薬剤師5大転職理由

ドラッグストアを辞めたい薬剤師の不安・悩みには何がある?

 

ドラッグストアは薬剤師の職場として人気ですが、離職率の高い職場の一つでもあります。
辞めたいと考えるようになる理由はさまざまですが、多くの方が悩みを抱えるポイントは少なからず共通しています。

本稿の筆者も、大手ドラッグストアではたらいた経験がありますが、ある時から辞めたいと考えるようになり、転職を決意しました。
同じような状況で悩む薬剤師のために、実際に転職経験のある筆者の実体験を交えつつ、ドラッグストアの薬剤師がどのような不安・悩みをかかえているのかをご紹介していきます。

薬剤師がドラッグストアを辞めたいと思うのはどんなときか


ドラッグストアではたらく薬剤師が「辞めたい!」と思うのは、どんな時でしょうか?
多くの方に共通する理由をまとめました。

ドラッグストアを辞めたいと思う理由

  • 土日祝日も出勤しなくてはならない
  • 深夜のシフトが多い
  • 転勤が多い
  • 薬剤師の本分から外れた仕事が多い
  • 調剤に携われない

土日祝日の出勤や深夜のシフトについては、ドラッグストアではたらく多くの薬剤師が悩むポイントの一つです。特に30代を過ぎて家庭を持つようになると、ドラッグストアの不規則な勤務時間は大きな負担になりがちです。

最近では全国展開を目指すドラッグストアが増えており、県をまたぐ転勤も増えてきています。
OTC販売や接客、レジ打ちなどの薬剤師の本分から外れた仕事が多いことや、調剤に携われないということも、ドラッグストアではたらく薬剤師の悩みの種となっています。

筆者がドラッグストアを辞めたいと思った理由

本稿の筆者は、新卒で入社した製薬会社を数年で退職後、ドラッグストアに中途入社しました。
ドラッグストアを目指したきっかけは、「全国規模の会社であれば面接を受けやすい」、「年収が高いので製薬会社からの転職でも給与水準を維持できる」、「これからはセルフメディケーションの時代だから」といったもので、ドラッグストアではたらくことに強い思い入れはありませんでした。

そのためかドラッグストアではたらくうちに、さまざまな不満がつのるようになり、「このままはたらき続けても自分にとってプラスにはならない」と感じたので、結果として退職を決意しました。
ここでは、その理由を具体的にみていきましょう。

シフト制ではたらく時間が不規則

ドラッグストアは基本的には年中無休。24時間営業をおこなっている店舗もあります。
いくら週40時間ベースの労働といえど、深夜遅くまでの勤務が続くと、辞めたいと思うようになりました。

異動が多い

私は入社したてだったので対象となりませんでしたが、周りのスタッフはかなりの頻度で異動を命じられていました。
ひどい時には、「明日から○○店に異動ね」ということもありました。急にそのようなことがあれば、落ち着いてキャリアを積むこともできません。

調剤に対する教育体制がととのっていない

ドラッグストアの強みは物販です。調剤併設店も増えていますが、教育体制は十分ではありません。
特に調剤未経験で入社している私にとって、調剤をしっかりと勉強できないのはストレスでした。
入社後に気づいたことですが、製薬会社出身の私が一番やりたかったことは、やはり医療用医薬品に携わる調剤だったのです。

薬剤師がドラッグストアを辞めようかどうか迷うことは何か


どんな職場であっても、はたらいていく内にさまざまな不満が出てくるものです。
中でも、ドラッグストアではたらく薬剤師はかなりの割合で不満をかかえているように思います。(さまざまな職場をみてきた筆者の私見ではありますが。)

しかし、売り手市場の薬剤師の世界においても、多くの方がなかなか転職をできずに我慢をしながらはたらき続けているのはなぜでしょうか?
「ドラッグストアを辞めようかどうか」と迷う薬剤師の悩みには、どのようなものがあるのでしょうか?

ドラッグストアを辞められない!薬剤師の悩みの理由とは??

まずは、ドラッグストアを辞められない薬剤師の悩みの理由をみていきましょう。

ドラッグストアから転職したら年収が下がる

ドラッグストアは、薬剤師がはたらく職場の中でも年収が高いことで知られています。
調剤薬局に転職すると、多くの場合では年収ダウンは避けられません。年収を下げることにはやはり抵抗を感じる方が多く、「つらいけど辞められない」という悩みにつながっていると考えられます。

今後はセルフメディケーションの時代だといわれている

「医療費削減」が叫ばれる中、ドラッグストアはある意味では、時代の波に乗っている業態ともいえます。
調剤報酬改定によって調剤薬局が苦しんでいる中でも、ドラッグストアの多くは過去最高益をたたき出しています。「落ち目の調剤薬局に転職しても将来性はあるのか?」と考える薬剤師も多いのです。

転職することが面倒!いまの職場でもトラブルになりそう・・・

転職には大きなエネルギーが必要です。
転職でトラブルになる話はよく聞くので、「このままはたらき続けることが得策」と考えて転職を避ける薬剤師も多いのではないでしょうか。

ドラッグストアを辞められない薬剤師の悩みに対する解決方法は??


