薬剤師転職ドットコム

中小企業に転職して年収アップを狙いにオススメ!中小調剤薬局の求人を多数保有。 女性エージェントが多く、ワークライフバランスを重視した転職がしやすい転職サイト

求人数

薬剤師転職ドットコムradar-chart

サービス内容

対面面談

面接同行

相談拠点数 中

アフターフォロー

提案求人数 中

スピード転職

特典

薬剤師転職ドットコムが向いている薬剤師

  • 中小調剤薬局に転職して年収アップを狙いたい人
  • 薬局の業務内容に詳しいエージェントに求人を紹介してほしい人
  • 対面面談でじっくり相談したい人
  • 面接に同行してほしい人
  • 転職後もしっかりとアフターフォローしてほしい人

薬剤師転職ドットコムが向いていない薬剤師

  • 調剤薬局以外に転職したい人
  • 大手調剤薬局チェーンに転職したい人

はじめまして、ねここと申します。

私は薬剤師転職ドットコムを利用して病院から、中規模の調剤薬局チェーンに転職しました。
そこで今回は、薬剤師転職ドットコムを利用して転職した私の経験をもとに、薬剤師転職ドットコムのメリット、デメリットなどの特徴をお伝えしたいと思います。

薬剤師転職ドットコムのメリット

年収アップの求人に強い

薬剤師転職ドットコムの特徴はわかりやすくてハッキリしています。
中小の調剤薬局への転職による年収アップに強いことです。

保有求人から見ても、その特徴はハッキリしています。
薬剤師転職ドットコムの保有求人の9割は調剤薬局の求人です。調剤薬局では、大手よりも中小の方が給料がいいことが多いですよね。薬剤師転職ドットコムは、そんな中小の薬局の求人を多く取り揃えているので、高年収な求人が多かったです。
私が利用したときも、中小の調剤薬局の求人を多数紹介してくれました。

私の場合は、病院から調剤薬局への転職を希望し、薬剤師転職ドットコムを含めて転職サイトを3社を利用しました。
各転職サイトには、病院から調剤薬局への転職なら、最低でも年収500万円は欲しいというのを伝えていました。薬剤師転職ドットコムはその希望に見事応えてくれましたが、他の転職サイトでは最低年収の確約はできないと言われました。

薬剤師転職ドットコムは年収の最低ラインを満たした求人をしっかり紹介してくれます。

同じ求人でも薬剤師転職ドットコムの方が条件のよい求人が多い

では、同じ中小薬局チェーンの求人であれば、どの転職サイトでも同じように高年収の求人なのでしょうか。
私が見た中では、同じ中小薬局の求人でも、薬剤師転職ドットコムの方が年収のよい案件が多かったです
他の転職サイトよりも、20万円くらいは年収が上でした。

しかも、薬剤師転職ドットコムのすごいところは、求人の紹介段階で年収が高いだけではなく、そこから更に年収アップの交渉もしてくれるんです。
私の場合は、面接後の交渉で更に年収20万円アップしてもらいました。

薬剤師転職ドットコムに無料登録して求人情報を受けとってみる

薬剤師転職ドットコムは調剤薬局に詳しい

薬剤師転職ドットコムは、メディウェルが運営する薬剤師専門の求人・転職支援サービスです。そのメディウェルは、調剤薬局における売上高第1位のアインホールディングスのグループ会社です。

薬剤師転職ドットコムは調剤薬局がグループ会社にあるので、薬局の実際の現場を理解しやすいことをウリにしています。

例えば、私が「帰宅が遅くなるような職場は避けたい」と伝えたところ、エージェントの方から「この薬局は、門前の医師が駆け込みの患者さんを受け付けるので、処方せんが19時30分まで来る。」、「こちらの薬局は医師が時間に厳しい方で、診察終了時間を1分でも過ぎたら断っているから、薬局の終わりも遅くならない。」など、調剤薬局の実情にとてもとても詳しかったです。

他の転職サイトでは、薬局の営業時間しか知らないようで、「この薬局は営業時間が19時までだけど、この薬局は18時まで」という回答しかくれないので、薬剤師転職ドットコムは、調剤薬局の内情に詳しいと感じました。

薬剤師転職ドットコムは現場の情報に詳しい

薬剤師転職ドットコムは、紹介先に定期的に足を運んで情報を仕入れていますので、職場の内情に詳しいです。
私が紹介先企業に面接に行った際にも、紹介先の薬局長と顔見知りのような感じで会話をしており、普段から付き合いのある感じを伺わせました。

