リクナビ薬剤師

大手企業に転職したい薬剤師にピッタリ!主要取引先を大手十数社に絞ることで、強い交渉力を手に入れたリクナビ薬剤師

薬剤師が転職について調べていると、必ず目に入る転職サイトの1つに『リクナビ薬剤師』があります。

リクナビ薬剤師と言えば、CMでも有名なリクルートグループのサイト。

大手ではありますが、薬剤師の転職にはホントに役立つのかな?と思う方も多いようです。

親会社が医療系ではないので、ちょっと不安ですよね。

筆者は転職エージェント時代にリクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーと付き合いがあり、今は大手企業の本社採用担当としてリクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーとやり取りしている立場。

ハッキリ言って、リクナビ薬剤師にかなり詳しい人間の一人と豪語できます。

そんな筆者と現役の転職エージェントの二人で、リクナビ薬剤師の特徴や評判を赤裸々に暴露しちゃいますね。
実際にリクナビ薬剤師を利用した、求職者さんの感想もお伝えします!


 
 
 
 

大手であるリクナビ薬剤師は、同じく大手の調剤薬局やドラッグストアへのパイプが強い会社です。
電話面談だけでスピーディーに紹介してもらえるのも、忙しい方には助かると評判ですよ。


 
 
 
 

現職のエージェントである私から見ても、リクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーは優秀な方ばかりです。
大手相手に交渉力を持つエージェントは少ないので、大手・ドラッグストア狙いならリクナビ薬剤師に相談してみてくださいね。

\リクナビ薬剤師への無料登録はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

リクナビ薬剤師をオススメする人

薬剤師向け転職サイトの中で、リクナビ薬剤師での転職がオススメなのは以下に当てはまる方です。

リクナビ薬剤師をオススメする人

  • 大手調剤チェーンに好条件で転職したい
  • ドラッグストアに興味がある
  • 時間をかけずに転職活動を進めたい

ほかの転職サイトでも、大手調剤チェーン・ドラッグストアへ転職することはできます。

ただリクナビ薬剤師は大手やドラッグストアの求人数が他とは段違いなので、選択肢が幅広くなります。

大手やドラッグストア相手に強気に交渉できるのも、リクナビ薬剤師の強いところ。

他の転職サイトよりも、有利な条件で大手に転職できることもありますよ。

大手企業の情報も多く持っているので、大手やドラッグストア求人同士の比較もしやすいです。

働きながら転職活動をしたい方や、子育て中のママ薬剤師の転職活動では、支店に出向く時間が取りにくいこともありますよね。

対面面談が必須ではないので、時間や手間をかけずに求人相談に乗ってほしい方にもオススメですよ。

\リクナビ薬剤師への無料登録はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

リクナビ薬剤師の強み


 
 
 
 

まずは、リクナビ薬剤師が他の転職サイトに比べて優れているところをお伝えします。
私が感じるリクナビ薬剤師の強みは、こちらです。

元エージェントからみたリクナビ薬剤師の強み

  • 大手調剤チェーン・ドラッグストアの求人数が多い
  • ホワイト求人を厳選して紹介してくれる
  • 転職エージェントの質が高い

リクナビ薬剤師の最大の強みは、大手求人に強いことです。

単純に求人数が多いですし、大手求人に関する情報もたくさん持っています。

親会社がリクルートグループなので、大手調剤やドラッグストアと強いパイプを保てるんですね。

大手求人も全て掲載するのではなくシッカリ厳選しているので、ホワイト求人を紹介してくれます。

転職エージェントは意識の高い人が多く、全体的な質はかなり高めです。

数年前にキャリアアドバイザーの意識改革をしているので、「昔リクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーいまいちだったんだよね…」という方は、ぜひもう1度お話してみてください。

以前とはキャリアアドバイザーの対応が全然違いますよ。


 
 
 
 

そうですね、ここ数年リクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーさんの評判はかなりいいです。
私は大手企業に対する交渉力も、リクナビ薬剤師の強みだと考えています。


 
 
 
 

