薬剤師5大転職理由

ママ薬剤師の正社員の転職先としてDI職がオススメな理由

 

DI業務、興味はあるけど難しそう…と思われている薬剤師の方も多いと思います。
でも、実際働いてみるとそんなことありません。その証拠に、現在DI職に就かれている方のほとんどの方が未経験で転職しています。

正社員であってもライフワークバランスの実現が可能なため、ママ薬剤師の正社員の転職先候補のひとつとしてオススメできます。
仕事と家庭を両立させたいママ薬剤師にとってメリットが多いDI職。
実際に筆者がDI職に転職した経験を元に詳しく説明します。

DIとは


DIとは、Drug Informationの略で、医薬品情報のことです。
DI職は医薬品情報を管理する職業で、日々医薬品の情報を収集し、医薬品の適正使用を促すべく医療従事者や患者様に情報提供をしています。

DI業務の仕事内容

DI業務の主な内容は、医療従事者からの医薬品に関する問い合わせに正しく回答し、医薬品の適正使用のために必要な情報提供をすることです。
副作用の情報や、適用外使用の情報も収集します。
文献の検索や、医薬品の情報資材の作成にかかわることもあります。

主に電話やメールでの質問に対し、添付文書やインタビューフォーム、製薬会社から提供されているFAQなどの資料から回答します。

勤務先となる企業

現在、DI業務のほとんどはCROに委託されています。
製薬会社の学術部に配属されるイメージがある方もいると思います。実際のところ、DI室の多くは別の企業に委託されていることが多く、製薬会社とは別のオフィスで勤務したり、製薬会社に派遣されることが多いです。

DI職の勤務先

DI職の場合、東京、大阪での募集が多いでしょう。
先ほどの話にもありましたが、CROに入社し、製薬会社に正社員派遣という形で出向いて業務を行う場合と、CRO内で業務に就く場合があります。(製薬会社=クライアント、CRO=自社です。)

基本的にどこの製薬企業のDI室に所属しているかは、社外秘となっています。
自社がどこの製薬会社と契約があるのか、どんな契約をしているのかは機密情報に当たることが多いからです。

セキュリティー上の理由からDI室の場所も非公開となっていることが多いです。自社の中でも入室パスを持っていないと入室することはできません。
このような理由から勤務先企業の立地については一概に言えないのですが、製薬会社や、CROがある場所となるとやはり都心部です。
地方にもないわけではないのですが、以上の理由から東京、大阪以外での募集は少ないでしょう。

DI職のお仕事データ

DI職では、正社員でもワークライフバランスの実現が可能です。ママ薬剤師であっても正社員で働くことが十分可能です。
DI室によりルールが異なることがあるかも知れませんが、筆者の経験に基づいてDI職の魅力をいくつかご紹介いたします。

勤務時間・残業

残業はほぼありません。というのも、時間になると電話回線が切れるからです。
終業時間ぎりぎりに電話を取ってしまうと残業となる可能性はありますが、長くかかることはあまりありません。

勤務時間は、9:00~17:30、または9:00~18:00が一般的です。
9:00~18:00の職場でも、電話自体は17:30で受付を終了し、残りの30分は自己研鑚の時間にあてている会社もあるようです。

有給・休みの長さ

有給は使いたい時に使えることが多いでしょう。
なぜなら、チームで動いているからです。誰かがお休みしても、チームでカバーしてくれます

実際、私の職場では数か月ごとに有給を使って海外旅行に行かれる方がいらっしゃいます。

お盆や年末年始のお休みの長さに関しては一概には言えませんが、基本的にはクライアントがお休みの日にDI業務はありません。ただし、自社の規定でお休みではない場合もあります。
その際は電話業務がなくても、出社して仕事をしたり、自己研鑚のために勉強することも可能です。有給を当てて休むことも可能です。

転勤・出張の有無

出張はありません。
転勤については、CROに入社した場合、自身が担当する製薬会社が変われば勤務する場所が変わることがあります。
例えば

  • A製薬会社本社に派遣されていたが、B製薬会社を担当することになり、B製薬会社本社に派遣されることになった
  • C製薬会社に派遣されていたが、D製薬会社を担当することになり自社内での業務になった

などです。
配属先によって、自宅からの距離に差が出てしまい、遠くなることはあり得ます。ですが、東京から大阪に転勤などは、自分で希望しない限りはないでしょう。

DI職の年収

DI職の年収は、未経験であれば年収400万円前後のスタートが多いでしょう。

病院や薬局からの転職だと年収面で心配される方も多いと思います。
ですが、DI職は企業への入社となりますので、年収も徐々に上がっていきますし、福利厚生も充実しています。

