薬剤師転職サイトランキング2020|転職エージェントが徹底比較!

転職エージェントがおすすめする薬剤師転職サイトランキング
薬剤師向け転職サイトの公式HPは、集客を第一に作成されています。
求職者からの注目が優先なので、このような宣伝文句で登録へと結びつけようとするものばかり。

  • 非公開求人多数
  • 初回面談時、ぴったり合う求人を紹介致します
  • 利用者満足度No.1

これではサイトの特色がわからず、転職理由や自分の希望にあっている転職サイトかわかりません。

自分に合ったサイトを使わないと、せっかく転職エージェントに頼んでも、転職がうまく行かないことがあります。
自分の転職理由によっては、サイトの重視するポイントが合わないことも。

転職に不満が残らないようにサイトの特色を理解して選びたいですが、なかなか転職サイトごとの特徴や本当の評判ってわからないですよね。

わたしは転職エージェントとして働ていた経験があり、現在は求人企業側として大手紹介会社・地元密着のエージェント様とお取引があります。
つまり「紹介会社」「求人企業」の両面から、薬剤師の転職業界に関わって来ました。

転職エージェントは他社(ライバル社)の情報を意識して調査していますし、求職者や企業を通じても情報を集めています。
つまり転職エージェントは、自社以外の転職サイトの情報にも詳しいということ。

そんな筆者が知る薬剤師の転職サイト8社について、実際にお会いした求職者さんの感想と他社出身のエージェントから聞いた業界内の評判を元に比較し、オススメの転職サイトをご紹介します。

現役の転職エージェントさんにも協力いただき、ご自身の所属サイトやライバルサイトの動向や直近の業界事情について教えていただきました。

「会社のカルチャー的にガツガツしないけど、しっかりと丁寧に対応する。」
「ハイクラス求人で年収650万円以上が狙えるけど、一般薬剤師求人への積極性に欠ける」

このような、ネットの情報だけでは手に入らない、業界の内側にいたからこそ知れる情報をお伝えします!
よくある転職サイト利用者(求職者)の声ではなくエージェントからの評価なので、他の比較サイトとはちょっと違った角度からの内容ですよ。

 

求人だけではなく、転職サイトから比較して転職を絶対に成功させたいという方に役立つ内容です。
ちょっと長いですが転職サイト登録前に、ぜひ読んでください!

 

迷う人はおすすめランキングから、重要視するポイントが決まっている人は目的別おすすめから、様々なデータを比較検討したい方は比較データまとめを参考にしてみてください。

転職サイト各社の人材紹介実績ランキング

最初に、最新の転職サイト売上予測ランキングをご紹介します。

 

売り上げが高いということは、求人紹介に満足して転職している薬剤師さんが多いということ。
実績が全てではありませんが、売上上位=優秀なエージェントが多いと考えて間違いないですよ。

※2019年度(2019/4〜2020/3)の就職・転職の人材紹介の売上予測です。

1位 薬キャリ  31.8億

一番大きな理由は圧倒的な薬剤師の登録者数の多さです。
ネット集客が上手くm3.comからの登録も多いので、他の大手転職サイトと比べてかなり新規登録者が増えています。

また非対面営業なので効率よくマッチング対応できていることからも、売上がかなり伸びています。

薬キャリの詳細説明はこちら

2位 マイナビ薬剤師  29.9億

登録者数は薬キャリの次に多く、電車内の広告やCM等のメディアを使っていることにより、20~30代の転職活発層の獲得に成功しています。
企業としてのブランドイメージやエージェントの質もよいので、他の転職サイトより売上生産性もよい状況です。

マイナビ薬剤師の詳細説明はこちら

3位 ファルマスタッフ 22.1億

薬キャリと比較すると、ネット集客がイマイチ上手くいっていません。(中小エージェントよりはうまくいっていますが…。)

ただ自社で抱えている派遣スタッフが正社員やパートでの転職を希望した際に、他の転職サイトに取られることなく上手くマッチング出来ています。
企業としては派遣の方が売上が大きいため派遣の売上を入れると業界1位になりますが、人材紹介は薬キャリとマイナビに比べて劣っています。

派遣求人が少なくなってきていることから、今後紹介に力を入れていく予測が強いです。

ファルマスタッフの詳細説明はこちら

4位 リクナビ薬剤師 21.7億

2年程前から、ネット集客を抑え気味です。
メディカル部門だと看護師紹介や医師紹介にも力を入れており、薬剤師に関しては会社としてそこまで力は入れていない状況でした。
しかし2019年10月からはエージェント数を一気に増やし薬剤師紹介に注力し出したので、今年伸びる可能性が高いです。

リクナビ薬剤師の詳細説明はこちら


この4社が薬剤師転職サイトのTOP4です。

以下のデータを元に複数の角度から算出した数字になります。

売上予測の算出根拠

  • 大手~中小企業の採用担当者にヒアリングした各社の入社薬剤師実績
  • 企業が公開しているIR情報や帝国データバンク等より
  • 各社のエージェントや関係者からヒヤリングした各社のエージェント人数より
  • 同じく会社のエージェントや関係者からヒヤリングした各社の月間平均登録薬剤師数より

 

売り上げだけを見るとこの順位になりますが、転職サポートなど様々な視点から評価すると少し違った結果となります。
エージェント視点の転職サイト評価は、以下のランキングを見てくださいね。

元転職エージェントがおすすめする、薬剤師の転職サイト8社ランキング!

まずはオススメの転職サイトを、私の経験をもとにしたランキングにてお伝えします。

1位アイコン

マイナビ薬剤師

求職者の希望と求人のマッチングが上手なマイナビ薬剤師!

2位アイコン

ファルマスタッフ

厳選された求人を元に年収アップ・キャリアアップを目指せるファルマスタッフ!

4位アイコン

リクナビ薬剤師

好条件でドラッグストアに転職したい方にオススメなリクナビ薬剤師!