リクナビ薬剤師は「あらかじめ決めた主要取引先に注力する」という戦略を取っており、大手取引先を十数社に絞っています。

求人先を絞ると求人数が減りそうですが、大手企業との関係を強くすることで優先的に求人を確保できるんです。

取引先を厳選することで情報も入りやすくなりますし、企業の採用担当者との信頼感系も強く交渉力も強いです。

『18時まで固定の時短勤務』や『異動なし』の交渉は、積極的にしてくれますよ。

ただリクナビ薬剤師に限らず、大手企業に対する年収交渉は難しい傾向です。

\リクナビ薬剤師への無料登録はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

リクナビ薬剤師の弱いところ


 
 
 
 

今度は逆に、リクナビ薬剤師の弱いところを見ていきましょう。
私がちょっと残念だなと思うのは、こんなところです。

元エージェントからみたリクナビ薬剤師の弱いところ

  • 大手求人が多く、地域に密着した中堅薬局や病院の求人が少ない
  • 対面面談や面接同行が基本的にない

大手求人を主としている分、中堅や個人薬局・病院の紹介は少なく交渉力も弱いです。

リクナビ薬剤師は中小の求人も情報が少ない分、キャリアアドバイザーからの紹介や連絡が遅れてしまいがちです。

大手以外を希望するなら、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリの方が早く提案してくれます。

また、キャリアアドバイザーを少数精鋭で揃えているため、時間がかかる対面面談や面接同行は基本的にしません。

じっくり対面で話して転職の相談をしたい方や、面接のフォローをして欲しい方には向きませんね。

注意
対面面談・面接同行ともに、求職者からの希望があれば対応してもらえます。
対応までに多少時間がかかっても対面面談・面接同行して欲しいときは、遠慮なく伝えましょう。


 
 
 
 

リクナビ薬剤師だけではなくリクルートのサイトは、方針や方向性が早いサイクルで変わる傾向があります。
キャリアアドバイザーの対応が変わりやすく、求職者からすると長期的に頼りにくい面もあるかもしれません。

リクルートの企業特性として「ドラスティック(思い切って、急激に)に変化する」というものがあります。

より良い対応のために行っている方針ではありますが、「前に転職活動したときと、対応が全然違う…」と求職者を悩ませることもあるでしょう。

リクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーにはどんな人が多いか


 
 
 
 

私はリクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーさんと何人もお会いしていますが、人当たりが良く話しやすい方が多い印象です。
現職の求人企業側から見ても、質の高い薬剤師さんを紹介してくれてると思います。


 
 
 
 

対応が良く、知識も豊富な方が多いと感じます。
求職者のニーズに合わせて、スピード対応やじっくり調査などされています。

数年前までは、こんな評価も多かったリクナビ薬剤師のキャリアアドバイザー。

  • いつ電話しても、会議や出張でいない。
  • 電話やメールをすると言ったのに、連絡が来ない。
  • 求人先の情報がなく、とりあえず面接を勧める。

ここ2年ほどで大きな意識改革があったので、今はこのようなことはありません。

レベルの高いキャリアアドバイザーが多く、安心して任せることができますよ。

質の高いキャリアアドバイザーが多いと言っても、相性の問題もあります。
どうしてもペースが合わないと感じたら、担当交代を申し出てください。

\リクナビ薬剤師への無料登録はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

リクナビ薬剤師の評判~利用者の声~


 
 
 
 

リクナビ薬剤師で転職した求職者の、リクナビ薬剤師に対する印象は良い傾向です。
実際の体験談をいくつかご紹介しますね。

人間関係が理由で転職したAさん

職場のお局にいじめを受けていてすぐに辞めたかったんですが、いじめで辞めてしまうのが釈然とせず悩んでいました。
もやもやとしたままリクナビ薬剤師に登録したところ、エージェントさんが親身になって相談に乗ってくれました。
エージェントさんと話している中で『在宅業務を通じて、同僚や他の医療スタッフと協力しあいながらイキイキと働きたい』という理想の自分像を見つけ、前向きに転職活動できました。
転職活動を職場の人達に知られたくないので、エージェントさんからの電話を仕事終わりや休日の日にして欲しいとお願いしましたが、快く対応してもらえました。
結果としてとても風通しが良い職場をオススメしてもらい、満足できる転職となりました。

