  • 処方箋の入力
  • 監査しながら投薬
  • 薬の発注

でした。

これを見ると、クリニックの仕事は病院よりも保険薬局に近いのでは?と思った人も多いのではないでしょうか。

それではまず、保険薬局の仕事との違いについて説明していきます。

保険薬剤師の仕事と何が違う?

院内の医師の処方箋のみを調剤する

クリニックの薬局の仕事は保険薬局と同じように思えますが、保険薬局のように様々な医療機関の処方箋を受付て調剤するわけではありません。あくまでも院内処方のみというのが大きな違いの一つです。

調剤薬局では処方された薬の取り扱いがない場合、他の薬局に問合せをして小分けしてもらいに行くということが日常業務の中でよくありますよね。

その点、クリニックは院内のみですから、薬局で取り扱っていない薬が処方されることはまずありえません。

「院内処方だけなんてめんどくさくなくていいかも!」と思った人もいるとかもしれませんが、これは裏を返せば院内の薬のみしか知る機会がないということでもあります。

保険点数には関与しない

保険薬局の薬剤師は調剤の際、処方箋の裏に印刷された保険点数についてもチェックしていきます。しかし、クリニックの場合、保険請求はすべて医療事務任せです。薬剤師は保険点数のチェックはしないというのが基本です。

クリニックで使う処方箋は保険薬局のように形式が決まっているわけではなく、医師や薬剤師が使いやすいフォーマットになっているのが普通です。チェックする必要のない保険点数は言うまでもなく印刷されません。

私は保険薬局に勤務するまで保険点数を見る機会もなく、点数について全く知りませんでした。

薬歴を記入しない

そしてもう一つ。保険薬局ではとても重要な薬歴の記入もクリニックではする必要がありません。

SOAP形式で薬歴を書き残す訓練ができていない私は、その後膨大な量の薬歴を書かなければいけない職場に勤めた時、本当に苦労したことを今でも覚えています。

患者教育に関わることができる

その一方で、保険薬局や病院では見られないクリニックの薬剤師ならではの仕事もあります。

クリニックには基本的に入院環境がないため、患者さまは外来で治療することが基本です。
そのため患者教育を徹底して、患者さまが自ら治療に専念できるようにしているクリニックは多いです。薬剤師が患者教育に携わることも仕事の一つになっています。

保険薬局とは違い、薬剤師は医師と同じ施設内で働いています。医師の指導目的や方法を把握しながら患者さまに薬物治療について伝えられるのです。

病院薬剤師の仕事と何が違う?


先ほど、はじめての職場がクリニックだとお話ししましたが、実は私は薬科大学卒業後すぐに病院薬剤師になることを希望していました。
でも、残念ながら当時は病院の求人がなかったため、たまたま見つけたクリニックの薬局に就職することを決めたというのが本当のところです。

「クリニックは病院の縮小版。クリニックには病床がないからベッドサイドの服薬指導はできないけれどあとは病院の仕事と大差ないだろう」

本気でそう思っていましたので、クリニックで薬剤師として一人前に成長しようと何の抵抗もなく就職しました。

ですが、実際に働いてみるとクリニックと病院の仕事は全く違うものだったのです。

ここでは新卒の私だからこそ不安を感じた病院薬剤師との違いについてお話しします。

病床がない

病床がないと聞くとまず一番初めに思いつくのは、ベッドサイドでの服薬指導がないということではないでしょうか。

実際そのとおりなのですが、病棟業務というのは服薬指導だけではありません。

先ほど保険薬局との違いで『クリニックの薬剤師は薬歴を書く必要がない』とお伝えしましたが、病院薬剤師は外来患者さまの薬歴を書く必要はないものの、この病棟業務で服薬指導した入院患者さまの薬歴をSOAP形式で残すということをしています。

保険薬剤師も病院薬剤師も薬歴を書き慣れているのに、クリニックの薬剤師は薬歴に慣れる機会もあまりないのです。

注射剤をほとんど扱わない

クリニックに勤めているときにはあまり感じなかったのですが、その後病院に転職して注射剤の多さに驚きました。
これだけの量の医薬品を私は知らないまま薬剤師をしてたのだと思うと、なんだか焦りのようなものを感じました