5位アイコン

薬剤師転職ドットコム

女性エージェントが多い薬剤師転職ドットコム

6

ファーマキャリア

6

アプロ・ドットコム

 

今回ランキングを作成するにあたり、各転職サイトを求職者のニーズを元に以下の5つの視点から評価し点数化しました。

評価項目相談拠点の数
求人数大手〜個人薬局・病院・ドラッグストア・企業など
求人詳細実績やエピソードの有無・現場のことまで知ってるかなど
対応スピード求人提案・対応依頼・質問した際のレスポンスなど
企業への交渉力年収UP・勤務条件など
コンサルタントの対応同行有無・丁寧さ・優秀さなど

さらにエージェントとしての活動から見えた、各転職サイトの特徴やサイトごとの強み・弱みも一緒にお伝えします。

元エージェント・現エージェントの2人が実際の求職者さんに聞いた転職サイト利用の感想も、口コミ・評判としてご紹介していますので参考にしてくださいね。

転職サイトごとに特徴が全く違うので、自分の転職スタイルや転職理由に合いそうなサイトはどこか考えてみてくださいね。

転職目的別のオススメサイトが知りたい方は、こちらを参考にしてください。

オススメ転職サイトランキング1位~5位

 

それでは元転職エージェントの私と現エージェントさんがオススメする、転職サイト1~5位からご紹介します。

 

ランキング上位のサイトは、全体的にバランスが良く使いやすいです。
売上実績も良く、求職者の満足度も高いですよ。

1位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

評価ポイント
求人数★★★★★
★★★★
大手調剤チェーンから中小調剤・個人薬局まで幅広く取り扱っており、求人数もとても多い。
求人詳細★★★★★
★★★★
企業担当の設置や面接同行を行っており、求人や企業に関する情報を多く持っている
対応スピード★★★★★
★★★★★
求職者評判によると、対応スピードはとても早い。
企業への交渉力★★★★★
★★★★
大手調剤チェーン~中小調剤薬局を中心に、交渉力はとても強い。
コンサルタントの対応★★★★★
★★★★★
優秀なエージェントが多く、対応はとても丁寧で評判がよい。直接面談や見学・面接同行も行っている。
総合得点45/50

マイナビ薬剤師の特徴

優秀なエージェントが細かく希望に沿った求人を用意してくれる

マイナビは薬剤師だけではなく、他医療職種の紹介も行っている会社です。

様々な職種の紹介により培われた、わかり易い求人のまとめ方・円滑な社内システムなど転職サポートに関するノウハウが、マイナビ薬剤師にも活かされています。

全国に複数の拠点があるため、対面面談や面接同行のサポートもありますし、求人企業にもエージェントが定期的に顔を出しているので職場の事情に詳しいです。

優秀なエージェント多く求人企業と関係が作れているので、求職者の希望にベストマッチする求人を用意できるんですね。

特にワークライフバランス重視の転職では、交渉を含めて希望の環境を提示してもらえると求職者の満足度は高いです。

会社のカルチャー的に「ガツガツしないけど、しっかりと丁寧に対応する。」という部分も魅力的。

薬剤師の紹介会社として弱いところがかなり小さく、バランスの取れた優秀な転職サイトと言えます。

マイナビ薬剤師の強み

  • 求職者のペースで納得できるまで相談・検討できる
  • 大手から中規模薬局まで多くの求人を保有している
  • 求人先の企業情報に詳しい
  • 労働条件を細かく交渉・契約してくれる

マイナビ薬剤師の弱いところ

  • 地元密着型の個人薬局求人には少し弱い
  • 派遣の取り扱いがない

マイナビ薬剤師の詳細を見る

マイナビ薬剤師の評判

  • 親身になって話を聞いてくれるし、返事を急かさないので良かった
  • 求人企業の情報に詳しく、頼りになる
  • 紹介してくれる求人の幅が広いので、色々な求人を検討できた
  • 電話だけじゃなく直接会って話せたので、自分の希望がちゃんと伝わった
  • 質問攻めにしたり、しつこくないので気軽に相談できた
  • ワークバランスが良い企業へ転職できた
  • 勤務時間や残業について積極的に交渉してくれた
  • 履歴書や職務経歴書などの書き方など、今後の転職活動でも活かせる知識を教えてくれた
  • 若いエージェントが多くて頼りない印象だった
  • 思ったより年収が上がらなかった

 

しっかりエージェントに相談した上で、ライフワークバランスが良い職場に転職した方からは総じて良い評価です。
転職の目的が年収アップのみの場合には、満足できなかった方もいるようですね。

\マイナビ薬剤師への無料登録はこちら/
マイナビ薬剤師公式サイト

2位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

評価ポイント
求人数★★★★★
★★★★★
求人数は業界内では多いが、他大手転職サイトと比べると少し劣る。
求人詳細★★★★★
★★★★★
面接同行を積極的に行うため、企業や求人現場の情報に関する情報をとても多く持っている。
対応スピード★★★★★
★★★★★
対面を重視しているため薬キャリ等と比べてやや劣るが、十分早いと言える。
企業への交渉力★★★★★
★★★★★
大手調剤チェーンから中小調剤・個人薬局まで強く交渉できる。エージェントとして積極的に交渉していくスタイル。
コンサルタントの対応★★★★★
★★★★
直接面談や見学・面接同行を積極的にしておりフォローも手厚い。エージェント全体の質は、マイナビ薬剤師にやや劣ると判断。
総合得点44/50

ファルマスタッフの特徴

エージェントの行動力が高く提案力や交渉力が高い

ファルマスタッフのエージェントは、求人先企業に積極的に足を運び、対面で会話することにより企業側と関係を作るのが上手。

訪問により企業や薬局内の様子を伺っているので、実情や職場の雰囲気・人間関係や求人の募集背景にもとても詳しいです。

それによりホワイト企業中心に求人を獲得できており、求人紹介時には積極的に条件交渉が可能。

対面面談から積極的な求人紹介・面接同行までガッチリサポートしてくれるので、全面的にエージェントのサポートを受けて転職したい方におすすめです。

ファルマスタッフの薬剤師派遣は業界1位なので、派遣を検討するならファルマスタッフへの登録はマストですよ。

ファルマスタッフの強み

  • エージェントの機動力が高く、納得できるまで相談できる
  • 求人先の企業・薬局内への事情に詳しい
  • 求人先企業への交渉力が高い

ファルマスタッフの弱いところ

  • エージェントが忙しく、対応が遅れることがある
  • 対面面談が必須なので、忙しい薬剤師には合わない
  • トータルの求人数では、他の大手に劣る

ファルマスタッフの詳細を見る

ファルマスタッフの評判

  • 初回の電話面談をした人と対面面談でのエージェントが違ったが、きちんと希望が伝わっていてスマートな企業だと感じた
  • 直接会って話せるので、安心して相談できた
  • 面接に同行してくれて聞きにくいことを代わりに聞いてくれたり、採用担当者からの質問に対してもフォローしてくれて助かった
  • 年収高めの求人が揃っていて、思ったよりも年収が上がった
  • 求人先企業の内部事情にすごく詳しく、人間関係の良い職場を選ぶのに役立った
  • それぞれの企業のパンフレットを用意してくれるので、企業イメージがつきやすかった
  • 他社では見つからなかった企業の正社員求人を紹介してもらえた
  • 忙しいエージェントだったみたいで、連絡が遅かった
  • エージェントの押しが強くて面接を積極的に進めてくるけど、面接を断っていると連絡が来なくなった

