薬剤師転職ドットコム

中小企業に転職して年収アップを狙いにオススメ!中小調剤薬局の求人を多数保有。 女性エージェントが多く、ワークライフバランスを重視した転職がしやすい転職サイト

アインホールディングスのグループ会社である、メディウェルが運営する薬剤師転職ドットコム。

業界1位のアイングループだからこそ、エージェント1人1人が調剤業界に詳しく信頼できますよ。

「他の転職サイトとどう違うの?」
「薬剤師転職ドットコムはどんな人に向いているの?」

そんな疑問に元転職エージェントで現職は大手企業の採用担当である私が、薬剤師転職ドットコムの特徴や業界内での評判をまとめて行きます。

リアルタイムの情報を、現職の男性エージェントさんにも伺ってみました。

薬剤師転職ドットコムを利用して転職した方のお話も紹介するので、参考にしてくださいね。


 
 
 
 

しっかり時間をかけて何度でも相談に乗ってくれるので、転職に不安を感じていた方からの評判が良い転職サイトです。
ママエージェントも多いので、ママ薬剤師に役立つ情報も教えてもらえますよ。


 
 
 
 

調剤薬局求人に特化したサイトなので、調剤未経験の方でも好条件で調剤薬局に転職しやすいです。
派遣も含めて調剤薬局への転職を検討しているなら、薬剤師転職ドットコムに相談してみましょう。

\薬剤師転職ドットコムへの無料登録はこちら/
薬剤師転職ドットコム公式サイト

薬剤師転職ドットコムをオススメする人


 
 
 
 

薬剤師転職ドットコムを利用しての転職がオススメできるのは、以下の項目に当てはまる薬剤師さんです。
自分の状況と当てはまるかチェックしてみてくださいね。

薬剤師転職ドットコムをオススメする人

  • アイン薬局やその関連会社を転職先の選択肢にしたい
  • 転職が初めて(不安)なので、急がずじっくり相談して決めたい
  • 面接対策や面接同行・履歴書添削などフォローを受けたい

調剤薬局が倒産する時代なので、安定した大手で働きたいという薬剤師は増えています。

新卒薬剤師も大手を選ぶ人が増えたので、中途の採用枠やパート求人は減り気味。

そんな中で業界最大手のアイン薬局やその関連会社への転職を希望するなら、アインやアインのM&A先の求人が集まる薬剤師転職ドットコムの利用をオススメします。

薬剤師転職ドットコムは、求職者が納得できるまで相談を受けることを重視している転職サイト。

焦らずしっかり相談して決めたい方にとって、安心して任せられる転職エージェントが揃っていますよ。

面接対策などフォロー面もかなり充実しているので、転職に不安がある方にも向いています。


 
 
 
 

薬剤師転職ドットコムは、人材紹介だけではなく派遣求人も取り扱っています。
派遣求人件数は多くないですが、派遣を含めて働き方をどうするか悩んでいるなら相談してみましょう。

以下では薬剤師転職ドットコムの特徴を、さらに詳しくお伝えして行きます。

薬剤師転職サイト選びに悩んでいる方、よく読んで比較の参考にしてくださいね。

\薬剤師転職ドットコムへの無料登録はこちら/
薬剤師転職ドットコム公式サイト

薬剤師転職ドットコムの強み


 
 
 
 

まずは薬剤師転職ドットコムのウリと言えるところをお伝えします。

元エージェントからみた薬剤師転職ドットコムの強み

  • 業界最大手であるアインの子会社である
  • 求職者を急かさず丁寧に対応してくれる
  • 面接対策や履歴書添削などフォローが手厚い

詳しく解説して行きますね。

業界最大手であるアインの子会社である

薬剤師転職ドットコムの運営元であるメディウェルは、調剤薬局業界最大手のアインホールディングスの子会社です。

アイン子会社の転職サイトを使うメリットは主に2つ。

エージェントが調剤業界に詳しい

表面上しか調剤薬局のことをわかっていない転職エージェントというのは、実は珍しくありません。

でも薬剤師転職ドットコムはアインから薬局の内側の情報が降りてくるので、「小児科の門前は冬になると忙しい」など細かいことまで調剤薬局の事情を知っているエージェントが多いです。