実際にどの程度現場の情報に詳しかったのか、その実例は後ほど詳しく述べさせていただきますが、このように紹介先の職場に足を運んで生の情報を仕入れている転職サイトは多くはありません。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ、薬剤師転職ドットコムなど、一部の大手に限られてきます。

転職サイトの中には、テレアポで求人を探してくる転職サイトもあります。
求職者の応募が入ってから、希望勤務地の薬局に電話をかけ、「こんな薬剤師さんから応募がありますがいかがですか?」と営業をかけるわけです。
このような転職サイトが紹介先の職場に詳しいはずがないですよね。

これから働く職場のことを詳しく知りたい人は、転職先に足を運んでいる転職サイトの利用をオススメします。

対面面談&面接同行してくれる

薬剤師転職ドットコムの良さは、何も給与アップだけではありません。サポート内容もマイナビ薬剤師ファルマスタッフに負けず劣らずしっかりしています。

薬剤師転職ドットコムとの対面面談

薬剤師転職ドットコムに登録すると、エージェントから電話がかかってきます。そのときに、

  • 調剤や病院 ドラッグストアなどどの分野を希望してるか
  • 正社員でいいのか?
  • 今は働いているのか
  • 過去の勤務歴とその勤続年数
  • 希望の勤務地

などを聞かれます。
この質問に回答してから、エージェントが対面面談までに紹介先の候補のリストアップを開始し、面談時に用意した求人を紹介してくれます。
面談は、仕事帰りに喫茶店などに立ち寄ってから行うことになります。

面談時では、まずは最初に転職理由を聞かれ、その後求人の紹介となります。
薬剤師転職ドットコムの求人情報の資料には次のようなことが記載してありました。

薬剤師転職ドットコムの求人情報

  • 会社概要
    勤務地、所在地、処方せん枚数、薬剤師と事務の配置、代表、資本金、職場の雰囲気 処方箋に対応する診療科名
  • 勤務条件
    給与や終業時間

職場の情報については、求人表には「アットホームな職場」などの一般的な内容しか記載がありません。しかし、エージェントにきくと、管理薬剤師の年齢や人柄、職場の薬剤師の平均年齢や雰囲気などを詳しく教えてくれます。

企業情報としては、赤字ではないかなどの会社の財務状況や、有給の取りやすい会社なのかどうかなど、働く上で知りたい事を教えてくれます。

薬剤師転職ドットコムが教えてくれた求人情報

具体的な調剤薬局の案件の紹介された後、その中で、どういう環境の調剤薬局がいいか?処方せん枚数や薬剤師人数などの職場の規模や環境の希望を聞かれました。

私の場合は、まずは転職理由として、今の病院だと結婚出産後、復帰できる環境がない。育休の制度など、福利厚生が整っている薬局に転職したい。今までずっと病院で働いてきたので、もう少し違う環境で働きたくなったというのを伝えました。

職場の規模については、処方せん枚数は100枚以上で、暇すぎるよりはある程度忙しい所。1人薬剤師はやりたくないので、ある程度の人数がいる薬局。
環境については、電子薬歴を希望し、受け取る処方箋も眼科や皮膚科のみではなく、満遍なく来る所。そして、管理薬剤師の方が若すぎなく、知識がありそうな方がやってる所を希望として伝えました。

エージェントからのアドバイス

エージェントからは、出産後も働ける職場となると、ある程度人数がいて、有給消化率が良さそうな所がいいですよ。
福利厚生ですが、大手の方が福利厚生が整っているイメージがありますが、大手過ぎないところの方が自由がききますよと職場のアドバイスをされた上で、オススメの職場を紹介されました。

エージェントが教えてくれた職場情報

「ここの薬局は内科の門前で、処方せん枚数は100枚前後です。管理薬剤師さんは30代後半の方で、人柄も温厚なのでオススメの職場ですよ。会社の規模としては大きくありませんが、経営者の方が薬剤師なので、薬剤師の働き方に理解がありますよ。有給休暇も繁忙期を避ければ、しっかりと使えますよ。」
「それと、ここの薬局は総合病院の門前ですが、まわりにも調剤薬局があるので処方せん枚数は100~150枚くらい。管理薬剤師さんは40代のベテランの方で、気さくな女性の方です。職場には同じようなママさんが2人ほどみえるので、働く女性にも理解があります。」

といった感じで丁寧に求人を紹介してくれました。
とても詳しい情報をスラスラを教えてくれたので、普段から薬局に顔をだし、丁寧に情報を集めているんだなというのが伝わってきました。