 

対面でのサポートを重視しており、転職に不安がある方でも安心して転職活動ができます。
一部高年収希望の薬剤師を重視するエージェントがおり、ペースが合わないと感じた方もいるようです。

\ファルマスタッフへの無料登録はこちら/
ファルマスタッフ公式サイト

3位 薬キャリ

薬キャリ

評価ポイント
求人数★★★★★
★★★★★
大手調剤チェーンから中小・個人薬局まで幅広く取り扱っており、病院や企業系の求人も多い。
求人詳細★★★★★
★★★★
電話のみの対応スタイルで面接同行も少ないため、企業や求人現場の情報量は少ない。
対応スピード★★★★★
★★★★★
非対面スタイルということもあり、提案スピードや対応はとても早い。
企業への交渉力★★★★★
★★★★
ある程度の交渉力はあるが、中小や個人に対しては強くない。
コンサルタントの対応★★★★★
★★★★★
優秀なエージェントはいるが、直接面談や面接同行が少なくフォロー力は低い。
総合得点38/50

薬キャリの特徴

業界最多クラスの求人からスピーディーに紹介してくれる

電話やメールでのやり取りを基本としているため、即日求人紹介が可能な転職サイト。

条件に合う求人をたくさん紹介してもらって、その中から自分で選びたい方に向いています。

多くの転職サイトは対面や電話面談でしっかり経歴を聞き取りしてからの紹介ですが、薬キャリはすぐに求人企業の名前まで公開してくれるので自分で選びやすいです。

多くの求人をすぐ紹介してくれるので、ちょっとどんな求人があるのか見てみたいときにもおすすめ。

ファルマスタッフほどではないですが派遣求人数も多く、即日紹介も可能です。

薬キャリの強み

  • 求人数が他転職サイトに比べて、圧倒的に多い
  • 登録から求人提案までがスピーディー
  • 病院・企業の求人が充実している

薬キャリの弱いところ

  • 対面面談・面接同行がほとんどない
  • 求人先の情報が少ない

薬キャリの詳細を見る

薬キャリの評判

  • メールや電話で細かく連絡をくれて、とても頼りになるエージェントだった
  • 即日たくさんの求人を紹介してくれたので、広く検討できた
  • 他社ではあまり紹介してもらえなかったドラッグストア求人が多かった
  • 病院求人が他社より多かったので、参考になった
  • 求人企業名がハッキリ書いてあるのでわかりやすい
  • 高時給の派遣を多く紹介してもらえた
  • 転職が初めてだったので面接同行がなく不安だった
  • 短期間で派遣勤務したかったが、最低3ヵ月からと言われたので合わなかった

 

なるべく早く多くのの求人を紹介して欲しい方からは、良い評価です。
転職サポートは少なめなので、転職に不安がある方は他社の転職サポートを併用すると良いですね。

\薬キャリへの無料登録はこちら/
薬キャリ公式サイト

4位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

評価ポイント
求人数★★★★★
★★★★★
大手企業やドラッグストアの求人数はとても多いが、中小調剤や個人薬局は少ない。
求人詳細★★★★★
★★★★★
大手企業に関する情報は多いが、中小調剤や個人薬局の情報は少ない。
対応スピード★★★★★
★★★★★
非対面ということもあり対応スピードは早いが、大手希望ではない求職者に対しては対応が遅め。
企業への交渉力★★★★★
★★★★★
大手企業に対する交渉力はとても強いが、中小調剤や個人薬局に対しては強くない。
コンサルタントの対応★★★★★
★★★★★
優秀なエージェントが多く対応は丁寧だが、直接面談や見学・面接同行は少ない。
総合得点36/50

リクナビ薬剤師の特徴

大手企業やドラッグストアにも強く交渉もしてくれる

大手調剤チェーンやドラッグストアの求人数が圧倒的に多いのがリクナビ薬剤師。

他社でも大手の紹介は可能ですが、大手に対しても積極的に交渉してくれるエージェントはかなり少ないです。

主要な取引先を数十社に絞っているので大手企業との関係が作れており、優先的に求人を獲得できるし交渉もできる大手調剤やドラッグストアに特化した転職サイト。

「18時までの固定勤務」や「異動なし」など子育て世代に嬉しい交渉も、積極的にしてくれます。

大手中心に転職先を検討しているなら、リクナビ薬剤師への相談がおすすめです。

リクナビ薬剤師の強み

  • 大手調剤チェーン・ドラッグストアの求人数が多い
  • ホワイト求人を厳選して紹介してくれる
  • 転職エージェントの質が高い

リクナビ薬剤師の弱いところ

  • 大手求人が多く、地域に密着した中堅薬局や病院の求人が少ない
  • 対面面談や面接同行が基本的にない

リクナビ薬剤師の詳細を見る

リクナビ薬剤師の評判

  • 求人が見やすくわかりやすいので、比較しやすかった
  • 大手企業の求人が多く、大手同士の比較がしやすい
  • エージェントが人当たりが良く話しやすいし、対応も丁寧だった
  • 大手企業への転職で、年収アップ交渉をしてもらえた
  • 勤務時間と勤務店舗について交渉してもらえたので、子どもがいても無理なく働けた
  • 登録してから求人紹介までが遅かった
  • 質問しても連絡が遅いので、なかなか転職が進まなかった

 

大手求人の数、交渉力が高く、大手への転職を希望した方からの評価は高いです。
一方中小企業や病院にはあまり対応していないので、そちらを希望した求職者からは「対応が遅い」という声が聞かれますね。

\リクナビ薬剤師への無料登録はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

5位 薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコム

評価ポイント
求人数★★★★★
★★★★
中小調剤の求人数はとても多いが、大手調剤チェーンや個人薬局の求人数は少なめ。
求人詳細★★★★★
★★★★★
面接同行もおこなっており、中小調剤の求人に関する情報はとても多い。
対応スピード★★★★★
★★★★
問題はないが、他大手転職サイトと比べてとても早いわけではない。
企業への交渉力★★★★★
★★★★★
中小調剤を中心に交渉力が強く、高年収求人の取り扱いがとても多い。
コンサルタントの対応★★★★★
★★★★★
エージェントの対応が丁寧でフォローも手厚い。直接面談や面接同行も行っている。
総合得点34/50