続いて、これらの悩みの解決方法をみていきましょう。ここでは、私の実体験もご紹介します。

「ドラッグストアから転職したら年収が下がる」という悩みの解決方法とは・・・

「ドラッグストアから転職したら年収ダウンは避けられない」と思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。
調剤薬局であっても地域や規模によっては、ドラッグストアよりも高年収が期待できる場合があります。また、管理薬剤師などの役職に就くことで、高年収を実現できる場合があります。
私の場合では、実際にドラッグストアから調剤薬局への転職で管理薬剤師となり、160万円の年収アップを勝ち取ることができました

「今後はセルフメディケーションの時代だといわれている」という悩みの解決方法とは・・・

確かに「セルフメディケーション」は今後間違いなくキーワードになってくるはずですが、必ずしも「ドラッグストア>調剤薬局」というわけではありません。
調剤薬局にも「かかりつけ薬局」や「在宅医療」を通じて、地域医療に貢献するという大きな役割があります

私の場合では、転職後ずっと調剤薬局の薬剤師を続けていますが、ドラッグストア時代よりもやりがいを持ってはたらくことができています。

「転職することが面倒!いまの職場でもトラブルになりそう・・・」という悩みの解決方法とは・・・

転職をきっかけにトラブルになることは、決して珍しい話ではありません。
「辞め方がわからない」、「辞めさせてもらえない」ということも少なからず耳にします。この悩みの解決方法はただ一つ、「転職エージェント」を活用することです。

私の場合では、転職エージェントに退職の段取りや転職先の書類作成のサポートをしてもらうことで、スムーズに退職をすすめることができました。

ドラッグストアを辞めたいと思っている人が、そのままドラッグストアで働き続けるとどうなるか


悩みをかかえたままドラッグストアではたらき続けることは、正直おすすめできません。
理由はさまざまですが、一番に言えることとして、皆さんに「薬剤師としてのやりがい」を持ってはたらいて欲しいからです。

薬剤師は、ケガや病気で悩む患者さんの力になることができる仕事です。しかし、一人ひとりがやりがいを持ち、適材適所で力を発揮しなければ、その優れた職能を発揮することはできません。
「やりたいことが他にある」、「ドラッグストアの仕事内容に意義が感じられない」というのであれば、遠慮なくドラッグストアを退職すべきでしょう。
(もちろん、ドラッグストアではたらく薬剤師も、医療において重要な役割を担っています。ドラッグストア自体が悪いというわけではありませんので、誤解のないように。)

もう一つの理由として、「ワークライフバランス」を充実させてほしいということがあります。
いかに高収入の職場であっても、プライベートが大きく犠牲になってしまっては、一度きりの人生を楽しめないのではないでしょうか。仕事とプライベートにメリハリをつけることで、薬剤師としてのスキルアップやキャリアアップにもつながります。

今の状態によっては、「このまま我慢してはたらき続けることが、むしろ損」になってしまうこともあるということを、十分に理解しなくてはなりません。

本当にドラッグストアを辞めて大丈夫?ドラッグストアを辞めて大丈夫な人・辞めないほうがいい人

ここまでは、ドラッグストアを遠慮なく退職してもよいという話をご紹介してきました。
しかし、「辞めていい人」と「辞めないほうがいい人」はもちろん分かれます。順にみていきましょう。

ドラッグストアを辞めていい人

  • ドラッグストアの仕事内容を十分に理解できている
  • 薬剤師としてやりたいことがしっかりと定まっている
  • 薬剤師としてのスキルが一定以上の水準にある

ドラッグストアを辞める場合には、「ドラッグストアの仕事内容を十分に理解できている」必要があります。
ドラッグストアの仕事を十分に理解した上で、「この仕事は自分に向いていない」と判断したのであれば、早急に辞めるべきです。

「自分が薬剤師として何をやりたいか」ということを決めることも重要です。
「在宅医療で患者さんに寄り添いたい」、「かかりつけ薬剤師として力を発揮したい」など、明確な理由を持って転職活動をおこなえば、必ず良い転職先が見つかります。

薬剤師としてのスキルが一定以上にある場合にも、転職によって管理薬剤師や薬局長などのポジションを狙えるため、ドラッグストアを辞めても問題なく高年収を維持していけると考えられます。

ドラッグストアを辞めないほうがいい人

  • ドラッグストアでの勤務経験があまりにも短い
  • 薬剤師としてのスキルがまだまだ低い
  • 人間関係や不規則なシフトなど、ドラッグストアの業務以外で行き詰まりが出ている

勤務経験があまりにも短いという場合には、転職はおすすめできません。
次の章でもご紹介しますが、ドラッグストアの経験は調剤薬局などのその他の職場でも生かすことができるためです。薬剤師としてのキャリアを考える上で、ドラッグストアの勤務経験があることをプラスにできるようにしましょう。

薬剤師としてのスキルが低いうちから転職をおこなうことも、おすすめできません。
中途採用では即戦力の薬剤師が求められるためです。どうしてもという場合には、転職エージェントに相談して第二新卒を歓迎している職場を探しましょう。

人間関係や不規則なシフトは、店舗特有のものである可能性があります。転職をせずとも、店舗移動をおこなうことで解消される場合があるため、上司や人事に相談をしてみましょう。

ドラッグストア出身者はつぶしがきくか?