「別にクリニックで扱っていなくても、注射や点滴は自分で調べれば勉強できるのでは?」という意見もあるかもしれません。がしかし、実際に病院でパッケージを見て色の違いを知ったり、重さを感じたりできたことはとても貴重な経験だったと思っています。

また、病院では冷所保存の注射剤や毒薬などは自分の足で冷蔵庫の中に入って取りに行ったり、在庫の数を払い出しのために逐一記録したりということを行っていました。そのおかげで今でもどのような薬があったか覚えています。
何が冷所保存か毒薬かということは書物で勉強するよりも、実際に見たり触ったりして映像として覚えた方がはるかに記憶に残るものですよね。

業務の種類が少ない

先ほど書いた通り、クリニックの薬剤師の仕事の業務の種類はあまり多くありません。

患者さまから受け取った処方箋に基づき調剤をして、それを投薬するということが基本です。

病院ですと他に病棟服薬指導、各病棟やER、ICUなどのストックの管理、入院患者さまの薬のカートへのセット、注射剤の払い出し・調整、院内製剤の作成などの膨大な仕事を、外来の患者さまの調剤と同時進行で行わなければなりません。

ずっとクリニックで働いてきた私は、病院での同時進行で周りを見ながら働くということが最初はとても難しく感じました

クリニックではただ目の前にある処方箋を捌けば業務はスムーズに回っていた環境でした。どの業務を優先して動けば周りの薬剤師たちとうまく連携できるのかということは全く考えていなかったからです。

薬の数が圧倒的に少ない

クリニックで扱っている薬は、そのクリニックの診療科の薬が主となります。

総合的な診療科のクリニックなら良いですが、通常は総合病院と比べると明らかに診療科は少ないです。取り扱う薬の種類もそれに比例して少ないと思ってください。

薬剤師は薬の相互作用などをチェックするため、医師や看護師とは違い、幅広い診療科の知識が必要になります。

もうすでに薬剤師の経験があり、様々な薬を知っている人は問題ありません。しかし、これから薬剤師として成長していく過程にある人にとって、クリニックの薬の種類は勉強するうえで十分ではないと言えるかもしれません。

監査台がない

これは一般的なクリニックの場合ですが、通常クリニックの薬局はとても狭いので監査台を置く場所がありません

そうしますと、場合によっては患者さまに説明をするテーブルの上で、患者さまの目の前で監査をしなければいけない状況になります。

「監査ができればどこでも良いのでは?」と思う方がいたら、待ちくたびれてイライラしている患者さまの目の前で監査をするのと、薬局の中の監査台で落ち着いて監査するのとを想像してみてください。

患者さまにせかされながら監査をすれば、通常見つけられるミスも見逃してしまう恐れがあることが分かるのではないでしょうか?

監査は間違った薬を投与しないためのとても重要な業務です。

監査という、この大切な業務をするための適切な環境がある病院の薬局の方が、クリニックよりも安心して働けたというのが私の正直な感想でした。

クリニックの年収はいくらくらいですか?


クリニックの年収は場所や扱っている診療科によって違いはあるものの、一般的には病院とあまり変わりません。

しかし、病院は当直や当直補助、休日出勤があるところが多いのでその分の手当がプラスされます。クリニックはそれら手当がない分病院よりも給与が低いと思っていたほうが無難です。

一方、小児科の救急があるようなクリニックですと人手が足りず、また夜勤手当もあるため、かなり良いお給料がもらえるところがあると聞いたことがあります。

クリニックの経営者がどの程度薬剤師の資格を重要視しているかによっても給与の額が大きく変わることも事実です。

医師以外の他の職種と差別をしたくないという方針の経営者だった場合、看護師も臨床検査技師も薬剤師もすべて資格手当が一律ということも実際にあります。

いずれにせよ、クリニックによりお給料は差がありますので、面接を受ける前に問合せが必要です。

クリニックの魅力

ここまで、はじめて医療機関で働く薬剤師にとってはクリニックは不安要素があるということを書いてきました。しかし、クリニックには病院や保険薬局にはない魅力ももちろんあります。