薬剤師転職ドットコムの特徴

ママ薬剤師も相談しやすい聞き上手な女性エージェントが多い

ガツガツ押してくる転職エージェントが苦手な人に向いているのが、聞き上手なエージェントが多い薬剤師転職ドットコム。

求職者のペースで活動できるので、「まだ転職(就職)しないけど、ちょっと情報を聞いてみたい」というスタンスでもOKです。

ママエージェントも多いのでママ薬剤師に役立つ情報にも詳しく、子育てと両立できる働き方についてじっくり相談できます。

安定性の高いアイン薬局の関連会社への転職を考えている方にもおすすめ。

薬剤師転職ドットコムの強み

  • 業界最大手であるアインの子会社である
  • 求職者を急かさず丁寧に対応してくれる
  • 面接対策や履歴書添削などフォローが手厚い

薬剤師転職ドットコムの弱いところ

  • 病院・ドラッグストア・企業の求人は少ない
  • じっくり話を聞く姿勢なので話が長い
  • 押しが弱く提案力に欠ける

薬剤師転職ドットコムの詳細を見る

薬剤師転職ドットコムの評判

  • 自分のペースで活動ができるし、丁寧に対応してくれた
  • 他エージェントは面接などを急かしてくるが、薬剤師転職ドットコムは急かされないので安心する
  • しっかり話を聞いてくれるし、求人に対する質問に関してもちゃんと調べて報告してくれるので信頼できた
  • 女性目線で子どもがいても働きやすい職場を提案してくれた
  • 調剤未経験でも安心して働ける職場を探してくれた
  • なかなか気に入る求人がなかったが、根気よく連絡をくれた
  • 初回の電話ヒアリングに30分以上かかって疲れた
  • 紹介してくれる求人が少ないので、比較検討しにくかった

 

じっくり相談して自分のペースで気に入った求人を探したい方から高評価の転職サイトです。
なるべく早く転職を進めたい、多くの求人から比較したい方からは不満が出やすいかもしれません。

\薬剤師転職ドットコムへの無料登録はこちら/
薬剤師転職ドットコム公式サイト

オススメ転職サイトランキング6位~8位

 

次にオススメ6~8位のご紹介です。
上位サイト>下位サイトとは限らず、人によっては以下の転職サイトが合うことも。

特に「ベテラン層で転職したい」「高年収を追及したい」などこだわり転職希望の方は、こちらのサイトが合う可能性も高いですよ。

6位 ファーマキャリア

ファーマキャリア

評価ポイント
求人数★★★★★
★★★★★
会社歴史が浅いこともあり、求人数は大手転職サイトに比べて少ない。
求人詳細★★★★★
★★★★★
中小調剤や個人薬局を中心に、店舗ごとの細かい情報を持っている。
対応スピード★★★★★
★★★★★
対応スピードは早い(しつこさを感じることもある)
企業への交渉力★★★★★
★★★★★
中小調剤や個人薬局に対し、積極的に交渉をしている。
コンサルタントの対応★★★★★
★★★★★
基本的に丁寧な対応だがエージェントによって差がある。直接面談や見学・面接同行はあまり行っていない。
総合得点33/50

ファーマキャリアの特徴

若手薬剤師の希望を叶えるオーダーメイド求人を作ってくれる

すでにある求人を求職者に紹介する他社とは違い、求職者の要望に合わせて企業と交渉して求人を作成するオーダーメイドスタイル。

特に35歳くらいまでの若手薬剤師の紹介に強く、管理薬剤師候補やラウンダー候補として高年収求人を用意してくれます。

求人数は多くはないですが、提案求人数が多すぎると悩んでしまう・厳選する時間がないとい方にはおすすめです。

中小調剤の求人に詳しいので、近場で働きたいなどエリアにこだわりがある方にもいいですね。

ファーマキャリアの強み

  • オーダーメイド求人の作成で、細かい要望に対応できる
  • 若手薬剤師の年収アップが期待できる
  • 対応が丁寧な上にレスポンスが早い

ファーマキャリアの弱いところ

  • 提案求人数が少ない
  • 電話勧誘がしつこい
  • ベテラン薬剤師への紹介に弱い

ファーマキャリアの詳細を見る

ファーマキャリアの評判

  • ポジションも年収もアップしたのでとても満足している
  • 何度も企業に交渉してくれて、希望通りの条件で転職できた
  • 家の近くの求人を根気よく探してくれた
  • 以前から気になっていた薬剤師が主人公のマンガをプレゼントしてもらえて嬉しかった
  • 聞いたことがない会社だったので、登録するのに不安があった
  • 面接を焦らせるし、断ったら連絡が来なくなった
  • 電話での営業がかなりしつこかった

 

求職者の希望にあわせて求人を作成するオーダーメイド求人対応なので、年収ほか条件面での希望が叶ったと高評価を受けています。
一方でエージェントによっては対応が雑だったり、電話営業がしつこいという声も聞かれます。

\ファーマキャリアへの無料登録はこちら/
ファーマキャリア公式サイト

6位 アプロ・ドットコム

評価ポイント
求人数★★★★★
★★★★
関東や関西エリアの求人は多い。特に中小調剤が多い。
求人詳細★★★★★
★★★★★
管理薬剤師や高年収求人に関する求人の情報量はとても多い。
対応スピード★★★★★
★★★★
経験が浅い求職者への対応や提案スピードは遅いことがある。
企業への交渉力★★★★★
★★★★★
中小調剤に対して特に年収面で積極的に交渉してくれる。
コンサルタントの対応★★★★★
★★★★★
説教的な交渉をしてくれるエージェントが多い。優秀なエージェントが多く、直接面談や見学・面接同行も行っている。
総合得点33/50

アプロ・ドットコムの特徴

年収600万円以上を狙える管理薬剤師などのポジションつき高年収求人を多く紹介してくれる

とにかく高年収にこだわって求人を紹介してくれるのが、アプロドットコム。

管理薬剤師などポジションつきの求人であれば、交渉をしてでも年収600万円以上に調整して紹介してくれることがほとんど。

その分大変な職場も多いですが、募集背景なども隠さず教えてくれるので高年収の理由をしって納得してから入職できます。

関東・関西エリアに限定して求人を集めているので、そのエリアで勤務地にこだわって働きたい方にもおすすめ。

アプロ・ドットコムの強み

  • 高年収求人へのマッチング率が高い
  • 管理薬剤師求人に対し積極的に交渉してくれる
  • 高時給の派遣求人を多く保有している

アプロ・ドットコムの弱いところ

  • 高年収のブラック求人がある
  • 担当が固定制で対応にバラつきがある
  • 高年収に繋がらない求人はマッチングしにくい

アプロ・ドットコムの詳細を見る

アプロ・ドットコムの評判

  • 元気で明るい男性エージェントで、前向きに転職活動できた
  • 思ったより年収が上がったので満足している
  • 最近見つからないスポット派遣があるので助かる
  • 希望エリアの求人をたくさん紹介してくれた
  • 求人の提案数が少なかった
  • 年収より環境重視と伝えたら、連絡が来なくなった
  • 転職のサポートはほとんどなかった