コチラの記事「ドラッグストアから調剤薬局への転職、気を付けるポイントは?」でもご紹介しているとおり、ドラッグストア出身の薬剤師には明確な強みがあります。

「OTC医薬品や健康食品の知識」においては、ドラッグストアを経験した薬剤師の右に出るものはいないといえます。
実際に調剤薬局でも、「○○という市販薬を飲んでるけれど、飲み合わせは大丈夫?」と患者さんから聞かれることも少なくありません。
そんなとき、「あの人はドラッグストアにいたことがあるから、聞いてみよう」と職場で頼られることも多いので、ドラッグストアの経験は生きるといえますね。

提案力もドラッグストア出身の薬剤師の強みといえます。
調剤薬局の薬剤師は、医師の処方せんをもとに調剤をおこなうため、「受け身」の業務が多くなりがちです。もちろん疑義照会などの業務は大切ですが、それでも自分から提案をおこなう機会は、そう多くはありません。

患者さんから相談された際に、率先して提案をおこなうことができるのは、ドラッグストア経験者の強みといえるでしょう。

ドラッグストアを辞めるなら転職サイトの利用がおすすめ

ここまでご紹介したとおり、ドラッグストアが自分に合っていないという場合には、転職を検討するべきです。

しかし、転職は人生の一大イベントであり、いろいろと面倒なものです。退職届や離職票、雇用保険、引っ越しなどなど、さまざまな難しい手続きが必要となりますよね。これらを自分一人の力で完遂することは難しいので、そんなときには転職サイトを活用してみましょう。

転職サイトを利用することで、さまざまなサポートを受けることが可能です。
自分にオススメの職場紹介や履歴書の書き方、面接での立ち振る舞い、退職届と退職願の違い、辞めたあとの手続きなど、自分ひとりの力では解決できないことも、全て聞くことができます。しかも、費用はまったくかからないので、薬剤師側のデメリットはありません。

筆者が転職サイトを利用した理由

筆者も実際に転職サイトを利用することで、楽に転職をおこなえました。
はじめは自分ひとりの力で転職活動をしようと考えたこともありましたが、仕事をしながらの転職活動は、かなり難易度が高いといえました。加えて、自分にはどのような職場が向いているのか、転職に際して何をすれば良いのかなどがまったくわからなかったため、不安で仕方がありませんでした。

そんなとき、すべての疑問をぶつけられるパートナーが欲しいと考えて、転職サイトに登録をおこないました。
転職時にはさまざまなサポートを受けることができ、本当に助かりました。履歴書についても、「このように書けば良い」というフォーマットをもらえたので、楽に書類作成がおこなえました。面接時にもエージェントが同行してくれたので、何の不安もなく面接に臨むことができました。
何度も言いますが、転職サイトを利用することのデメリットは全くないので、迷ったら登録することをおすすめします。

まとめ

ドラッグストアは過酷な職場も多く、辞めたいと考える薬剤師は決して珍しくありません。「このままで良いのか」、「他にもっと良い職場があるのではないか」など、いろいろと葛藤することもありますね。

そんなときには、まずは立ち止まって考えることが重要です。
なぜなら、「すぐに辞めて良い方」と「もう少し頑張った方が良い方」がいるからです。どの選択が自分にとって一番メリットがあるのかを考えて、効率的に立ち回らなくてはなりません。

自分ひとりの力で決断が下せない場合には、転職サイトに登録してエージェントに相談することがおすすめです。
この記事を参考にして、薬剤師としてやりがいを持ってはたらける、理想の職場を手に入れてくださいね。

元転職エージェントのオススメ転職サイト

元転職エージェントのカオリです。
わたしは転職エージェントとして働ていた経験があり、現在は求人企業側として大手紹介会社・地元密着のエージェント様とお取引があります。

そんなわたしが知る薬剤師の転職サイト10社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元に、オススメの転職サイトをご紹介します。
⇒ 元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト10社の徹底比較ランキング!

The following two tabs change content below.
アバター

ヤス

製薬会社MR→ドラッグストア→調剤薬局と2度の転職を経験。 現在は都内の中規模調剤チェーンで管理薬剤師をしています。調剤業務だけでなく、地域活動や講演活動にも奮闘中。得意な科目は小児科と精神科、婦人科など。趣味はドライブとスノーボード。

こんな記事も読まれています

  1. 薬歴残業の多い職場・少ない職場の違い、薬歴残業を減らすための工夫とは?…

  2. 薬剤師がワークライフバランスを求めるならどの職種?3つの要素で考える

  3. 門前薬局の処方箋のノルマとは 技術料の算定に奔走する薬剤師の実態

  4. 調剤薬局の残業時間と処方せん単価の関係

  5. 応援のない調剤薬局で働きたい!他店ヘルプが多い会社を見抜く4つのポイン…

  6. 薬剤師の残業なし求人の探し方・決定版【調剤薬局編】

最近の記事

PAGE TOP