面談や見学などで薬局に足を運ぶ回数も多いので、薬局の雰囲気やスタッフの年齢層・人柄などもよく把握していますよ。

アイン薬局や関連会社の求人数が多い

アイン薬局の求人は他社転職サイトにも掲載していますが、公開しているのは一部だけ。

アインの全求人やレア求人を見れるのは、薬剤師転職ドットコムだけなんです。

業界最大手であるアインを転職先の1つとして検討するなら、薬剤師転職ドットコムの利用は外せませんね。

アインファーマシーズがM&Aをした調剤薬局の求人も、優先的に掲載されますよ。

大手や大手の関連会社で働きたい方にはピッタリですね。

求職者を急かさず丁寧に対応してくれる

薬剤師転職ドットコムの運営元であるメディウェルの方針として、『納得のいく転職』の提供があります。

その実現のためにどのエージェントも、求職者の話をじっくり聞いて返答や転職を急かさずに丁寧な対応をしてくれるんです。 

「いい求人なんで、すぐ埋まっちゃいますよ!」
「明日までに決めてくださいね!」

こう急かされて焦って転職を決めると、後々不満が出てきがちです。

特に「転職が初めてで自分に合っている職場がわからない」方や、「転職に失敗した経験がある方」は、薬剤師転職ドットコムのように時間をかけて対応してくれるエージェントが良いですよ。

面接対策や履歴書添削などフォローが手厚い

面接対策や履歴書添削・面接同行などの、転職フォローが手厚いのも薬剤師転職ドットコムを利用する大きなメリット。

ひと昔前まで薬剤師の面接はただの面談で全員合格でしたが、最近は向上心の高い薬剤師をもとめる企業が多く面接に落ちる薬剤師が増えてきました。

面接対策のフォローは他転職サイトに比べてかなり手厚いので、面接に自信がない方・面接に落ちてしまった経験がある方は、薬剤師転職ドットコムでフォローを受けるといいですよ。

薬剤師面接の対策については、こちらも記事も参考にしてくださいね。
人気記事 薬剤師の転職面接必勝法!転職エージェントのアドバイスのすべて


 
 
 
 

調剤薬局求人に特化したサイトなので、調剤での正社員・パート・派遣で悩んでいる方は相談してみると良いですね。
薬局の雰囲気だけではなく、働き方を含めてしっかり相談できるので頼りになります。

\薬剤師転職ドットコムへの無料登録はこちら/
薬剤師転職ドットコム公式サイト

薬剤師転職ドットコムの弱いところ


 
 
 
 

他の転職サイトと比べて、薬剤師転職ドットコムの少し弱い部分も見てみましょう。
私が気になるのは、以下の3点ですね。

元エージェントからみた薬剤師転職ドットコムの弱いところ

  • 病院・ドラッグストア・企業の求人は少ない
  • じっくり話を聞く姿勢なので話が長い
  • 押しが弱く提案力に欠ける

病院・ドラッグストア・企業の求人は少ない

薬剤師転職ドットコムは、調剤薬局求人を中心とした転職サイトです。

調剤薬局の事情に詳しいので求職者にピッタリ合った薬局を探してくれる一方、病院・ドラッグストア・企業の求人はかなり少なめ。

調剤薬局以外の求人も検討したいなら、他社転職サイトと掛け持ちした方が良いでしょう。

ドラッグストア求人に強い転職サイト リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師
病院・企業求人に強い転職サイト 薬キャリ