 

管理薬剤師など上のポジションや高年収を狙いたい方からの評判が良い転職サイトです。
職場環境や人間関係にはあまりこだわらないので、そちらを重視する求職者さんには合わないかもしれません。

\アプロ・ドットコムへの無料登録はこちら/
アプロ・ドットコム公式サイト

8位 CME薬剤師

評価ポイント
求人数★★★★★
★★★★★
ミドル層や管理系の求人は多いが、求人全体数としては多くない。
求人詳細★★★★★
★★★★★
求職者を企業に紹介してから情報をもらうスタイルなので、求人1件に関する情報量は多い。
対応スピード★★★★★
★★★★
未経験や調剤年数の少ない求職者への提案スピードは遅い。
企業への交渉力★★★★★
★★★★★
求人企業とのパイプは強く、年収に関する交渉は強い。
コンサルタントの対応★★★★★
★★★★
基本優秀なエージェントが多いが質にバラつきはあり。直接面談や見学・面接同行は状況に応じて行っている。
総合得点31/50

CME薬剤師の特徴

ベテラン層向けに、年収650万円以上が狙えるハイクラス求人を紹介してくれる

管理薬剤師以上のハイクラス求人に注力した、ベテラン薬剤師向けの転職サイトです。

経験が浅い薬剤師はマッチングしにくい分、他社では求人が見つかりにくい40代以上の薬剤師でも求人が見つかるのが特徴。

現職ではこれ以上の年収やポジションアップが望めないという方は、CME薬剤師に相談して高年収のハイクラス求人を紹介してもらいましょう。

経験が豊富な薬剤師なら、年収650万円からで探してもらえる可能性が高いですよ。

競争率が高いハイクラス求人を扱うので、履歴書や職務経歴書の添削など転職サポートもとても丁寧です。

CME薬剤師の強み

  • 転職サポートが充実している
  • 高年収求人が多い
  • ベテラン層の求人が多い

CME薬剤師の弱いところ

  • 公開求人の情報が少ない
  • 全体の求人数が少ない
  • 経験が浅い薬剤師はマッチングしにくい

CME薬剤師の詳細を見る

CME薬剤師の評判

  • 登録から入社までの対応が丁寧で、入社後のフォローも手厚かった
  • 業界に関する知識に詳しい人が多く、勉強になることが多かった
  • 他エージェントでは紹介してもらえなかった、店舗立ち上げの求人を紹介してくれた
  • いつも高年収で幅広く活躍できる求人を紹介してくれるので、助かっています
  • 提案求人数が少なく、対応もあまりよくなかった
  • 1度紹介されたが断ったところ、連絡が来なくなった
  • 登録したけど、初回だけの連絡であとは何も連絡がなかった

 

ハイクラス求人に注力しているため、ポジションアップや年収アップが叶った方からの評判はとても良いです。
その反面、一般薬剤師求人への積極性に欠ける部分があるため、ネット上の口コミは悪くなってしまっています。

\CME薬剤師への無料登録はこちら/
CME薬剤師公式サイト

エージェントが教える転職サイトの選び方

 

私が「転職サイト選び」で大事だと思う比較ポイントは3つ。
この3つを基本として、自分に合った転職サイトを見つけるのが転職成功への近道になります。

転職サイト選びのポイント

  • 求人の数は豊富かどうか
  • 自分にあったスタイルかどうか
  • 担当してくれるキャリアコンサルタントが優秀かどうか

求人の数は豊富かどうか

比較ポイント1.豊富な求人を保有しているか
当然のことですが、「求人が少ない=選択肢が少ない」ということ。

求人の数は多いほど自分に合った職場が見つかる可能性が高いので、ある程度の求人を確保できている転職サイトから選びましょう。

他にも選ぶ要素があるので求人が多ければ多いほど言いとは言い切れませんが、求人の多さは重要なポイントの1つです。

こちらのランキングでご紹介している転職サイトであれば、求人数に関しては問題ありません。

自分にあったスタイルかどうか

比較ポイント2.転職サポートが充実しているか
転職サイトによって「年収重視」「ワークライフバランス重視」など重視するポイントが違いますし、「対面面談必須」「電話メール中心」など転職活動のスタイルも違います。

ここが自分にあっていないと、なかなか希望の求人に出会えないんですよね。

まずは「どんなことを重視してどんな職場にいつまでに転職したいか」をハッキリさせるといいですよ。

スタイルごとのオススメサイトは、下の「転職サイトの比較データから見る、目的別のおすすめ転職サイト」を参考にしてください。

担当してくれるキャリアコンサルタントが優秀かどうか

信頼できるエージェントかどうか
転職エージェントの立場から言うと、実は「どの転職サイトを使うか」よりも「どのエージェントに頼むか」の方が大事。

正直なところエージェントには非常に優秀な人もいればそうじゃない人もおり、転職サポートの質に大きな差があるんです。

転職活動成功の可否は、転職サイトの差<転職エージェントの差と言っても、過言ではないくらいです。

例えば優秀なエージェントの特徴には以下のようなものがあります。

  • 連絡が迅速で丁寧
  • 提案する求人が希望にマッチしている
  • 提供する情報の量が多く、役立つ
  • 自分では思いつかなかった職場やキャリアを提案してくれる
  • 年収や勤務条件の交渉が上手
  • 面接前のフォローやサポートが丁寧

あとは「話していて何となく合うか、信頼できると感じるか」という、直感的な部分も大事です。

まずは「①求人数」「②自分にあったスタイル」から考えて転職サイトを選んで2~3社のエージェントに登録と初回やり取りをしてみます。

その中で「この人いいな、頼りになりそうだな」と思う人と深くやり取りしていくのが、転職活動を成功させるカギと言えますね。

 

実際に私の調査によると都心エリアだと2~3社、地方エリアだと1~2社に登録して転職活動をしている方が多いですね。
平均すると半数の転職活動をしている薬剤師さんは、複数の転職サイトに登録しています。