無理やり合わない求人などを紹介してきたり、強引な所もなく、相談しやすい担当の人でした。対応も早かったです。

薬剤師転職ドットコムの面接同行

面接や職場見学の同行は、とても助かります。
職場見学に行っても、中には微妙な薬局もあります。スタッフ同士の仲が悪いというか、現場の空気が悪い薬局などは、見学する側も少し気まずい印象があります。みな淡々と業務をこなしているだけの職場などもそうですね。

そのような職場に一人で見学に行ってしまうと、会話に困って変な空気になってしまうことも多いのですが、そんなときにはエージェントが会話を繋いでくれるので助かります。もちろん、断りの連絡もエージェントがやってくれます。

面接時では、こちらから質問もしますが、薬剤師転職ドットコムのエージェントはここでも間を繋いでくれたり、話しを繋いでくれました。薬局の面接がはじめてで緊張していた私としては、とても助かりました。

聞きにくいことは全てエージェントが聞いてくれる

薬局の方から、そちらから何か聞いておきたいことはございますか?と聞かれたときに、聞きにくいことは全てエージェントが代わりに聞いてくれました。

残業代はみなしなのか、全て支給されるのかどうか。支給される場合でも、1分単位で計算されるのか、10分単位で切り捨てられるのか。退職金はどうなっているのか、有給は取りやすいのか、休日出勤はあるのか。
このようなお給料やお休みのことについては、薬剤師からは直接聞きにくいものです。それら薬剤師から聞きにくいことをエージェントが先回りして聞いてくれたので、とても助かりました。

このように面接時では痒い所に手が届くように、きめ細かくサポートしてくれます。転職サイトを利用するからには、是非ともこの面接同行サービスを利用したいものだなと思いました。

薬剤師転職ドットコムに無料登録して求人情報を受けとってみる

薬剤師転職ドットコムのデメリット

調剤薬局以外の求人が少ない

薬剤師転職ドットコムの保有する求人の9割は調剤薬局ですので、調剤薬局以外に転職しようと思う薬剤師さんには不向きです。
また、調剤薬局でも中小の求人が中心ですので、大手調剤薬局チェーンを希望してる方には不向きかもしれませんね。

調剤薬局以外に転職したい、又はどの職種に転職するのか迷っている方は、マイナビ薬剤師薬キャリなどの大手転職サイトがオススメです。

検索ツールが使いづらい

誠実なサービスの提供が魅力の薬剤師転職ドットコム。
多くの薬剤師が転職支援サービスを利用するときに不安を感じる「しつこく就業をすすめられる」ということもなく、薬剤師の転職を専門にしたプロフェッショナルからの手厚いサポートが受けられることも魅力です。
強いて難点を挙げるとしたら、検索ツールが少し使いづらいかもしれません。

というのも、フリーワード検索ができず、だからといって検索キーワードが詳細であるわけでもなく、求人案件の絞り込みが難しいからです。
うまく検索結果を絞り込めない場合は、もしかしたらコンサルタントに直接相談した方が早く的確な情報を入手できるかもしれません。

まとめ

大手調剤薬局では忙しいわりには、どこも給料は安いです。
新卒で大手に入社して数年間経験を積み、ふと気づくと、このまま薄給で働いていていいのかな、もっと条件のいい薬局もあるんじゃないか。
そう思う時期がきますよね。

そんなとき、それまでの大手での経験を武器に中小調剤薬局に条件アップで転職する。
自身の経験をアピールし、なんとか好条件を獲得したい。そんなときに手助けとなってくれるのが薬剤師転職ドットコムです。

調剤薬局勤務の薬剤師にとって、大幅な年収アップを勝ち取るのは転職が最も有効な手段です。
同じ会社で管理薬剤師などにキャリアアップして年収アップすることもできます。がしかし、その際に更なる年収アップの交渉などはできません。
大手であれば、一律で給与ベースは決まっていますものね。

だからこそ中小に転職して年収アップを勝ち取るのが、調剤薬局薬剤師が大幅に年収アップする最も有効な手段なのです。

薬剤師転職ドットコムは、そんな薬剤師さんのニーズにピッタリな転職サイトだと思います。

薬剤師転職ドットコムに無料登録して求人情報を受けとってみる

他の転職サイトも比べてみたかったら

この記事では薬剤師転職ドットコムについて紹介させていただきました。

他の薬剤師転職サイトも気になる方はこちらの記事もどうぞ。
転職エージェントの経験をもつ執筆者が、他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判と実際にお会いした求職者さんの感想を元に比較しました。

PAGE TOP