薬剤師5大転職理由

CRAのキャリアと平均年収

 

薬剤師が働くことのできる職場のなかでも高年収な部類に入る臨床開発モニターCRA。

そのキャリアパスと平均年収はどのようなものなのかご説明します。

CRAのキャリアパス

アシスタントモニタリングリーダー(係長)、モニタリングリーダー(課長代理)、プロジェクトリーダー(課長)、いくつかのプロジェクトの統括(部長)のキャリアパスがあります。

最近は他国との国際共同治験も増えて来ており、英語が堪能であれば国際共同治験のプロジェクトや海外勤務のチャンスがあります。

CRAの平均年収


CRAとして新卒から勤めた場合の給料の推移は、おおよそ次の通りとなります。

勤続年数
役職
月収 年収
新卒時 25万円前後 450万円~500万円前後
3年目 28万円前後 500万円~560万円前後
8年目 32万円前後 580万円~650万円前後
11年目
モニタリングリーダー
40万円前後 720万円~800万円
それ以上も可能

その他手当て


CRA職は外勤職であるため、外勤ごとに日当が支給されます。
金額は各社によって異なりますが、1,500円~3,000円(交通費と一緒に支給されるため非課税)が一般的です。

週2回で合計月8回外勤した場合、12,000円~24,000円支給され、年額で144,000円~288,000円となり、なかなかに大きな収入となります。

住宅補助はほぼないに等しく、CROのCRAだとまずありません。

転職した場合の年収

CRAに転職した際の給料ダウンはそれほどないと考えて差し支えないでしょう。
薬剤師からの転職であれば、まず年収はあがるはずです。CRA未経験者であっても、基本的に前職の給与が参考に年収が設定されます。
転職者の場合は最初の給料こそ異なるものの、ポジションや役職が上がっていけば、だいたいみな同じ水準かそれ以上になります。

転職した際には、入社お祝い金として50万円~100万円支給する企業もあります。

所属会社の違いによる年収の違い

製薬会社所属のCRAとCRO所属のCRAで待遇に差がでます。

製薬会社所属のCRAの場合

製薬会社所属のCRAでは、課長職になるかならないかあたりが年収1000万に到達する目安になります。

CROのCRAの場合

CRO所属のCRAの場合、生え抜きで勤めても50代になっても年収1000万円は難しいです。
しかし、CRA経験のある中途社員が管理職として転職してきた場合、40代半ばくらいでも年収1000万円に到達することもあります。そのためCRO間での転職は多いです。

CRAへの転職に役立つキャリアや資格

TOEIC高得点取得は優遇されやすいです。国際共同治験の増加に伴い語学が堪能な人が求められているからです。

プロジェクトリーダーの経験があると、他社に転職する際には現在の会社より高収入が望めることが多いです。ヘッドハンティングされるケースもあります。
薬剤師同様、CROのCRAも基本的に人手不足です。会社のリクルート向けホームページに実名で掲載されているケースでは、他社CROよりスカウトが来ることもあるようです。

まとめ

ほぼ新卒でしか入社できない製薬企業のCRAと違い、CROのCRAでは転職することによって年収を高めることができるのですね。
年収1,000万円を狙える、数少ない薬剤師の職業といえるでしょう。
ただし、CRAへの転職難易度は高いです。薬剤師以外の職種でもCRAになることができるからです。

CRAへの転職では面接対応がキモとなってくるため、CRA対策のノウハウをもった転職エージェントの協力が欠かせません。

実際に薬局薬剤師からCRAへ転職された方も、転職エージェントを活用してCRAへの転職を成功させ、キャリアアップを繰り返すことで年収1,000万円を達成されています。
詳しくは下記の記事で解説しています。興味のある方はご覧ください。

転職を成功させるために

薬剤師が転職を成功させるには、転職サイトを活用した求人情報の活用が欠かせません。
「薬剤師の転職サイト閲覧時」「転職エージェントとの面談時」「応募先の決定時」「応募先企業との面接時」のそれぞれの段階において、どのような求人情報を確認し・活用していけばいいのかを解説します。
⇒ 薬剤師の求人情報の見方とその活用方法のすべて

転職サイトを活用した転職成功体験談

筆者は転職サイトを活用することで、転職して「給料」「やりがい」「働きやすさ」の3つとも手に入れることができました。
筆者が転職サイトのエージェントをどのように活用しながら転職を成功させたのか。
実際のやり取りなども交えてご紹介します。
⇒ 薬剤師転職成功談~残業なし・やりがいあり・年収アップの3つを獲得~

オススメ転職サイト

薬剤師の転職サイトってどう違うの?
どこの転職サイトも扱っている求人は同じようなものじゃないの?
このように思う人も多いでしょう。

しかし転職サイトの中には、電話対応だけのサイトや必ず面談してくれるサイト、大手の求人に強いサイトや中小の求人に強いサイトなど、転職サイト毎に特徴や違いがあります。

自身の希望に沿った転職サイトを利用することは、転職成功の第一歩です。
転職に成功した当サイト執筆陣の経験と多くの薬剤師の方のインタビューを元に、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 薬剤師転職サイト徹底比較!転職成功者のオススメ転職サイト

The following two tabs change content below.
アバター

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 調剤薬局ではなぜ大手より中小の方が給料がいいのか

  2. 薬剤師の各職種の平均年収 増えやすい職種・増えにくい職種は

  3. コミュニケーション能力のある薬剤師はなぜ年収アップが可能なのか

  4. 薬剤師のキャリアアップにはどのような道があるのか

  5. 薬剤師がお給料をアップをさせる方法には何があるか

  6. MRのキャリアと平均年収

PAGE TOP