転職サイトの比較データから見る、目的別のおすすめ転職サイト

上でお伝えした転職サイト選びのポイントで重要な「①豊富な求人数」をクリアした転職サイトの中から、「➁自分にあったスタイル」ごとのおすすめをピックアップしました。

ドラッグストア・病院・企業のどれかを転職先に決めている方はおすすめサイトが変わりますので、こちらを参考にしてくださいね。

調剤薬局希望・広く転職先を探したいときのおすすめ転職サイト

調剤薬局へ転職希望か、どの職種に転職しようか決まっていない方はこちらを参考にしてください。

できれば転職サイトは複数登録して、一番信頼できるエージェントを選びましょう。
(上記の「担当してくれるキャリアコンサルタントが優秀かどうか」を参考にしてください。)

おすすめサイトの数が多い場合には、ランキング記事に記載してある特徴なども見ながら、自分に合った転職サイトを選んでくださいね。

年収UPに強い転職サイト

  • マイナビ薬剤師(詳細説明はこちら
    企業として、大手や中小企業への交渉力が強く、きちんとエージェントが丁寧に交渉する
  • ファルマスタッフ(詳細説明はこちら
    中小や個人企業への交渉力が強く、エージェントが粘り強く足を使って交渉するスタイル
  • ファーマキャリア(詳細説明はこちら
    最初の段階からエージェントがかなり粘り強く交渉しており、なかなかない求人を作り出すことができる
  • アプロ・ドットコム(詳細説明はこちら
    中小企業への交渉が強く、年収600万円以上の管理薬剤師求人が狙える
  • CME薬剤師(詳細説明はこちら
    企業とのパイプが強く、年収650万円以上のベテラン向けハイキャリア求人が期待できる

労働条件(ワークライフバランス)の改善に強い転職サイト

  • マイナビ薬剤師(詳細説明はこちら
    一人ひとりの状況を加味して丁寧に企業に相談や交渉をしてくれる
  • ファルマスタッフ(詳細説明はこちら
    上記と同じ
  • 薬剤師転職ドットコム(詳細説明はこちら
    エージェントが手厚くフォローしてくれ、しっかり企業に相談や交渉をするスタイル

若手(20~30代半ば)の転職に強い転職サイト

  • マイナビ薬剤師(詳細説明はこちら
    若手層の登録が多く、若手の転職ノウハウを多く保有している。若手に人気の大手企業の求人が多い。
  • 薬キャリ(詳細説明はこちら
    大手企業の求人が多く、若手向けの求人を多く取り扱っている
  • リクナビ薬剤師(詳細説明はこちら
    上記と同じ
  • ファーマキャリア(詳細説明はこちら
    経験が少ない若手薬剤師に対して、好条件の求人を獲得することが出来る

ミドル層の転職に強い転職サイト

  • ファルマスタッフ(詳細説明はこちら
    中小や個人薬局との関係性が強く、交渉力もあるので、レア求人を獲得したり、難易度の高い交渉を成功させることが出来る
  • CME薬剤師(詳細説明はこちら
    ミドルに特化しており、ミドル層向けの求人を多く保有している

エージェントの積極的なサポートを希望している方にオススメの転職サイト

  • マイナビ薬剤師(詳細説明はこちら
    エージェントの質が高く相談もしやすいが、しっかりと提案もしてくれ頼りになる
  • ファルマスタッフ(詳細説明はこちら
    直接面談や同行が手厚く面接現場で頼りになり、交渉もしっかりしてくれる
  • ファーマキャリア(詳細説明はこちら
    経験やスキル問わず、求職者の希望に合わせて積極的に企業へ一件づつ交渉してくれる

じっくり自分のペースで転職したい方にオススメの転職サイト

    • マイナビ薬剤師(詳細説明はこちら
      相手のペースにあわせて丁寧なサポートも出来るエージェントが多い
    • 薬剤師転職ドットコム(詳細説明はこちら
      エージェントの対応が丁寧で、急かしたりはしないスタイルのエージェントが多い

電話でお気軽に転職活動したい方にオススメの転職サイト

  • 薬キャリ(詳細説明はこちら
    電話、メールでの対応を専門としており、スピードが早い
  • リクナビ薬剤師(詳細説明はこちら
    上記同じく
  • ファーマキャリア(詳細説明はこちら
    上記同じく

大手への転職を考えている方にオススメの転職サイト

  • マイナビ薬剤師(詳細説明はこちら
    大手企業の求人取り扱いが多く、企業との関係性が強いため、細かい相談や交渉が可能
  • 薬キャリ(詳細説明はこちら
    大手企業の取り扱い求人数が多く、すぐに提案出来る求人を多くもっている
  • リクナビ薬剤師(詳細説明はこちら
    上記同じく

ドラッグストア・病院・企業への転職におすすめ転職サイト

ドラッグストア・病院・企業の求人は積極的に扱わない転職サイトも多く、単純に求人数が多い転職サイトを利用するのがおすすめです。

ドラッグストア・病院・企業への転職におすすめの転職サイト

大手転職サイトにドラッグストア・病院・企業の求人が集まる理由はこちら。

  • 大手ドラッグストアや企業は、大手転職サイトとの取引を優先するため
  • 大手転職サイトは知名度があるため、求人元から声がかかりやすい
  • 病院・企業の契約は難易度が高く、中小転職サイトは積極的に営業しない

中小転職サイトは運営歴が浅かったりマージン料の取り決めがあいまいだったりすることから、ドラッグストアなど大手企業は中小転職サイトを敬遠しがち。

電話営業の際にも大手転職サイトの方が知名度(信頼度)があり、大手企業の採用担当者まで話が通りやすいです。

大手企業側や病院側が「薬剤師を募集したい」となったときにも、知名度の高い大手転職サイトに声をかけることが多いですね。

薬剤師の転職業界は調剤薬局 > ドラッグストア > 病院・企業の順に求人を獲得しやすいため、中小転職サイトは調剤薬局中心に営業活動をしています。

大手転職サイトは人員が豊富で契約に時間がかかる大手企業や病院にも営業できるため、ドラッグストア・病院・企業の求人は大手転職サイトに集まるというわけです。

 

ドラッグストア・病院・企業の求人は全体数が少ないため、できれば3社とも登録して広く情報をもらいましょう。
特に病院や企業の求人は競争率が高くすぐに決まってしまうため、早めにエージェントとやり取りして求人が出たらすぐに情報をもらえるようにしておくと良いですよ。