座り仕事で、繁忙期もなく、残業もほとんどない、休みたい時に休める、と考えた場合、適正な年収かもしれません。

ママ薬剤師の正社員の仕事の中でもDI職がオススメな理由


ママ薬剤師にとってDI職が魅力的な職種だなというのが、なんとなく伝わってきたのではないでしょうか。
ママ薬剤師にDI職をオススメしたい理由を以下にまとめました。

職場に子育てへの理解がある

多くの企業が「女性が働きやすい環境作り」に力を入れています。
職場にママさんが少なかったとしても、子育てへの理解があることが多いです。

先ほどもご紹介いたしましたが、チームで動いているので突然のお休みの時は誰かがカバーしてくれます。女性が多いため、急な体調不良などでお休みをとる方もいらっしゃいます。

私の職場は、連絡はすべてメールです。突発的なお休みの場合でも、始業前までに休む旨を記載したメールを1通、上司宛に送っておけばOKです。子供の体調不良などでお休みする場合も気兼ねなくお休みできます。

私も自分や子供の体調不良で何度かお休みをいただきましたが、文句を言われたことはありません。

突発的なお休みも気兼ねなく取れ、お互い様と言い合える環境があることが、ママ薬剤師にDI職をオススメできる1番の理由です。

企業は産休・育休がとりやすい

DI職の産休・育休の復帰率は90%以上と聞きます。企業ということもあり、法律通りしっかりと産休・育休が取れます。

直近で1年半育休を取られて戻ってこられた正社員の方は、時短勤務で15時半までの勤務です。17時までの勤務をなさっている時短勤務の正社員さんもいます。

産休、育休がしっかり取れ、職場に戻ってきたときにも時短勤務ができます。
長く働ける環境が整っていることもママ薬剤師にDI職をオススメできる理由の1つです。

正社員でもママとして理想な勤務時間で働くことができる

DI職は基本的にはカレンダー通りの勤務で土日は休みです。時間ギリギリに電話を取らない限り勤務時間を超えることはないので、ほぼ毎日定時で業務が終わります。
正社員で残業もなく土日休み、というのは一般薬剤師だとなかなか難しい条件と思います。

私の場合は17:30までの勤務ですので、保育園のお迎えに余裕を持って行けるようになりました。買い物をしても薬局にいた頃と同じくらいの時間に保育園につけます。

正社員でも時間通り退社でき、仕事と家庭が無理なく両立できることも私がDI職をオススメする理由です。

職場で勉強ができる


勉強したくてもなかなか時間が取れないママ薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

私も薬局勤務の頃は、毎日バタバタと退勤時間ギリギリまで仕事をして、子供を保育園に迎えに行って、21時頃までには子供を寝かしたいので家でもバタバタ…。少し勉強したいと思っていても自分の時間がなかったし、忙しくて調べるのを忘れてしまうことも良くありました。

DI職は、製薬会社から委託を受けて業務にあたっていることもあり、勤務先にあるものはすべて持ち出し禁止の、いわゆる「社外秘」です。
そのため、仕事を家に持ち帰ることは禁止です。勉強を含む「仕事」はすべて職場でのみ行います。

業務中に取る電話の本数は、クライアントにもよると思いますが1日あたり10~30件くらいが一般的で、ほとんどの電話は5分ほどで終了します。
電話を取っていない時間は勉強に充てられます。座っているだけで最新の医薬品情報を知ることができ、自身のスキルアップにつながります。

薬剤師として、より深い専門知識を得ることができるのもDI職の魅力です。

筆者はなぜDI職正社員を選んだか

筆者は元派遣薬剤師で薬局に勤務していました。時給も高く、残業も多くなかったので、不自由はしていませんでした。
そんな私がなぜ、「正社員」で「DI職」に転職したのかについて、少しまとめてみました。

派遣社員を辞めて「正社員」で働こうと思った理由

筆者はDI職に転職する前は、派遣薬剤師として調剤薬局に勤めていました。
派遣という勤務形態の特性を生かし、いろんな薬局を見て回り、子育てをしながらで無理なく働ける環境の良い薬局を探していたのです。