ここでは私の感じたクリニックの魅力をご紹介します。

他の職種と近い

クリニックの魅力の一つは医師や看護師、その他の職種の人と近い距離で仕事ができるということが挙げられます。

病院では薬剤部は病棟から遠いところに位置していることが多いですし、回診に参加をしない限り医師の診療を間近で見る機会はあまりありませんよね。

保険薬局のように医師と働く施設が違えばなおさらのこと、患者さまがどのような治療を受けているかを知るのはとても難しいです。

クリニックでは、気になる病態の患者さまがいれば医師や看護師に直接話を聞き、それを指導にすぐに役立てることができます。カルテなどをチェックして検査データが気になれば、臨床検査技師に意見を聞くこともできます。

治療の全体の流れが分かり、自分も積極的にチーム医療に参加しやすく、いろいろな角度で医療を学べるというのがクリニックの第一の魅力と言えます。

患者さまとの距離を近く感じる

クリニックは病院よりも地域の医療に密着していることが多いからか、患者さまがとても近く感じられました。

患者さま自身が病院の職員よりもクリニックの職員を身近に感じているからそう感じたのかもしれません。

私はそのおかげで患者さまからいろいろなことを勉強することができました。

病状や医薬品に関してはもちろんですが、時には人生についてや仕事への心得など、社会人としてなるほどと思うようなことを沢山教えていただきました。ほとんどの患者さまは人生経験豊富な年配の方ですからね。

これは小規模のクリニックだからこそ、患者様一人一人に手厚い対応ができた結果だと思います。

この患者さまたちとの関わりは、私がクリニックで働いて本当に良かったと思える一番の魅力です。

クリニックの転職は難しい?

クリニックに転職を希望する場合に気になる、転職の難易度についてです。クリニックは総合病院に比べると転職するだけなら大して難しくないと思います。

人気のクリニックでもない限り、求人の競争率もあまり高くはありません

ただ、転職するためのハードルは低くても、薬剤師としてのある程度の経験と知識がないと、将来的に苦労するかもしれないということはおさえておいてほしいところです。

総合病院や保険薬局で勤務している薬剤師と比べると、クリニックでは薬剤師として必要な基本を学ぶチャンスが少ないことは今までお伝えしてきました。

例えば、はじめて調剤業務を経験する薬剤師がクリニックに勤めてしまうと、その後病院や保険薬局に転職をしたときに自分の勉強不足を感じる可能性がとても高いということです。

もちろん、薬剤師歴が十分あり、これから患者さまにいろいろと教えていただきながら専門性を深めたいと思っている人にとってはクリニックが良い転職先になる場合もありますよ。

クリニックで実際に起こったこと

ここではクリニックで起こった出来事を紹介します。

全てのクリニックで起こるわけではありませんが、このようなこともあるから気をつけなければという程度に読んでいただけたらと思います。

薬剤師の直属の上司が事務長や看護師長!?

これは今までに勤務した2つのクリニック、また小規模病院で、共通して起こった問題です。

薬局で働いているのに、指示を出せる上司が薬剤師ではないという職場環境でした。

病院の薬剤部長は必ずと言っていいほど薬剤師歴の長い薬剤師ですし、調剤薬局もトップは管理薬剤師です。薬剤師ではない人が上司になるとどのようなことになるのか想像するのは難しいですよね。

実際に薬剤師のことがよく分かっていない人が上司になると、下で働く薬剤師の働く環境がとてつもなく悪くなります

薬剤師以外が上司になると起きる出来事

  • 新卒の薬剤師がどの程度薬を把握しているかを知らない。薬局を新卒の薬剤師一人に任せようする。
  • 直属の上司が看護師長のため、看護部優先で物事を決めてしまう。薬剤師の立場が悪くなっても対処しようとしない。
  • 薬局の上司が事務長のため、薬剤師の業務内容が分からない。薬剤師業務ではないことでも、薬に関することだと薬剤師に丸投げする。
  • 医療事務が行った保険請求のミスの尻拭いを薬剤師に強要する。

このようなことが現実に起こり、薬剤師本来の仕事をすることも難しいということが頻繁にありました。

薬剤師の資格を主張してはいけない!?