各転職サイトの比較データ

比較データ1.豊富な求人を保有しているか

比較ポイント1.豊富な求人を保有しているか
転職サイトによって業種ごとの求人数に違いがあります。

病院に転職したいなら病院の求人に強い会社を、企業に転職したいなら企業の求人に強い会社を使用するのがベスト。

求人数を比較すれば、どの転職サイトがどの業種の求人に強いかがわかります。

そこで、薬剤師の転職サイト各社の掲載求人のうち、正社員の求人数を比較しました。
(2020年1月27日調べ)

29,635件
23,751件
34,153件
40,206件
8,686件
10,281件
17,460件
10,633件

調剤薬局の求人数の比較でわかること

調剤薬局は、薬剤師の58.0%が勤める職場(厚生労働省「平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」より)のため、どの転職サイトも調剤薬局の求人をメインに取り扱っています。

ただその中でも「大手の調剤薬局求人が多い」「中小の調剤薬局求人が多い」など、サイトによって特徴が異なるんです。

もちろんどの規模の企業求人も幅広く取り扱うサイトもありますが、「大企業希望なのに、中小企業メインのサイトを使う」というミスマッチは避けてください。

各転職サイトが取り扱う求人のうち、大手と中小の割合を図示すると、次のようになります。

転職サイト各社の調剤薬局大手と中小の求人分布
マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師などの転職支援会社が母体の転職サイトは、大手企業との取引数が多め。
大手企業の求人を多く取り扱うため、総求人数も多い転職サイトです。

リクナビ薬剤師は大手企業の求人中心に掲載していますが、マイナビ薬剤師は大手から個人薬局まで、広く取り扱いがあります。
一方、調剤薬局が母体の転職サイト、ファルマスタッフと薬剤師転職ドットコムは、横の繋がりがある中小企業との取引数が多いです。

逆にどちらも調剤大手チェーングループ会社ということで、ライバルとなる他社大手薬局チェーンの求人情報は、提供されにくい傾向です。

薬キャリは、転職サイト40社と提携してるので、大手と中小どちらの求人も多いです。とにかく多くの求人から比較したい方は、薬キャリに相談してみるのも良いですね。
薬キャリ自身が保有している求人は、大手企業のものが多いです。

ドラッグストア求人数の比較

13,0827件
4,078件
3,560件
10,760件
273件
1,271件
9,205件
2,387件

転職サイトで求人探すときにドラッグストア求人は「調剤併設」「OTCのみ」でわかれていますが、実は転職サイトでは「OTC専門」「調剤併設」とわけて求人を精査していません。

そのため「OTCのみドラッグストア」を探しても、併設店の求人が出てくることも。

調剤なしの仕事を探している方は、転職エージェントに聞けば探してもらえるので問い合わせてみてくださいね。

病院・クリニック求人数の比較

2,573件
2,846件
3,543件
2,679件
1,109件
1,433件
363件
648件

企業の求人数の比較

416件
137件
622件
197件
40件
24件
90件
48件

比較データ2.転職サポート内容

比較ポイント2.転職サポートが充実しているか
転職サイトを利用すると求人を紹介してもらえるだけではなく、下記のような転職サポートが受けられます。

転職サポートの範囲はサイトによって異なるので、自分の重視するポイントをサポートしてくれるサイトを選ぶのが大切。

薬剤師の転職サイトのサービス内容を比較してみました。

※表は横にスライドできます。

 対面面談面接同行全国の営業拠点数提案求人数スピード転職特典
マイナビ薬剤師15ヶ所※1
ファルマスタッフ15ヶ所×
薬キャリ××東京
のみ
×
リクナビ薬剤師××7ヶ所×
薬剤師転職ドットコム6ヶ所××
ファーマキャリア××東京
のみ
※2
アプロ・ドットコム2ヶ所×※3
CME薬剤師4ヶ所××

各転職サイト公式HP、求職者及び他社エージェントよりヒアリングした情報を元に記載。

※1

※3

※3
無料メルマガ

無料プレゼント

中でも重視したい転職サポートについて、解説します。

対面面談

転職サイトの中には、求職者と直接面談せず電話のみでカウンセリングを行うサイトもあります。

面談に時間を割かないのでスピード転職に繋がりやすいですが、求人企業とも密接にやり取りをしない傾向があり、求人先の情報に乏しいことがあります。

実際に対面面談と、電話面談の両方を利用したことがある方の感想はこちら。

本当に今転職すべきか悩んでいたので、実際に会ってお話ししてよかったです。
自分の気持ちを確認できたし、今後の道筋を提案してもらえました。
電話面談の会社も話は聞いてくれましたが、対面の方が話しやすいというか、安心して話せたように思います。
30代前半 大阪府

求職者の都合もありますが、できれば対面面談の方が自分の希望が伝わりやすいのでオススメです。

各サイトが対面面談を行っているかどうか、どこで面談するかはこちらの表を参考にしてください。

 面談なし支店内面接出向面談
マイナビ薬剤師  
ファルマスタッフ 
薬キャリ
リクナビ薬剤師 
薬剤師転職ドットコム 
ファーマキャリア 
アプロ・ドットコム  
CME薬剤師  

求職者及び他社エージェントよりヒアリングした情報を元に記載。

※薬キャリは東京本社で支店内面談しています。また、都内や東京に近めの千葉・埼玉・神奈川であれば出向面談しています。
それぞれの面談方法の補足です。

  • 面談なし
    求職者と直接面談を行わないスタイル。
    面談時間を取らない分、企業への営業に時間を割けるため、紹介案件数が多い。
    ただ求人企業とも密接にはやり取りをしない傾向が強く、求人案件の表面上の情報だけになりやすい。
  • 支店内面談
    求職者がエージェントの支店に赴いて面談を行う。
    求人案件が検索できるパソコンが支店内になるので、面談をしながら求人検索が可能。
    対面面談中に求人紹介をうけることで、より細かく希望を伝えることができる。
  • 出向面談
    エージェントが求職者の元へ出向いて面談を行う。
    電話面談のやり取りの中で求人候補をいくつか選択し、面談時にその求人案件を提示するスタイル。
    求職者が支店等に出向かず済むので、ハードルが低い面談方法である一方、エージェントとの日程調整がつかず、転職活動の進行が遅れる場合があります。