じっくり話を聞く姿勢なので話が長い

丁寧な対応がウリの薬剤師転職ドットコムは、求職者の希望や現職への不満の聞き取りを重要視しています。

そのため電話ヒアリングなどにかかる時間が長く、忙しい薬剤師からは不満が出ることも。

初回の電話面談が長い上に基本的には対面面談も行うので、エージェントと話すのが苦手な方は大変と感じることもあります。

押しが弱く提案力に欠ける

求職者のペースに合わせて手厚いサポートをしてくれるのは魅力的ですが、エージェント主体の提案は弱い部分があります。

「〇〇という希望とは少し合いませんが、こういった面でこの求人もいいと思いますよ!」
「第一希望が人気の薬局なので、△△の面接も受けておきましょう!」

このようなエージェントからの提案は、エージェントが培ってきた経験から出されるもの。

押しが強いエージェントが苦手という方も多いですが、提案が弱すぎるのも型にはまった求人しか出されないというデメリットがあります。


 
 
 
 

「基本的にメールでやり取りしたい」「できるだけ早く転職先を決めたい」という方には向かないのが薬剤師転職ドットコム。
まずはどんな形での転職が希望か考えてから、登録する転職サイトを決めるといいですよ。

\薬剤師転職ドットコムへの無料登録はこちら/
薬剤師転職ドットコム公式サイト

薬剤師転職ドットコムのエージェントにはどんな人が多い?


 
 
 
 

私が転職エージェントや採用担当者として出会った薬剤師転職ドットコムのエージェントさんは、こんな方が多かったです。

聞き上手な女性エージェントが多い

他社よりも女性エージェントが多い転職サイトです。

ゆったりとして、求職者の話をシッカリ聞いてくれる人が多いですよ。

求職者のぴったり合った求人を紹介するために、希望や現職への不満などを引き出すのも上手です。

落ち着いて対応が丁寧な人が多い

一部転職サイトのエージェントで「敬語をちゃんと遣えない」なんて人もいるようですが、薬剤師転職ドットコムのエージェントではあり得ません。

ノルマにガツガツもしないので、落ち着いて丁寧な対応をしてくれる人ばかりです。

求職者の質問に対してもしっかり調べてくれるので、安心して任せられると聞きますよ。


 
 
 
 

「いくつか転職サイトに登録したけど、エージェントの雰囲気が一番良かった」とおっしゃっていた求職者さんもいました。
転職という人生の大きなターニングポイントを任せるにあたって、エージェントの話しやすさは重要ですよね。

\薬剤師転職ドットコムへの無料登録はこちら/
薬剤師転職ドットコム公式サイト

薬剤師転職ドットコムの評判~利用者の声~


 
 
 
 

薬剤師転職ドットコムで転職した薬剤師さんは、女性薬剤師さんが多いです。
女性同士の方が話しやすく相談しやすい」という方が多いですね。
ママエージェントも多いので働くママの悩みにマッチした求人紹介も上手で、ママ薬剤師さんからの評価も上々です。

病院から子育て環境の整った調剤薬局に転職したAさん

私が転職を考えたのは、結婚がキッカケです。
働いていた病院は産休育休制度が整っておらず復帰しにくい環境だったので、子どもを産む前に福利厚生の整っているところに転職しようと思いました。

私の希望は「調剤未経験可の薬局」「帰宅が遅くならない職場」だったのですが、エージェントさんに「出産後も働くなら、薬剤師数が多く有給が取りやすいところがいいですよ」と言われ、その条件も加えて求人を探してもらいました。

求人を紹介された中で「ここは総合病院の門前でとても勉強になりますが、周辺にも薬局があるので処方せん枚数はそれほど多くないです。管理薬剤師はベテランの方で頼りになる人柄ですし、ママ薬剤師さんも2人ほどいるので子育てにも理解がありますよ。」など、職場の環境を詳しく教えてくれました。