人間関係が理由で転職する全ての薬剤師が参考にしたい転職体験談より抜粋

ワークライフバランスのために転職したBさん

大学卒業後MRになりましたが、勤務地が慣れない土地でプライベートが全く充実していませんでした。
製薬会社としては転勤が少なく、しばらく転勤がなさそうだったので転職を決めました。
仕事が忙しく面談に出向くのは難しかったので、電話面談が選択できるリクナビ薬剤師を選びました。
こちらも事情を考慮し首都圏の大手調剤チェーンの中で、年収が高いところと、研修が充実している企業の求人をいくつか紹介してくださいました。
MRからの転職ですが年収をそれほど落とさずに済んだので、結果に満足しています。

ワークライフバランスを求めた薬剤師の転職 体験談3より抜粋


 
 
 
 

私が知っている求職者さんも、リクナビ薬剤師に対しては良い印象があるようです。
大手調剤やドラッグストアに加えて、企業の求人も多いので選択肢が広がりますね。
私が知っているリクナビ薬剤師利用者さんのお話も、ご紹介します。

子育てと両立できる職場を希望したCさん

前の職場は産後2か月での復帰せざるを得ない状況で、子どもと全然触れ合えませんでした。
余裕を持って子育てをしたいと考え、調剤薬局からドラッグストアへ転職を決意したんです。
リクナビ薬剤師で仕事を探したところ、すぐに前職より給与・休日などの条件も良い求人を紹介してくれました。

18時までの時間固定の育児勤務と、給与面も交渉してもらえたので、かなり良い条件で転職が決まりました。
子どものことを考えると早く転職したかったので、良いところがすぐに決まって良かったです。
年収は前職に比べて30万円もアップしたので、とても嬉しかったです。

ママ薬剤師の転職体験談 子育てとの両立を目指してドラッグストアに転職した例より抜粋


 
 
 
 

ドラッグストアに対し、30万円もの給与アップ交渉ができたのは大手リクナビ薬剤師と言えどもすごいことです。

キャリアアドバイザーが企業の採用担当者と、しっかりコミュニケーションを取れていたのだと思います。

\リクナビ薬剤師への無料登録はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

リクナビ薬剤師|まとめ

リクナビ薬剤師は、大手調剤チェーンとドラッグストアに特化した転職サイトです。

優秀なキャリアアドバイザーがしっかり交渉してくれるので、大手やドラッグストア狙いならリクナビへの登録はマストと言えます。

電話面談のみでも求人を紹介してくれるので、現職が激務の方や子育て中の方など時間が取りにくい方にも向いていますね。

一方中小調剤の求人紹介には弱く、面接練習や面接同行などのフォロー面が弱いというデメリットも。

中小調剤の求人情報や手厚いフォローを希望する方は、マイナビ薬剤師ファルマスタッフがオススメです。

転職サイトをあらゆる視点から比較した結果のランキングは「薬剤師転職サイト10社徹底比較!元転職エージェントのオススメは?」こちらにまとめてありますので、併せて参考にしてみてくださいね。

\リクナビ薬剤師への無料登録はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

 

この記事を書いた人

カオリ
大学病院に臨床薬剤師として勤務後、中規模薬局、全国チェーン調剤薬局のエリアマネージャー、本社教育部を経験。その後転職紹介会社に籍を置き、100名以上の薬剤師様のお手伝いをさせて頂きました。 薬剤師として現場で働きたいとの思いから、全国チェーン調剤薬局に転職し、現在はプレイングマネージャーとして勤務しています。 趣味は子育て、薬剤師の副業ビジネスの構築。

 

この記事を書いた人

はやと
人材エージェントで10年以上勤務(人材派遣、人材紹介)。薬剤師専門のエージェントで責任者として勤務。キャリアコンサルタントとして、薬剤師の転職サポートを年間100名、合計500名以上実施しており、現在は大手薬局やドラッグチェーンの人事担当や採用責任者の方と日々やり取りしています。趣味はマラソン。

ピックアップ記事

  1. ドラッグストア
  2. 転職に成功する薬剤師失敗する薬剤師の違い
  3. ランキング
PAGE TOP