そのような理由から、このまま派遣社員として多くの薬局を見て回りたい気持ちもありました。
ですが、薬局での勤務だと急なお休みをもらった時に、シフトを変わってもらうことが毎回後ろめたかったのです。また、退勤時間ギリギリまで投薬していたので、薬歴を残したまま退勤せざるを得ないことも多くあり、仕事を残して帰るのが嫌だった私はいつもモヤモヤしたまま帰宅していました。

以前の転職の際に転職サイトのエージェントさんからDI職をオススメされたことがあり、ママ薬剤師として残業がない事や休みがとりやすいことに魅力を感じていました

その時はまだ調剤薬局での経験が短かったので企業への転職は考えていませんでしたが、派遣更新のタイミングで仕事と家庭との両立を考え、ママ薬剤師が正社員でも無理なく働けそうなDI職への転職を決めました

数ある正社員の職種の中でも「DI職」を選んだ理由

私がDI職を選んだ理由の1つは、やはり「勤務時間」です。
正社員で時間通りに帰れるというのは、薬局で働いているとなかなかないですよね。
パート薬剤師として医療機関で働くのであれば、時間通りの退社は可能かもしれませんが、長く働いていても時給が上がることはほとんどの場合ないと思います。しかし、DI職は企業で働くことになるので、年々昇給できます。

企業求人であれば、品質管理や企業内管理薬剤師という選択もあります。私はDI職であれば調剤薬局やドラッグストアでの知識や接客の経験を活かせると思い、企業内薬剤師の中でもDI職を選び、転職を決意しました。

家事育児をしながら未経験の仕事に転職してみた感想

家事や育児をしながら、未経験の分野に転職することはとても勇気のいることだと思います。

私も最初は、分からないことを家で調べたり、勉強したりするなどの時間は持てないだろうと思っていたので、未経験の分野へ転職することを躊躇していました。
同じDI職でも、卸などに所属するDI職となると、扱っている薬品すべてについて質問を受ける可能性があるので、勉強することも多くあり大変なのではないかと思います。

ただ、企業のDI職に限ってお話ししますと、機密保持の観点から自宅に資料は持ち帰れませんし、自宅でやる仕事はありません
とてもメリハリのある働き方ができるので、家事や育児中の方が未経験で転職しても、さほど問題ないのではないかと思います。

メーカーのDI職ですので、そのメーカーが扱っているもの関しての情報しか扱いません。
就業時間中、手が空いた時にしっかり勉強する姿勢があれば、未経験者へのフォローも同じDI室の先輩方にしっかりしていただけます。『未経験で家事や育児をしながらの転職』だとしても、問題なく働けるのではないでしょうか。
少なくとも私は周りの方にフォローしてもらいながら、なんとかやっていけていますよ。

DI職の転職難易度


DI職について興味を持たれた薬剤師の方もいらっしゃると思いますが、企業勤務未経験の薬剤師にとって企業への転職はハードルが高いと思われがちです。
DI職に転職するために知っておきたいことをまとめました。

薬剤師がDI職に転職するのは難しいか

薬局や病院などの医療現場からDI職に転職するのは難しい、という印象はありません。
求人数についても企業求人の中は比較的多い方ではないでしょうか。
各企業で契約のある製薬会社の数が違いますが、業務拡大の為、常に薬剤師やMR、看護師などの有資格者を募集している企業もあります。

薬剤師として業務をしたことがある方なら、DI職は比較的転職しやすい職種です。

企業勤務未経験の薬剤師でもDI職に転職できるのか

DI職に就かれている方のほとんどが未経験入社です。

企業によっては調剤薬局または病院での経験が3年以上といわれることもありますが、ドラッグストアや漢方相談薬局のみのご経験の方もいらっしゃるので、「薬剤師経験」があれば問題ないことがほとんどです。

薬剤師として転職した方のほとんどが企業未経験ですので、企業側もしっかり教育してくれます。始めのうちは企業独特の雰囲気に緊張したり、上司への報告の仕方に困るなど、戸惑うこともあるかと思います。

周りの方は企業未経験の薬剤師を多く受け入れてきたベテラン社員さんです。困っていれば優しくアドバイスをくださいますよ。

調剤薬局や病院で働かれていた薬剤師が多いため、業務の合間にいろんな話ができます。
ママ薬剤師も多いので、「子供への薬の飲ませ方」「小児の粉薬はどれが美味しい」などの話をして盛り上がったこともあります(笑)

DI職に転職可能な年齢

企業は、年齢が上がると入りにくい印象がありますよね。
DI職に就かれている方の年齢には幅があり、私の職場では35歳が中央値なのだそうです。
しかし、40歳を過ぎて転職して来られる方もいらっしゃいます。