転職サイトの支店など拠点数は、基本的に会社の規模と比例しています。

居住エリアに拠点がなくても出張面談してくれるエージェントも多いですが、拠点がある方が対応が早いししっかり相談できます。

各転職サイトの拠点一覧をまとめましたので、参考にしてください。

転職
サイト
相談拠点の数
マイナビ薬剤師 全国15ヶ所
「東京」「さいたま」「千葉」「横浜」「札幌」「仙台」「名古屋」「石川」「大阪」「京都」「神戸」「岡山」「広島」「福岡」「鹿児島」
ファルマスタッフ全国15ヶ所
「札幌」「仙台」「横浜」「名古屋」「大阪」「広島」「福岡」「大宮」「船橋」「京都」「神戸」「東京」(「北千住」「立川」「新宿」「町田」)
薬キャリ 東京のみ(※面談は電話メイン)
リクナビ薬剤師全国7ヶ所
「関東」「関西」「東海」「九州」「東北」「北海道」「中四国」
薬剤師転職ドットコム 全国6ヶ所
「北海道」「東京」「名古屋」「大阪」「広島」「福岡」
ファーマキャリア東京のみ(※面談は電話メイン)
アプロ・ドットコム全国2ヶ所
「東京」「大阪」
CME薬剤師全国4ヶ所
「東京」「名古屋」「大阪」「福岡」

各転職サイト公式HPより抜粋。

多くの転職サイトが拠点のないエリアの求人も紹介していますが、拠点があるエリアの方がエージェントの情報は詳しいです。
職場の環境や人間関係が気になる方は、自分が住んでいるエリアに拠点がある転職サイトを選んだ方が良いですよ。

転職サイト利用の注意点

薬剤師が転職を成功させるために、転職サイトを利用する上で覚えておきたいポイントを5つお伝えします。

転職サイト利用時の5つの注意点

  • エージェントとの相性は大切
  • 必ずしも転職をする必要はない
  • 自分本位なエージェントを避ける
  • レスポンスはなるべく早く
  • 転職活動に3ヶ月以上かけない

1エージェントとの相性は大切

転職サイトの特色が自分の転職理由に合うこと以上に、エージェントとの相性は非常に重要。

合わない人とやり取りを続けても、望む結果は得られません。

相手が悪い人ではなくても、何だかテンポが合わない・意思疎通がしにくいと感じることがって当然です。

実際に転職経験のある薬剤師さんのインタビューにおいても、下記のような意見がありました。

エージェントとの相性が大切というのは、自分が重要だと思う事や求めている対応、優先している事をしてもらえる人かどうかという事です。
こちらの意図を汲んでくれる方でないと、希望が伝わりにくく望んでいる職場を紹介してもらえないこともありました。
30代前半 京都府

合わないと感じたら、無理せずにエージェントの変更を希望しましょう。

2必ずしも転職をする必要はない

転職サイトに登録をしたからといって、必ずしも転職をする必要はありません。

転職をすべきかどうか相談するだけといった利用方法も、全く問題はなし。

具体的な転職スケジュールが決まっておらず、相談をメインで行いたい場合には「対面面談」に力を入れている転職サイトを利用しましょう。

顔を見て話すからこそ言えることも多く、実のあるアドバイスをもらえます。

その時は転職に至らなかったとしても、今後の道筋を示してもらえますよ。

マイナビ薬剤師とファルマスタッフは、対面面談に力を入れている転職サイトです。

3自分本位なエージェントを避ける

転職サイトの収入源は、求職者を転職させることによる成果報酬なので、転職が成立しないと収益は上がりません。
だからといって不要な転職をすすめるエージェントは、考えもの。

薬剤師にとって、転職をすることが必ずしも正解というわけではないですよね。

今の職場で解決を探ることや、タイミングを待って転職するということも、時には必要です。

「何が何でも今すぐ転職!」という自分本位なエージェントは、避ける方が良いですよ。

4レスポンスはなるべく早く

薬剤師の転職は売り手市場ですが、良い求人は争奪戦となることが必至。

「あとで連絡しよう」と考えていると、その間に他の求職者に決まってしまうことも、珍しくはありません。

良い求人がなかなか出てこない時期でも、レスポンスが早い薬剤師は優先的に案件を提案してもらえる場合もあります。

電話やメールが来たら、できるだけその日のうちに折り返しましょう。

レスポンスの早さが大切なのは、求職者側だけではありません。

なかなか連絡がつかないレスポンスの遅いエージェントは、避けるのが正解です。

5転職活動に3ヶ月以上かけない

転職活動は慎重に行わなくてはなりませんが、長期化しすぎるということも、望ましくないです。

コチラの「薬剤師の転職理由ランキング|転職経験者100人に根掘り葉掘り聞いてみた」によると、実際に転職をしている方の86%は、転職活動開始から3ヶ月以内に転職を決めています。

エージェントも長い経験から、3ヶ月を超えても転職をしない方は、「転職をする気が無い」と判断します。

そうなると良い求人を提案してもらいにくくなりますし、本人の転職活動のモチベーションも3ヶ月以上は持続しないものですよ。

まとめ

薬剤師の転職を成功させるステップ

  • 希望する求人やサービスに強みのある転職サイトに2~3社登録して比較する
  • 複数のエージェントの中から、一番信頼できる人を選択する
  • レスポンスは早めにして、転職期間は3ヶ月以内に

薬剤師の転職において、転職サイトの利用は必要不可欠といわれています。

今回比較させていただいた多くの転職サービスの中から、自分の希望する業種やエリアなどをきちんと考えて、適切な転職サイトを選ぶことが、理想の求人に出会う近道。

エージェントとの相性も含めて、自分が納得・信頼できる転職サイトを利用し、転職を成功させてくださいね。

この記事を書いた人


カオリ

大学病院に臨床薬剤師として勤務後、中規模薬局、全国チェーン調剤薬局のエリアマネージャー、本社教育部を経験。現場第一主義を掲げるマネージメントが得意分野。その後、転職紹介会社に籍を置き、100名以上の薬剤師様のお手伝いをさせて頂きました。
薬剤師として現場で働きたいとの思いから、全国チェーン調剤薬局に転職し、現在はプレイングマネージャーとして勤務しています。
趣味は子育て、薬剤師の副業ビジネスの構築。

カオリ執筆の記事一覧はこちら
カオリ薬剤師免許

はやた

人材エージェントで10年以上勤務(人材派遣、人材紹介)。薬剤師専門のエージェントで責任者として勤務。キャリアコンサルタントとして、薬剤師の転職サポートを年間100名、合計500名以上実施しており、現在は大手薬局やドラッグチェーンの人事担当や採用責任者の方と日々やり取りしています。趣味はマラソン。

はやた執筆の記事一覧はこちら

PAGE TOP