「チーム医療」を掲げているクリニックでの出来事です。
この職場ではチーム医療を行っているため、資格の有無での差別は行わないという説明を最初に受けました。

最初は何も疑わず、お互いに意見を出せる環境は素晴らしいと思ったのですが・・・

医師の資格は特別視するけれども、他の医療の資格は区別しない。無資格者も有資格者も同等に扱うため、資格を主張してはいけない。

これがそのクリニックが主張する「チーム医療」の実態でした。

チーム医療は、患者さまの状態を良くするため専門家がそれぞれの立場で意見を出し合うことで、より良い治療に導くことを目的とするものです。

もし誰かがその専門性や意見を無視ししようとするならば、チーム医療の輪は一瞬にして崩れてしまいます。

そしてその一番の被害者となるのは他でもない、患者さまなのです。

これは、薬剤師としての意見を尊重されないことが小規模の施設では起こる可能性が高く、その影響が患者さまに出てしまうという一例です。

無資格で調剤を!?


患者さまに薬を説明してそれをお渡しするのは薬剤師。

でも、調剤(ピッキング)は医師の指示のもとという名目で無資格者がやっているということがありました。

これは医師が在中していてかつ小規模のクリニックだからできること。もしも保険薬局が同じことをしたら法律違反になり、業務停止になりますよね。

資格の有無や種類を差別しないためだったのか、薬剤師のお給料を払うよりも無資格のパートを雇用したほうが良いと考えたのかわかりません。しかし、調剤は薬剤師だからこそできるものと思っていた私は、雷に打たれたような衝撃を受けました

一生懸命勉強してやっとの思いで国家資格を取った薬剤師に対して、その資格を軽視することは失礼だなと思いました。何より、調剤は薬剤師がやっていると思い込んでいる患者さまに対して罪悪感を感じないのかと不思議でした。

患者さまは薬局で白衣を着て仕事をしている人はみな薬剤師だと思い込みますから。

この薬局では、調剤を無資格の人がやり、無資格でもできる薬の発注やパソコンへの入力を薬剤師がやるというめちゃくちゃなことが本当に起こっていました。

一般的な医療機関では薬剤師が調剤したものを薬剤師がダブルチェックすることで調剤ミスが起こらないようにしているというのが常識です。
無資格者がピッキングしたものを一人の薬剤師が全責任を負ってチェックをしなければいけないなんて、患者さまにも薬剤師にもリスクが大きすぎると思いませんか!?

クリニックの職場選びのコツはありますか?

このような出来事を踏まえて、どのようにクリニックを選べばいいのかを私なりに考えてみました。

できれば病院薬剤師を経験した後のクリニックへの転職がベター

これまでお伝えした通り、クリニックでは業務量や扱う薬の種類が少なかったり薬剤師の立場が確立していなかったりと、薬剤師が最初に学ぶ場としては相応しくないことが多いです。

そのため、臨床薬剤師を目指して就職するなら最初は総合病院をおすすめします。

総合病院は入職が厳しいこともありますが、正社員でなくても産休の人の代わりとして一時的な雇用をしている場合もあります。パートや嘱託なら雇用するというところもあります。

私の知り合いは勤めたい病院に片っ端から電話してパートで雇ってもらった人もいますし、最初は嘱託で入社して数年後正社員になった人もいます。
もちろんクリニックにはご紹介したような魅力もあります。病院である程度勉強をしてからクリニックに転職というのであれば良いと思います。

私も病院を退職後、あらためて別のクリニックに転職しましたが、自分が薬剤師として成長したからこそクリニックの長所をやっと生かして働けた気がします。

上司が薬剤師であるかを確認したほうがいい

上司が薬剤師かどうかはとっても大事です。

ここでくれぐれも注意したいことは、「上司」は薬局の仕事について決める権限を持つ人という意味だということです。

主任は薬剤師、でも薬局全体のトップが事務長という場合も多々ありますが、それは上司が薬剤師ということにはなりません。
働いている間に、専門的な意見の違いや立場的な問題などが必ず出てきます。