年齢よりも、薬局や病院での経験やコミュニケーション能力を見て採用を決めている印象です。

DI求人の探し方

DIの求人は転職エージェントに相談するのが一般的です。

転職エージェントに「薬剤師の資格を活かして企業で働くことに興味がある」ことを伝えておくと、ママ薬剤師であればまずDI職をオススメされると思います。

ママ薬剤師の中には出産や子育てで転職回数が意思に反して増えてしまって、企業への求人応募をためらっている方もいるのではないでしょうか。私も妊娠前後で転職回数が増えてしまったママ薬剤師の1人です。

私の経験上、転職エージェント経由で応募すれば、転職回数が多くても1つ1つの転職理由を丁寧に企業側に説明してもらえ、面接に繋がることが多かったように感じます。

DI職に転職した場合は、自分で応募するよりも転職エージェントの力を借りる方が有利だと言えます。

DI職の求人例

では実際にどのようなDI職の求人があるのかを見てみましょう。

求人情報が詳細に確認できるマイナビ薬剤師のサイトから求人を見てみたいと思います。

こちらの求人のように9:00~17:30の勤務時間で年収400万円の求人や、


9:00~18:00の勤務時間だけれども、DI業務未経験歓迎で福利厚生が充実の求人があります。

残業がなく、土日休みで年収が400万円前後あるというのは、ママ薬剤師にとって十分に魅力的ですよね。

マイナビ薬剤師に無料登録して求人情報を受けとってみる

DI職の職場選びのコツ

職場を選ぶ際に気を付けたいのは、やはり自分が働く職場の立地です。駅から近いのか遠いのか、電車の本数や込み具合はどうか、事前に調べておく方が賢明です。

私が乗る電車は、朝の通勤ラッシュで毎日多少の遅延が発生するので、少し早めに家を出なくてはいけません。最寄駅があまり大きくない場合は改札が混み合い、そこで時間がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

これから保育園を探し、または保育園が見つからないママ薬剤師さんであれば、企業内保育所がある企業もありますよ。

委託先企業のほとんどは、どこの製薬会社と契約しているのかは非公開です。製薬会社に派遣されることがあるのか、派遣されるのであれば大まかな場所などを面接のときに確認しておきましょう。

まとめ

ママ薬剤師にオススメのDI職。急なお休みについても、勤務時間についてもママ薬剤師にとって好条件ではないでしょうか。
実際のお薬は触らないものの常に新しい情報を知ることができますし、繁忙期などもなく安定した職種です。

正社員にこだわりたいママ薬剤師さんや、薬局業務で腰を痛めてしまった薬剤師さん、薬剤師として今後のキャリアに悩んでいる薬剤師さんは、DI職への転職も検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い

薬剤師生活において、1度や2度の転職自体は珍しくありません。
でも中にはせっかく転職したのに、新しい職場に満足できず、転職を何度も繰り返してしまう人も…。
転職エージェントとして働いていた筆者が、『転職に成功する薬剤師』と『転職に失敗する薬剤師』の特徴を、事例をもとにお伝えします。
転職エージェントを有効利用して転職を成功させるコツもまとめてありますので、転職を考えている方はぜひチェックしてくださいね。
⇒ 転職エージェントが語る転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い


「紹介会社」「求人企業」の両面から、薬剤師の転職業界に関わってきた筆者が知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
アバター

よんよん

ドラッグストア、調剤薬局を経験。出産前後は派遣薬剤師として主に調剤薬局に勤務。 現在2歳の男の子の子育てをしながら製薬会社のDIコミュニケーターとして、日々、患者様や医療従事者様からのご質問にお答えしています。趣味は旅行ですが、飛行機が苦手なため海外渡航歴なし。国内旅行専門です。北海道新幹線が札幌まで伸びるのを心待ちにしています。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師がCRCに転職するときに知っておきたいこと

  2. 病院薬剤師漫画『アンサングシンデレラ』を読んで感じた病院薬剤師の魅力

  3. ママ薬剤師の復帰の悩み。働くママ薬剤師2人がお答えします!

  4. ママ薬剤師の求人探し|小1の壁を超えることができる職場はどこか

  5. 病院薬剤師に転職するときに知っておきたいことのすべて

  6. ママ薬剤師の働き方、正社員vsパート社員どっちがいい?

PAGE TOP