面接では残業代や退職金に関することなど聞きにくいことを、代わりにエージェントさんが聞いてくれたので不安なく転職を決めることができました。
今は先輩ママ薬剤師さんに、子育てのことなどを聞きながら仕事をしています。
希望通りの転職先が見つかり、よかったです。

30代 女性 東京都

小1の壁対策で子育てしやすい薬局へ転職したBさん

これまで子どもを保育園に預けてフルタイムで働いていましたが、子どもが小学生になるのを機に転職を考えました。
いわゆる「小1の壁対策」です。

学童は保育園より預けにくく長期休みもありますし、PTAなど親が学校に行く機会も増えるみたいですね。
当時の職場は新卒からずっと勤めてきましたが、人数がギリギリなので休みにくく子育てしやすいとは言えなかったんですよね…。

そんなワケで転職を検討しいくつか転職サイトに登録したんですが、薬剤師転職ドットコムのエージェントさんが小学生のいるママさんでお話がすごく参考になったんです。

小1の壁の乗り越え方を教えてもらい、ママ薬剤師が多くヘルプが来やすくてシフトを柔軟に予定に合わせてもらえる求人を紹介してもらえました。
実際に働いてみると学校の行事に合わせてシフトを組んでくれているし、突発の休みもイヤな顔せず対応してもらえます。

入学前に良い職場を見つけられて、安心して仕事を続けられそうです。

30代 女性 愛知県

※小1の壁問題は、多くのママ薬剤師が抱える問題です。
ママ薬剤師の求人探し|小1の壁を超えることができる職場はどこか」も参考にしてくださいね。


 
 
 
 

「返事を急がせないのでよく考えてから転職を進められた」という声がある一方で、「似たような求人が多く比較しにくかった」という意見も。
求職者の希望通りだけではなくアドバイスを含めた求人提案が欲しい方は、強気に意見をくれるファルマスタッフにも話を聞いてみるといいでしょう。

\薬剤師転職ドットコムへの無料登録はこちら/
薬剤師転職ドットコム公式サイト

まとめ

薬剤師転職ドットコムは求人数・エージェントの質・派遣対応など、総合的にバランスがとれてサイトです。

調剤薬局中心で派遣も含めてじっくり相談して決めたい、面接対策など転職フォローを受けたいという方に向いています。

女性エージェントが多いので、働くママ薬剤師にとって話しやすく相談しやすい強い味方になってくれますよ。

一方で病院やドラッグストア・企業の求人は少なく、広く求人先を検討したい方には向きません。

しっかりサポートを受けたいけど調剤薬局以外も検討したいなら、マイナビ薬剤師など求人が豊富な転職サイトの方が良いですね。

派遣は対応していますが求人数は少ないので、派遣中心で考えるならファルマスタッフも検討してみましょう。

他の転職サイトも気になる方は「薬剤師転職サイト10社徹底比較!元転職エージェントのオススメは?」に転職サイトをランキング化した結果をまとめてありますので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

\薬剤師転職ドットコムへの無料登録はこちら/
薬剤師転職ドットコム公式サイト

 

この記事を書いた人

カオリ
大学病院に臨床薬剤師として勤務後、中規模薬局、全国チェーン調剤薬局のエリアマネージャー、本社教育部を経験。その後転職紹介会社に籍を置き、100名以上の薬剤師様のお手伝いをさせて頂きました。 薬剤師として現場で働きたいとの思いから、全国チェーン調剤薬局に転職し、現在はプレイングマネージャーとして勤務しています。 趣味は子育て、薬剤師の副業ビジネスの構築。

 

この記事を書いた人

はやと
人材エージェントで10年以上勤務(人材派遣、人材紹介)。薬剤師専門のエージェントで責任者として勤務。キャリアコンサルタントとして、薬剤師の転職サポートを年間100名、合計500名以上実施しており、現在は大手薬局やドラッグチェーンの人事担当や採用責任者の方と日々やり取りしています。趣味はマラソン。

PAGE TOP