そのときに薬剤師側の主張や状況をきちんと理解し、問題を対処できる上司の力は不可欠です。同じ立場の薬剤師が上司であることを絶対に確認してください。

薬局の体制について確認したほうがいい

誰が調剤をしているのか、薬剤師として意見の主張は可能なのかも確認すべきと思います。

私たちは多くの時間とお金を費やして薬剤師国家資格を取りました。

それなのにその資格を軽視するような職場では自尊心もなくなり、結果的に働く意欲さえもなくなってしまう可能性さえあります。

自分が気持ちよく働ける環境が整っているかは、その職場で成長できるか否かにも影響します。
薬剤師の役割を理解して尊重してくれる職場なのかをしっかりと見極めてから、転職を決めてくださいね。

クリニックの求人はどうやって探しますか?

クリニックの薬剤師の求人というのはとても少ないのが現状です。
その少ない求人の中から良い求人を選ぶためにも転職エージェント、ハローワーク、求人広告、クリニックのホームページなど、さまざまな方法で同時に転職活動することをおすすめしたいです。

中でも転職エージェントであるファルマスタッフなどは「ここはブラックですよ」という情報も教えてくれたりもしますから、転職を成功させるためには転職エージェントへの登録は不可欠と言えそうです。

今まで、転職するうえでのいろいろな注意事項を書いてきましたが、それらを面接時に本人がクリニック側に直接聞くのは現実問題とても難しいですよね。

そのような場合、転職エージェントに登録しておけば担当者に確認して情報をもらうことができます。教えてもらいたい情報を転職エージェント側が知らないとしても、その担当者が直接クリニックに問い合わせてくれたりもしますよ。

⇒ 求人先の職場情報に詳しいファルマスタッフの特徴を見てみる

まとめ

今回はクリニックへの転職についてお話してきました。

小規模の医療機関というのはアットホームな雰囲気があり、患者さまと近い距離で接することができる反面、薬剤師としての立場が弱いことも非常に多く、かえって働きにくくなってしまうこともあるということが分かったと思います。

現在、薬剤師になるためには6年間大学生活を送ることが必須になり、勉強量も増えて授業料もその分高くなっています。

それほどまでにして勉強してきた人たちが軽視されることなく、専門家としての力を発揮できるようなクリニックが今後もっと増えていくことを願ってやみません。

転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

薬剤師生活において、1度や2度の転職自体は珍しくありません。
でも中にはせっかく転職したのに、新しい職場に満足できず、転職を何度も繰り返してしまう人も…。
転職エージェントとして働いていた筆者が、『転職に成功する薬剤師』と『転職に失敗する薬剤師』の特徴を、事例をもとにお伝えします。
転職エージェントを有効利用して転職を成功させるコツもまとめてありますので、転職を考えている方はぜひチェックしてくださいね。
転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い


「紹介会社」「求人企業」の両面から、薬剤師の転職業界に関わってきた筆者が知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元、オススメの転職サイトをご紹介します。
元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
アバター

Candie

総合病院に臨床薬剤師として勤務後、治験コーディネーターを経て語学留学のため渡米。 帰国後は治験コーディネーター、保険薬剤師として英語を生かした仕事に就く。 現在は結婚退職し、ライターとシステムプログラマーとして在宅勤務中。趣味はものづくり。

こんな記事も読まれています

  1. 大手調剤薬局・ドラッグストアチェーンの特徴

  2. 漢方薬局ってどんなところ?漢方薬局の魅力と転職で気を付けるコト

  3. 臨床薬剤師を目指すなら総合病院がオススメな理由

  4. 調剤薬局

    人気の求人“大型病院の門前薬局”アナタはその忙しさに耐えられるか

  5. ドラッグストアの調剤専門店とはどのような職場なのか

  6. 一人薬剤師ってブラック確定?アリな一人薬剤師の職場はどんなとこ?

PAGE TOP